2022年12月27日

霊界では、愛し合った夫婦は一つの体に見える?! 《霊界メッセージ》




221227.jpg


李相軒先生の霊界からのメッセージ
今回は、「四位基台造成と愛の一体理想」です。

四位基台造成と二性性相

四位(よんい)基台とは、神様を中心とした夫婦が、
愛を中心として夫婦一体を成し、
そして子女を繁殖することですが、
それが『原理講論』の主要な核心です。

しかし、霊界から見た四位基台造成とは、
『原理講論』よりずっとおもしろく、
神秘的なものだということができます。

四位基台とは、神様を中心として
夫婦が一つになることであり、
また、子女を繁殖することですが、
夫婦が愛するときは、完全に一体となり、
主体と対象という区別がありません。

完全に一つの体を成すようになるのです。

その上に神様の愛が覆ってしまうので、
我々の目に確認されるものは、
ただきらびやかな光彩だけです。
美しさそれ自体だけが目に見えるのです。

愛の一体理想

では、子女の愛はどのように見えるのでしょうか。
夫婦が愛すれば、一体になるように、
子女の愛も完全一体になってしまうのです。

つまり、子女と父母が完全に愛で一つになります。

明らかに、父、母、子女の3人ですが、

愛で一つになるときは、3人の姿が個体として見えないのです。

父の姿として、母の姿として、
子女の姿として現れますが、
対話をするときは、
再びそれぞれ3人としても見えるのです。

四位基台を造成するという言葉は、
神様を中心として一つになれば、
完全な一体の姿になるために、
地上のように四つの存在として見えないのです。

それゆえ、二性性相として一つになった夫婦は、
一つの体を成したような姿で暮らしていくのです。

これが天上の最高基準にある霊人たちの姿です。
しかし、主体と対象が一つになれない存在は、
決して一体の姿ではありません。

神様のきらびやかな光彩も見ることができないのです。
天国の関門を通過した者だけが、
そのような姿を持つことができるのです。

それゆえ、四位基台の根本は、神様を中心として、
夫婦という二性性相が愛で一体を成すことなのです。

すなわち、四位基台は、神様の究極的な目的であり、
神様が力(愛)で運行されうる基盤になり、
根本的な力(愛)の基台になるのです。

(1997年8月4日)

李相軒(1914〜1997)(光言社刊『霊界の実相と地上生活』より)
第一部 霊界の実相と地上生活
第三章 原理から見た霊界の暮らし
六 四位基台造成と愛の一体理想

霊界の実相と地上生活(23)
四位基台造成と二性性相/愛の一体理想
(blessed lifeより)


李相軒先生が言われているように、
「『原理講論』よりずっとおもしろく、神秘的なもの」
霊界に行ってみなければ、その面白さを体験できないでしょう。

霊界では、夫婦が完璧に重なり合っている、というのです。

ところが子女の愛を表現するのに、
「愛で一つになるときは、3人の姿が個体として見えない」
ということなのです。

そんなことがあるのだな・・・
と、とても不思議な気がします。

いずれにしても、夫婦が一つになるために、
今から準備しないといけないし、
親子が一つになるために、
今から備える必要がある、ということだと思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月18日

私たちは天国に入れるのか 無数の関門で、善悪の重量チェック 《霊界メッセージ》




221218.jpg


李相軒(イ・サンホン)先生の
霊界からのメッセージ
「霊界の実相と地上生活」を
久しぶりに紹介します。

霊界のさまざまな様子、真実の姿が解説されていますが、
今日は、「天国の関門」です。

第一部 霊界の実相と地上生活
第三章 原理から見た霊界の暮らし
五 天国理想と天国の関門
天国の関門
天国に入ってくるまでには、通過すべき門が多いのです。
天国は自分が生きていた人生の実を取り入れる倉庫です。

ここでは、どれくらいの賞金をもらうことができる
袋になるかという、重量を量ってみるのです。
すなわち、善と悪の重さを比較してみるのです。

地上での暮らしが誰のためのものだったか、
ということが問われます。

すなわち、@神様のための人生だったか、
A自分個人のための人生だったか、
Bどのような国家観や世界観で地上に何を残してきたか、
ということが問題となります。


また、通過すべき関門が、あまりにも多いだけではなく、
詳細に細部に検査されるようになります。

まるで、漢江(ハンガン)の水が消毒薬で浄水されて、
(こ)してまた濾して我々の食卓に来るように、
天国に入ってくるまで通過すべき関門が多くあります。

守衛のおじさんのような方が立って、
あなたは何番ホームに入るかと聞くのではありません。

自分自らが、まるで磁石に引かれていくように、
あちこちを通過しながら行くようになるのです。

その関門を通過するたびに、
自分の犯した罪のために拒否されるとき、
その苦痛は本当に形容しがたいほどに苦しく、
不安であり、恥ずかしいのです。

通過する所々に階層があります。
我々が地上でいうように
天国、楽園、地獄に区分するだけではなく、
階層が多いのです。


では、どのようにすれば、無事に通過して
天国に来るのでしょうか。

自分の罪のために通過できない階層があるなら、
そこで払うべき蕩減(とうげん)の期間が過ぎてこそ、
神様の特恵をはじめ、後孫の功労、祈祷、献金、奉仕などの
善なる条件で通過することができるのです。

真の父母様が来られて、全体の関門の通過基準が
新しく立てられるのを望みながら、
霊界人たちは待っています。

父母様の仕事が多くならないかと、
甚だ恐ろしくなります。
(1997年8月4日)

李相軒(36家庭 1914〜1997)
(光言社刊『霊界の実相と地上生活』
【霊界の様相編】より)
第一部 霊界の実相と地上生活
第三章 原理から見た霊界の暮らし
五 天国理想と天国の関門

霊界の実相と地上生活(22)
天国の関門(blessed lifeより)


天国・・・
誰もが行きたいところです。

しかし、簡単に
みんなが行けるわけではないようです。

邪心や自己中心的な思いをもったままでは、
天国に行くことはできないといいます。

透明な心をもたなければならない。。。

文先生は、天国は
「プライバシーがない」ところだと語られました。

私たち人間には、もともと神様に通じる部分が
誰にもあります。

私たちの中の善なる心を磨き、
神様と通じる部分、良心に
従っていきさえすれば、
天国に入ることができると言われています。

そのためにも、為(ため)に生きる生活、
真の愛の人生を送ることが
何よりも重要だと思います。

口先だけの自分にならぬよう、
良心に従って生きる努力をしていきたいです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月26日

天活のすゝめ最終回☆ 天国の極めつけ、夫婦は文字通り「一心一体」! 《浅川先生》




221126.jpg


浅川勇男先生の『“天活”のすすめ〜
天国への準備はできていますか』
いよいよ最終回です。

夫婦愛を深める

夫婦が愛し合えば触れたくなり、
抱きかかえたくなります。

心だけではなく、
肉身も一つになろうとします。
夫婦愛は愛の極致であり、究極の愛です。

しかし、愛で一つになりたいと願っても、
肉身では、夫の体の中に妻が入りこむのは不可能です。
ところが、霊人体は可能です。

妻が夫を愛すると、夫の体に
折り重なって入ることができるのです。
文字どおり、一つの体、一体になるのです。

 
文鮮明先生は、次のように言われます。


「霊界に行けば、本当に一心同体になった
 夫婦は、いつでも男性が女性と一つになり、
 女性が男性と一つになることができます。

 女性の中をのぞいてみれば男性が入っており、
 男性の中をのぞいてみれば女性が入っています。
 神様の二性性相と全く同じです」



「天国」では、夫婦が真の愛で合性一体化するのです。

あたかも、酸素と水素が化合して水になるように、

夫と妻が愛で合性一体化すると、神様化するのです。
夫婦が一体化した姿は、まさしく神様の姿なのです。
真の愛で完全に一つになれば、
神様に似るようになるのです。

神様の最大の力は創造力です。
夫婦も真の愛で一体化すると、
神様のように創造力を発揮するのです。

神様が宇宙を創造したように、
夫婦も願うものすべてを創造できます。
住みたい住居、食べたい食事、
着たい衣服、すべてを愛で創造します。

あたかも創造主である神様があらゆる種類のものを、
真の愛の概念を中心として新たに造り出せるように、
愛を中心として本来の力を発揮して、
すべてのものをつくることができるのです。


プラスの電極とマイナスの電極が接続すると、
電流が流れ、光と熱を発するようになります。
光と熱は神様の愛です。

夫婦が愛で合体すると、愛の電流が発生して、
人生の道を照らし、冷えた心を温めるのです。
夫婦愛の電流が、家族、親族、地域に、
愛の光と熱を広めるのです。

天国に入るために、夫婦は互いに愛を磨き、
深めなければなりません。
伴侶の喜びを自分の喜びとし、
伴侶の悲しみを自分の悲しみとし、
伴侶の願いを自分の願いとすれば、
愛で一心同体になるのです。
それが“天活”なのです。


「霊界を知って、そこに合わせて
 生きることによって、
 この世の中を離れるときに、
 神様のみ前に行って天国と
 関係を結ぶことができるのであって、                                                                                                                                                                                            
 そうでなければ不可能です。

 ですから、霊界に対する事実を
 はっきりと知らなければなりません」
(天一国経典『天聖経』「地上生活と霊界」769ページ)

浅川勇男・著
(光言社刊『“天活”のすすめ〜
天国への準備はできていますか』より)
第五章 天国への愛磨き
「夫婦愛を深める」
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=16719
(blessed life)


天国では夫婦が一つである、と言います。
まさに一心同体、お互いが完全に一つになる、というのです。

かつて、新國婦人の証しを書いたことがありましたが、
霊人体のお父様が、お母様の体にはいって、
ぴったりとくっついて一つになった。
ということでした。

まさに今、お父様はお母様と一つであり、
そのまま、霊界でもともにおられるんだな、と感じます。

私たちも、配偶者といつも一緒でいられることが喜びである、
と感じていけるように、
今から、一心同体を目指していきたいと思います。

浅川先生、霊界に関して、詳しくわかりやすく、
説明してくださり、ありがとうございました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする