2021年10月14日

「過去に経験した」ではなく、あらゆる人から学ぶ 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



211014.jpg


李ヨハネ先生のみ言。
今回は、「学ぶ姿勢を失うな」です。


理解したもので指導しようとすると、自分は発展できないのです。
指導者になって、だんだんと発展できなくなるのです。

なぜかというと、自分が指導者だと思っているからです。
伝道者だと思っているからです。

「伝道者は人を指導するのだ」という立場に立つと、
結局自分は、その型にはまってしまうのです。

あらゆる人から学ぼうとすること、
学ぼうとする態度がいつも大事です。

指導者は、学ぼうとする欲望をもっていれば、
その人に必要なものが分かるのです。

「何を教えよう。どういう原理を教えよう」、
こう考えると、自分というものが問題になるから、
いくら信仰生活を何十年やっても、
「新しい人にも学びたい」となるのです。

「どういう経験も、私はもうした。もうああいう経験は済んだ」と。
そういう過去のことによって、現在を貴重に思わないと、
結局、固まった欠点のある人になるのです。

だから年を取った人で、「現在」を、
自分も過去に経験した「現在」と思う人は、そこが間違っているのです。

「現在」というものは、きのうではないのです。
だから、いくらきのう自分がこれを経験していても、
きょうの経験は、全部性質が違うのです。


イエス様は、自分を絶対視しながらも、人の事情に巻き込まれたのです。
自分を絶対視しながらも、かわいそうな人には、
主管され、共に泣いた、そういうところがあるのです。

そこがイエス様の違うところです。

私たちは、絶対視すると愛情が流れないのです。
「原理」が思想に固まってしまうのです。

「原理」を消化した自然人間(本然たる人間)になるようにと、
人間を正常化する目的なのに、「原理」という
理念にとらわれてしまっているのです。

そうなると、結局一つの思想家になって、
豊富な人間性をもった人間同士の関係が崩れ、孤立しやすいのです。

私は「原理」を悟ったと、悟ったそのものに主管されて、
結局、盲目になりやすい危険性が私たちにあるのです。

そういう面もあるということを知り、
私たちの霊的成長を中心として、考えてみなければならないのです。

2.個人と教会の発展のために
「学ぶ姿勢を失うな」

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則「心情開拓」李耀翰
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


秋、真っ盛りとなってきましたね。
み言を訓読して「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
ということわざを思い出しました。

健康な人は御飯が美味しいと感じる、と言います。
訓読するみ言も新鮮に感じ、おいしいと感じる、
私たちでありたい、と思います。

真のお父様は、ご自身の語られたみ言を
何回も何十回も、いや無限に訓読されても、
新鮮さを感じられていかれました。

日々、発展できる者になっていきたい、
そのように思わされました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:05 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。