2022年10月20日

(夢の証し)絶体絶命の危機に主は *なぜ霊的な現象が起こるのか 《史吉子先生》 



221019-1990.04.jpg


2018年、アメリカで語られた史吉子(サ キルジャ)先生の講演、
『誰よりも神様を愛されるお父様』より
夢の証しです。


私はよく夢を見るのですが、一度はこんな夢を見ました。

3〜4人が腕を広げてやっと届くくらいの
大きな大理石の柱がある建物が現れて、
私たちはお父様(文鮮明先生)と一緒に
こちら側にいました。

ところが、向かい側にいるたくさんの怨讐たちが、
お父様に矢を打ち、槍を投げながら集中攻撃をしました。
私たちは怖くて、大声で叫んでばかりいました。

お父様は私たちととても近いところにいらっしゃるにも関わらず、
私たちはお父様がいらっしゃるところに行って
お助けすることもできず、怖くてぶるぶる震えていました。

そうすると、お父様がお一人で体をあちらこちらにかわしながら、
雨のように降り注ぐ矢と槍を避けられました。

この夢を見てから、
「私たちはお父様に何の助けにもならず、
ただついて回るのは荷物になるだけなんだ!」
と思うようになりました。


また、夢でお父様のお供をしていくのですが、
急にお父様がさっといなくなられました。
急に蒸発してしまわれたのです。

私は「ああ、先生はどこに行かれたんだろう?」
と思いつつ、まるで隠れん坊をするように、
あちらこちらを探し回りました。

そうしたら、ある時は、川が行く手を遮り、
川が行く手に立ちはだかったりしました。
このようなところを、死に物狂いで躍起になって越えました。

行けども行けども、果てしなく山と川が遮るので、
夢でもとても大変でした。

しんどくて疲れて、倒れそうになるくらいになって
あちらを見たら、遥かに遠い谷に
小さなあばら屋がぼうっと見えました。

あそこに、間違いなく先生がいらっしゃるのだろう
と思って行ってみると、
人一人がやっと入れるくらいの鳥かごのような家に、
お父様が一人で隠れていらっしゃいました。

こんな夢も見ました。
その時は、サタンがお父様をあまりにも迫害していた時でした。

このように、ご自身の生命を守るために大変な思いをして
逃げ回られる息の詰まるような夢も見ました。


お父様は子供が霊通する食口からこんな質問をうけました。

「誰でも、うちの息子のように霊通すべきですか?」
お父様は、
「いや、人間が堕落しなかったら、霊人体があることも
知らずに生きるのだ」と語ってくださいました。

霊肉が完全に一つになるためには、
それが二つだということも知らずに生きるのです。

そうすると、神様の御意が人間の霊人体にそのまま伝わるので、
神様の思いのままに行動するようになっているとのことです。

ところが、霊的な現象とか、色々なことが起きるのは、
まるで故障した機械を叩いて直すようなものだそうです。

お父様は、それを人間が神様のそばに復帰されていく
一つの過程的な現象だとおっしゃいました。


このようなことを見る時、お父様はいつでも
神様のみ旨に従うために、
常に神様の前に待機状態でいる方です。

すなわち、お父様は自己というものが全くない、
そのような状態にいらっしゃる方であることが
わかるようになりました。


180418 Belvedere 201803-04ustour.jpg
ベルベディア(2018.3〜4米ツアー)


貴重な夢の証しでした。

「人間が堕落しなかったら、
霊人体があることも知らずに生きる」
これはどんなに素晴らしい境地でしょうか。。。

それを感得される文先生は、
神様と完全一体なのだ、と思いました。

そして、韓総裁も同じ立場なので、
文先生が語られたような境地を
味わっておられるのだと思います。

私たちは故障だらけなので、
様々な現象を通して、
霊肉が一つになるための
訓練を与えられているのだと思います。

そんな思いをもって、
今日も頑張っていきたいと思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月19日

(証し)Dreams come true! 「お父様の夢を見たい」と激しく願ったら…?! 



