2021年10月22日

明日から秋季大役事、インターネット参加でも同じ恩恵が! *孝情奉献書15の恩恵*



211022-2021.0926.jpg
方相逸・大陸会長から地区の代表者に火が伝授される


明日から秋の大役事が開催されます。

先回、9月末に行われた帯広の聖火式の報告より、
聖火式の3つの恩恵と、奉献書の15の恩恵のお話など
抜粋してお伝えします。

孝情奉献聖火式で4万4000人に
天運相続、所願成就の恩恵

2021年9月26日 北海道「聖火の郷」

4か月間に捧げられた20万枚の
孝情奉献書が天に届く

 9月26日、北海道帯広市近郊の「聖火の郷」で「2021神日本天運相続秋季孝情奉献聖火式」(以下、聖火式)が行われました。北海道全域から約1000人が集ったほか、インターネットでも約4万3000人が参加し、全国で約4万4000人が恩恵を相続する時間となりました。

方相逸・大陸会長が以下のようにメッセージを述べて、
参加者を激励しました。

「皆さんが真心を込めて書いた約20万枚の孝情奉献書が、
 きょう、天に捧げられます。

 真の父母様の精誠とご苦労のおかげで
 先祖解怨・先祖祝福が始まりました。
 それにより、先祖が絶対善霊となって、
 積極的に皆さんを応援してくれるようになりました。

 皆さんの切実な願いが、
 そのまま霊界まで通じる時代となったのです。

 真の父母様のみ意(こころ)どおりに歩んで、
 母の国日本が、真の父母様に喜びの実績を
 ご報告できるように頑張ってまいりましょう。
 そして、ここ『聖火の郷』を聖なる地にしていきましょう」


来賓として、前国会議員と地方議会議員が祝辞を述べた後、
徳野英治・神日本分苑苑長が登壇し、
聖火式の意義と恩恵について全体で学ぶ時間を持ちました。

徳野苑長は聖火式の恩恵を、

@霊的な整理(参加者の体の中の中心恨霊の分立、先祖が犯した罪の記憶の消去)
A所願成就(善なる先祖と天使たちの役事で願い事がかなう)
B天運相続(個人、家庭の次元で書かれた願い事が
 国家の次元に高められ、聖火式を通じて下りてくる天運を相続)

の3点にまとめて解説。

さらに孝情奉献書の恩恵について15点に整理して伝えました(下記参照)


  孝情奉献書15の恩恵

@先祖を慰労し、解怨することを約束する手形。

A最長1年間、恨霊の働きを止めることができる。
 多く書けば書くほど悪霊の活動を抑制。

B人生に降りかかる苦しみを取り除き、
 幸せへの道を開くために天から与えられた恩恵。

C霊人が再臨し、さまざまな良い業を行うように
 するため、地上の信徒が立てる霊的条件。

D霊人体をきれいに洗い流す洗剤の役割。

E霊人体を磨く天使が配置されている。

F絶対善霊に対する動員命令書。

Gいつでもどこでも、誰が書いても絶対善霊を動員できる。
 子供が書いても全く同じ効果。

H大きな災難を小さな災難に変え、
 小さな災難は完全になくしてくれる。

I先祖は子孫に対して、「解怨してほしい。
 すぐにできないなら約束だけでもしてほしい」と願っている。
 奉献書に先祖の名前を書くことで、解怨の約束のメッセージとなる。

J天の父母様(神様)への光の通信文。
 その内容は天の父母様の光に包まれていて、
 悪霊が見ることができないので、
 悪霊に邪魔されずに天の父母様に直行する。

K不足している精誠条件を補完してくれる。

L書かれた願い事が実体的に成就される。

M天から見て、より緊急の問題から解決。

N氏族伝道の勝利に協助。
 絶対善霊があらかじめ伝道対象者のもとに行って、
 役事できるように導く。

孝情奉献聖火式で4万4000人に
天運相続、所願成就の恩恵
https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=12596
(中和新聞より)


先月行われた聖火式ですが、
インターネット中継ではありましたが、
教会で参加していた婦人たちは、口々に、
「恩恵を感じた」「とても良かった」と言っていました。
私自身も同じように感じました。

流れは今までとほとんど変わらなかったと思います。
今まで多くの奉献書を捧げてきた精誠と
時代の恩恵があったと思うし、
役事を行われるようになって、
さらに清平と連結されたような、そんな気がしました。

今回、徳野日本分苑長が孝情奉献書の
15の恩恵を示してくださいました。

このような恩恵を施してくださった、
真の父母様に感謝の思いでいっぱいです。

明日から2日間、秋季大役事が開催されます。
同じように、恩恵を受けることができるよう、
精誠を捧げ、備えていきたいと思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:46 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月19日

初めての訪韓、守護霊が見た文先生ご夫妻は・・・ 《北谷先生 死んだらわかるけど、それでは遅い》



211019-1982.1014.jpg


北谷先生の「死んだらわかるけど、それでは遅い」
今回は、「あのお方でなければ人類を救えない」です。


家庭連合の信仰を持ってしばらく経った頃、
韓国で文鮮明先生にお目にかかる恵みにあずかりました。
今から三十年以上前の話です。

私は小さい頃から肉が苦手で食べませんでした。
親や兄弟は好きなのですが、どういうわけか、私は嫌いだったのです。
匂いの強いものは嫌いでした。

ところが、韓国に行ってみると、もう空港に着いた瞬間から
キムチの匂いがするのです。
今はそんなことはありませんが、
当時の金浦空港は強い匂いがしました。

そして、食事に連れて行ってもらったのが参鶏湯(サンゲタン
鶏肉に高麗人参、もち米などを入れて煮込んだスープ料理)
専門店だったのです。

私は肉が苦手だったのですが、中でも鶏肉が一番の苦手だったのです。
それなのに、鶏が丸ごと出てくるのです。
見た瞬間、「わっ、もういい」となってしまいました。

それで 「肉はいいから、ご飯はありませんか」と聞いたら、
その鶏の中に入っているというのです。
これには全く閉口しました。
そんな感じで、食べ物が全く合わなかったのです。


当時の私にとって文鮮明先生は神様のような、雲の上の存在でした。
神道では、“神様”と言えば、
「すだれの向こうに在す」という神秘的なイメージがあります。
心がすーっと清くなる、何とも言えない神秘さを感じるのです。

ところが、目の前にいらっしゃる文鮮明先生は、
言葉はとても早口で、顔の表情も変幻自在にされます。
神秘的なイメージからはほど遠かったのです。

それまでビデオでは拝見していたのですが、実際にお会いすると、
自分のイメージしていたものとは全く違っていて、
少なからずショックを受けました。

そのうえ、その時の私は、韓国の食事が合わず、
何日間も飲まず食わずの状態で、体調も最悪だったのでした。
頭もガンガンして「一刻も早く日本に帰りたい」
と思いながら三日間を過ごしたのです。


帰国してから、実家(神道の教会)の母に
韓国でのことを報告しに行きました。

自分では大変だったとしか思えなかったのですが、
子供の頃からお世話になっている
“神様”に 報告しておかなければいけないと思って行ったのです。

その時、金剛龍王大神(こんごうりゅうおうおおがみ )が母に入ったのです。
金剛龍王大神は、私を幼い頃から
守護してくれていた“神様”です。

母を通して金剛龍王大神が語るには、私と一緒に韓国に行き、
私を通して文鮮明先生にお目にかかったというのです。

金剛龍王大神は文鮮明先生の印象を、母の口を通して、
「何千年の間で初めて見た。
あのお方でなければ人類を救えないと思う」と語りました。
私の受けた印象とは天地の差がありました。

そして、「もっと食べ物に気をつけていただきたい。
もっと寝る時間を取っていただきたい。
そして一年でも一カ月でも、一日でも一分でも、
長く生きていただかないと困る」と、切々と訴えるのです。

そして、「真の父母(文鮮明・韓鶴子ご夫妻)の時代だけで
成さなければならない」と言うのです。

人間始祖アダムとエバが堕落することによって、
彼らが偽りの父母となって人類がサタンの血統圏になってしまったので、
真の父母がそのすべての過ちを清算して、全人類を生み変えて、
神様の血統圏に復帰しなければならないということでしょう。


