2021年01月13日

天国には、白髪も‘’ハゲ‘’の人もいなかった?! 《森山先生の霊界体験》



210113-20120727.jpg


昨日、奈田婦人の証しを紹介しましたが、
記事のために検索していたところ
森山先生の証しを見つけました。


天国には日本人の席というのがあって、
パイプ倚子がダーッとはるか彼方まで並んでいました。
ずっと向こうを見ると、たくさんの人が講義を聴いています。(中略)

講義は全て黒板講義で、パワーポイントは使っていませんでした。
今霊界に来ている講師は黒板講義をしていた人たちで、
パワーポイントを使える講師はまだ聖和していないのだと思います。

講義をしている人も聴いている人も、
みな若々しく元気な姿をしています。

私が講義を聴いている一人のかたに、
「あの講師は誰ですか?」と聞いたら、
「李相軒(イ・サンホン)先生です」と教えてくれました。
私が知っている李相軒先生はハゲなので、びっくりしました。

霊界では白髪やハゲはいません。
若いときの凛々とした姿のままなのです。

私の夫も”真のハゲ”ですが、
「パパ、あの世に行ったら髪の毛がふさふさなのよ」
と後で慰めてあげました。


地上で親しくさせていただいていた
奈田寿美子さん(777双、1989年聖和)が、
「教会がこんなんじゃ駄目よ。
もっと原理講義がみちあふれていないといけない」
などと言っていました。
「奈田さんのお姉さんらしいなあ」と思いました。

松本ママ(松本道子役事、2003年聖和)は
霊界でもやっぱり旗を持って歩いています。
こういうことを知るにつけ、霊界は楽しいなあと感じます。

神様が、私のような心の弱い、
信仰者には地獄のほうはあまり見せずに、
いいところだけ見せて、
励ましてくださっているのかなとも思いました。

森山操
信仰手記「私の見てきた霊界」
トゥデイズ・ワールド・ジャパン
天一国元年11月(2014年陽暦1月)号

「今日もいいことがある」ブログより
https://true-love-family.at.webry.info/201401/article_6.html



言われてみれば、そうですよね。
余談ですが、髪のことをいえば私自身も、
数年後、仲間入りしそうなのです(笑)

この世での生活も、
今まで生きてきた年数より短いことでしょう。
頭のことも、地上で
もう少し我慢するだけだ、ともいえますね・・・

もうちょっと考えると、
地上で障がいのある方は、
霊界では関係なくなるのかな、
そんな風に思わされます。

やはり、地上生活において、
真の愛を体恤する努力をすること、
これに勝るものはないと感じました。

あと、奈田先生が、霊界で、
「原理講義がみちあふれていないといけない」
このことも肝に銘じることだと思います。

最近、「原理の復権」が叫ばれて、
2日修錬会が頻繁に行われています。

うちの教会長も前線メンバーに
原理講義を始められました。

真理と神霊に満ち溢れた教会を目指すべく、
私自身も、与えられた責任を
果たさなければ、と思うのです。





にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:03 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。