2011年02月17日

マインドコントロールへの素朴な疑問


Guido-Reni-xx-Christ-appearing-to-the-Virgin.jpg


先日、元オウム真理教の幹部に対する最高裁の判決があり、
被告側の上告が棄却され、死刑が確定しました。
オウム事件による死刑確定者は11人目だといいます。

弁護側は、「松本死刑囚(麻原彰晃)に盲目的に従っただけであり、
現在は反省しているので、無期懲役刑にすべきだ」
と求めていましたが、その訴えは通りませんでした。

過去に犯した罪を反省して懺悔の生活をしている者もいれば、
監獄の中で、いまだに修行を行っている者もいるといいます。
しかし、どちらも判決は『死刑』なのです。

以下、法律に詳しくない者が、素人目に見た感想です。

弁護側は、言葉を変えていうならば、
「彼は麻原にマインドコントロールされていたから、
自分の意思によってやったわけではなく、
責任能力はないから、罪を軽くしろ」
ということになると思います。

さて、統一教会に話題を移します。
拉致監禁されて、脱会する元信者の多くは、
「統一協会(もしくは文鮮明)にマインドコントロールされていた。
だまされていた。とんでもないところに入っていた」
そして、「金を返せ、青春を返せ」と訴訟を起こします。

そのことを踏まえて、
以下の事件について考えてみたいと思います。
特商法違反容疑で信者が逮捕されました。
法律に違反したのだから、当然刑を受けるわけです。

そこで、素人の素朴な疑問です。
「私はマインドコントロールをされていました。
ですから、罪を軽くしてください」
と訴えれば、罪は軽くなるのでしょうか。
まあ、こんなことを言う信者はいないと思いますから、
あくまで、仮説として考えてですけど。

さらに疑問です。
元信者の中に、信者を指導していた人がいるとします。
ビデオセンターに信者が新しく連れてきた人を
以前のようなトークでコース決定したとするなら、
これは罪にならないのでしょうか。

そして、特定商に関わる責任を与えられていた人が
元信者の中にいるとするなら、
この人は罪に問われないのでしょうか。
もちろん、元信者を訴える人はいないので、
これも仮説として考えた場合になりますけど。。。

「青春を返せ」 と訴えた元信者たちは、
マインドコントロールされたとして、訴訟を起こしました。
過去を反省して、脱会しているとするなら、
「自分はこんなこともしました。あんなこともしました。
本当に申し訳ありませんでした。」
と警察に自首する人がいてもいいのではないか、
と思うのですが、いかがでしょうか。

『私は今まで、マインドコントロールされていた。
すべては統一協会のせいであり、文鮮明のせいだ。
だから、私には一切責任はない』
この屁理屈がまかり通ってしまうのが、
拉致監禁・強制改宗のおそろしさであると思うのです。


応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

posted by ten1ko2 at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

正しく判断する人が現れる時代が来た(3)


resize北海道 オホーツク海の流氷.jpg


若者への人権尊重啓発に取り組んでいる、「ユース・フォー・ヒューマンライフ」。
非営利法人で、アメリカ・ロサンゼルスに本部があります。

アメリカを中心に世界で起きている人権問題に取り組んでいます。
日本でも2004年から活動を開始したそうです。
日本で起きている児童虐待、いじめ、援助交際など、
人の個性を尊重するという人権の考えとは相反するものであるとして、
世界人権宣言をテーマにした啓発DVDや小冊子を使って、
教育・講演活動を行っているといいます。

日本支部の世話役である後藤幸将氏が、
世界日報のインタビューでこのような話をしています。

聞き手
「日本では、宗教を信じる人間を強制改宗や
離教させるために拉致監禁を行なうという
深刻な人権侵害が続いています」

後藤幸将氏
「日本にはもともと仏教や神道が民間に広まり、
人々が精神性を重んじる文化がありました。
ところが、90年代オウムの地下鉄サリン事件の後、
宗教=マインドコントロールというレッテルが貼られてしまい、
人々が自由に精神性を信じ、宗教を信仰してもよいという
風潮ではなくなりました。
このような基本的人権が守られない状況の中で、
人々の倫理観や宗教観が失われ、その延長線上に
この強制改宗や拉致監禁の問題もあるように思います。
そのようなことはあってはならないし、
そのような行為へと導いてしまっている
社会全体に大きな問題があると思います。」

人権が軽視される立場にあるのは、
マイノリティーや弱者として扱われている人たちだと思います。
人権宣言は「絵に描いた餅」であってはならないのです。

応援のクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



posted by ten1ko2 at 11:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

それって、マインドコントロール?! (2)

正しいものは正しく、間違っているものは間違っているのです。
良いものは良いし、悪いものは悪い。
真実は、きっと表れるようになるはずです。

しかし、重箱の隅をつつくように、何かほんのわずかのことを、全てに通じるように話すのは、いかがなものでしょうか。
また、その時、物事の真実に根ざすのではなく、曲解していると、全てが歪んでみえてしまいます。
色眼鏡で見ていたら、何もなくても、すべてがその考えで染められてしまいます。

なんだか抽象的な文章で申し訳ありませんが、統一教会に反対する人たちの記事やコメントを見ていると、悲しくなりますし、もどかしく、とても不快になります。
ですから、私は反対派のものを、読む必要はないと考えています。
彼らが、いくら自分たちのことを、正当化して言っていたとしても、彼らが正しくはありません。
反対派のものは、悪意から出発した文章ですから、私たちの心にも、その悪意が伝わり、嫌な気分になるのです。
相手を知るためには必要なこともありますが、興味本位だけで見ていたとしていたら彼らの思うつぼです。。。

統一教会ブログの中にも、反対的な記事を書いている人がいて、その人の順位が上がっているのも悲しいです。
これは同じ反対派の人がクリックしているのか、それとも教会員が何か関心があって思わずクリックして見ているのか。。。

統一教会の人は、マインドコントロールされやすい人、と彼らは言うのでしょう。
じゃあ、反対派の意見に影響を受けて、毒されていく、そして心を変えていく、それってマインドコントロールではないのでしょうか?!

私は本当に拉致監禁を受けました。
親がしたことではありますが、その背後には、統一教会に反対するキリスト教会の牧師が関わっていたのであり、指示をしていたのです。

しかも彼らはボランティアでやっているのではありません。
ちゃんとお金をもらっているんです。

決して彼らが表現する「保護・説得」ではないのです。
「強制改宗」としか言いようのない方法・手段をもって、そうならざるを得ないところに追い込んで改宗させる、そういうのが、マインドコントロールというのではないでしょうか?

犯罪被害者の心理というものがあります。拉致・監禁という尋常ではない状況の中で、蛇ににらまれたカエルのように、手も足も出なくなるのです。
ただ、信仰があるからこそ、気丈に振舞える。しかし、あまりに気丈だとそれが裏目に出て、改宗屋たちも力が入ります。その霊的戦いは、精魂が尽き果てるまで、ずっと続きます。

私も、統一教会を棄教すると言うまで、ホテルから出ることが出来ないので、偽装脱会をして、出てくるしかありませんでした。
同じ体験をしている仲間には、親子の関係が難しくなったり、精神的障害を負った人もいるのです。

いまだに正直者が馬鹿を見る状況であり、本当に胸が痛いのですが、真実が明らかにされる時が必ず来ることを信じて、前を向いていきたいです。

何だか一人だけ、いい子ぶっているようですが、今日は参議院選挙告示日でもあり、個人的な批判をすることができない相手もいますので、書かせていただきました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ  クリックお願いします!
にほんブログ村

posted by ten1ko2 at 00:00 | Comment(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする