2013年02月20日

神様を「天の父母様」と呼ぶようになった理由(わけ)?! 《基元節2日前!》


555805_10152539310470416_1148687391_n.jpg


基元節まで、あと2日です。
集会で教会長などから受けた
み言を整理しつつ、
感じた内容を書き記していきたいと思います。

真のお母様は、先週の日曜日(2/10)
天一国元年1月1日に行われた
第46回天の父母様の日記念敬礼式
において、次のようなみ言を語られています。



今日はお父様のみ言を訓読しながら
多くのことを感じたと思います。
お父様は神の日を決められながら
すでに神様の解放を置いて
基元節を考えられながら
神様を天の父母様と
呼ばれるようになった。
今、お父様の祈祷、
皆さん、聞いたでしょう?
そうなんです。
神様の願いは
父母になることであった
私たちはこのことのために
60余年をかけて
蕩減の道を行きながら
父母様に侍って歩んできた者です。




この時、1968年真の神の日の
真のお父様のみ言と祈祷を
金孝律補佐官が代読されました。
「今、お父様の祈祷、
皆さん、聞いたでしょう?」
と言われたのは、
特にこの最後の部分でしょう。

ともに天の真の父母と
地上の真の父母が
一体になるこの場を通して
懇切に宣布、宣布、宣布
いたします。アーメン(アージュ)



お母様は、
「お父様は神の日を決められながら
すでに神様の解放を置いて
基元節を考えられながら
神様を天の父母様と
呼ばれるようになった」
と語られているように、
すでにこのとき(1968年)から、
真のお父様は、神様に対して
「天の真の父母」
という風に語られていたのです。

この日、基元節を前にして
神様に対して、「天の父母様」
そのように呼称するよう公文が発表され、
すでに「真の神の日」ではなく、
「天の父母様の日」に変更されました。

これは、真のお母様が指示されてはいますが、
実際的には50年近く前に、
真のお父様がそうしたいと
願っておられたのでありました。

ですから、
神様を天の父母様と呼びたい・・・
その真のお父様の悲願を
真のお母様が実現された、
そういうことになるのだと思います。

さらに付け加えると、
「父母」と呼ぶことが出来るというのは、
どういう状態なのかといえば、
子女、すなわち子供がいて
初めて成り立つ言葉です。

ですから、基元節の行事を通して、
私たちはあまりにも
足りない立場ではありますが、
天の前に、子女として
立つことのできる
資格を与えられた者たちなのです。

聖書には14万4千人の群れが
初穂として天に贖われたと
記録されています。

まさに、私たちが
天の初穂として、
神様に選ばれて、
基元節祝福式に供えられる
貴い立場なのだ、
そのことをもう一度
自覚していきたいと思います。


なお、わたしが見ていると、
見よ、小羊がシオンの山に立っていた。
また、十四万四千の人々が小羊と共におり、
その額に小羊の名とその父の名とが書かれていた。
またわたしは、大水のとどろきのような、
激しい雷鳴のような声が、天から出るのを聞いた。
わたしの聞いたその声は、
琴をひく人が立琴をひく音のようでもあった。
彼らは、御座の前、四つの生き物と
長老たちとの前で、新しい歌を歌った。
この歌は、地からあがなわれた
十四万四千人のほかは、
だれも学ぶことができなかった。
彼らは、女にふれたことのない者である。
彼らは、純潔な者である。
そして、小羊の行く所へは、
どこへでもついて行く。
彼らは、神と小羊とにささげられる初穂として、
人間の中からあがなわれた者である。

(ヨハネの黙示録第14章1節から4節)


↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。


posted by ten1ko2 at 08:03 | Comment(5) | TrackBack(0) | 基元節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

一般の結婚をした祝福二世が…! 基元節祝福に向け、証し続々2


196255_596415127052265_1913750507_n.jpg


昨日の続きです。



ある先輩家庭の証しです。

基元節祝福に息子さんを
参加させることに関して、
「すでに一般結婚をしてしまっているし、
このような信仰的な話は一切できない。
だから難しい」
このように言われていました。

すわなち、その息子さんは、
祝福二世ですが、教会を離れ、
一般の結婚をしていました。

そのことによって
そのご夫妻は、本当に苦しまれ、
血の涙を流してこられました。

息子さんの祝福参加への
取り組みを始めることとなり、
ご夫婦はその心を中心に、
次の日から、そろって今まで曖昧だった
訓読会、礼拝、十一条の天的基準を
しっかりと立てるようになりました。

また、その中で悟られた心、
悔い改めた心をもって、
今まで話もできなかった
息子さんの所に毎週通って、
声をかけるようになったのです。

その心が通じたのでしょう。
息子さんに基元節祝福式の話をしたところ
「分かった」
と答えてくれたのです。

しかし問題は息子さんの奥さんです。
御言も全く知らない、
自分の夫が祝福二世だということも
全く知らないのです・・・

「この人には伝えることはできない」
と、その先輩家庭は
本当に身もだえしながら、
しかし諦めることもできず
ひたすら精誠を捧げておられました。

そんなある日、
息子の奥さんから電話がありました。
「お母さん、
2月22日に何かあるんですか?」
と尋ねてきたのです。

聞いてみたところ、
「夫からその日のスケジュールを
あけておいてほしいと言われた、
何があるのかと聞いても答えてくれない、
何なのでしょう?」
という話でした。

先輩家庭の夫人は
「ここしかない!」と思い、
全てを話したそうです。

実はあなたの夫が
神様の血統を受け継いだ祝福二世であること、
本当はその結婚には神様の許可が必要だったこと、
そして今回の基元節祝福式のこと・・・

どう考えても御言を知らない人には
理解が不可能なことであると思いながら、
その全てを話しました。

そうしたら、なんとその奥さんの反応は、
「分かりました!
夫と共にそこに参加させていただけばいいんですね!!」
という、考えられない返答だったのです。

実は、その奥さんは
ボランティア活動に参加することが好きな人でした。
地域のボランティア活動に参加してみると、
宗教を持っている人と持っていない人とでは、
全くその人格が違う。
自分もどこかの教会に通って、
人格を磨きたいと思っていた、
と言ってきたというのです。

結果的には、基元節祝福式にお孫さんを含む
家族全員が参加することになりました。

「今までの全ての時間が夢のようです」
その先輩家庭は涙ながらに語っておられました。

「私たちの家庭は天国に行けない・・・
そう思ってきたけれども、
今回本当に神様の一方的な許しと恩恵のもと、
こんな奇跡を起こして下さった
神様と父母様に感謝しかありません」




本当に素晴らしい証しです。
実は、昨日私の教会にも
同じようなことがありました。

詳細は話せませんが、
一度教会に来られて、
10年以上離れていた
信仰二世から突然連絡がありました。

教会長と話す中で、
今回の基元節祝福式を通して、
もう一度み言を学び、
再出発したい、
そう決意していかれました。

その方も一般の結婚をされていました。

さきほどの証しのように、
もちろん教会を離れていた方も
さまざまな思いを抱えていたでしょう。

しかし、それ以上にご両親は、
あまりにも多くの痛みを抱え、
耐えられないほどの悲しみが
多くありました。

さらに言うならば、
その痛みの中にいらっしゃったのが
真の父母様でありました。

その道を開くために、
ご自身の命までも
祭物として捧げられながら
逝かれたお父様だったのだ。

本当に、真の父母様の
深い愛と赦しに対して、
ただ感謝しかない、
そう思います。

↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言

天国を求めていく秘訣は
家庭を尋ね求めていくことである。
父母に侍り、子女を連れて、
ヨルダン河を渡って勝利の歌を歌おう。




天国は地獄を通過していく道。
天国は家庭復帰。
夫婦をなして
四位基台を復帰しなければ入ることができない。


み旨の道より


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらには、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。

posted by ten1ko2 at 08:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 基元節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

そうだ、教会に行こう?! 基元節祝福に向け、証し続々1


4f0c7fd9b508c40188eb5a72cca373de1.jpg


基元節を目前に控えて、
各教会では、
聖酒式、祝福式参加の案内をしています。

具体的に半年にわたって取り組んできた
ある教区の証しを紹介します。



85歳になる婦人が
息子の祝福を希望していました。
息子さんはといえば、
「こんな年齢だし、結婚なんて
全く考えられない」
という返事でした。
息子さんの年齢は、63歳です。

しかしお母さんは
精誠に精誠をささげ、
亡くなったお父さんの
還元祈願礼式を行いました。

すると奇跡が起きました。
あれほど頑なだった息子さんが、
還元祈願礼式を通して、
「結婚しないということが、
どれほど父親に対する不孝だったか、
ということが分かりました」
と語られ、ついに
「結婚について考えてみたい」
と言われたのです。

そして、祝福講座を受けた後、
祝福を希望され、
相対者も確定されました。

すなわち、基元節祝福式に
親子、息子夫婦ともども
参加できるようになったのです。




ある婦人が
「この基元節祝福式に何とか親を動員したい!」
と願いながらも、
状況は簡単ではありませんでした。

しかしその婦人は
天が役事出来る精誠が必要だと感じ、
精一杯の精誠を捧げていきました。

そうしたところ、親から電話がかかってきて
「お前、このごろ何かあるんじゃないか?」
と聞いてきたそうです。

「どうして?」
と聞き直すと、
「お前が真っ白な服を着て、
私を迎えにくる夢を見た。
何かがあるんだろ?」
と答えたそうです。

ここだ!と思い、
基元節祝福式の話をしたら
「ぜひ参加したい!」
ということになりました。

そうして、奇跡的に
共に参加できるようになりました。

「人間的に考えたら
難しいように思っていたけれども、
既に霊界は準備されていたんだ!
ということを実感しました」
とその婦人は喜んで証しておられます。



それぞれ、取り組んでこられた
当事者の方は、本当に切実な思いを
持ち続け、その土台で勝利していかれました。

また、それとともに
スタッフの方もともに涙を流し、
当事者の方以上にあきらめない心を持って、
取り組んでいかれました。

それは、祝福式に参加することになった
方たちの背後に
真の父母様の深い、愛と心情が
注がれていることを
本当に実感されたからだと思います。

明日に続きます。

↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お母様のメッセージ

私は基元節を通じてすべての方向に門を開きました。
真のご父母様を中心に迎えて
絶対信仰、絶対愛、絶対服従で最後の瞬間まで一途な心で
不屈の姿で忠孝烈の隊列に必ず立つと念を押して
行動して実践する皆さんのために私は門を開きました。
皆さんがそのように決心するならば
私たちの未来には蕩減がないでしょう。
ご存知でしょうか?
蕩減がない天一国時代を私たちは準備しなければなりません。
そのためには責任が従います。
責任は誰がするのではありません。
私がしなければなりません。


「基元節勝利の為の全国食口連合礼拝」
(1.20)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらには、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。

posted by ten1ko2 at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基元節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする