2021年07月10日

(証し)私の立てた精誠をお父様はご存じだった! 《神明夫妻・ジャルジン他》



210610-2002..jpg


神明先生ご夫妻の証し、
続編です。


忠昭さん:私たちは、一九九九年の七、八月にジャルジン四十修に参加しました。
 私はそのときUTSの責任者だったので、仕事が忙しく、
 少し遅れて行き、妻が一足先に行きました。

 真のお父様は、「UTSから来たんだろう」と、
 妻に非常に関心を持ってくださいました。

 実は、妻は、この修練会に参加する前、
 百二十日間の特別精誠をささげていたのです。

澄江さん:同年九月から真の子女様がUTSに入学される予定になっていたので、
 お迎えするために一月一日から四月三十日まで毎日、
 UTSの敷地内にある聖地で精誠祈祷をささげたのです。

 それは七七七家庭の韓国婦人と共に行いました。
 自宅からUTSまでは、車で一時間半ほどかかったので、
 私はそれまで一年に一度くらいしか
 自分で運転してUTSに行く機会はなかったのです。

 遠いので、夫は週末だけ家に帰ってきていました。
 また特に、冬の期間なので、雪や雨が降ると大変でした。
 ひどい雪のときには、学生に運転をしてもらって行きました。

 そのような精誠条件を立てるようになったきっかけは、
 真のお父様ご自身がUTSを設立される前に、
 そこに三年間通われ、建物を購入された
 と聞いたことがあったからです。

 私は、たった百二十日ですが、お父様が
 どんな苦労をされたかを考えながら歩みました。

 ですから、往復三時間の運転中は、いつも、
 真のお父様のみ言を聞いたり、聖歌をかけたりしていました。

 わずかな期間でしたが、そのような心情があったので、
 真のお父様が「UTSから来たんだろう」と声をかけてくださったのだと思います。

 本当に真の父母様は親であり、小さな精誠でも
 お分かりになるのだなと感じました。


忠昭さん:今回は、慕わしい真の父母様との心情的な思い出を
 中心に語らせていただきましたが*
 一九七三年に米国に来てからの活動面を少しだけ話しますと、
 私は渡米直後にニューヨークで原理講師として英語で講義をしたり、
 国際指導者百日修の伝道部門の現場監督を務めたり、
 初期の米国原研の総責任者をさせていただいたりしました。

 UTS卒業後は、他の大学で神学博士号を取得してから、
 一九八五年にUTS教授として教鞭を執り始めました。

 UTS教授のとき、突然、真のお父様から教会関係の仕事も
 並行してやるようにというみ言を受け、一年間という短い期間でしたが、
 当時の米国大陸会長の立場にあられた韓国人リーダーの特別補佐官として、
 教会関係の会議を取り仕切ったり、巡回や説教をしたりしました。

 一九九四年にUTS総長に就任した後、UTSはニューヨーク州当局以外の
 米国の大学認可団体による精査を受けて、無事認可されましたが、
 そのための準備には並々ならぬ困難がありました。


 今後の抱負としては、第一に、今まで統一神学関係の学術論文を
 たくさん書きましたが、それを体系的にまとめて
 統一神学の本として出版したいと思います。

 真のお父様が説かれた統一原理こそ、
 今までのキリスト教神学ではどうにもならなかった
 神学的難問を解くことができるということを証したいのです。

 キリスト教には、神様と被造世界の関係、啓示と理性の関係、
 創造目的の不明性、アガペーとエロスの関係、三位一体論の謎、
 贖罪論の真の伝統の不在など、
 数え上げれば、切りがないほど未解決の問題があります。

 ところが、神様の心情と二性性相という画期的概念を持つ
「原理」を持ってくると、それらが解けるのです。

 それだけでも、真のお父様が再臨主であられることが分かります。
 これを世界の神学者と牧師たちに読ませたいです。

 第二に、自分なりに経験して捉えた、真の父母様が願われる
 信仰の伝統とは何かを兄弟姉妹たちにシェアして、
 たとえさまざまな困難があっても、それを克服するために、
 生きた神様が導いてくださっているという希望を与えていきたいと思います。

 第三に、神氏族メシヤ活動の勝利のために継続して頑張っていきたいと思います。


澄江さん:米国の有名牧師復帰と億万長者復帰と
 神氏族メシヤ活動が私の目標です。

 米国の有名牧師と目ぼしい億万長者には、
 真のお父様の自叙伝『平和を愛する世界人として』を送りました。
 今、祈りながらコンタクトしています。

 もちろん、実際、直接話す段階になると、
 夫にも手伝ってもらわなければなりませんがね。

忠昭さん:妻はすごいんですよ。あるとき、勇敢にも、
 ニューヨークの有名なユニオン神学校の総長までも、
 ある筋を通してコンタクトしてアポを取ったので、
 私が動員されて、妻と二人で話しに行ったことがあります。

澄江さん:二〇一六年七月、神氏族メシヤ活動のために日本に行って、
 親戚や古い友人、知人に会いましたが、神様の導きを感じました。
 毎年、定期的に訪日して、この活動を継続していくつもりです。

慕わしきわが主、わが父母 真の父母様との思い出
第16回ベルべディア家庭教会(ニューヨーク州)
神明(しんみょう)忠昭・澄江(777家庭)
(「世界家庭」2017.2/P.72〜81)
「深い神様の心情圏に没入し、一刻一刻を過ごされるかた」
*神明先生が語られた部分は、
次回以降何回かに分けて紹介します


奥様の精誠の証しは、
「なるほど」と思わされました。

「UTSから来たんだろう」
というお父様のみ言。
その人がどんな精誠を捧げておられるか、
お父様には一目瞭然なのでしょう。。。

実体のお父様はおられませんが、
お父さまに覚えられるような
そんな精誠を捧げていきたい、と思わされました。

また、神明先生が統一神学を
書き記そうとされる動機も
素晴らしいな、と思いました。

天を動機として歩めば、
天が取ってくださるのだ、と感じます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:04 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。