2021年02月09日

最強の「鬼滅の刃」は、真の愛の心から生じる?! 見えない鬼の存在 《浅川先生》



210209.jpg


サンデー世界日報に浅川先生の
「家庭円満を招くいのちの言葉」が掲載されています。
今後、不定期に紹介したいと思います。
今回は、『鬼滅の刃は真の愛の言葉』です。


漫画「鬼滅の刃」が空前のヒットとなっている。
アニメも大人気で、2020年はコロナと
「鬼滅」の年だった、と言っても過言ではない。
 
「鬼滅」は、鬼に親を惨殺され、
妹を鬼にされた主人公・炭治郎が、
妹を元の人間へ戻すために鬼たちと戦って、
数々の試練を乗り越えていく物語だ。

そもそも「鬼」とはどんな存在だろうか。
人間の幸せな姿を見るといたたまれなくなり、
不幸に落とし込め、地獄の底に叩き込んで、
立ち上がれないようにして、ほくそ笑む存在である。

なぜ、主人公は鬼に勝てるのか。
簡単に言うと、目に見えるからである。

鬼がいかに凶悪な存在でも、
目に見える限りは退治できる可能性がある。
動きが見えれば対応できる。
左右であれ上下であれ、鬼の動きを防ぎ、
攻撃することができる。


しかし、「鬼」が目に見えず、心の内にいたらどうか。
「鬼滅の刃」のように、人の目に見える「鬼」だけならば、
人類はとっくに平和と幸福を享受したであろう。

ところが、2021年現在でも、世界的に対立や葛藤は消滅せず、
家庭の悲劇は続いている。

SNSの普及は新たなる犯罪を生み出している。
科学の驚異的発展にもかかわらず、
なぜ不幸は絶えないのか。


人の目に「鬼」が見えず、そして
その「鬼」は人間の心を住処としているからである。

人間の自己中心性、嫉妬妬み、憎悪、怨み、
蔑視などの心に住み着き、
その居心地の良さに根を張っているのだ。

しかも、「鬼」は生命力があるので、取り憑いた人間が死ねば、
子供に、孫にと、先祖代々移行していくのである。

しかも、人間の心が醜悪でさえあれば、
場所をどこでも移動できる。
「鬼」には国境がない。
人を不幸にするためなら、いつでもどこでも、
誰の心の中にでも侵入する。

嫉妬心や憎悪の火種があれば、燃え上がらせ、
囗から暴言を出させ、手足を操作して暴行を働かせ、
破滅させていくのである。
夫婦、親子、嫁姑を喧嘩させ、
心と体を傷だらけにしていく。

このように「鬼」は古今東西、
悪と不幸を人々に感染させてきたのである。
有史以来、戦争と殺戮がない時代は無かったと言うほど、
人類は見えざる内なる「鬼」に翻弄され、苦しめられてきた。


では、どうしたら、難攻不落の見えざる
「鬼」を退治できるのだろうか。

「鬼」が恐れるものがただ一つだけある。
それが、真の愛である。
与えて忘れる無我無心の真の愛である。

人間の心に「我」が少しでもあれば、「鬼」は入り込むことができる。
しかし、全く無心無我の真の愛には、入り込む隙がない。
退散するしかない。

真の愛のこもった言葉はまさに、「鬼滅の刃」なのである。


あらゆる「鬼」の攻撃でもひるまず、
真の愛を実践された文鮮明先生は言われている。


「神は、愛の心を持って生き、
 苦難にぶつかっても
 愛の刀で苦悩を断ち切れる人を求めて、
 私を呼ばれたのです」

(文鮮明自叙伝67P)


自叙伝書写とは、真の愛の言葉で
内なる「鬼」を滅して、幸福の道を開く実践である。

家庭円満を招くいのちの言葉237
自叙伝書写講師 浅川勇夫
鬼滅の刃は真の愛の言葉


確かに鬼は目に見えますが、
悪魔(サタン)さらに、悪霊は、
目には見えない存在です。

昨年は、コロナと鬼滅の刃の年だった、
よく言われますけれど、
コロナが厄介なのは、
コロナウィルスが目に見えない、からですよね。

霊的存在、というのは、目に見えません。
ある意味、コロナウィルスよりも厄介だといえます。
コロナウィルスは、ワクチンもできるでしょうし、
いずれは、消滅するのではないでしょうか。

悪霊、サタンは、いまもなお存在しています。
歴史始まって、今日に至るまで、
私たちの心に働くのです。

浅川先生のご指摘の通り、
根絶させる唯一の方法は、一つ、
『真の愛』を持ち、実践するしかない、というのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 07:53 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。