210619.jpg


「最近お父様の夢を見てないな・・・」
そう思ったら、ふとみ言を学びはじめたころに聞いた、
先輩家庭の貴重な証しを思い出しました。

以前も紹介したことがあるのですが、
改めて、紹介させていただきます。


私が教会に献身し、ホーム生活をしながら、
み旨を歩んでいた時のことです。

ともに前線を歩んでいたメンバーは、
みんな復活して歩んでいるので、お父様の夢をよく見ていました。

しかし、なぜか、私一人だけ見ることが出来ませんでした。
「お父様の夢を見たいんです。。。」
と何度祈っても見ることが出来ませんでした。

相当悩んだあげく、アベルに相談してみました。
そして「1週間、一食断食をして寝る前に祈ってみなさい」
とアドバイスを受けました。

私はその通りに条件を立てました。
そして、迎えた7日目の夜。
「今日こそは、見れる!」と祈って、休みました。

しかし、目を覚まして、がっくりしました。
お父様は、この日も夢に現れてはくださいませんでした。。。

その日は、本当に基準を下げてしまいました。
「私は神様から愛されていないのではないか」
どれほど落ち込んだかわかりません。


ところが、すっかりあきらめていた
8日目の朝に夢を見たのです。

それがとても不思議な夢でした。

私には、幼少の頃、誰にも教えたことがない、
秘密の場所がありました。
一人ぼっちで、そこに行くのが
楽しみで仕方がありませんでした。
そして、私だけの宝物をそこに隠していました。

夢の中で、お父様が私の実家にやってきました。
手をつないで「一緒に行こう」とお父様に言われ、
お父様が私の手を引きながら、
連れて行ってくださった場所が、
何と、誰にも教えたことがなかった秘密の場所だったのです。

お父様が夢に出てくださったことに感動したのと、
また、誰にも教えたことのない場所を
お父様が知っておられたことに、親の愛を感じたのでした。


そして、数年後、祝福を受けさせていただきました。

ほんの少しの時間でしたが、
お父様と1対1の出会いがありました。
その時に、お父様はこんなことを言われたのです。

「先生と秘密の場所に行った夢を見たでしょう?」

お父様は、私のことをすべてご存知なんだ。。。
本当に感動しました。

(文責:ten1ko2)



この証しは、映像に残るような、
とても印象的な証しでした。
最後に次のように語られていたことを
ハッキリと覚えています。。。

「お父様の夢を見ても、見なかったとしても、
そんなことは問題ありません。
なぜかというなら、お父様は
私のすべてを知っておられるからです」

夢を見るとかが問題ではなく、
私の一挙手一投足、負債なく歩んでいるか、
そのことが問題なんだ、
と、その時は、神様からの
回答を与えられた気がしたのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 07:54 | Comment(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

(夢の証し)教会をお休みしたいと思ったときに、お父様が…!



180503.jpg


先日、久しぶりに清平に行かせていただきました。
清平というのは、いろんな出会いがあるものです。

行きのバスで隣に座った方が、
777双の大先輩でした。

多くの時間をともに過ごさせていただき、
とても大きな恵みを受けました。

先生のお話の中から、お父様の夢の証しをまず
紹介したいと思います。


ある責任者をしていた時のことです。
なかなか思うようにいかず、信仰の限界を感じていました。

この道を離れるつもりは一切ありませんでしたが、
最前線ではなく、一歩引いて、
ちょっと休もうかな、
そんなことを思っていたのです。

実際、ある集会で、お父様は、
「できない奴は引き下がれ」
そんなことを言われていたこともありましたので、
自分は引き下がるべきかな、と思っていました。

そんなある日のこと。
お父様の夢を見たんです。

お父様がある場所に来られるということで、
お父様にお会いしようと、その場所に
たくさんの食口たちが集まりました。

その広場は、三重、四重の列で超満員になりました。
私もその場所には行ったのですが、
「やっぱり自分はここにいる資格がない」
そう思って、人垣の隙間からお父様の来られるのを見ていました。

そして、お父様が来られました。
みんな歓声をあげて、お父様を歓迎しました。

ところがお父様は列にいる食口たちには見向きもせず、
その列をかきわけて、あるところに来たのです。

どこだと思いますか?
そうです。
私が隠れていた目の前です。

そして、隠れてお父様を見ていた私の目と、
お父様の目が合ってしまったのです。
そのときとっさに私はお父様の目を通して
「お前は何をいじけているのだ」という
――厳しくはなく何もかも知っているというやさしい目付きでしたが――
はっきりとしたメッセージを受け取りました。

そして、目が覚めました。
私は観念して思いました。
「お父様の前に帰ろう」




昨日紹介したみ言でも、真のお母様が
夢の証しを紹介しておられましたが、
やはり、意味のある夢、というものはあると思います。

先生の証しを聞きながら、
「放蕩息子」の聖句を思い出しました。

神様は足りない私をご存知ではあるけれど、
それでも願うものがあり、
もちろん、実績を願うけれど、
それは、愛の関係が大前提であり、
どのような立場であったとしても、
愛し、信じてくださっているのだ。。。
そのことを感じさせていただきました。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:55 | Comment(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする