2021年06月16日

とにかくやってみる 行うことによっておこる奇跡 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



210616.png


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生の「信仰と生活」より
「行う」です。


「やれ」と命令された時には、やりたくなくてもやれば、
そのあとで何かが得られるのです。

神は絶対に私たちに何も与えないで、
強制したり、犠牲にしたりはしないのです。
何かを与えながら、生命的に授受しながら、
私たちを使っているのです。

だから殉教者たちは、殺される時にも、
神と交わりながら、苦しみの中にいながら、
苦しみを知らずに死んだのです。

また、全く新しい、何も知らない人に何かを手伝ってもらって、
働いたあとで「気持ちはどうか」と聞いてみると、
「何となく素晴らしい気がする」と言うのです。
なぜかというと、自分も知らずに、
善なるものに主管されていたからです。

何事によらず、情的に動かないと、自分が損をします。

例えて言えば、御飯を食べる時、
「どうも食べたくないけれども、今晩食べなかったら、
あすの朝までは腹が減るし、しようがないから食べてやろう」
と、嫌々食べたとしても、よく消化しないのです。

信仰も同じことです。

統一教会に献身はしたし、親も投げ出してきたんだから、
今さら帰るのは恥ずかしいし、どうにもならないから、
しようがなくついていくとすれば、それは信仰的な病人なのです。

そういう時には、ちょっと休みながら、
自分を反省しなくてはいけないのです。

1.牧会
「行う」

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則
「心情開拓」
李耀翰
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


先日、北千葉教区で家庭教育局の蝶野部長をお迎えして
二世圏祝福父母セミナーがありました。
題目はまさに『初動と精誠』

蝶野部長は、このように語られていました。

「道が開けないのは、『何もしない』時だけ。
どんなに小さくても初動があれば、
そこから摂理が始まる」

「『0』か『1』である。
どんなに小さくても良い。
内外の条件で」


子供をどのように祝福に導くか、
事情は様々あれど、結局悩んでいるだけで、
精誠のために行動していない、
動けば、神様は必ず摂理してくださるのだ、
講座の中で、一番強調されていました。

ヨハネ先生のみ言とは、
また違う観点のお話ではありましたが、
やはり、実践、行動することが
とても重要なことであると思って、
紹介させていただきました。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:06 | Comment(0) | 李ヨハネ先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。