2021年12月24日

入院中の無神論の義父が祝福をOKしたのは・・・?! 《北谷先生*死んだらわかるけど、それでは遅い》



211224-1995.0825blessimg36man.jpg


北谷先生の「死んだらわかるけど、それでは遅い」
今回は、『入院中の義父を祝福に導く』です。


一九九五年、三十六万双の祝福結婚式(八月二十五日)を
間近に控えた頃、私は、がんで入院していた
義父(妻の父)を見舞いに行きました。
母と兄も一緒に来てくれました。

私は義父の体調を見ながら、祝福の話を切り出しました。
義父は三万双祝福式のときのマスコミ報道の
影響を受けていましたから、
なかなか「うん」と言いませんでした。

当時、 祝福結婚式について、
とても批判的で一方的な報道がなされていました。


私は義父に、「私たちが家庭連合に入る前と後では、
どちらが良くなりましたか?」と聞きました。

私たち夫婦は、祝福を証しするために
変わろうと努力していたので、
以前よりは良くなっているという
自負がありましたから、自信を持って尋ねたのです。

案の定、義父はグッと言葉に詰まりました。

しかし、消極的な姿勢は崩さず、
「じゃあ、 退院してからにしよう」と言いました。

私は、義父が私たちのことを「以前よりも
良くなった」と感じてくれていたことに力を得て、
「退院してからでは遅いです。
今からどうですか?」
と祝福を受けることを勧めました。


そばにいた母や兄も、亡くなった父が初盆に霊界から出てきて、
「死んだらわかるけど、それでは遅い」
と言ったことを義父に伝えて、後押ししてくれました。

義父は無宗教で霊界を信じない人でしたが、
義理人情に厚い人でした。
それで、母や兄がいる手前、むげにすることもできず、
「分かった」と承諾してくれたのです。

私はすぐさま病室で義父の写真を撮りました。
付き添っていた義母には、前もって祝福の話をして
納得してもらっていたので、義母はその写真を持って、
三十六万双祝福結婚式に参加するために
韓国に行ったのです。

光言社刊 北谷真雄 / 著
「死んだらわかるけど、それでは遅い」より
5 祝福は天国への切符
入院中の義父を祝福に導く


祝福の意義と価値というものは、
み言をある程度学んで、
一通り理解しないとわからないものです。

しかし、今は、結論が『祝福結婚』というような時です。
家庭連合であることを伝え、
夫婦が貞操を守り、離婚はしない、真の家庭を築く、
そのようなことを認識していただければ、
誰でも祝福を受けることができるのです。

先日、地元の名士の方に祝福を受けていただきました。
ご本人とは数年のお付き合いですが、
奥様とは一度しかお会いしていません。
なので、教会のことは知っておられますが、
み言は一切学んでいないし、
教会に来たこともありません。

しかし、ご主人が誘ってくださり、
教会に来てくださいました。
最初は固い表情でしたが、
教会長のポイント講義を受け、
そのあと、式典に臨まれました。

最終的には和やかな表情になられ、
その後の懇親会でも地元の話題に花が咲きました。

やはり、み言を学んでいただくことも重要ですが、
それとともに、信頼関係を築くことも大事だと思いました。

ちなみに、奥様は、
「夫が、『ただ座っていればいいから』そう言われてきました」
と言っておられたそうです。
ご夫婦の信頼関係も重要ですね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:35 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月13日

大反対の兄夫婦が、伝道された理由 亡くなった父が出てきて… 《北谷先生》



211213.jpg


北谷先生の「死んだらわかるけど、それでは遅い」
今回は、『祝福を受けさせてもらえ』です。


一九九一年十月十六日、父が六十三歳で亡くなりました。

三十一歳のときに交通事故に遭って
瀕死の重傷を負った父は、‛神様’の言葉どおり、
自分のことは自分でできるまでに快復したものの、
顔にひどい傷が残り、
後遺症に苦しみながら生涯を送りました。

そんな父に一度、原理講義をしたことはありましたが、
十分に孝行できないまま、
霊界に送ってしまったことが心残りでした。

そのときは父は祝福を受けていませんでしたから、
昇華式(聖和式、祝福を受けた人を霊界へ送り出す儀式、
一般的には告別式)はできないものの、家族と相談して
「せめて教会葬(家庭連合の教会式の葬儀)で送ろう」
と決めました。


