2015年04月05日

父母様の胸に打ち込まれた釘…! 世界本部長のメッセージ(2)



10647075_872396462821503_6353691901669782073_n.jpg


私の両腕と両足の小さな釘は
信じていない者が打ったが、
私の胸の内にある大釘は
信じる者たちが打った




金マノ世界本部長のメッセージ
後半部分を紹介します。
(途中の部分は掲載していません。
あらかじめご了承ください)



尊敬する指導者の皆様、真のお父様は私たちに幾度となく
教えては強調されていたことは何でしたでしょうか?
絶対信仰、絶対愛、絶対服従でした。
真のお父様は、神様の属性を語られる時、
絶対・唯一・不変・永遠の神様であると教えられました。
この「絶対」を、私たちがどのように探し立てるかが
非常に重要だと思います。

私たちの指導者たちが「絶対」を見つけられずにさ迷うようなことになれば、
指導者に従うメンバーや食口はどうなるでしょうか?
私たちが方向や座標を誤って見て、間違った道を行くとすれば、
彼らの魂と生命はどうなるでしょうか?
だから私たちは常に変わらない大空の北極星のように、
正確な座標と方向を提示し、場を設定してあげなければなりません。
かつて北極星の位置が変わったことがありましたか?
今日ここにいらっしゃる指導者が、北極星のような場所で
きらびやかに光を放つとき、私たちに従う食口とメンバーは混乱したりはしません。
どこが中心であるかを知り絶対的に団結する、
そのような信仰を見せなければならない時になりました。

皆様全員が黄金の羅針盤にならねばなりません。
羅針盤は暗いところでも、水の中でも、
24時間北極と南極を正確に示しています。
皆様の足跡に続いて食口たちはついて行くしかないのです。
皆様が北極星となり黄金の羅針盤となって、
苦しんでいる食口、失望に陥っている食口、
傷ついた食口の魂を治せるように信頼を回復し、
方向性を提示できなければなりません。
そのような私たちになれればと思います。


最後に、真の父母様の心情を申し上げたいと思います。
私は真のお父様の聖和の前に夢を見ました。
イエス様がいばらの冠をかぶって出て来られて
「私の両腕と両足の小さな釘は信じていない者が打ったが、
私の胸の内にある大釘は信じる者たちが打った」
と言われました。

真のお父様が病院におられたときのことが思い出されました。
真のお父様の両腕と両足に打った小さな釘は
世の中の人々が打ったものですが、
胸の内に打ち込んだ釘は皆様と私が、
私たち祝福家庭が打ち込んだのかもしれません。
これからは真の父母様のわだかまった胸に刺さった大釘を、
その恨を、私たちが抜いてさしあげなければなりません。


真のお母様は今でも夜も眠れずにおられます。
私たちの前では超然とし笑顔を造って堂々としておられますが、
重い摂理の十字架を一人で耐え背負われ、
睡眠薬をお召しになりながら眠りに就かねばならない。
それにもかかわらず、午前2〜3時に目覚められては
神様の復帰摂理を気にされて、
子女である私たちを心配して枕を涙で濡らしておられるという事実を、
皆様には覚えていてほしいのです。

成長した子女となって、尊敬される指導者となって、
真の父母様に侍り、目の前に迫ってきている
ビジョン2020を達成していければと思います。
暁に希望の光が明ける前には漆黒のような闇があります。
嵐が吹き付けてこそ、きらびやかな虹がでるように、
ビジョン2020のきらびやかなピラミッドを達成するために、
今日の試練と苦痛を感謝して耐えていってほしいと思います。

統一家の未来は、神様復帰摂理の完成は、
私たちにかかっているという使命と自負心を持ち、
今日あった指導者たちの発表やフォーラムやセミナーを通して、
私達が行くべき道を尋ねて見つける1泊2日の
「2015天一国指導者総会」となることを切に願いながら、報告を終わります。
ありがとうございました。



金マノ本部長の夢の証し
その夢を通して、感じられた内容は本当に衝撃的です。
父母様に打ち込まれた胸の釘・・・
私たちが一刻も早く抜いて差し上げないといけない。。。
何か考えるだけで胸の痛い思いになります。

また、このような夢を見られた本部長ご自身は
どれだけ父母様の恨を解放してさしあげたい・・・
そんな心情を持って歩まれていることでしょうか。
そういう心情の持ち主だからこそ、
お母様が世界本部長の位置に立てておられるのだと感じます。

また、真のお母様が夜眠ることができずに
薬を飲んで休まざるを得ない状況も知りました。
今、世界本部が天正宮にありますから、
真のお母様の内外の状況も一番よくご存知なのだと思います。

そして、善進様はじめ世界本部のスタッフの皆様は、
一致団結して、真の父母様をお支えしようと
必死に歩んでおられるに違いありません。
私も、そんな父母様に孝行の心情を持って、歩んでいきたいです。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

黄煥ァ先生、入教2日目、3日目の夢の証し!!!



