2012年06月30日

それってマインドコントロール?!4


ファミリーフォーラムが
先日起こったオウム真理教元信者の逮捕に関して
四国新聞のコラムを紹介していました。 こちら
マインドコントロールに対して、的を得た解説ですので、
抜粋して紹介されている内容を掲載します。


オウム真理教元信者、高橋克也容疑者の逮捕劇は、
ドラマを見ているかのようだった。
(中略)報道は熱気に満ち、
ワイドショーなどの情報番組も
多くの時間を関連のニュースに費やしたが、
事件の解説などで多少の違和感も抱いた。
民放のある情報番組で、
高橋容疑者が松本智津夫死刑囚=教祖名・麻原彰晃=の本を
所持していたことに言及した司会者が
「マインドコントロールがまだ解けてないということでしょうか」と質問し、
コメンテーターが「そうでしょうね」と応じたことだ。
どうもこのマインドコントロール、
便利に使われすぎではないか。
逃亡は17年に及んでいる。
長い潜伏生活は本人が選び取ったもののはずであり、
この言葉の安易な使用は当事者の責任を回避する働きがあるように感じる。
(中略)オウム信者=マインドコントロールされた
ロボットのような人間というイメージは、
全てに当てはまるものではない。
マインドコントロールという言葉を出せば、
何となく事件が分かった気になるというのは、
一種の思考停止にすぎない。



マインドコントロール批判は、
一般的な識者には理解されるところでありますが、
専門家の方もHPを作って研究されています。
UPF日本事務次長の魚谷俊輔氏が、
YouTubeに「マインドコントロール批判」として、
いくつかの動画をアップされていました。
 http://www.youtube.com/user/suotanivideo?feature=watch
その中の動画に、
「オセロ中島騒動とマインドコントロール批判」
がありましたので、一部修正して紹介します。
(ここに出てくる、国会議員、弁護士、教授は、統一教会の
反対派として名高い人たちです。)


ワイドショーで発言する『専門家』
カルトや宗教問題に詳しい有田国会議員は、
オセロの中島知子さんが、『占い師』によって、
芸能活動を自粛していることに対して、
「今の中島さんの状況は?」と聞かれると
「強いマインドコントロールの支配の下にあって」
と答えています。

さらに山口弁護士は、
「彼女は依存と恐怖心にしばられた状態だ」
と言及しています。

また、マインドコントロールに詳しい
心理学部の西田教授は、
「情報から判断する限り“マインドコントロール”
されているかもしれない」と話しました。
また「どうやったらマインドコントロールから
解くことが出来るでしょうか」という質問に対しては、
「相手から離すこと、受け皿が必要であり、専門家が必要。
さらには同じ経験者のサポートが必要だ」
と述べています。


  彼らのテレビ出演の目的をこう考えます。

  〇「カルト」や「マインドコントロール」の
   専門家としての権威を高めるため。
   テレビに出ることで社会的信用を高める。
   裁判に対する影響?

  〇大衆に対する露出度を高くすることにより、
   「相談窓口」としての営業に利用することができる。

  〇「カルト」や「マインドコントロール」などの概念が
   風化して忘れられないように、
   事あるごとに大衆の記憶の中に
   リフレッシュさせておく必要がある。

  〇紹介の中に、
   「統一教会や霊感商法の問題に取り組んできた専門家」
   と入れることによって、
   どさくさまぎれの攻撃を行う。


しかし中島さんの状態に対して、
彼らはどれくらいわかっているでしょうか。
実際、西田教授のツイッターにはこのようにありました。
「某テレビ局に頼まれて、オセロ中島さんの件、
検討しましたが、ちっともわからない。
どうコメントしたものか。」
彼の本音がちらついています。

彼らは中島知子にあったこともなく、
自称占い師に遭ったこともないので、
本当はコメントなんかできるわけがありません。
「こうすればマインドコントロールが解ける」
という簡単な方法は存在しないことを
事情をよく知っている人は分かっているのです。

面白いことに、西田教授に山口弁護士がリツイートしています。
「オセロ中島騒動で、取材を受け、マスコミは、
『精神操作された状態(マインドコントロールともいう)』について、
『※※すれば解けます』と簡単な解決方法を
探していることが判りました。
残念ながら、簡単に解く方法はありません。
簡単に解けるという人は、詐欺師か不勉強な人のいずれかです」

  
  彼らの無責任さに対して、以下のように考えます。

  〇ある人の心理状態に関して、専門家である
   精神科医や臨床心理士が、本人に直接会って
   診察やアセスメントをしたこともないのに、
   マスコミで流れている情報だけを根拠に、
  「今、この人はこういう状態です」と断言したら、
   プロとしての見識や倫理を疑われるであろう。

  〇西田教授は「マインドコントロール」の解き方を解説しているが、
   彼自身はおそらくやったことがない。

  〇「マインドコントロール」の解き方が存在しないのは、
   「マインドコントロール」が存在しないからなのです。



なかなか、鋭いご指摘です。
このブログを読んでいる多くの方が、
「マインドコントロール」されていますよ〜。
だって、統一教会信者なのですから(笑)。

応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

それってマインドコントロール?! PART3


ArO2HPuCMAAGuFb.jpg
☆天正宮周辺も桜が。文先生ご夫妻もお花見☆


最近、にほんブログ村で移動問題があるそうです。
ちなみに、食口の所属異動の場合は、
教会同士のやり取りで簡単に手続きがすみます。
PC上で、コード番号だけ変えればいいのです。
ブログ村の場合も手続き上は簡単だと思うのですが、
本人の意思も確認しないまま、
勝手に行われてしまうので、しこりが残るのも当然です。

また、「統一教会カテゴリー」には、
様々な思想を持った方々がおられます。
教会の批判をしておられる方もいます。
個人的には、教会の批判をするために
ブログを作っている人たちは、
筋金入りの人だと思っています。
ああいえばこういうし、
こういえばああいうのです。
筋に金どころか、超合金が入っているのかも知れません。
それとも、何も入っていない、
ただの軟体動物なんでしょうか。。。

私は、このような人たちは、
拉致監禁首謀者と同類項だと思っています。
すなわち、お互いの思想は違うのに、
統一教会の教会員を脱会させるため、
ありとあらゆる手段を使って、攻撃する、
その目的は一致しているのです。

神を信じているキリスト教の牧師と、
神を否定する左翼主義の弁護士。
思想は全く違いますが、
拉致監禁に躍起になっています。
ちなみに、今まで拉致監禁をしてきた牧師たちを
多数生み出してきた日本基督教団所属の牧師を見ると、
その言動からは
「本当にクリスチャンか?」と思わされます。
神様を信じているのか、疑問ではありますが。。。

分派なのか、反対派なのか、元食口なのか、
よくはわかりませんが、
教会に反対することで、結束しています。
あえて、統一教会カテゴリーに参加し、
批判的な記事を書いて、
食口の関心を持たせようと必死です。
統一教会には、反対していますが、
お互いの思想を見ようとはしません。
ですから、拉致監禁首謀者と同じだというのです。

反対派は、統一教会はカルトだ、
教会員は、マインドコントロールされている、
と言います。

教会を批判する人たちは、
一度、神様の前に、全てを捧げたのに、
あることがきっかけで、統一教会を攻撃します。

ある分派の日本の責任者は、
統一教会に所属していたとき、大幹部でした。
強烈に天に貢献していたのに、
翻って、今度は、強烈に教会批判していることでしょう。
そのご指導があって、
ブログが作られているのかも知れませんが。。。

本当にマインドコントロールされているなら、
今もなお、教会を信じているはずです。
ですから、マインドコントロールなんてあり得ません。
統一教会がカルト教団なんて、
ちゃんちゃらおかしい話です。

日本は信仰後進国であると感じます。
厚いベールに覆われているようです。
そこが変わらない限り、
このブログ村も変わらないでしょう。

基元節まで、あと300日を切ってきました。
とにかく、精誠を尽くして、
与えられた責任分担を果たすのみです。

まぁ、今日は無礼講ということで。。。
それってマインドコントロール?!
http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/153281812.html?1335664756
それってマインドコントロール?!(2)
http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/154253040.html?1335664833
もよろしければご覧になってください。


応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 08:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

中国が法輪功を迫害する理由、また「強い日本」が必要な理由とは?


昨日、中国のネット検閲に対する記事を書きました。
中国政府が規制に厳しい団体の中で、
群を抜いて取り上げられている団体の一つに
法輪功が挙げられると思います。

2000年代前半、大流行になったことで、
「当時、7千万人程度に及んでいた国内の学習者らが結託し、
共産党を支持する人数を上回る大規模なグループとして、
なんらかの政治的関与を行うのではないか」
と政府は一方的に憶測し、恐れたといいます。

中国政府の弾圧は、凄まじいものでありました。
すでに3397人もの人たちが、拷問で殺されたという
そのような記録が残っているそうです。

中国駐日大使館のHPを見ると、
「法輪功とは何か」と記事を書いています。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/xjflg/t62971.htm
「法輪功」とは、いったい何か。
一口で言えば、中国の「オウム真理教」です。
「法輪功」も「オウム真理教」も他のカルト集団と同様ですが、
教義や教祖への絶対服従と絶対崇拝を要求し、
信者にマインドコントロールを施すのです。
(中略)
中国政府は信教の自由を尊重します。
しかし、他の国と同様に、
カルト教団に対しては決して座視することは出来ません。
国民の強い要望に答え、
法に基づいてカルト教団である「法輪功」を取り締まり、
厳しく打撃を与えることは、
国民の生活と生命安全を守り、
正常な社会秩序を維持するためなのです。


「法輪功はオウム真理教と同じカルト教団である」
と明言しています。
さらにいいますと、HPには
「7人の『法輪功』の狂信者が北京の天安門広場で
焼身自殺を図る事件を起こしたのです」
とあります。

実はこのこと自体が
中国政府のやらせなのだというのです。
本当に恐ろしい国です。

そのようなこともあって、
國進理事長が再三再四、「強い韓国、強い日本」
と訴えられているのだと思います。

統一教会を中国の目から見たならば、
法輪功と同じようなレベルで見ることになるでしょう。

そうしたら、日本において、中華思想を実現したならば、
私たち信者はどんな立場になっていくのか。。。

2030年には中国の地図には日本はないといいます。
(すべて中国が侵略する予定ということです。)

2013年に天一国がひとりでにできるのではありません。
たとえ、天一国ができたとしても
そこに日本は入らないことになったとしたら。。。
「強い日本、強い韓国」は
だから切実な天の願いなのです。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする