2021年06月29日

夫と趣味が合わない、その悩みに良心の答えは 《自己牧会プログラムQ&A》



210628.JPG
お母様の近況(ハワイ コナ農園にて)


今日は、自己牧会プログラムに関する
Q&Aを紹介します。


  真の父母様が、「第二の神様」であると言われた“良心”。
  自分の心の中にいる神様―良心―と
  対話(瞑想、祈り)することによって、
  本然の自分を取り戻していくことができます。

  今回は、「自己牧会プログラム」事務局に寄せられた
  お便りと、それに対する
  同事務局からのコメントをご紹介しましょう!



 夫と全く趣味が合わず、悩んでいます。

夫はゴルフが大好きで、暇さえあれば
テレビでゴルフを見ています。

私はドラマや映画が好きで、
ゴルフには全く興味がないので、
別室でふて寝してしまいます。

「好きな番組を見せてあげればいいじゃないか」
とも思うのですが、我(が)が強いからか、
自分の面白くない気持ちに負けて、
ついつい不機嫌になってしまうのです。

私たちには子供がいないので、
夫婦で一緒に楽しみたいと思うのですが、
それができません。

(女性 50代)

お子さんがいらっしゃらないこともあり、
夫婦で楽しみを共有したいという気持ちを
より強くお持ちなのでしょうね。

ご自分のことを「我が強い」と言われますが、
誰しも「我」は強いものです。

でも、そういうふうに「我」を通そうとする自分を、
一度、客観的に見詰めてみてはどうでしょうか。

その上で、そんな自分は「本当の自分ではありません」
と唱えながら、「一緒の趣味を持たないといけない、
喜びを共有しないといけない」
という思いを手放してみてください。

そして、「趣味が合わなくても大丈夫、
趣味が違ってもいいんだ」
と受け入れる努力をしてみましょう。

また、趣味が違っても、一緒に喜べること、
感謝できることはあるはずです。
探してみてください。

例えば、
二人が健康で生活できている。
一緒にご飯を食べる人がいる。
一緒に住む家がある。

まずは、こんな当たり前のことに感謝してみるのです。

すると、ご主人がゴルフ観戦を楽しんでいることを、
わがことのように喜べるようになるはずです。

そうなれば、たとえご自分はゴルフに関心がなくても、
一緒の部屋にいるだけで
うれしく感じられるのではないでしょうか。

ぜひ、そういうところから始めてみてください。

私の心の中にいる神様 75
「お便り&コメント」シリーズF
夫と全く趣味が合いません


ご質問をされたご夫婦と同じように、
「趣味が合わない」というカップルは、
意外と多いような気がします。

私たち夫婦のことは、
何度も書いていますので、省略しますが、
愛する家族が関心を持っていること、
さらには、趣味に対しては、
合う、合わないは別にして、
興味をもっていくことが大事だと思います。

ちなみに、娘は、オーディション番組が大好きで、
自分の好きな歌手(推し、というらしいです)が
生き残るために家族のスマホから投票し、
バイト先の店長にも、推しの投票をお願いする・・・

その熱狂ぶりにあきれるほどですが、
最近、妻も影響されて、
その歌手の数年前の映像を見たりして、
娘との会話に花が咲いています(笑)

愛する心情をもつことが
大事なんだな、と感じます。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:06 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。