また、私はこの訪韓の時、
文鮮明先生にしか関心が行かなかったのですが、
金剛龍王大神は違いました。

韓鶴子夫人について、
「この方も、同じように勝利された方だ」
とはっきりと証ししたのです。

そして、「真の父母(文鮮明・韓鶴子ご夫妻)の時代だけで
成さなければならない」と言うのです。

光言社刊 北谷真雄 / 著
「死んだらわかるけど、それでは遅い」より



霊界にいる人たちというのは、
すべてがわかっているわけではありません。

私たちの背後の先祖たちは、
私たちが聞いたみ言を共に聞いて学び、
見るもの聞くもの、すべて私たちを通して体験するといいます。

北谷先生を守っている守護霊も
北谷先生が、韓国で初めてお父様に会われた時、
一緒に会うことができました。

また、北谷先生が当時、あまり意識をもって
見られたわけではない、お母様のことも、
北谷先生とともにお会いしたのです。

ちなみに、北谷先生がお父様に対して、
「少なからずショックを受け」たとありますが、
お父様はいと高きところにおられる方ではなく、
私たちの「親」として親しみをもって
接してくださっていたのでしょう。

「何千年の間で初めて見た」
と守護霊が言われた真の父母様。

私たちは、そのお方に侍っているということが
どれだけ感謝でならないか、
つくづく感じさせられるのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:12 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

愛する食口たちへ、霊界の法に引っかからず神様の許に来てください 《李相軒先生》



211008.jpg


李相軒先生が、霊界から
私たちに送ってくださったメッセージ。
今回は、『愛する食口たちへ』です。


愛する食口たちに捧げます。

愛する食口の皆様。
どんな言葉をまず書くべきか……。
誰も避けることのできないここ、
誰もが行くしかない天道のこの道……。

天上に来てみると、食口の皆様が
あまりにも思い出されます。

どのようにすれば、天法に引っ掛からずに無事に通過して、
みな神様の所にまっすぐに来ることができるか、と腐心しています。

霊界の法に一度引っ掛かれば、容易に解くことができず、
この永遠の国に来て、また苦労するようになります。

食口の皆様、これまでどれほど御苦労が多かったでしょうか?

永遠の世界であるここ天上に来られたのちには、
苦労から脱すべきでしょう。
永遠の暮らしのために、
瞬間の苦労を避けないでほしいとお願いしたいのです。

良く生きなければなりません。
誤って生きれば後孫が代わりに蕩減(とうげん)しなければならず、
父母様が霊界を整理なさるとき、
また胸の痛い事情をつくるようになります。

愛する食口の皆様!

私は李相軒(イ・サンホン)です。
「統一思想」を確立した李相軒です。
私なりに熱心に霊界を観察したことを要約して、
食口(シック)たちにお知らせいたします。

よく読まれて、地上の暮らしをよく生きられるよう願います。
そうして、神様の痛い傷を癒やしてさしあげ、
父母様が長生きされることを祈ってさしあげましょう。

一句一句を、皆様がよく読まれるよう願います。
その日その日の暮らしをチェックして生きていかなければなりません。
これは先に来た食口として、助けをするためです。
食口の皆様、すべての安寧を祈ります。

1997年8月20日
李相軒 拝
(光言社刊『霊界の実相と地上生活』より)
第一部 霊界の実相と地上生活
第一章 真の父母様に捧げる文
二 愛する食口たちへ


霊界の実相を教えてくださる、
李相軒先生に心から感謝いたします。

今は、真のお父様と共に、
地上の私たちのために、天一国実現に向かって、
大きな協助を成しておられることと思います。

お父様が霊界に行かれる前に、
このメッセージを食口たちに訓読されるよう
指示しておられました。

霊界の実相を意識して生活することは
とても重要であると思います。

李相軒先生の語られる如くに
悔いのない生活を日々送ることができるように、
天心苑祈祷室で祈りを込めて、
歩んでいきたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:05 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする