2019年07月16日

先祖から協助を受けたい! そのために、3レベルの「感謝の心」 《浅川先生霊界シリーズ》 



190716-20190502.jpg


浅川先生の霊界シリーズ。
今回は、「善い先祖の協助を受ける三つの感謝の心」です。


それでは(章の)最後に、善い先祖の協力をたくさん得るとともに、
悪い先祖の働きも良いほうに転換させる、
「災いを転じて福となす」、三つの感謝の心について述べてみます。

最初の感謝の心は、「小さな恵みに感謝する」ということです。

先祖から受けたどんなささいな恵みも忘れずに感謝し続けるということです。
感謝の足りない人は、良いことがあったにもかかわらず、
それを忘れてしまうことが多いのです。

よほど大きな恵みがなければ感謝しない人もいます。
ささいな恵みを感謝し、ずっと自分の胸に秘めて忘れない心が、
善い先祖の協助を受ける要素となるのです。


二番目の感謝の心は、「当たり前の生活に感謝する」ということです。

大きな事故があっても、かすり傷一つなければ、先祖に感謝することでしょう。

幼稚園に通っている自分の子供が乗ったバスが交通事故を起こしたとします。
そのとき自分の子供が全く無傷だったとしたら、
きっと先祖に感謝をするに違いありません。
またご主人が交通事故に遭って、車は大破してめちゃくちゃになったのに、
かすり傷一つなかったとすれば、心から先祖に感謝することでしょう。

しかし、ご主人が当たり前のように、夕方八時に帰ってきて、
それに心から感謝をする奥さんは少ないのです。
また子供が当たり前のように「ただいま」と言って夕方帰ってきたとき、
手を合わせて先祖に感謝をするお母さんは少ないはずです。

当たり前の生活が続きすぎれば感謝の心が薄れてきます。

先祖が守ってくださったということは、事故がなかった、
当たり前の生活ができたということです。

朝、食事をし、「行ってきます」、「行ってらっしゃい」と言い、
「ただいま」、「お帰りなさい」と言って夕食を迎えるという、
当たり前の生活こそ、
事故、災難から守ってくださった先祖の涙ぐましい必死の努力の結果なのです。

そのことに対して心から感謝をすべきです。
当たり前の生活に感謝をしてこそ、
多くの先祖が喜んで、さらに協助するでしょう。

先祖は人間です。情があり、心があります。
ですから子孫が感謝をすれば、ますます協力してあげたくなるのです。


三番目の感謝の心は、「不幸に感謝する」ということです。

「病気にしていただいてありがとう」、
「事故に遭わせていただいてありがとう」、
「苦労させていただいてありがとう」、
こんなことは普通言えないわけですが、
先祖の悪行を私が請け負うことによって先祖と子孫の幸せの道が開かれるのですから、
不幸なことに対しても感謝するのです。

小さな恵みを大きく感謝して忘れない、当たり前の生活に心から感謝する、
不幸にさえ合掌し感謝する心、この三つの感謝をもちながら、
人の幸せのために尽力するとき先祖の大きな協助があるのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『幸・不幸と霊界の仕組み』より)
第五章 先祖の働きと人間の幸・不幸
善い先祖の協助を受ける三つの感謝の心



三つの感謝の心、
というよりは、三段階の心、
と表現してもいいかもしれないですね。

恵みに感謝する、
当たり前のことに感謝する、
不幸に感謝する、
感謝の次元がどんどん高まっています。

特に三番目、「不幸に感謝する」というのは、
相当、次元が高い感謝ですよね。
イエス様が歩まれた道、
そして、真の父母様が歩まれた道であり、
私たちも相続する立場だと思います。

また、二番目の「当たり前のことに感謝する」
このことも肝に銘じておきたい教訓です。

どんなときにも感謝の心を持つ、
お母様のみ言を思い出しました。

いかにして昨日より今日、さらに
感謝の気持ちをもって生きていくかということです。
昨日より今日、さらに感謝し、
明日は今日よりもっと感謝しながら
生きるために努力してきました。

お母様を目指して、実践していきたいです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:02 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

先祖に協助してほしい?! この2つがポイント 《浅川先生の霊界シリーズ》 



190709.jpg


浅川先生の霊界シリーズ
今回は、「善なる霊の協助を受ける方法」です。


善なる先祖の方々の協力、援助を受けて、
生活を豊かに送ろうとするならば、
善い先祖の方々と気心が通じなくてはなりません。

気が合わなくてはなりません。
呼吸が合わなくてはなりません。
人間は同じ性格であるならば気が合って、
ますますその人に協力したくなるものです。

私たちが善い先祖の協力、援助を得ようとすれば、
私たち自身の心自体が、
そのような先祖と似た心にならなくてはなりません。

そうするためには、まず私たちの心も先祖のように、
損得を抜きにして、「人のために尽くす、
人のために与える」性格をもって、
実践しなくてはならないはずです。

自分が生きた善なる人となってこそ、
善なる先祖の協力を得ることができるのです。


もう一つは、人生に怨(うら)みをもたず、
感謝の心で生きることです。

嘆くことが多かったとしても、決して人をねたまず、
「すべては感謝である」という思いで生きたとき、
善い先祖の協力、援助を得ることができます。

目には見えない先祖の方々がいつも私たちを見守りながら、
私たちが病気、事故に遭わないように、
一生懸命、背後から助けてくれます。

しかし、そのことに私たちは、なかなか気がつくことはありません。

それゆえ、私たちは生活の中で、
ほんのささいな良いことであったとしても、
それを先祖のおかげとして、心から感謝する必要があります。

いつも先祖が私たちを見守って、事故や病気にならないように、
必死で守っていてくれるのだと思って、
当たり前の生活に感謝する心で生きたとき、
善なる先祖の限りない協助があるのです。


臨死体験者の証言によれば、
あるおばあさんが一生懸命に、孫の世話をしていたそうです。

よく見ると、子供の背後で亡くなったお母さんが、
子供が幸せになれるように、事故に遭わないように
一生懸命、働いている姿を見たそうです。

このように、善なる先祖の方々は目には見えませんが、
私たちの生活を守っているのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『幸・不幸と霊界の仕組み』より)
第五章 先祖の働きと人間の幸・不幸
善なる霊の協助を受ける方法



授受作用の法則により、
相対関係を結ばなければ、
生存・繁殖・作用がなされないわけです。

確かに清平を通して、
私たちの先祖が絶対善霊になったとしても、
私自身の思いが善なるものにならないと
協助できないのだな、と思います。

先祖たちは、自分の努力では到達できないような、
素晴らしいところにいるのは、あなたたちのおかげだ、
そして、本当に感謝の思いを持って、
私たちに協助したいと切実に思っているのだといいます。
そして、私たちを守ってくださっています。

目には見えないけれど、
いつも私たちを守ってくださることに感謝しつつ、
何よりも私自身が善なる者になるべく、
努力しなければ、と思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:21 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

幸せに導いてくれる良い先祖たち、2つのタイプ?! 《浅川先生霊界シリーズ》



190624 20190520.jpg


浅川先生の霊界シリーズ。
今回は、『善い先祖の二つのタイプ』です。


善い先祖は、子孫である私たちの幸せのために
労を尽くしてくださる方々です。

この善い先祖の生前の性格というのは、第一に
「損得を抜きにして人のために尽くす」性格だったということです。

言い方を変えれば、計算高い人たちではありません。
これ以上尽くせば明らかに損をしてしまうことを承知で
人のために尽くした人なのです。
そのようにしか生きることができない性分をもった人たちなのです。

多くの財産があったとしても、私財をすべてはたいて、
地域の発展のために尽くして、大変貧乏になったとしても、
それが喜びであり、感謝であると思う人です。

村八分になるような悪人に対してさえ、多くの施しをなして、何の見返りもなく、
感謝されなかったとしても、また施しをしてしまう人です。
それが善なる先祖の方々です。

このような性分をもって霊界に行かれたので、
死後においても、報いを求めず、
子孫の幸せのために尽くしてくれるのです。


さて、善なる先祖のもう一つの性格は、
「感謝の心」をもっていたということです。

人のために尽くし、人のために苦労するということは、
決して楽なことではありません。
時として、尽くした相手から感謝もされず、罵倒される場合もあります。

それでも人のために尽くすことは、
とても感謝なことであると、心から思った人です。

自分の命は人のために尽くすためにあるのだと、
感謝の思いで生きた人たちが、善なる先祖の方々です。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『幸・不幸と霊界の仕組み』より)
第五章 先祖の働きと人間の幸・不幸
善い先祖の二つのタイプ



私の先祖はどうかな・・・
そんなことを思わされました。

み言を聞いて、受け入れることができた、というのは、
それだけ先祖の功労があったと思うし、
そういう意味では心から感謝していきたいです。

ただ、先祖の皆様には大変失礼かと思いますが、
二つのタイプに当てはまるような、
そんな先祖が多くおられたのかは、疑問ですね。。。

そうはいっても、私自身もいずれは『先祖』になるわけです。
やはり、後孫に恥じぬ人生、
いや誇れる人生を送らなければならない、
そのようなことを思わされます。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:23 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする