前の記事 TOP 次の記事

2021年08月24日

本日9時スタート、9周年聖和祝祭* 「勝敗を決する十字架の峠、世界の栄光となれ」 《日本を愛した文先生の足跡・大阪篇》



210824-1965.0202.jpg
聖歌指導をされる文先生(1965年2月2日)


聖和9周年の今日は、
文鮮明(ムン ソンミョン)、真のお父様が
初めて大阪を訪れた時の証し。

「日本を愛した文先生の足跡」
大阪特集です。

大阪は勝敗を決する十字架の峠


1965年2月2日、午後7時になって、ようやく文鮮明(ムン・ソンミョン)先生
ご一行が大阪教会に到着されました。

当日、寺田町の教会には80人ほどの老若男女が集まり、
午後1時ごろから聖歌を歌って、お迎えする準備をしていたのです。

「お父様(文先生)、お帰りなさい」の言葉に迎えられ、
車から降りられた文先生は2階に上がられ、
しばらく祈祷された後、歓迎会に臨まれました。

 
文先生は大阪について次のように語られました。


「東京は東のエデンの園を表し、
 名古屋は名高い古い屋敷を表し、
 ここ大阪は大きな峠を思わせます。

 ゆえに大阪の地は勝敗を決する十字架の峠であり、
 この地の復帰が、日本あるいは世界の
 栄光の峠になることを願います」

「大阪は皆が一つの家族という感じが強い所です。
 神を中心として心情がつながれていれば、
 国境も何も問題ではありません。

 先生は(ある意味では)日本人です。
 日本を真に愛する者が真の日本人であり、
 世界を、天宙を愛する者は、世界人であり、
 天地に公認される者となることができるのです」




その後、文先生は「次(いばら)なる道の復帰路程」と題して、
3時間余りにわたってみ言を語られました。


伝道するのは自己の完成のため


午後11時半、ようやく食卓に着かれた文先生は、
松本道子地区長(当時)の手料理をおいしそうに召し上がられました。

翌3日、文先生は出発前にもみ言を語られました。


「なぜ伝道するのでしょうか。
 誰のために伝道するのでしょうか。
 天宙復帰には己が完成勝利しなければならず、
 伝道は(最終的には)己のためにするのです。

 我々の勝利のためには最低12人の(信仰の)子女を
 産まなければなりません。
 それが蕩減であり、神の宴に招かれる礼服です」




文先生は「天地復帰之願」「勝越大阪之峠」
「統一の勇士群世界を制圧す」と揮毫(きごう)されました。

また大阪城内に聖地を決定され、高松へと向かわれました。


210824-1965.0203.jpg

210824-1965.0203 (2).jpg

210824-1965.0203 (3).jpg
▲揮毫される文先生(1965年2月3日)
▲聖地決定(大阪城内、1965年2月3日)
▲聖地決定の後、大阪市立博物館の前を歩かれる文鮮明先生ご一行(1965年2月3日)


(光言社『グラフ新天地』389号[2000年12月号]「日本を愛される文先生の足跡」より)

【文鮮明総裁聖和節記念】
日本を愛した文先生の足跡 7
大阪は勝敗を決する十字架の峠

(blessed lifeより)


昨日は、お母様の書信を訓読させていただき、
映像を見させていただきながら、
お父様を慕わしい思い、
恋しい心情が湧き上がってきました。

大阪に対しても、お父様は特別な思いで、
見つめていらっしゃることを感じます。

今回、7か所の地を振り返りつつ、
お父様が日本を愛し、一つ一つの地に対して、
心から愛する心情をもっておられることを
感じることができました。

わずかな時間かも知れませんが、
お父様に対して、思いを馳せる時間が
与えられたことを感謝いたします。


今日の式典は、朝9時から始まります。
お父様を慕う心情をもって、
迎えていきたいと思います。

生中継だけかもしれませんが、
こちらから視聴できます。
 https://www.youtube.com/watch?v=HVtpPunRNBo




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:35 | 草創期の証し(韓国・日本)

関連する記事


前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa