2021年01月21日

神様がたった一度だけこの腕を動かして下さるとしたら *『平和の母』から学ぶ:浅川先生



210121.jpg


しばらく浅川先生の講話を紹介していませんでしたが、
再開したいと思います。
今回は、「『平和の母』から学ぶ 人生の道しるべ」より
『温かい心の持ち主になる』をお届けします。


幸せになるために、何を持ったらいいのでしょうか。

ある人は「それは、健康な体でしょう」と答えました。
では、健康でなければ、
幸福は、夢のまた夢、なのでしょうか。


群馬県に、名誉県民として尊敬されている、
星野富弘さんというかたがいらっしゃいます。

群馬県勢多郡東村に誕生し、
健康でスポーツマンで、
中学校の体育教師をしていました。

放課後、前方宙返りの指導をしている時に、
星野さんは頭から床に転落して首の骨を折ってしまいました。
そのため、足が動かず、
天井を見るだけの人生になってしまったのです。

もし「健康な体を持たなければ、幸福になれない」
というなら、彼の人生は絶望です。

しかし彼は、絶望ともいうべき状況の中で、
三つの光を見いだしたのです。


第一の光は、母の愛でした。

彼は若い頃、毎日愚痴ばかり言っていた母を
軽蔑していました。

しかし、動けなくなった彼の世話をしたのは、
その母だったのです。
母の献身的な愛に目覚めて詩を作りました。

  神様が
  たった一度だけ
  この腕を動かして下さるとしたら
  母の肩をたたかせてもらおう


 
発見した第二の光は、咲く花たちの美しさでした。

  私の首のように
  茎が簡単に折れてしまった
  しかし菜の花はそこから芽を出し
  花を咲かせた
  私もこの花と同じ水を飲んでいる
  同じ光を受けている
  強い茎になろう


彼は花の美しさに感動し、
筆を口にくわえて花たちの絵を描いたのです。

 
そして、第三の光に出合いました。

神の愛によって生涯の伴侶と出会ったのです。
妻の愛の光を見いだしたのです。
 
アジサイの絵と共に、妻の愛を詩に託して添えました。

  結婚ゆび輪は
  いらないと
  いった
  朝、顔を洗うとき
  私の顔を
  きずつけないように
  体を持ち上げるとき
  私が痛くないように
  結婚ゆび輪はいらないといった

  今、レースのカーテンをつきぬけてくる
  朝陽の中で
  私の許(もと)に来たあなたが洗面器から冷たい水をすくっている
  その十本の指先から
  金よりも
  銀よりも
  美しい雫(しずく)
  落ちている


彼は結婚して、すでに40年がたちました。
母がしていた絵作業を、今は妻がしています。
彼の詩画には夫婦愛が溢れています。

幸福になるために持つべきものは、
愛に溢れた、温かい心、だったのです。


「平和の母」、韓鶴子夫人は言われます。

「幸福は、あらゆるものがそろっている状態で
 訪れるとは限りません。

 不足なものがある中でも感謝の思いを持てば、 
 知らず知らずのうちに訪れてくるものなのです。
 
 …本物の人格を備えた、
 温かい心の持ち主となることが、
 最高の配偶者になる道なのです」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう
平和の母』280〜281ページ)

温かい心の持ち主になる
浅川 勇男
「『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ」


星野富弘さんの詩画は、
本当に心を打つものがありますね。。。
今回、紹介した詩と絵ですが、
何度見ても胸が熱くなってきます。

人は、心と体からできています。
そして、心が主体であり、体が対象であるのです。

星野さんの姿を通して、
たとえ体が不自由であっても
心を通して、人を感動させることができる
そのことを改めて感じます。

お母さんの献身的な愛がなければ、
星野さんの人生はどうなっていたでしょうか。

親の愛、母の愛、というのは、
見返りを求めない、無償の愛です。

その愛を私たちに与えてくださっているのが、
真のお母様なのです。

人類の母、平和の母、
真のお母様を求め、その愛を受けて、
多くの実を実らせる、
そのような者になっていきたいと思うのです。





にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。