2017年11月29日

真のお父様が、私たちの教会に訪ねて来てくださった!? ≪夢の証し≫



29moon_web_2246_s878x624.jpg


今朝がた、久しぶりに
真のお父様の夢を見ました。


お父様は、私たちの松戸家庭教会に訪ねて来てくださいました。

松戸家庭教会の礼拝堂はさほど大きくはないのですが、
夢の中では、実際よりも少し大きい感じでした。
そこに立錐(りっすい)の余地もないほどに、
松戸の食口たちで埋まっていました。

お父様は、50代の若き、堂々とした印象でした。

霊界では、90代のお父様ではなく、
40代か50代くらいの血気盛んな、お父様である。。。
そんなことを聞いたことがありますが、
まさにそのような姿なのだと感じました。

そして、お父様は、礼拝堂に入ってこられ、
中にある、展示物を丹念に見られ、
私たちに笑顔で挨拶してくださいました。

さぁ、これから、お父様のみ言。。。
という時に、目が覚めました(笑)



お父様が何を語ってくださるかな。。。
夢の中で楽しみに待っていたのですが、
夢というのは、自分の都合のいいようにはいかないものですね。

ただ、なんとなく、布石というか、
お父様が夢に現れてくださるかな。。。
そんな出来事がいくつかありました。


まずは、昨夜の夕食のときに娘が、「明晰夢」って知ってる?
と話してきたのです。

「明晰夢」とはこういうものです。

※睡眠中にみる夢のうち、
自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。
明晰夢の経験者はしばしば、
夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。
(wikipediaより)


先日記事にあげた、大先輩のお父様の夢の証しを話すと、
「へぇ、お父様ってわかるの?!」と
娘は、感心はしたものの、深い話には発展しませんでした。

しかし、「空を飛ぶ夢もしばらく見ていないけど
気持ちいいんだよね」と
「夢」に関しての話で盛り上がってしまったのでした(笑)


そして、もう一つ。
先日の礼拝の時、教会長の説教の中で、
こんな話をしてくださいました。

「今年、お母様は四回日本を訪ねてくださいました。
その時、お父様もともにおられたでしょうか。
それともおられなかったでしょうか。
お父様は日本に来てくださいました。

そして、お父様は縦横無尽に飛び回られますから、
この松戸教会に来られたでしょうか。
そして、私たちの家に来られたでしょうか。
それとも来られなかったでしょうか。
そうです、訪ねてきてくださったのです」

お父様をあんまり意識しなくて、
申し訳なかったな。。。
そんな心を持って休んだら、
何と、お父様が教会に来られたのでした。


今朝の夢は、お父様のみ言を聞けなかったことが、
とても残念ではあったのですが、
嬉しいことがひとつありました。

その場に長男が参加していたことです。

長男は日頃アルバイトで忙しく、
青年部の礼拝にも来ていないような状況であり、
特別なイベントくらいにしか来ないので、
何とかしてあげないとな、そう思っていたのです。

お父様が来られた時に、共に参加していたので、
夢の中で、とても嬉しく思ったのでした。


お父様は、私の教会に、
そして、私の家庭に訪ねてくださいました。
それは、親の心から訪ねてくださるのです。

だからこそ、私たちも、真の親にお会いしたい。。。
そんな心情を持って、
日々の歩みをしていきたいと改めて思ったのでした。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:21 | Comment(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

松戸家庭教会の救国救世の霊的スポットはここだ! 《娘の夢の証し》



2008_06_23_21_2005_09_06_9_TP07235_m.jpg


あっという間に8月も半ば。
霊界におられる真のお父様の聖和5周年まで、
20日あまりとなりました。

お母様はお父様の聖和式のために
精誠を捧げられながら、
準備をしておられると思います。。。

また、日本では多くの人たちが先祖に侍るお盆の時期でもあります。
霊界は切実に私たちに働きかけていると思うのですが、
先日、娘がとても強烈な夢を見ました。
妻が夢解きしてあげると、喜んで
詳細な内容を話してくれたといいます。


まるで大きな災害の後のように、街に助けを求める人があふれていました。
そこは松戸の駅頭、いつも松戸家庭教会のメンバーが
路傍伝道をする場所でした。

そこは現実の普段の駅前とは全然違って、
暗く薄気味悪い雰囲気に満ちていました。

ある人たちは、過去の罪が記されたものがあって、
悪い思想に侵されてしまった記録が残っているので、
この世の人ではない霊人のおばあさんが、
「この人を助けてください、助けてください」と
言っていました。

そして、松戸教会の婦人が、道行く人に
パンを配っていました。
私(娘)も食べました。

お父さんや弟、松戸教会や同じ教区の食口がその場に集まっていました。

そして、さっき助けを求めていた人たちも、
これでみんな助かったんだと思って、ホッとしました。



松戸教会で伝道をする駅頭の場所は、
教会員たちが、霊的なスポットのように感じていて、
伝道しているときには、神様が共にいて働く
「聖地」と呼ぶ場所です。

目には見えませんが、神様は、空から見るように
その場を見守ってくださり、
救おうと働きかけておられるはずです。

娘が見た夢は、ある意味松戸駅前のそのままの状況を、
霊的に見たものともいえるかもしれません。

多くの罪を持った人たちが、まるで災害時のような悲惨な状況の中にいて、
その人たちの先祖は、後孫と自分を救ってほしいと
必死に訴えている。

それが、実際に霊的に見たとしたら、その通りの
日本や世界の現実だと思うのです。


娘が夢を見た翌日、お母様が
昨日記事にあげた米国の帰国勝利報告大会をされましたが、
私たちの教会は路傍伝道の日だったので、
大会の中継を見るのもいいが、具体的に神様の喜ぶ活動をしようと
松戸駅頭でいつものように活動をしました。

神様、霊界の真のお父様が喜ばれたのか、
その日は霊界が今までと変わったように、
素晴らしい人たちとの出会いがありました。

うちの教会の婦人たちは、
神のパンならぬみ言を伝えようと、
多くの人に声を掛けていました。

娘が夢で見た「パン」は、人を生かすもので、
霊的に人を生かす「み言」、
私たちを新たに生みかえてくださる「真の父母」と
「祝福」を表すのだと話すと、
娘はへーっと言っていました。

家庭連合のブランド、真の父母とみ言と祝福、
これを伝えていくこと、
それが救国救世にもなり、
私と私たちの家庭をも生かすことにもつながり、
霊界も共に喜び共に歩むに違いないと
つくづく感じたのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:18 | Comment(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

(証し) お父様の夢、お母様の夢に導かれて! 反対夫と嵐の日々が、晴レルヤに変わる日!!



12715550_588415807974775_2966498505880944287_n.jpg


伝道の証し、
今日は、日々の伝道の土台で、
ご主人を祝福式に導いた方の証です。
(一部編集しています)


私は2005年に真の父母様を証しされて入会して以降、
教会での活動は前線が主でした。

私の夫も初めは喜んで原理を学んでいたのですが、
統一教会(当時)だとわかると、
韓国嫌いで統一教会嫌いだった夫は大反対に。

夫婦仲は悪くないのですが、教会の話となると、
ものすごく不機嫌な態度になり、時に嵐が巻き起こることも・・・。
その後は、ギクシャクとした微妙な関係が続きました。

毎日教会に通い前線活動を歩む中で、
私にもようやく霊の子が1名できました。
ところがマスコミの影響を受け不信感が重なり、
離れてしまいました。


そして、9月3日にお父様が聖和されました。
実はこの日、私はお父様の夢を見ました。
それは今でも鮮明に覚えています。

真っ暗なトンネルの中を走る車の後部座席に私は座っており、
その隣に誰かを挟みお父様が座っておられました。
お父様は真っすぐ前を見つめ、
とても深刻な表情で「まだまだ、これからやることがあるんだ」
と語っておられる夢でした。


お父様の聖和式に参加した後、「私が何とかしなければ」
と切実な心情で歩み始めて1ヶ月後になる日のことです。

前線に出る前の祈祷で、お父様の切ない心情や
寂しい心情がひしひしと伝わり、
今までにない程たくさんの涙を流しました。
そして共に歩む姉妹に感謝と喜びを感じた直後に、
とても良い方と出会うことができました。

その方はトントン拍子に受講決定し、
今でも教会に通っておられます。
私の力ではなく、本当に神様が導いておられるのが分かりました。


こうして様々な心情を通過しながら少しずつ伝道できるようになり、
特に去年は、たくさん導くことができました。

その出会いを振り返ると、必ずその日は、
神様や御父母様の心情に触れ、前線は自分の力でやるものではなく、
少しでも成長して心情復帰した時に神様が与えて下さるのでした。

実際、私は教会の責任分担の役割が増え、
前線を歩む時間は減ったものの、兄弟姉妹達と接し、
私自身が様々な心情を復帰して成長するなかで、
ゲストが与えられたのです。


去年12月、初めて繋がった霊の子が
ご主人を連れて既成祝福を受けました。

私は本当に嬉しかったのですが、
周りの方々から「霊の子の方が先に祝福を受けてしまって、
あなたはどうするの?」と逆にプレッシャーを与えられました。
私は「夫は筋金入りの教会嫌いなので無理」だと、
変な確信を持ち、真剣に夫に向かおうとはしていませんでした。

一方、宗教嫌いの夫は、実はあれから、
夫の趣味を通じて教会関係の先生と知りながらも
教会施設に再び足を踏み入れ、
月に1回学ぶようになり2年の歳月が経過していました。


今年4月、祝福式が行われることになりました。
皆で祝福式に取り組むなか、教区長が度々訪ねて下さり
「夫はどんな様子なのか」と尋ね、周りの方も意識して下さいました。

私は「皆が意識して下さっているのに
私自身がいい加減な心情でいたら申し訳ないし、
今回夫復帰が出来なかったら、二度と出来ない。
皆からこうしたら良いと言われることは全て行い、
祝福式当日になっても諦めずに夫に向かおう」と決意する反面、
過去への不安な思いも湧き「どうしたらいいですか」
と切実に神様に尋ね求めると、その朝方に夢を見ました。


私は小さな壺をもち、隣に見知らぬ男性が大きな壺を持ち、
その中に水を入れ、どこかに向かって歩いていました。

やがて目的地へ到着したのですが、
男性の壺は水があったのですが、
私の壺は空っぽになっており、途方に暮れていました。

するとそこにお母様が現れ「この水を使いなさい」
と目の前の水槽にたっぷりと水を注いで下さいました。
しかし、その水槽を目の前にどうしてよいのか分からずにいると、
お母様が「こうするのよ」と水槽の中に水草やお花をセットして下さり、
私もお母様と同じように水草をセットし始めたところで、
目が覚めてしまいました。


私は「お母様が絶対大丈夫だから」と私を勇気付けて下さると共に
お母様が私達の代わりにいつも精誠を積まれ
惜しみなく与えて下さると感じ、感謝の思いがとても湧きました。
そして祝福式に夫は必ず参加できると確信を持つことが出来ました。

祝福式の2日前、夫に自分の気持ちを伝えるため忙しいながらも
合間を縫ってメールにし「神様よろしくお願いします」
と思いながら送信しました。

その後、夫が帰宅して来ましたが、
メールの内容には触れず就寝してしまいました。

しかし次の日の朝、夫が起床すると
「何時に行ったらいいんだ?」と言うので、
私は「えっ?」と耳を疑いました。
夫は「先生にはいつもお世話になっているから、
行かないわけにはいかないだろう」と言うのです。

私は「霊界が働いた」と本当に驚き
「神様、御父母様ありがとうございます」と感謝しました。


こうして夫と祝福式に参加する事が出来、
夫に感謝すると共に教区長を始め周りの方々からも祝福され、
本当に感謝でいっぱいでした。

私は今回の祝福式を通して
「天運を頂くと本当に奇跡が起きるのだな。
また霊界の協助を得たのは、
ずっと前線活動を歩み霊の子が出来たことで、
私の背後の霊界がきっと、少しずつ変わってきたからだ」
と改めて前線のすばらしさを実感しました。

本当に神様は私を良くご存知であり、
私の成長に見合う課題を与えて下さりながら
見守っていて下さると感じます。

しかし私自身、堕落性がまだまだ多く、
天の願う程の歩みができず申し訳なく思う日々ではありますが、
2020年に向け、お母様が願う10倍、
100倍のスピードで歩んでいけるように
皆さんと共に頑張りたいと思います。




前線においては、天の父母様、
天地人真の父母様と90度の角度で
直結した心情で歩む中に
与えられるのだと改めて感じます。

そういう土台の中で、
ご主人が復帰され、祝福を受けることができたのは、
とても原理的だと思います。

今は、基元節4周年まで、
120日路程の期間にあります。
全食口総動員だと言われています。

言われて歩む時ではなく、
今の時と天の願いを感じて、
主体的に歩む時であるというのです。

この方のように、
天に直結した心情で歩んでいきたいと思うのです。








にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする