2013年01月25日

基元節までに悔い改めるべきこと?! 『坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い』の何が悪い!


252110_493833510668059_858212503_n.jpg


基元節を前にして、今一度天の前に
自らの罪を精算するときですが、
以前、大変お世話になった教会長の証し
を交えて、
私もまたひとつの
悔い改めをしたいと思います。


それまでは、総務の立場で歩んでいましたが、
その教会長の指示で、
複数の責任分担を与えられました。

「あなたなら出来る」
と言われながら、
高い基準を示されて、
実際、厳しい歩みでありました。

私の遅々たる歩みに対して、
教会長は納得がいかなかったようです。

そのことを率直に
私に告白してくださいました。

「あなたは私の願いに応えて、
歩むことが出来ない状態だ。
だから、あなたを裁きたい思いになる。
そのことは仕方がないにしても(…?)、
別の思いが出てきてしまった。
この前、あなたの子供が
教会にきているときに、
あなたの子供を見ているだけで、
なんとも言えない
裁きたい思いになった。
これはよくない。
あなたの子供には
何の罪もない、
一切かかわりがないのに、
裁きたくなるのは、
本当に申し訳ない、
そう思って悔い改めた」

その教会長は、とても
正直な方です。
ご自身の内面をそのように
話してくださいました。

そして、そののち、
私のために祈られ、
私の子供のためにも
祈ってくださったそうです。

そして、その葛藤の思いを
克服されたと聞きました。

『坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い』
ということわざがあります。
教会長が私の子どもまで
裁きたくなったのは、
まさにこれに該当するのでは、
ないでしょうか。


じつは、私自身もかつて
まったく同じような思いを体験しました。

あるアベルにもの凄く闘いました。
自分の全存在を否定されるような
そんなことがありました。

闘っているうちに、やはり
そのアベルの子供さんに対しても、
とても憎らしい思い、
愛せない思いになったのです。

その子とは何の接点もないのに、
アベルの子供である、
その一点だけで、
本当にどうしようもない
思いが沸いてくるのでした。

そのあと、清平40修に行きました。
正午定着、影のない私になるべく、
私の心にわきあがる罪の思い、
堕落性の思いを克服する闘いをしました。

さきほどの
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」
のように、
坊主は憎くなるとしても、
袈裟まで憎くなるというのは、
本当におかしいことです。

結局は、自分の堕落性、
裁きの思いを克服していないがゆえに、
袈裟を憎く思ってしまう、
自分の心が問題だ、
そのように思わされました。

アベルに謝罪の思いを持ち、
お子さんにも謝罪しました。
直接ではなく、
清平の場で、ではありますが。。。

正午定着、
影のない私になる、
私の基元節に向かい、
もう一度心を質し、
整理すべき時間を持ちたいと思います。


↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


神様が好まれる人は、譲歩する人です。
譲歩とは、
何度も相手に従っていくことです。
(そうすれば)回るようになり、
回っていれば、最終的に
自分がその位置を占領するようになるのです。
結局は、その人の
すべてのものを得ることができるのです。


「天運を呼ぶ生活」より


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらには、ブログの記事においては
全文の無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。

posted by ten1ko2 at 08:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 基元節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

基元節は誰の基元節なのか?! 《金元弼先生の講話・うそはうそなのです》


images金元弼先生.jpg


基元節の前に
過去を振り返り、
罪を告白するにあたり、
全てを清算して
新しい出発をしていきたいと
心に決意するものがあります。

そして、お父様が語られるごとく、
『正午定着』の私に
ならなければならないと感じます。

以前もお話ししたと思いますが、
人のことをああだとか
こうだとか言う前に
私が神の前に
いかなる者でなければならないか、
魂の叫びというか、
本心に訴え掛けるものがあるのです。

ファミリーフォーラムに
金元弼先生の講話が載っていました。
題目は 『うそはうそなのです』 です。



「メシヤのためであるなら、
あるいは大義があれば、
何をやっても許される」
という誤った考えを持っている
食口はいないでしょうか?

「国のためであれば、
個人を苦しめることもありうる」とか、
あるいは、
「み旨のためであれば、
サタンの物は奪って来ても許される」
と、考えている人はいないでしょうか?

