2021年09月15日

「お父様の作戦に引っ掛かっちゃった」私たち夫婦が家庭を持てたワケ 《小山田先生》 



19730809.jpg
祝福家庭の証し会で小山田儀子夫人の
証しを聞かれる真のお父様
(1973年8月9日、東京・代々木公園)


小山田先生の自叙伝。
「一番男らしい女と、女らしい男のカップル」を
真のお父様は気にかけ、配慮されました。

1969年に祝福を受けてから後、家庭をもつまで、
また、そのあとのお話です。


「お父様の作戦に引っ掛かっちゃった」

私にとって、相対者が私を受け入れたことはとても意外でした。
あとで聞いてみると、彼女は
「真のお父様の作戦に引っ掛かっちゃった」と言うのです。

彼女から見れば、私は、それこそ
“頭に浮かぶことのない対象、だったわけです。

最初に私を見た瞬間、 偽善者というイメージだったようです。

彼女の兄と弟の二人は、京都の同志社大学(ミッションスクール)の出身です。
彼女は、その兄弟たちのために一所懸命にアルバイトをしました。
ところが兄と弟はそのお金を、飲み食いに使い込んでいたのです。
それで彼女は、「クリスチャンは偽善者だ」と思っていたわけです。

私が、そのようなクリスチャンの姿とそっくりだったようで、
私を見た瞬間、偽善者、だと思ったというのです。

そして彼女は、「本当のクリスチャンはこんなものではないはず。
本当のクリスチャンに会いたい」と思っていたようです。

彼女がそのように思った背景があります。
彼女の父親は特別高等警察(特高)の刑事でした。
その当時、クリスチャンは米国のスパイのように見られ、
日本では、クリスチャン狩りが行われていました。

義父はクリスチャンの家を一軒一軒調べたのですが、
「キリスト教というのは素晴らしいものだ。
レベルが違う」と思ったようです。

義父が言うことには、「娘たちは嫁に行くのだから、
キリスト教を勉強する必要がない。
息子たちは、それを学ぶ必要がある」。

それで、二人の息子のうち、長男は既に婿養子となっていたので、
次男と三男を同志社大学に送ったというわけです。

義父自身はクリスチャンではありませんが、
仕事のために聖書を勉強していたのです。
のちに私が義父に原理講義をした際、
義父は聖書を暗記していたことがよく分かりました。
それは、信じるためではなく、クリスチャンを捕まえるためでした。


三年遅れて家庭を出発

話を戻しますが、私とのマッチングについて彼女は、
「真のお父様の作戦に引っ掛かった」 と言ったのです。

お父様は彼女に、「晩年になったら、味のある夫婦になる」、
そして「立派な子供が生まれるよ」とおっしゃったそうです。
それがお父様の作戦だったわけです。

お父様からそのような話を聞かされると、否定する道がありません。
相手は”偽善者、ではありますが、
彼女は「イエス」と答えたようです。

四十三双の祝福を受けたほかの先輩家庭たちは、
早々に家庭を出発しましたが、私たちは 違いました。
それから二年遅れたのです。

祝福の後、私が彼女に電話をしても、
彼女は絶対に私と会おうとしませんでした。
私は完全に無視されていました。
皆が家庭をもつなか、私たちは、そのような状況でした。


そのことをどこからか聞いてご存じだった真のお父様は、
「これはよくない」とお思いになったようです。
彼女は、一九七〇年から台湾に渡り、久保木会長のVIP渉外を助ける
という立場で渉外活動に従事することになりました。

久保木会長が台湾に行くたびに、あるいは岸信介先生、
福田赳夫先生、笹川良一先生といったVIPの先生方が訪台すると、
彼女はその接待を担当したのです。
久保木会長の相対圏に立つような立場でした。

彼女のそのような重要な立場から見ると、当時の私は
小僧っ子のようにしか見えなかったというのです。

しかし、彼女が訪台して三年近くなると、
私は夢や幻で、彼女と家庭をもっているようすを、
しばしば見るようになりました。

彼女は台湾で、日本から訪台するVIPだけでなく、
台湾のVIPも接待しました。

蒋経国元総統の弟である蒋緯国*氏にも
「原理」を学んでもらいました。
彼はクリスチャンです。
台湾大学や政治大学の教授など、
台湾の要人にはクリスチャンが多いのです。

「そのようにして、ハイクラスのVIPを渉外する中で、
キリスト教に対する彼女のイメージが、
ずいぶん変わってきたというのです。
三年後、彼女が帰国する頃には、
キリスト教に対する偏見はなくなっていました。

その頃を見計らって真のお父様は、
彼女を韓国の清平に呼ばれました。
お父様は、「キリスト教というのはいいものだろう」
とおっしゃったそうです。

そして、「おまえはいくら強くても、女は女だ。
小山田を愛して立派な子供を生みなさい」とおっしゃり、
彼女は日本に帰国しました。

それから私たちは喧嘩をしなくなりました。
お互いの手の内が見えるようになったからです。
このようにして、先輩家庭に遅れること三年、
私たちは、ようやく家庭を出発しました。

その後、十年近くで五人の子供に恵まれました。
真のお父様は、「最低八人から十二人生みなさい」
とおっしゃっていましたが、そこまではいきませんでした。


「おまえたち夫婦は、愛の研究をよくやりなさい」

四十三双の祝福から、十年、二十年、三十年、四十年がたっても、
真のお父様は、名節のたびごとに、私たち夫婦をご覧になって、
「小山田、儀子、立て!」とおっしゃいました。

そうして妻に、「小山田を愛するようになったか?」
と尋ねてくださるのです。

そのようなスタイルが一種の伝統のようになってしまいました。
私たち夫婦を知らない人でも、「小山田?
ああ、あの夫婦喧嘩で有名な家庭ですね」と知っているのです。

一九八三年、真のお父様がアメリカのボストンで
マグロ釣りの海洋修練を始められたときのことです。
梶栗玄太郎さんと櫻井設雄さんと私の二人が、お父様から呼ばれました。

梶栗さんと櫻井さんは三日で帰りましたが、
私はそれから半年間、訓練を受けたのです。
すると妻は、「(夫婦で)喧嘩をするから、とうとう夫は、
アメリカに人事になったのではないか?」 と思ったようです。

そして、久保木哲子夫人と私の妻が、お父様から呼ばれて渡米し、
四十日間滞在して帰国しました。

彼女たちが帰国した後に、お父様はイーストガーデンの朝食の場で、
「儀子を帰してすまんな」 と言われました。
「小山田、おまえたち夫婦は、
これから愛の研究をよくやりなさい」とおっしゃったのです。

そのみ言の中に、「夫婦愛の芸術化、美術化」
という内容があるわけです。
そして、いわゆる愛の王宮、生命の王宮、血統の王宮という内容です。

自叙伝「真の父母様の御跡を慕って」
小山田秀生
第三章 永遠の相対者と出会う
*蒋経国元総統は、蒋介石の長男
蒋緯国氏は次男(実子ではない?)


お父様は祝福を貴く思われると同時に、
祝福を授けた家庭に対し、
多くの愛と関心を持っておられる、と感じます。

小山田先生ご夫妻に対しても、
多くの期待と関心、そして
立派な家庭になるよう願っておられたのでしょう。

マッチングのときの会話も
お父様の作戦でしたが、
奥様が台湾で訓練され、クリスチャンに対して、
意識が変わったのも、天のご計画であり、
間違いなくお父様の作戦勝ちでした。

「本物のクリスチャンに会いたい」
と思っていた奥様は、「偽善者」だと思っていた小山田先生と
まさに本当の出会いをされたのだ、と思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:23 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。