2011年04月27日

「今日の私の救世主になって下さりありがとうございます」世界会長から岩手の食口へ


5vdyc[1]iwatesikku.jpg
文先生の元に行かれた岩手のメンバーたち


先週の4月17日、岩手教区のメンバーが
アメリカの地で、文先生と出会いの場を持ちました。

世界会長のツイッターでは、以下のように記述されています。

今日(4月17日)の私の救世主は、
今回の津波被害の中でも
真の父母様へ自分達のりりしい姿をお見せする、
こちらに訪ねてきた岩手県、
日本食口達でした。
今日の私の救世主になって下さりありがとうございます。

文先生は、2日前の4月15日に
岩手教区のメンバーが訪ねてこられることを知りました。
「 いつ来るんだ。あとどれくらいで来るんだ」
と側近の方に何度も何度も尋ねられたそうです。

岩手のメンバーの中には、
津波で家が流された方もいたといいます。
そんな状況の中でありながら、
真のお父様を慕い、訪ねてこられました。

文亨進世界会長も
「今日の私の救世主」
と語っておられますように、
文先生の心もどれほど癒されていかれたでしょうか。
地震と津波の被害を受けて、
苦しい状況の中を過ごしている日本食口に
思いを馳せておられる先生の元を
直接元気な姿を見せられたのです。

nardo.jpg


教会長は、ナルドの香油の話をして
解説してくださいました。

マグラダのマリアは、高価な香油を
イエス様の足に自分の髪でぬぐったといいます。
300デナリという量をすべて使ってしまったので、
弟子もその行為を見て止めさせようとしましたが、
イエス様はこう語られました。

この人のするままにさせておきなさい。
わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから

300デナリというのは、
当時の労働者1年分の賃金に値するといいます。
それだけの価値を持ったものを
イエス様にすべて捧げたのです。

自分の事情を越えて、
アメリカに行かれた岩手のメンバーは、
精一杯の真心を捧げていかれたので、
まさにマグダラのマリアのような姿だったというのです。

この日に、文先生は、ヨーロッパ行きを決められました。
4月17日というのは、
76年前である1935年のこの日、
イエス様が文先生に霊的に現れて
「私の使命を果たして欲しい」
と願われて、先生ご自身が、再臨主としての道を
決意していかれた記念すべき日です。

そんな歴史的な日に、特別な出来事があったのです。
偶然とはいえない、そんな思いにさせられます。

そして、翌日の18日
講演文を何度も訓読され、
一度も席を立たれることなく、
しかも水を一滴も飲まれることなく、
12時間もみ言葉を語りつづけられたといいます。

岩手の食口たちと真の父母様の精誠、
その土台で、今回のヨーロッパ大会があると思わされます。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

文先生が津波から救ってくれた!


八戸で漁師をしている大山照雄さんの証が
統一教会公式サイトに掲載されています。
3度の大津波を越えて、奇跡的に生還した青森の漁師
もう少し詳しい証を聞くことが出来たので、
紹介したいと思います。

大山さんは、海洋修練会に何度も参加され、
文先生からも直接指導を受けたことがあるそうです。
そして、津波が来たときの対処の仕方を教わりました。

「津波が来たら、恐れてはいけない。
津波を恐れて逃げたらダメだ。
正面突破だ。
津波に向かって進むんだ」

大山さんは地震の時、海の上でした。
そのとき、ふと過去に文先生から言われていたこと。。。
すなわち正面突破しかないと思わされたのです。

そして、3度の大津波を見事に乗り越えて、
奇跡的な生還を果たしました。

doreガリラヤ湖を行くイエス.jpg


この証を聞きながら、イエス様が海を歩かれる聖句が浮かびました。

イエスは夜明けの四時ごろ、海の上を歩いて彼らの方へ行かれた。
弟子たちは、イエスが海の上を歩いておられるのを見て、
幽霊だと言っておじ惑い、恐怖のあまり叫び声をあげた。
しかし、イエスはすぐに彼らに声をかけて、
「しっかりするのだ、わたしである。恐れることはない」
と言われた。
するとペテロが答えて言った、
「主よ、あなたでしたか。
では、わたしに命じて、水の上を渡ってみもとに行かせてください」。
イエスは、「おいでなさい」と言われたので、
ペテロは舟からおり、水の上を歩いてイエスのところへ行った。
しかし、風を見て恐ろしくなり、
そしておぼれかけたので、彼は叫んで、
「主よ、お助けください」と言った。
イエスはすぐに手を伸ばし、彼をつかまえて言われた、
「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」。
(マタイによる福音書 第14章から)


大山さんが文先生の言葉を信じないで、
自分なりに津波から逃げていたらどうなっていたでしょうか。
そういう意味で大山さんは、
文先生のみ言葉をひたすら信じて、
その如くの行動をとった結果、
命が助かったのです。

まさに「絶対信仰は運命を革新する」のです。

また、港に帰ってきて、
車がどうなっているか調べたところ
まったくそのままの状態にありました。
しかも水にも濡れていなかったのです。
ちなみに車の中には、天聖経が置いてあったといいます。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 06:12 | Comment(5) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

避難生活から福島へ!忘れられない教会長との出会い

千葉中央修練所で避難生活をしていた、
福島の兄弟姉妹たちが、おととい地元に戻りました。

福島第一原発からは、35キロの教会ですが、
周りの人たちも地元に戻りつつあり、
学校も始まるということで、
思い切っての決断でした。

なかには、地元に帰ることが難しい方もいます。
津波で家が流されてしまった方や、
会社が流されて、仕事が出来なくなってしまった方。
その方たちは、既に千葉の市営住宅に住むことになり、
同じ地区のメンバーとして
新しい出発をされている方もいると聞きました。

あるいは、親戚や親を頼って、
それぞれのところに出発した方もいるといいます。

それでもほとんどの方たちが、
放射能問題が解決していない状況ですが、
地元に帰りたい思いが強いのだと
改めて感じました。

私は、期間中、5回訪問しましたので、
福島の教会長も名前と顔を覚えてくださいました。
私自身も今回の出会いは一生忘れられないものになりました。

最後、訪問した時は、
ちょうど閉会式が始まったところでした。
中高生部のメンバーを中心に歌を歌っていたのですが、
まあ歌というか、魂の叫びというか、
このパワーはいったいどこから来るのかというくらい元気でした。

教会長が子供たちに「楽しかった人」と質問したら、
ほとんどの子供たちが手を挙げていたのが印象的でした。

教会長は、ただ援助を受けているだけではならないという
責任者としての心情から、
何か出来ることはないか、と考える中で、
自分の証しを通して、神様の御旨を頑張る力になれば…、
という切実な思いで様々な箇所を訪問してくださいました。

福島に帰り、今まで以上に頑張る決意をされている教会長を見ながら、
負けてはいられないと思ったひとときでありました。

とても感動的な映像がありましたので、
福島の兄弟姉妹に送りたいと思います。
ニューヨークから世界各国の人々が
それぞれの国の言葉で被災者の方たちと日本のために
送ってくれたメッセージです。



応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする