2021年06月28日

「子女が愛をもってくる」  子女を通して私たちも神も貴く輝く 《蝶野部長》



210628.jpg


蝶野知徳・家庭教育部長の「孝情を育む」より
題目に目が留まったので紹介します。
『子女が愛をもってくる」です。

子女が愛を持ってくる

子女を授かることの意味は、愛のためです。
愛するために授かったのであり、
愛を体験するために与えられました。
つまり、子女は父母に愛を持ってきてくれた存在なのです。

子女の行動や性質に焦点を合わせ、一喜一憂する前に、
神様が与えてくださった子女の
存在そのものの価値に対する感謝の心が必要です。

その心を神様に捧げながら子女を見なければなりません。
それがいかなるときも、
父母の愛を支えてくれるものとなるからです。

愛の本質

子女は、愛という価値を通して見たときに、
その存在の貴さを発見できるようになっています。

「相手の性質に左右されない」という心情が、愛の本質です。
具体的には、欠点のように見えることや、
抱えている問題も全て超えて、その人を
「愛おしい」と感じられる心が与えられたとすれば、
それは愛の本質に触れていることになります。

障がいを持つ子女

ある父母は、生まれた子女がダウン症であることを伝えられた時、
絶望と悲しみの中で苦しみました。

しかし自分たち父母が愛の責任を持って育てる以外に
道がないことを受け入れました。

その子の未来が見えないと感じる中でも、
一つ一つ希望や願いを持って接し、
それを積み重ねていくうちに、
純粋な笑顔を無償で振りまくわが子に、
表現できない愛おしさが湧いてきたといいます。

障がいを持って生まれた子女を授かったとしても、
それは愛し難いものを愛するということが
父母のテーマとして願われているのではありません。

「“その子女の存在、丸ごとを愛する喜び”を
体験してしまうこと」にあるのです。

「愛の体験」をしたということは、
それが「喜び」になっているということです。
つまり、この一見、不自由な状態にある子女から
「喜びが与えられている」ということを発見したのです。

愛によってこそ貴い存在に

これらの高度な愛の喜びの基準は、
この親から生まれたものではありません。
明らかに子女が持ってきてくれたものなのです。
この愛の立場に至れば、子女に感謝が尽きないのです。

この愛の喜びを体験した父母も貴くなります。
そして、この子女をこの親に担当させながら、
それを抱えておられた神様も貴くなるのです。

私たちは、全てを貴い存在として輝かせるために、愛するのです。
愛によってしか、全ての存在は貴くならないからです。

孝情を育む 8
子女が愛を持ってくる

家庭教育部長 蝶野知徳
(Blessed Lifeより)


あまりいい表現ではありませんが、
子供は親の願うようにはいかないですね。
何度も書いている気がします。。。

しかし、だからこそ
親として、愛の器を要求されていると思います。

それがまさに、子供が愛を持ってくる
ということなのかな、と思います。

蝶野部長が先日の講座で語られていましたが、
子女のために何をしたらいいのかと悩むばかりで
何もしないのではなく、
「初動と精誠」が必要であるということ。

つまり、とにかく行動を始めること、
精誠を捧げること、内外の条件を立てること
愛することに徹していくことを通して、
あきらめなければ道が開かれていくことでしょう。

昨日も、松戸教会で
「子女復帰のための孝情奉献礼式」がありました。
これもささやかな、初動となり
精誠の条件となることを願ってやみません。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。