「3倍以上、返してあげなければいけない」

という真のお父様のみ言を、
よく考えてみてください。

うそはうそであり、
どろぼうはどろぼうです。
ただそれが、
戦争などの状況下にあっては、
一時的に許される、同情されうる、
ということは、ありうるかもしれません。
でも、
「間違ったことは間違ったことである」と、
はっきり知らなければなりません。

聖書の中にも、
うそをついて奪って来た例があります。
「サタンがうそをついて奪って行ったので、
『蕩減復帰』の原則により、
神側もうそをついて奪って来ても、
罪にならない」と考えて、
行動を正当化する人が、
もし、いたとしましょう。
しかし、それは、うそはうそなのです。
ヤコブの時も、うそをつかなかったとするならば、
21年の苦役路程はなかったかもしれないのです。

戦時下で生命が懸かっている時に、
人のいない家からお米を持って来ることは、
状況的に考えて許されるとしても、
それがそのまま善であるとは言えません。
それ自体が善なる行為であると
言うことはできないのです。
それを私たちは、
真のお父様のこのみ言と行動を通して、
はっきりと理解しておく必要があります。
「あなたがやったことは赦され、
同情されるかもしれない。
しかし、善ではない」
ということです。
ですから、後でこれを3倍以上、
返すことによって償うこととなるのです。

このような出来事を通して、
私たちは本当に
真のお父様の伝統を学んでいかなければならない
ということを感ずるのです。




清平40修に参加したとき、
自分の内面を見つめさせられ、
「何よりも自分が問題だ」
そのことを強く実感したことがありました。

相手の堕落性が見えるとき、
それは自分にも堕落性があることの証拠であり、
鏡のようなものである、
そう感じたこともあります。

またそれが、
お父様の伝統を相続するものである
そう思います。

基元節に向かい、
具体的な条件も必要ですが、
それとともに、
内的な備えもしっかりと
しなければならないと感じます。

なぜなら、基元節は
私の基元節だからなのです。

↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言葉 

  あなたの最も深い所にある御心情を
私たちに相続させて下さい。


Let us b able to inherit ur innermost heart
(1/3/65)
@lovintp
世界会長のツイッターより


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらには、ブログの記事においては
全文の無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。

posted by ten1ko2 at 07:23 | Comment(12) | TrackBack(0) | 基元節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

基元節に教会に行こう! 再主の最後の晩餐?! 〜世界会長ご夫妻のメッセージ〜


AtlR75wCMAIzvZS5.23.jpg


先日、掲載した
『基元節にむけて世界会長ご夫妻メッセージ』ですが、
今日は、後半部分を紹介します。

最初に妍雅様が語られています。



この基元節はお父様が地上におられた時に
本当に強調されておられたものです。

お父様のメシア、再臨主、真の父母としての
勝利の証となる日です。

お父様は世界中の祝福家庭が
同じ時刻に集まって
この日を祝わなければならないと言われました。

すべての堕落が起こる前に戻る日なので、
すべての家庭家族が出席できるように
働きかけて下さい。

ここアメリカでは
木曜の夜になりますが、
たとえ韓国に行けなくても
ここアメリカで木曜の夜に
韓国での行事の同時刻に
式に全員で参加されれば
真のお父さまにとっても
最高の捧げものになるでしょう。




亨進世界会長のメッセージです。



このことをしっかり知っておいてください。
これは最後の、
本当に最後にお父様がご自身で用意され、
指示された行事であるということです。
歴史上最後です。

これからは一切ありません。

お父様が直接設定されたイベントなのです。

いかに貴重かわかるでしょうか。

例えるならイエスさまの
最後の晩餐があるとしたら、
皆さん絶対参加されるでしょう。

これを最後に、イエスさまを見ることは
世界の誰もできないとしたら。
基元節と祝福は
それほどの価値あるものなのです。

参加されなければ
きっと後悔することでしょう。

お父様が霊的使命に着かれる前に、
この地に最後にお与えになったイベントですから。
すべての兄弟姉妹の皆さん
是非ともこの重要性を理解して下さい、

そして木曜は平日ですが
どうか教会にきてください、
お願いします。

韓国に行けない人は
自分の教会で、
時間と空間を超えて一つになりましょう。

そしてその時間を利用して
真のご父母様と神さまに
喜びをお返ししましょう。

ここまでありがとうございます。

あなたたちを愛しています。

よき信仰の闘いをなしてください。

神の祝福がありますように。




今回の清平大役事に参加された教会長が
一つの結論として得たものは、
「今まで、み言につながっていた
全ての人たちに声をかけて、
聖酒式に参加させなければならない」
というものでした。

真のお父様が
地上でくだされた最後の指示である、
基元節の参加。

世界会長は、
イエス様の最後の晩餐にも
匹敵すると語られました。

食口の皆様が参加するのは、
もちろんですが、
教会に縁のあった方たちにも
声をかけることを
さらに願われていると思います。

↓ 応援のクリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ

お父様のみ言葉 

  この一日をもって
  2000年まえ降臨されそして逝かれたイエスさまの
  悲しみを解くことをどうか許諾してください。


Pls allow the sorrow of jesus who came and went 2000 yrs ago
  to b resolved through this one day
(1/3/59)
@lovintp
世界会長のツイッターより


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらには、ブログの記事においては
全文の無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。

posted by ten1ko2 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基元節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする