2018年05月03日

(夢の証し)教会をお休みしたいと思ったときに、お父様が…!



180503.jpg


先日、久しぶりに清平に行かせていただきました。
清平というのは、いろんな出会いがあるものです。

行きのバスで隣に座った方が、
777双の大先輩でした。

多くの時間をともに過ごさせていただき、
とても大きな恵みを受けました。

先生のお話の中から、お父様の夢の証しをまず
紹介したいと思います。


ある責任者をしていた時のことです。
なかなか思うようにいかず、信仰の限界を感じていました。

この道を離れるつもりは一切ありませんでしたが、
最前線ではなく、一歩引いて、
ちょっと休もうかな、
そんなことを思っていたのです。

実際、ある集会で、お父様は、
「できない奴は引き下がれ」
そんなことを言われていたこともありましたので、
自分は引き下がるべきかな、と思っていました。

そんなある日のこと。
お父様の夢を見たんです。

お父様がある場所に来られるということで、
お父様にお会いしようと、その場所に
たくさんの食口たちが集まりました。

その広場は、三重、四重の列で超満員になりました。
私もその場所には行ったのですが、
「やっぱり自分はここにいる資格がない」
そう思って、人垣の隙間からお父様の来られるのを見ていました。

そして、お父様が来られました。
みんな歓声をあげて、お父様を歓迎しました。

ところがお父様は列にいる食口たちには見向きもせず、
その列をかきわけて、あるところに来たのです。

どこだと思いますか?
そうです。
私が隠れていた目の前です。

そして、隠れてお父様を見ていた私の目と、
お父様の目が合ってしまったのです。
そのときとっさに私はお父様の目を通して
「お前は何をいじけているのだ」という
――厳しくはなく何もかも知っているというやさしい目付きでしたが――
はっきりとしたメッセージを受け取りました。

そして、目が覚めました。
私は観念して思いました。
「お父様の前に帰ろう」




昨日紹介したみ言でも、真のお母様が
夢の証しを紹介しておられましたが、
やはり、意味のある夢、というものはあると思います。

先生の証しを聞きながら、
「放蕩息子」の聖句を思い出しました。

神様は足りない私をご存知ではあるけれど、
それでも願うものがあり、
もちろん、実績を願うけれど、
それは、愛の関係が大前提であり、
どのような立場であったとしても、
愛し、信じてくださっているのだ。。。
そのことを感じさせていただきました。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:55 | Comment(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

真のお父様が、私たちの教会に訪ねて来てくださった!? ≪夢の証し≫



29moon_web_2246_s878x624.jpg


今朝がた、久しぶりに
真のお父様の夢を見ました。


お父様は、私たちの松戸家庭教会に訪ねて来てくださいました。

松戸家庭教会の礼拝堂はさほど大きくはないのですが、
夢の中では、実際よりも少し大きい感じでした。
そこに立錐(りっすい)の余地もないほどに、
松戸の食口たちで埋まっていました。

お父様は、50代の若き、堂々とした印象でした。

霊界では、90代のお父様ではなく、
40代か50代くらいの血気盛んな、お父様である。。。
そんなことを聞いたことがありますが、
まさにそのような姿なのだと感じました。

そして、お父様は、礼拝堂に入ってこられ、
中にある、展示物を丹念に見られ、
私たちに笑顔で挨拶してくださいました。

さぁ、これから、お父様のみ言。。。
という時に、目が覚めました(笑)



お父様が何を語ってくださるかな。。。
夢の中で楽しみに待っていたのですが、
夢というのは、自分の都合のいいようにはいかないものですね。

ただ、なんとなく、布石というか、
お父様が夢に現れてくださるかな。。。
そんな出来事がいくつかありました。


まずは、昨夜の夕食のときに娘が、「明晰夢」って知ってる?
と話してきたのです。

「明晰夢」とはこういうものです。

※睡眠中にみる夢のうち、
自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。
明晰夢の経験者はしばしば、
夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。
(wikipediaより)


先日記事にあげた、大先輩のお父様の夢の証しを話すと、
「へぇ、お父様ってわかるの?!」と
娘は、感心はしたものの、深い話には発展しませんでした。

しかし、「空を飛ぶ夢もしばらく見ていないけど
気持ちいいんだよね」と
「夢」に関しての話で盛り上がってしまったのでした(笑)


そして、もう一つ。
先日の礼拝の時、教会長の説教の中で、
こんな話をしてくださいました。

「今年、お母様は四回日本を訪ねてくださいました。
その時、お父様もともにおられたでしょうか。
それともおられなかったでしょうか。
お父様は日本に来てくださいました。

そして、お父様は縦横無尽に飛び回られますから、
この松戸教会に来られたでしょうか。
そして、私たちの家に来られたでしょうか。
それとも来られなかったでしょうか。
そうです、訪ねてきてくださったのです」

お父様をあんまり意識しなくて、
申し訳なかったな。。。
そんな心を持って休んだら、
何と、お父様が教会に来られたのでした。


今朝の夢は、お父様のみ言を聞けなかったことが、
とても残念ではあったのですが、
嬉しいことがひとつありました。

その場に長男が参加していたことです。

長男は日頃アルバイトで忙しく、
青年部の礼拝にも来ていないような状況であり、
特別なイベントくらいにしか来ないので、
何とかしてあげないとな、そう思っていたのです。

お父様が来られた時に、共に参加していたので、
夢の中で、とても嬉しく思ったのでした。


お父様は、私の教会に、
そして、私の家庭に訪ねてくださいました。
それは、親の心から訪ねてくださるのです。

だからこそ、私たちも、真の親にお会いしたい。。。
そんな心情を持って、
日々の歩みをしていきたいと改めて思ったのでした。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:21 | Comment(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

松戸家庭教会の救国救世の霊的スポットはここだ! 《娘の夢の証し》



2008_06_23_21_2005_09_06_9_TP07235_m.jpg


あっという間に8月も半ば。
霊界におられる真のお父様の聖和5周年まで、
20日あまりとなりました。

お母様はお父様の聖和式のために
精誠を捧げられながら、
準備をしておられると思います。。。

また、日本では多くの人たちが先祖に侍るお盆の時期でもあります。
霊界は切実に私たちに働きかけていると思うのですが、
先日、娘がとても強烈な夢を見ました。
妻が夢解きしてあげると、喜んで
詳細な内容を話してくれたといいます。


まるで大きな災害の後のように、街に助けを求める人があふれていました。
そこは松戸の駅頭、いつも松戸家庭教会のメンバーが
路傍伝道をする場所でした。

そこは現実の普段の駅前とは全然違って、
暗く薄気味悪い雰囲気に満ちていました。

ある人たちは、過去の罪が記されたものがあって、
悪い思想に侵されてしまった記録が残っているので、
この世の人ではない霊人のおばあさんが、
「この人を助けてください、助けてください」と
言っていました。

そして、松戸教会の婦人が、道行く人に
パンを配っていました。
私(娘)も食べました。

お父さんや弟、松戸教会や同じ教区の食口がその場に集まっていました。

そして、さっき助けを求めていた人たちも、
これでみんな助かったんだと思って、ホッとしました。



松戸教会で伝道をする駅頭の場所は、
教会員たちが、霊的なスポットのように感じていて、
伝道しているときには、神様が共にいて働く
「聖地」と呼ぶ場所です。

目には見えませんが、神様は、空から見るように
その場を見守ってくださり、
救おうと働きかけておられるはずです。

娘が見た夢は、ある意味松戸駅前のそのままの状況を、
霊的に見たものともいえるかもしれません。

多くの罪を持った人たちが、まるで災害時のような悲惨な状況の中にいて、
その人たちの先祖は、後孫と自分を救ってほしいと
必死に訴えている。

それが、実際に霊的に見たとしたら、その通りの
日本や世界の現実だと思うのです。


娘が夢を見た翌日、お母様が
昨日記事にあげた米国の帰国勝利報告大会をされましたが、
私たちの教会は路傍伝道の日だったので、
大会の中継を見るのもいいが、具体的に神様の喜ぶ活動をしようと
松戸駅頭でいつものように活動をしました。

神様、霊界の真のお父様が喜ばれたのか、
その日は霊界が今までと変わったように、
素晴らしい人たちとの出会いがありました。

うちの教会の婦人たちは、
神のパンならぬみ言を伝えようと、
多くの人に声を掛けていました。

娘が夢で見た「パン」は、人を生かすもので、
霊的に人を生かす「み言」、
私たちを新たに生みかえてくださる「真の父母」と
「祝福」を表すのだと話すと、
娘はへーっと言っていました。

家庭連合のブランド、真の父母とみ言と祝福、
これを伝えていくこと、
それが救国救世にもなり、
私と私たちの家庭をも生かすことにもつながり、
霊界も共に喜び共に歩むに違いないと
つくづく感じたのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:18 | Comment(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする