2011年03月31日

「信仰の道は、悲しみの谷間を通る道である」文先生の日本への御言葉


doreガリラヤ湖を行くイエス.jpg


文先生は、日本の責任者とともに、
東京のある教会から、
たくさんのメンバーが来たことをとても喜ばれました。
「日本が地震で大変なときによく来てくれた。
今日は歌と踊りにしよう」
と語られながら、歌を歌わせました。
ともに『み旨の応援歌』 を歌われ、
ご自身も歌を歌われました。

神様の願いを果たすことが出来ず、
心が悶々として、葛藤が起きて、
自分ではその思いをどうすることも出来ないとき、
文先生は、教会員に歌を歌わせながら、
ご自身の心を落ち着かせることがあります。

今回も、地震によって多くの方たちが
命を失われてしまったことに対して、
血の涙を流されていた文先生でしたので、
そんな気持ちを日本から来たメンバーたちとともに、
心を癒していかれたのだと思います。

その場で、文先生は次のような話をされました。

信仰の道は、悲しみの谷間を通る道である

神様が歩んでこられた歴史は涙の歴史でありました。
神様は栄光の神様、崇高なる神様ではなく
涙の神様であったのです。

そんな神様を実感するには、
悲しい道を行かなければならない
ということなのです。

愛の神様でありながら、
何で神様は愛してくれないのか、
という思いが湧いてくることがありますが、
実はそういう時ほど、神様が近くにおられる
ということなのだと思います。

『足あと』 いう有名な詩を
ご存知の方も多いと思います。

自分の人生を振り返った時、
神様と二人で歩いた道が
足あととして残っていました。
しかし、一番苦しい時、
足あとはひとつだけでした。
『神様は苦しいとき、ともにいなかった』
と思っていましたが、
神様の声が聞こえてきました。
『お前が苦しいとき、私はお前を背負って歩いたんだ』と。

日本が今とても試練を受けています。
『神様がいるなら、何でこんな仕打ちを・・・』
という思いを持ってしまうようですが、
むしろこういう時であればあるほど、
神様がともにいらっしゃるのだと思います。

応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

日本のために奉仕する韓国人教会長!福島の教会長様の証し3


2.jpg


お伝えしていませんでしたが、福島の教会長様は、韓国から来られた方です。

教会長は、千葉中央修練所に来て
福島の食口の前でこう叫んだそうです。

「私たちは、避難生活をせざるを得ない立場で
ここまでやってきました。
しかし、みなさん、ただ食べて寝ての
生活だけでいいのでしょうか。
国難のときであればこそ、
私たちが立ち上がらないといけません
真のお父様は、苦労と犠牲の道を歩まれました。
今回の震災で、一番苦労しているのが
私たちであるとするならば、
むしろ感謝して、喜んで、奉仕の心情で
歩むことが神様を感動させ、喜ばせることが
出来るのではないでしょうか」

このように鼓舞しながら、
地震と津波、さらには、原発の放射能問題という
三重苦で試練を受けている食口たちを励ましました。

実際、私が教会長の送迎をしたときにも、
一人の婦人が、泣きながら女性の責任者と話をしていました。
今後のことで、不安がつきないようでした。

それでも、お互いが助け合い、
子供たちの修練会のスタッフとして、
全員がひとつになっている姿に
感動を覚えました。

そして、何よりも教会長の姿を通して、
深い世界を感じました。

昨日も記事に載せましたが、
津波によって、浸水を受けた家に、
腰まで水に浸かりながら、尋ねていきました。

さらには、すべての教会員と連絡を取り、
食料がないところには、物資を届けました。

自宅が崩壊したところには、車で尋ねていき
教会に迎え入れました。

食口のためにありとあらゆることをしたのです。
もちろん、責任者としては当たり前な行動かも知れません。
しかし、教会長は、韓国人であるのです。

かつて、関東大震災において、韓国人が受けた仕打ちを
皆さんはご存知だと思います。
『井戸に毒を投げ入れた』 というデマが広がり、
自警団が韓国・朝鮮人をつかまえて、虐殺したといいます。

過去と時代的背景が違いますから、
比較することは出来ないと思いますが、
それでも、日本のために奉仕する姿を見て、
感動を覚えたのです。

今、韓国では、『日本はどの場所も放射能で危険だ』
という認識を持っているので、
福島の教会長も、私の所属する教会長も、
ご両親から何度も電話がかかってくると言っていました。
ほとんど、電話をかけない親が「危ないから帰って来い」
と言ってくるのです。

そんな声には気にも留めないかのように、
日本のために歩まれる教会長の背後に
真のお父様の姿を感じました。

お父様は、日本が心配で心配で、
夜も寝ることが出来ないと聞きました。
そして、祈りを真剣に捧げているのです。
義援金を世界会長に託したことも、
日本を愛するがゆえの行為であると思います。

教会長、そして、その背後におられるお父様を通して、
国難の時、生かされている私として、
やらなければならないことがあることを感じます。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


posted by ten1ko2 at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

津波の水は冷たかった!福島の教会長様の証し2


tunami.jpg




昨日の続きです。

教会よりも海辺に近いところに住んでいる婦人のことが
とても心配になり、教会長はそこに向かいました。

津波は、海辺から3キロまで届いていました。
教会は4キロのところにあるので、無事でしたが、
その家は、3キロ以内にありました。
教会長の後ろに、教育部長の姿がありました。
教育部で学んでいる婦人なので、
教育部長もとても気がかりだったのです。

家の近くまで来ると、海の水は
すでに腰のあたりまで来ていました。
後ろにいた教育部長は、水があまりにも冷たく
とても前に進むことが出来なかったため
やむなく教会に戻りました。

今回の津波で犠牲になった方たちは、
溺れて亡くなった方だけでなく、
心臓麻痺で亡くなった方もいるといいます。
10分も水に浸かっていたら、
生命にかかわるくらいの冷たさである
と教会長は語っておられました。

水は冷たいし、深くなるし、
前に進もうか、後ろに戻ろうか、
迷いましたが、婦人のことが心配でしたから、
思い切ってそのまま進みました。

家に入ると、婦人は無事でした。
津波にも飲まれずに元気でした。


教会は、福島第一原発から35キロのところにあり、
放射能の影響も心配されるので、
避難することになりました。
茨城北部の教会長が「来てもいいよ」
と言ってくれましたが、水が出るのか聞いたら、
「水は出ないけど」と応えました。
水がないと生活できませんので、
断らざるを得ませんでした。

福島の教区本部に連絡をしたら、
水も出るし、広いので来てもいい、
ということだったので、そこで3日間過ごしました。
福島も多くの箇所で、断水がありましたが、
教区本部の周囲だけは、たまたま水が出たので、
避難することが出来たのです。


今回の地震は津波による被害がほとんどです。
日本一の防波堤を誇っていた町も、
あっという間に、津波の猛威によって
壊滅してしまいました。

想定外の津波によって、犠牲になった方たち。。。
家族を失った悲しみはいかばかりでしょうか。
津波を恨んだ人もいることでしょう。

教会長は、このように言っておられました。
「津波によって犠牲になって、津波を恨んでも、
水を飲まなければ生きることが出来ません。
水を恨んだとしても、その水を飲まないと
人間は生きることが出来ないのです」

人間は自然の恩恵を受けて生きています。
自然災害により自然を恨んだとしても、
その自然によって生かされている。。。

とても不条理ではありますが、
人間は自然の前に謙虚でなければならない
ということを認めざるを得ないのかと思います。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・食口の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする