2021年01月25日

なんで子供を叱ってしまったのか、良心にきいてみたら── 《自己牧会プログラム》



210125.jpg
天正宮の花☆


自己牧会プログラム
今回は、「子供が幸福なら、それでよい」です。


昨年、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、
緊急事態宣言が出されていた時のことです。

学校が休みになり、小・中学生のわが家の子供たちも
終日家にいるので、欲求不満がたまっているようでした。

一日中ダラダラと過ごし、やるべきことをやっていなかったり、
部屋も散らかしっぱなしだったりという状況が続き、
ある日の朝、思わずきつく注意してしまいました。

あとから、一方的に叱ってしまったなと
自分を責める思いが湧いてきて、もやもやが消えません。

バスで職場に向かいながら、
「私は今、子供を否定的に見つめています。
この思いはどこから来るのでしょうか」
と良心に尋ねてみました。

そうすると、「子供が心配だからだ」と返ってきました。

「何を心配しているのでしょうか」と尋ねると、
「子供の将来のことだ」という答えを感じました。

私が思わず、「子供の将来を心配するのは、
親として当然ですよね」と言おうとした瞬間、
「それは子供に任せたらよい。
子供が幸福なら、それでよい」
という答えが返ってきたのです。

バスの中でしたが、思わず、
「幸福か、幸福か」とつぶやいていました。

「子供が幸福だったらよい、幸福だったらよい」
という思いが心の中を巡りました。

そして、私はただ子供の幸福を願っていて、
注意し責め立てることを望んではいない
ということが分かったのです。

その時、前の席で3歳くらいの男の子がお母さんに、
「ああでね、こうでね」と一生懸命話をしている姿が
目に飛び込んできました。

その姿があまりにも自然で素直で無心で、
思わず笑みがこぼれました。

私もこのように、ありのまま、心のままに、
囚(とら)われなく生きていきたいなと
深く感じながら、職場に向かいました。

いつの間にか、心に光と平安が戻っているのを感じました。

(男性 40代)

私の心の中にいる神様 53
子供が幸福なら、それでよい
(blessed lifeより)


子供たちに対して、多大なる願いを
かけてしまうのが、親ではないでしょうか。

やはり、愛している、からであり、
自分以上になってほしい、と思っているからです。
しかし、なかなか親の願い通りには、いかないものですね。

「子供が幸福ならそれでよい」
これが良心の答えでしたが、
きっと神様がいつも思っていることなのかもしれません。

いずれにしても、
親というのは、子どもが生まれたから、
自動的に親になるわけではなく、
子どもの成長に応じて、親も成長していくのだ。。
日々、感じさせてもらっています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:27 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。