2021年03月30日

春風を呼んだお母様の歌、お孫様2組も披露 祝福式のための祝祭 《Youth Fesみ言》



210330-20210327 (3).png


先週土曜日に行われた
「孝情 Youth Blessing Festival」
第一報とお母様のみ言を紹介します。


3月27日、韓国の清心平和ワールドセンターを拠点に、
天地人真の父母様聖婚61周年記念 天地人真の父母様主管
「孝情 Youth Blessing Festival」が開催されました。

世界120カ国から3万人を超える青年をはじめ、
2万人の父母および多くの祝福家庭が「PeaceLink」
(インターネット中継)を通じて参加しました。

躍動感溢れるダンスや音楽のパフォーマンス、
家庭連合の祝福結婚を受けたカップルが証しをする「孝情分かち合い」、
さらには韓鶴子(ハン・ハㇰチャ)総裁のメッセージを受け、
特に祝福家庭の二世、三世、青年の皆さんが
希望の出発をする祝祭となりました。

第一報として、韓鶴子総裁のメッセージをご紹介します。


■韓鶴子総裁のメッセージ(文責:編集部)
愛する天一国の全世界の二世、三世、若い青年の皆さん!
皆さんは真の父母の息子、娘です。
そうでしょう? (「はい」)

真の父母によって皆さんは、美しく、よく成長し、
真の父母の祝福を受けるその位置には、
天の父母様(神様)が共にいらっしゃるのです。

天の父母様の夢と願いが実現される瞬間であると、
皆さんは敬虔なる感謝の心で
受け止めなければなりません。

そうすることによって
天の父母様は愛する子女たちを抱き、
うれしく希望に満ちた未来を開いていく
皆さんを祝福したいと思っていらっしゃいます。

お父様聖和の後に私はまず、
皆さんに対する教育のために努力してきました。

特に「アロハ・ワークショップ」を通して
祝福によって生まれた皆さんを
「ピュア・ウォーター」であると称しました。

生命水のようなピュア・ウォーターは
一カ所にとどまっていてはいけません。

常に環境を広げながら世の中の模範となり、
天の父母様の祝福を受ける
皆さんの未来がどのように展開されるかを
見せてあげる人生を生きなければならないのです。

今日、地上に真の父母、独り娘、
真の母がいらっしゃるので、
あなたがたは真の母と一つになった位置に
立たなければならないのです。

全世界78億人類が天の父母様の夢を
知らなければなりません。

真の父母の誕生と天の父母様が共にある
私たちの真の家庭運動に皆が同参し得る、
そのような模範的な人生を生きることが
皆さんの希望であり、未来です。
分かりましたか?

創造主である神様は私たちの天の父母様です。
創造主は天地万物を創造され、人間始祖を通して
自らの夢を実現しようとされましたが、
その夢を実現するのが春です。

私が皆さんに歌を一曲歌いたいと思います。
(韓総裁が歌を歌われる)

「吹けよ春風、そよそよ吹けよ/
山越え川越え、吹いて来い/
木陰に眠る子供/
目を覚まさせず優しく吹けよ/
暖かい春の日に疲れ横たわり/
チョウの群れと共に夢見て眠る時/
いたいけなその眠り覚まさずに/
静かにそよそよ吹いて来い」
(拍手)

今や私たちは天の父母様の夢、真の父母様の夢、
皆さんの夢を実現することができる春の日、
真の父母様の聖婚記念日を迎えることでしょう。
おめでとうございます。





210330-20210327.png 210330-20210327 (2).png
▲「孝情分かち合い」で証しをする    ▲フィナーレを飾る歌の前にあいさつする
 文信出様・張智堣様夫妻         文信興様・入山有恵様夫妻

私自身はほかの用事で視聴できなかったのですが、
教会長や、妻も視聴していて、
「とてもよかった」とのこと。

ヒップホップとラップのパフォーマンスで始まり、
国際(交叉)カップル、ダン・バートン夫妻の証しに続き
文信出様・張智堣様のカップルは、
事前に集めた食口からの質問に答える形式で、
祝福のことなど、率直に話されていて、
ほのぼのしていてよかったということでした。

第二部のエンターテインメントも、
パントマイムも楽しかったし、
特に、最後の文信興様・入山有恵様の歌は
とても素晴らしかったということです。

映像を手に入れることができたら、
紹介したいと思います。

お母様のみ言はここでは
「敬語」で訳されていますけれど、
実際には、息子・娘に話すように、
親しく話しておられました。

本当に母として、
子供に願いを託す心情で
み言を語られた真のお母様。

祝福結婚の恩恵に感謝し、
その素晴らしさを証し、
伝統を立てる者になっていきたい、
改めて感じさせていただきました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。