そして、自宅で、朝七時から教会葬を、
その後、仏式で葬儀を執り行ったのです。

葬儀には近所の世話好きな婦人たちが
手伝いに来てくれたのですが、
そこは大阪のおばちゃんですから口も達者で、
「神道の教会で他の宗教(家庭連合)の葬式をするなんて......」
と、 辺り構わず声高に言う人もいました。

ところが、そのおばちゃんの一人が、
葬儀の後で、
「私の祈祷が始まった時に霊界を見た」
と証言したのです。

「たくさんの子供の天女が降りてきて、
お父さんを抱きかかえて舞い上がっていった。
ものすごく高い所に行ったような気がする。
あんなの、初めて見た」と、 興奮して言っていました。


翌一九九二年の八月十三日、父の初盆に、
父が霊界から出てきて母に入りました。

その時の父の言葉が、
「死んだらわかるけど、それでは遅い」でした。

そして、「あの子らの言ってることは本当や。
だから、できるなら祝福を受けさせてもらえ。
天地の違いがある」と兄夫婦に言ったのです。


普通の人はそういう霊的現象を簡単には信じないでしょうが、
兄夫婦はそれまでも日常的に見てきたことでしたから、
信じざるを得ませんでした。

しかも、家庭連合に批判的だった父が
兄夫婦に言ってきたのですから。
これを境に、兄夫婦はがらっと変わりました。

それからわずか二週間足らず後の八月二十五日に、
韓国で行われた三万双の祝福結婚式に参加したのです。



お父さんは、地上で祝福を受けることはなく、
亡くなったとき、「教会葬」で送られた、といいます。
祝福を受けた方たちの「聖和式」ではなかったのです。

それでも、近所のおばさんが
霊的に見て言っていたように
「高い所に行った」、というのです。

神様、真の父母様に連結することが、
どれほど、重要なことであるのか、
そのことを感じざるを得ません。

また、祝福を受けた食口の中には、
事情で、聖和式をすることができず、
「後追い」で聖和式を行うことがありますが、
霊界においては、十分に成立しているのではないでしょうか。

あまりいい表現ではありませんが、
聖和の威力、というのは、本当に凄まじいものだと感じます。
祝福を授けることの大切さを教えていただきました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:50 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月07日

どんな人が中間霊界に行くのか 家庭連合食口のいく霊界とは 《李相軒先生》



211207.jpg


李相軒先生の『霊界の実相と地上生活』より
今回は、「霊界で見た中間霊界」です。


  中間霊界

霊界で見た中間霊界は、
地上で考えていたのとは違った所でした。

地上で功労が多く、国家、世界に対して
功績があった人たちの中で、神様に仕えなかったとか、
宗教に対して関心がなかった人たちなど、
地上で功績はあるが、
信仰と関係ない人たちがたくさん集まる所です。

ここでの暮らしは、天国のようでも、
地獄のようでもなく、地上生活と似ていました。

食事時間に例えれば、厨房(ちゅうぼう)で働く人、御飯を炊く人、
器を洗う人、食べ物を用意する人がいて、
みんな共に苦労して、苦労した程度の対価をもらっている所です。

また、人々の表情を見れば、天国では明るく、
地獄では不安な顔ですが、
ここではいつも休まずに熱心に働いて忙しい様子です。

すべての人が熱心に暮らしながら福を受け、
豊かに暮らしていますが、
神様と宗教に対して関心さえない所です。


ここで「統一思想」を講義しましたが、ある人が質問するに、
「『統一思想』とは、文字どおり思想を統一するということですが、
人ごとに持っている思想が統一されれば、
個体的な特性というものがなくなって、
全く同じ人だけが暮らす世の中になりませんか」
という、間抜けな質問をしました。

ここでは多くの時間をかけないと、
伝道できないような感じがします。

中間霊界とは、天国でも地獄でもなく、
いろいろな階層が多い所です。

そして、「統一思想」を理解させるのは難しく、
「原理」も神様も理解させにくい所でした。


一言で中間霊界といいますが、
それは膨大な世界であるために、説明するのは大変です。

中間霊界では、統一食口(シック)と一般人が、特別に区別されています。
統一教会の信仰をしてここに来た食口の姿は、
躍動感があり、難しい表情が全く見えません。

また、平和な姿をしていて、とても熱心に活動します。
例えば、ワークショップとか、宴会、ゲーム、和動会等、
いつも忙しく楽しくしています。

統一教会の食口でないほかの一般人の姿は、
それとはとても違います。

彼らが生活する姿には、元気がなく、躍動感がありません。
活動する姿は大抵受動的であり、怠惰で、
仲間同士が集まって、退屈な顔をして暮らしています。


ここで中間霊界に関して、
統一食口と一般人の差について述べようと思います。

我々食口たちは、能動的であり、活気に満ちて生活しているのに反して、
一般人はそうではありません。

なぜ受動的であり、つまらない退屈な顔をして暮らすかというと、
彼らには望みとか、希望がないからです。

しかし、中間霊界にいる我々統一食口たちは、神様の根本のみ旨を知って、
そこで神様の特恵を待って暮らしているために、望みと希望を持っています。

そのように同じ中間霊界といっても、我々統一食口たちがとどまっている所は、
一般人たちがとどまっている所とは違うのです。


しかし、気の毒にも、統一霊界圏に行けない食口たちもたくさんいます。
その理由は以下のとおりです。

第一に、祝福を受けても片方が脱線して、家庭を成せなかった。

第二に、祝福を受けてもみ旨と関係なく暮らした。

第三に、祝福を受けても軌道から離脱した暮らしだった。

以上のような例が多いのです。

彼らは食口といっても、名前だけでしたが、中間霊界に来ています。
この食口たちは、神様や真の父母様、興進(フンヂン)様の特恵があるとき、
公式的に恵沢を受けることができます。

ここには食口の代表たちが、時々行って信仰指導や原理講義をしながら、
レクリエーションもします。
それゆえ、望みがあるのです。

そしてまた、神様も興進様も、
ここに関心を持っておられる姿をよく見ました。


したがって、中間霊界とは、一般の人も来ることができ、
我々食口たちもいる所ですが、
特別に統一食口たちは、まるで特殊学級が別の教室に集まって、
特別な指導を受けるように、意外な待遇を受けています。

これは驚くべき事実です。

祝福の意味は、地上に暮らす時はよく分からないでしょう。
目に見えないからです。
しかし、天の国では、とてつもなく特別な待遇を受ける条件になります。

今、祝福の門が広がり、真の父母様がわずかな条件で、
あらゆる人に祝福を下さるのは、すべての人に福を与えるためなのです。
その理由は、父母であられるからです。

真の父母様の地上生活は、多くの子供たちに福を与えてくださる期間です。
それゆえ、我々は周りの人たちの鼻をつかんで引っ張っていってでも、
祝福を受けさせなければなりません。
それが彼らに福を与える道なのです。


  楽園

楽園は、天国と地獄の中間地点にある所だと
すべての者が考えていました。
しかし、ここ霊界で見た楽園は、地上で考えていたのと違っていました。

楽園や、中間霊界は、地上で考えているように
きっちりと境界線を引いて説明することはできません。

例えば、オーストラリアには、オーストラリア人だけが
暮らしているのではないのと同じです。
そこでは、いろいろな国の人たちがグループを形成して暮らすように、
よく気が合う人たちが集まって暮らしています。

例えば、コリアタウン、チャイナタウン、
ジャパニーズタウンというように、
中間霊界においても、天国と地獄を除いたすべての霊人たちが、
自分の階層、グループを形成しながら、
仲間同士で集まって暮らしています。

(1997年6月1日〜7月28日)

(光言社刊『霊界の実相と地上生活』より)
第一部 霊界の実相と地上生活
第二章 霊界で見た暮らしと地上生活
三 霊界で見た中間霊界


中間霊界という表現は、
お父様も話されていますし、
スウェーデンボルグも話しているように、
実際に存在する世界だと思います。

ところが、統一食口もグループを作って、
中間霊界に留まっている・・・
ちょっと衝撃的なメッセージだと思います。

前に聞いたところによると、
家庭連合霊界というのがあって、
その中でも上下に段階があるということでした。

ですから、天国に入れる基準ではない人は
中間霊界に大勢いるということでしょう。
罪を犯した人も、同じ場所にいなければならず
その罪がまる見えの状態だそうです。

今は、天国(天一国)の扉が開かれたと言いますし、
清平役事の恩恵、時代的勝利圏の恵沢などにより、
霊界の様相も大きく変わってきているに違いないと思います。

現段階でどうなっているのか、詳しくはわかりませんが、
少なくとも、地上の信仰生活が影響していることは
間違いのない事実です。

やはり、天寶修行の生活を心がけ、
自己牧会プログラムのごとく、
良心を中心とした生活を送ること、
このことがなによりも重要であることを思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:15 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする