2021年03月22日

結婚30年、初めて聞いた妻の本音・・50歳になって気づいたこと 《自己牧会プログラム》



210322.jpg


自己牧会プログラム、
『出会って30年、初めて聞いた妻の本音』です。

出会って30年、初めて聞いた妻の本音
(男性 50代)
6500双の祝福を受け、妻とは30年以上の付き合いになります。

妻は穏やかな人で、けんからしい
けんかもなく過ごしてきました。
私はずっと教会のスタッフという立場で歩んできました。

ある時、人間関係がうまくいかないことがあり、
家で「人間関係って疲れるね」とつぶやいたことがありました。

妻は「ふーん」という反応だったので、
私は少しイラッとして、「疲れると思わないの?」
と聞いたら、「分からない」と答えました。

納得できず、さらに「どうして分からないの?」
と聞いたら、「人間関係で悩んだことがないから」
という返事です。

私はさらにイラッとして、
「人間関係に真剣じゃないんじゃないの」と
意地悪なことを言ってしまいました。

それでも妻は、
「そうかもね」という穏やかな反応でした。

 
そういう中、私は自己牧会プログラムに出合い、
いろいろなワークを実践するようになりました。

ある時、私がワークの恩恵について妻に話したところ、
妻は「本当にお父さんはワークのおかげで
解放されてきたね。私も解放されたい」と言いました。

そして、長年の積もり積もった思いを語り始めたのです。


私はそれまで、妻に針の先ほども気を使わずに暮らしてきました。
やりたい放題、伸び伸びと過ごしてきました。

長男を授かった時も、彼女は体重が落ち、
やせ細って大変だったのですが、私は毎日変わりなく、
朝家を出たら夜の11時過ぎに帰宅、という生活を続けていました。

彼女がご飯を食べたかどうかも全く気にせず、
彼女の横で熟睡していたのです。
妻は体調が悪くても一人で育児を頑張り、
一言も文句を言いませんでした。


彼女の話は、そこから始まりました。

最初、私はソファにもたれて聞いていましたが、
次第に「これは姿勢を正さないといけない」と思わされ、
最後は「申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

私は妻のことを、「愚痴を言わない人」
と思い込んでいましたが、こちらが聞く姿勢を持つと、
意外に「愚痴を言う人」でした。

それを知ってからは、
きちんと妻の話を聞くようになりました。


聞くときは、自己牧会プログラムの教えに従い、
「共感する」という基本の基本を大事にするようにしています。

以前だったら、何かアドバイスしなければならない
と思うあまり、「でもみ言はこうだから」
みたいな対応をしたかもしれません。

でも今は、「ああ、大変だね。よくやっているね」と、
寄り添う言葉が自然に出てくるようになりました。

すると彼女も「聞いてくれてありがとう」と、
晴れやかな顔になるのです。

 
自分のこと、妻のことを理解しているつもりでしたが、
ワークを通して心が整理されてくると、
分かっていないことがたくさんあったなと、
50歳になった今、ようやく気付くようになりました。

今もまだ分かっていないことがたくさんあると思いますが、
家族で一緒に座ってご飯を食べているだけで
「今ここが天国だな」と思えるようになったことが感謝です。

私の心の中にいる神様 61
出会って30年、初めて聞いた妻の本音


題目に目が留まったので、
今日は投稿させていただきました。

一番身近な人に対して、
自分の「思い込み」で認識している。。。
もしかしたら私たちも、
そういうことが多いかもしれません。

神様がどう見つめているのか、
そのことを実感するためにも、
心のワーク、良心を先立てていきたいと思います。

そういった意味では、
夫婦でブログをしていることは、
本当に感謝です。

もっともっと、味わい深い関係を
築いていきたいですね。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:01 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。