2017年04月28日

(証し) 祝福家庭はすごい?! 霊界の父との交信、先祖解怨210代で起きた奇跡!!



10269121_771410092879900_2622768774485852815_o[1].jpg


伝道の証し。
前回に引き続き、霊界の証しです。


この度は、真の父母様と祝福家庭、
そして清平の凄さを改めて認識させられた証しをさせて頂きます。


私は大学4年生の時に復帰されました。
霊の親は同じ学科の同級生です。
私と同じクラスでありながらグループが違うため、
4年間話をした事が殆どありませんでした。

そんなある日の授業を終えた休憩時間での事です。
ベランダで外を眺めていた私の隣に霊の親が来ると、
私は何故だかわかりませんが「神様いると思うか?」
と唐突に尋ねたのです。

すると霊の親は机に戻るや否やノートを取り出し、
原理で学んでいる内容を私に話し始めました。

ちょうどその頃、霊の親は教会で
原理の勉強を始めて間もなかったようで、
私に原理を紹介して原理講義のビデオを観るようにと執拗に勧めてきたのです。

私は元々、宗教が嫌いで「自分の信念を持って生きるべきだ」と思っており
「霊の親を宗教から救わなければ」という思いで、ビデオを見始めました。
それがきっかけとなり現在に至っています。


私は大学4年生のギリギリの段階で神様に救われたのです。
しかし、既に就職が決まっており、
そのまま新卒で東京の会社に勤務。

その後1年程働いたのですが、
私が「教会の活動を献身的にしたい」と告白した時、
父親から猛反対を受け「殺す」とまで言われました。


その後、私は神奈川の教会で約5年間教会活動をし、
1988年に6500双の祝福式に参加し、日韓祝福を受けさせて頂きました。

私と家内は真の父母様を通じて夫婦となりましたが、
私の先祖が韓国で亡くなり、その墓石を
家内の先祖が作ってくれたことが後日わかったのです。
改めて真の父母様の偉大さを感じさせていただきました。

祝福以降は、韓国・ソウルで約5年間過ごし、
故郷には、子供3人を連れて15年ぶりに帰郷しました。

私の両親はその後、聖酒を飲み祝福感謝献金を捧げ、
家庭連合の賛同会員に登録したのですが、教会には反対し続けていました。


そのような中、今年1月3日、父親が入浴中に倒れ90才で昇天しました。
2日前の元日は、家族・親族が全員無事に迎えることができ、
「また来年も同じ様に皆で元気に迎えようね」
と言ったばかりで、正に突然の出来事でした。

それから9日経った1月12日の夜、
私が寝ていると父親が夢の中に現れました。
それがあまりにも鮮明な体験だったため、ノートに書き記しました。
その内容をそのままお伝えします。


父:気が動転している。霊界に行って驚いている。
  お前のお陰だったんだね。
  教会に反対したけど、すまなかった。
  結果として教会で良かったんだね。

私:霊界に行くとき、どんなだったの?

父:お迎えが来たんだ。
  おじさんも来たけど、迎えがすごかった。
  天使?が来た。

  もっと教会の事とかいろんな事を話しておけば良かったね。
  親からすれば子供はいつまでも子供だからね。
  お母さんを頼むよ。
  お母さんを頼むよ。

私:今どうしてるの

父:昔の思い出の場所を見て回っていた。
  海水浴をした海辺を見たり、新幹線をなつかしく見に行った。
  近所にも挨拶に行ったよ。
  
  先祖が何代か戦に行っている。
  銃弾に倒れた先祖や田原坂で死んでいる先祖が見える。
  船に乗って韓国に行っている先祖もいる。

  (母親に対して)お母さんを残して先に行ってゴメンね。
  もっと話したい事があったのに。
  もっと大事にしてあげれば良かったね。
  おいしいものももっと食べさせてあげれば良かった。

  〇〇(家内)と 〇〇(姉)が仲良くね。
  墓は〇〇寺に頼む。
  (姉に対して)お母さんに顔をたくさん見せてあげて。

  これから俺はどうすれば良いんだ?
  神様について行けば良いのかな?

私:そうだよ。
  神様について行けば良いんだよ。
  そして霊界の良いところに行くんだよ。

父:そうか。分かった。
  死ぬ気は無かったんだけどビックリした。



そして、私が父を早く霊界に送るために、
「祝福家庭を誕生させた功労により、
絶対善霊の中心人物として送って下さい」と祈ると、
父の前から天に伸びる様に絶対善霊200人ほどが2列に並び、
その間を父が歩き始めたのです。

父が通り過ぎるごとに並んだ両側の先祖たちが頭を深々と下げ、
その間を父親は天に向かって歩いて行ったのです。

祝福家庭の祈りに従って、そのまま霊界が動いている事を実感しました。
整列した200人ほどの絶対善霊は、
恐らく直系210代の先祖解怨祝福を終えた先祖の方々だと思われます。


以上が夢の内容ですが、これは夢では無く事実だと私は思っています。
メモまできちんと取った訳ですから。

この話を教会に反対している母や姉に話したところ、
「良かった」と答え、「そうだと思う」と
不思議と何の抵抗も無く受け入れてくれたのです。

この体験を通して、すべては真の父母様が語られる
み言の如くになっている事を改めて確認し、
清平役事によって先祖が絶対善霊となり、
祝福家庭の祈りは霊界に直結する と実感しています。

まだ、私と家内の直系210代までしかできていないのですが、
「先祖の霊界解放は神様にはできない、後孫しかできない」
というみ言を振り返ると、何とかして解放しなければと思っております。

以上、ありがとうございました。



私も何度か書いたことがありますが、
霊界に行った父と交流したことがあります。

証しの方と同じく、
「地上で統一教会を反対して、申し訳なかった」
そのように言っていました。

父の霊人体が私の体に入ってきた感覚です。
普段は霊的に鈍い方ですので、
このような体験はこの時だけでしたが。。。

先祖解怨をした人たちが、列になっている。。。
この証しもすごいですね。

そう考えると、私の立場は、
どれほど重要か知れません。

目に見えない世界ではありますが、
確実に先祖の解放をしている「私」であることを
心から誇りに思って、さらに頑張っていきたいと思います。







にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

(証し) 霊界からの三つのメッセージ! 真の父母様、ご先祖様に感謝します!! 



201704_02.jpg



今日は、霊的な証しを紹介します。
「清平・霊肉約婚式に参加し、霊界の母からアドバイス」です。


3月10日~12日に韓国・清平で行われた霊肉約婚式に、
卒寿を迎えた父の代理として、妹と私で参加させていただき、
不思議な体験をした証しをします。


1つ目は、式前日の役事での出来事です。

私は妹の前に座り、ふと後ろを振り返ると、
霊的な妹が何故か涙ぐんでいました。

私は心配して「どうしたの?」と尋ねると、
妹は「お母さんが来てるよ」と言うのです。
私は驚いて「えっ?でも約婚式は明日だよ」と言うと、
妹は「うん。お母さん、下見に来たって。
『明日ここでやるんだね?立派な所だね』と言ってたよ」と答えました。

渡韓前、
「お母さん、わかるかな?
ちゃんとお父さんの写真を見つけてくれるかな?」と心配し、
絶対善霊となった6家系のご先祖様にも
「一緒に清平に付いて来て下さいね」と
重ねてお願いしていたからか、
母はその翌日に霊界から清平に来ていたのです。

母が来たのがわかり、安堵するのも束の間、
母は「〇子、あまりご主人さんをいじめちゃダメだよ」と私を叱り、
「〇〇ちゃん(妹)、夫婦仲よくしてね」と言ってきました。

妹を通じて聞く言葉遣いから、私は「やっぱり母だ」と確信し、
とても懐かしく思うと共に、
「何でお母さんは私たちのことを知ってるの?見てるの?」
と思いました。

その翌日、約婚式にはご先祖様も同席しておられたのでしょうか、
私も妹も同時に顔を合わせて
「この匂いは樟脳?おばあちゃんが来てるね。和服で来てる?」
と言い合いました。

霊的に疎い私も、先祖を自分の五感で感じることができ、
「こういう形で先祖を感じるのだぁ〜」
と感動もひとしおでした。


そして2つ目は、天正宮博物館を見学したときの出来事です。

「天正宮」の看板が掛かる門の所で、スタッフの説明を受ける間、
私の心が何故か不安定になり、妙に不安な思いが沸いてイライラしました。
遂には「私はこの門をくぐっていいのかなぁ〜?」と思うまでになり、
沈んだ気持ちで、重い足を引きずるようにして見学をしましたが、
こんな事は初めてでした。

見学の最後に祈祷室で祈祷を終え、真の父母様のみ言入りのカードを
無心で抜こうしましたが、カードがぎっしりで抜けないのです。
あまりにも抜けず後ろの人が手助けしてくれたほどでした。

何故かわかりませんが、その時は
他の抜き易いカードに変えようという気持ちになりませんでした。
苦労してカードを抜き取ると、

「信仰生活をしながら、
自分の思いを主張するところがあるとすれば、
その場所は天国ではありません」


と書かれていました。

そのみ言を見て、私は「何?なんでこのカード?」と驚き、
門をくぐるときに不快になった理由がわかりました。

堕落性にまみれていた私でも、
門をくぐらせていただいていたのです。
「自分の主張を無くしなさい」と私を諭される、
真の父母様の役事だと気付かされました。


そして3つ目は帰国日の不思議な体験です。

帰りの便を待つ仁川空港で、
真の父母様のみ言入りのカードの内容が話題になりました。
私は、嫁いでから受けた仕打ちや夫の悪口まで、
「ここだけの話だから許してもらおう」という気持ちで
妹に話してしまいました。

ご先祖様はそれを聞いていたのです。
飛行機に搭乗してから、何故か異様に化粧の白粉の匂いが鼻に纏わりつき、
気になって仕方がありませんでした。
20、30分してもその匂いが消えないのです。

そこで私は、夫の母であることに気付いたのです。
「お義母さん?この匂いはやっぱりお義母さんですね。
さっきは旦那さんの悪口を言ってごめんなさい、許してください」
と謝罪しました。

するとその途端、あれだけ鼻に纏わりついていた白粉の匂いが
一瞬にして消えたのです。
やはりお義母さんだったのだと確信しました。


今回、霊界の母と地上の父の約婚式に姉妹で代理で参加させて頂くなかで、
思いもよらぬ私の堕落性を霊界の2人の母から指摘されました。
これから神氏族メシヤ活動を展開するには、この堕落性が邪魔であり、
夫婦の一体化なくして成せないということを両方の母親から教えてもらいました。

正に霊肉合同作戦と言うべきでしょうか。
不思議な世界を味わい、またすごい恩恵を頂いた3日間でした。
真の父母様、ご先祖様、本当にありがとうございました。



もともと霊的に敏感な方なのかも知れませんが、
亡くなったお母さん、そしてご主人のお母さんを
清平で実感されたという生々しい証しです。

先日、久しぶりに清平に行き、
先祖解怨式に参加する中で、
先祖の方たちが、心から感謝している・・・
そのことを祈りながら感じましたけれど、
本当にともにその場にいるのだということを
改めて感じさせていただきました。

今は、地上界と霊界、
霊肉合同作戦の時を迎えています。

何よりも地上のお母様といつも共におられるのが、
霊界におられる真のお父様です。

もっともっと霊界に意識を強く持ちながら、
神氏族メシヤ勝利に向かっていきたいと思います。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

霊界交信?! 劉孝元先生のお父様への質問! ── 霊界で兄となる3つの条件 



20160425_wh_img_01 (3).jpg


劉孝元(ユ ヒョウウォン)先生と言えば、
初代教会長であり、最初に祝福を授かった3家庭の一つであり、
原理講論を執筆したことでも有名な
草創期、ご父母様が誰より信頼した一人であったでしょう。

1970年に霊界に行かれていますが、20年以上を経た頃、
お父様が霊界にいる劉先生と交流されたという、
貴重なエピソードを紹介します。


1992年のある時、霊界から劉孝元先生が
お父様の元に降りてこられ、ある質問をされたというのです。

そして、その内容を、奥様であられる史吉子(サ キルジャ)先生に
伝えてほしいとお願いしたので、
お父様が史吉子先生を呼ばれました。


劉孝元先生は、このように質問したといいます。

私が、霊界に行ってからどうしても解けない疑問があります。
私よりもあとに霊界に来た後輩のある祝福家庭が、
地上では何の地位も、名誉もない一般の食口でしたが、
霊界に来たら、自分よりも兄の立場にあるのです。

私自身の思いの中に、協会長までしていて、
それなりに功績も立ててきて、なぜ、そうなるのか、
どうしても、疑問が解けませんでした。

それで、お父様にいつか聞きたいと時を待っていたのです。
そして、今、時が来たので、地上に降りてきました。


その時、御父様の答えは何だったでしょうか。。。

霊界では、すべての人が兄弟姉妹の関係になる。
その中で、兄や姉の立場にたつ人は、
地上で3つの行いをしてきた人だ。

第一に、誰よりも神様を愛した人。
第二に、誰よりも御父母様を愛した人。
第三に、誰よりも隣人を愛した人。

この三つを実践した人が兄の立場に立つのだ。


つまり劉協会長は一番目と二番目においては
誰よりも功績を立てましたが、
三番目においては、位置があったがゆえに、
自分でもわからないうちに、侍る立場よりも侍られる立場、
愛するというよりも、愛される立場になってしまっていたというのです。

しかし、さきほどの後輩の食口は、誰もいない中でも、
ひたすら天を愛し、父母を愛し、
そして人を愛してきたがゆえに、
霊界で兄の立場に立ったというのです。


このことを聞いた劉協会長はすぐに、
奥さんにこのことを伝えてほしいとお父様に訴えられたのでした。
お父様は、この内容を史吉子先生に語られました。

それ以降、史吉子先生の生活が本当に変わったとのことです。
何よりも、天を愛し、御父母様を愛し、
そして、食口のために人々のために生きようと決意されたのです。




霊界の位置を決める要因には、
地位・名誉など外的なものは関係ないといいますが、
お父様と劉孝元先生のやり取りを聞いても、
本当にそうなんだな、と思います。

位置や立場よりも天を愛し、
父母を愛し、人を愛することが大事なのだ。。。
だから、天国に至る最善の道が、
まさに神氏族メシヤの道であることを確信するのです。。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする