2021年02月07日

踊る新青年牧会者たち?!今日、韓日3元生中継 「レンギョウ精神で勝利」韓4地区み言



210207-20210131.jpg


本日は、日本第一地区の希望前進礼拝が
韓国とお母様を結び、全世界に
オンラインで中継される予定になっています。

今日のブログは先日開催された、
「オンライン韓国第4地区大会」の様子と、
その時に語られた、お母様のみ言を紹介します。


  1月31日、オンラインで「天の父母様聖会神統一韓国安着のための
  神全羅国希望前進礼拝」が開催され、神韓国第4地区・全羅道所属の
  祝福家庭および新規参加者約3万人が参加しました。

■脱北者と協力しながら共に平和運動を進めていくことを提唱
 
神韓国第4地区(全羅国)の希望前進礼拝は、
清平の天正宮博物館とオンラインで結び、
海洋教区海洋麗水教会をメイン会場に行われました。

礼拝の説教者として登壇した李相宰(イ・サンジェ)神韓国共同大陸会長は
この日、「真の家庭と三大祝福」という題目でメッセージを語り、
最初に新しく礼拝に参加したかたがたを歓迎しました。

続いて李大陸会長は第4地区で進めてきた
キリスト教聖職者を対象とした
「KCLC(韓国キリスト教聖職者協議会)原理セミナー」について報告。

韓鶴子総裁の自叙伝を読んで参加したキム・スニョン牧師が
セミナーの素晴らしさを証しする映像が紹介されました。

さらに李大陸会長は、神統一韓国を成し遂げるため、
脱北者のかたがたと協力しながら共に平和運動を
進めていくことを提唱し、説教を結びました。

李大陸会長による祝祷、黙想に続き、
天正宮博物館から礼拝をご覧になった韓鶴子総裁が、
参加者に対してメッセージと歌を披露されました。

韓総裁は「全羅国の花をレンギョウに決めました」と語られ、
「レンギョウは簡単に地に根を下ろします。
このレンギョウが象徴的に勝利した、ということを
見せてくれるでしょう」と全羅国の参加者を激励されました。


■韓鶴子総裁のメッセージ(一部抜粋/文責:編集部)

「レンギョウ精神で勝利する神全羅国になりなさい」

私は全羅道と言えば、故郷の姿を思い描きます。
特に全羅道は平野地帯、穀倉地帯として、
農耕文化の実質的な多くの祝福を受けた
(どう)でもあります。

農村の、萩で編んだ扉を開いて入って行くと、
広い中庭に平床
(ピョンサン、数人が座ったり、
横になって休んだりすることができる木製の寝台)があります。
そして暖かい日差しが降り注ぐ垣根には
レンギョウが咲いている、そのような風景です。

そこで、私は童謡のワンフレーズが思い出されたので、
歌ってみますね。

(韓総裁が韓国の「春のよそ行き」という童謡を歌われる)

皆さん、どのように感じますか。
レンギョウは枝を折ってどんな所に植えても
根を下ろして、春になると花を咲かせます。
私は全羅国の花をレンギョウに決めました。

私はアメリカで40年間生活をしながら、
ベルベディアを経てイースト・ガーデンで生活する時、
毎年春を迎えると最初に春の便りを知らせるのが
水仙の花だと言いましたし、巨大な木蓮の木が

(ベルベディアやイースト・ガーデンに)あると言いました。

また(時期が)過ぎるとツツジが満開になります。
その次にヤエザクラです。
垂れ下がっている、シダレザクラの木があります。
とても美しい木があります。

ところで毎年、片隅が
空いているように感じました。
レンギョウの花を
見ることができなかったのです。

それで私は「レンギョウを
その片隅に植えなさい」と言いました。
この黄色いレンギョウの花が、
イースト・ガーデンの整えられた庭園の風情を
もっと引き立つようにしたということです。

レンギョウは簡単に根を下ろします。
皆さんが全羅国の全ての人々を
祝福家庭にすると決心し、
決断しましたが、このレンギョウが
象徴的に勝利することができるということを
見せてくれるでしょう。

それで私は全羅国(の花)を
レンギョウの花にします。
早いうちに全羅国の復帰が
できると信じます。


統一運動情報
「レンギョウ精神で勝利する神全羅国になりなさい」
神韓国・第4地区で「希望前進礼拝」開催
(blessed lifeより)


韓国は、すでにお母様が一つの地区を
「国」として名付けてくださっていて、
今、地区ごとに希望前進礼拝をおこなっています。

さらに今年になってお母様は、
各地区に花の名前をつけて表現しておられ、
今回第4地区の花を「レンギョウ」と語られました。

今日は、日本第一地区の希望前進礼拝です。
韓国、日本、3元中継で行われるそうです。

今回、全国的に大きな人事がありました。
3分の1以上の牧会者が異動され、
本部の体制も大きく変わります。

一つの目玉として、お母様からの助言もあり、
若返りを図る、ということで、
「二世牧会者」が数名立たれることになりました。

実は、わが松戸家庭教会も
3年間、お世話になった教会長が退任され、
新しく、二世牧会者をお迎えすることになりました。

その牧会者たちが、お母様の前に
踊りを披露されるそうです。
ちょっと楽しみです。

5地区体制は、いまや
韓日米だけでなく世界に波及していくでしょう。
一つの地区は国であるとかつて語られていますが、
韓国では、5つの地区に、
国の名前と「花」を決めてくださっています。

さて、日本では、どうでしょうか。。。






にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。