1888711_374099329407138_7448610416216549252_n.jpg


先日、黄煥ァ先生の証しを書きましたが、
いろいろ調べてみると、他の証しも見つけることが出来ました。
韓国ではほとんど証しされたことがないそうで、
日本の光言社が出版されていた「ファミリー」に掲載されているものです。

先生が、み言を聞いて、二日目の内容からです。


二日目の講義を聞いて、家に帰って寝た時、夢を見ました。
その夢は、故郷から白い封筒の手紙が三通来たという、単純な夢でした。
しかし、朝起きてみる と、その夢がありありと記憶に残っているのです。
夢の場合、朝起きて、はっきりしないものもあり、
忘れて思い出せないのもあります。
また、はっきりと記憶に残っている夢もあります。
私の見た夢は非常に単純な夢でしたが、記憶が鮮やかに残っていました。

それで、どうしても故郷から手紙が来たような気がして、
早朝でしたが学校に飛んで行きました。
状差しを見ると、自分あての手紙はないのです。
いや、おかしい。
必ず来ている気がするのです。

講義室は二階にありました。
それで、階段を駆け上がって、誰かが来ているかもしれないのに、
「私の手紙を出せ!」と叫びながら、講義室の戸を開けました。

すると、ある人が早朝にもかかわらず、
「おまえの手紙があったから、私が取ってきたよ」と言って、
手紙を私に渡してくれるのです。
見ると、やはり白い封筒の手紙でした。
それを開けてみると、三人の人からの手紙が一通の封筒の中に入っていました。
夢と現実が合ったのです。
“これは面白い”と思いました。

それまで、夢と現実とは反対だったのです。
いい夢を見ると、よくないことが起こるとか、
悪夢を見たけれども現実はとてもよかったとかいうように、
いつも夢と現実とは反対だったのです。

それが夢と現実がピッタリ合ったのです。
“いやぁ、こういうこともあるのか”ということで、
不思議に思いながら一日勉強し、アルバイトをして、
夕方また教会に行き三日目の講義を聞きました。
そして、また家に帰って子供に勉強を教えて、
何気なく床に就いたのです。
夢を見るとか、そんなことは全然気にかけないで、
簡単にお祈りをしてそのまま寝たのです。

そうすると、その三日目に見た夢は、本当に素晴らしい夢でした。
私は白いガウンを着ていました。
礼服です。
礼服を着て、大きなホールの中に入るのです。
ホールの全体がまっ白でした。
天井も白、壁も白、床も白、そこにバンケット用の円卓がいっぱいあるのです。
白いテーブルカバーが掛けてあって、男女がいっぱいいました。
顔は誰か見分けがつかないけれども、
男女共にみな礼服を着て参加しているのです。

私もいつ準備したのか分からないのですが、
ちゃんと同じ礼服を着てホールの中に入り、中ほどで足が止まりました。
すると、霊感ではなく、はっきりした声で
「おまえは今、再臨の主と共に宴会の場に参席している」と、聞こえてきました。

これは素晴らしい内容です。
クリスチャンとしては再臨の主に会えることは、栄光中の栄光です。
最高の願いなのです。
“しっかり信仰しても、雲に乗って来られる
再臨の主に会えなければ救われない”と思って、
既成教会の人々は信仰生活を送っているのです。
再臨の主に会える夢を見たのですから、
素晴らしい夢の内容であったのです。

朝起きてみても、やはりはっきりと、いや、今もはっきりと覚えています。
それで、二日目に見た手紙の夢、
三日目の再臨の主と共に宴会に参席したという夢もとても素晴らしいので、
何を意味するのだろうと思って、その日教会に行って劉先生に尋ねてみました。

すると、夢の解釈をしてくださるのです。
「初めの夢は導きの夢で、それまで夢と現実とは反対だったけれども、
その夢と現実とがピッタリ合ったように、
これからあなたが夢で見る内容が
現実と一致するということを象徴的に教えたわけです。
だからこの夢は洗礼ヨハネ的な夢であると解釈するのです。
次に再臨の主に会えた夢こそ、最高の夢です。
素晴らしい夢をみましたね。
あなたはみ言とみ旨の道を行けば、きっと再臨の主に会えますよ」

ところが、文先生が再臨の主だということは言わないのです。
また、私も再臨の主だとまでは悟ることができなかったのです。
若くみすぼらしい身なりをした青年が、
この素晴らしい原理を解き明かした先生であり、
それを講義した劉先生はいくらきちんとした身なりをしていても弟子である、
ということは分かったのですが、
先生を再臨の主とまでは思わなかったのです。

それからずっとみ旨に従ってきているわけですが、
再臨の主に会った夢を三日目に私は見たのです。

これが、私が入教した時の話です。



教会に来たときには、不思議な夢を見る、
そんなことを以前にも書いたことがあったと思いますが、
黄先生も特別な夢をみておられたのですね。

昔は、お父様を「再臨主」と証しすることが出来ない時代でした。
だからこそ、霊的な証しも続出していたのかも知れません。

今は、堂々と真のお父様を
「人類の真の父であり、再臨主です」
そのように証しすることが出来る時代です。
駅前で堂々と宣布できる時代なのです。
そんなときに生きていることに感謝しつつ、
「今、叫ばずして、いつ叫ぶのか!」
本心の叫びを先立てながら、
これからも真の父母様を証ししていきたいと思います。


※真のお父様はドミニカ共和国において、36家庭の黄煥ァ(ファン・ファンチェ)会長(74歳)の昇華を知られ、
「2005年12月19日 後6時 祝超統一復活圏協助使 黄煥ァを 為天総官へ 文鮮明」と揮毫された)



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

徳野会長が伝道で大復興?! 今は真の父母を証し、統一教会を証す時!! 〈夢の証し・伝道の証し〉



77_USA-1024x811.jpg


お父様の夢をたくさん見ておられる
先輩の証しなど、3日連続で夢の証しを書きました。

そうしたら、夜中に夢を見ました!
ただ、お父様の夢ではなく、徳野会長の夢でした。
お父様ではありませんでしたが、
日本の中心的立場の方の夢ですから、
『お父様の代身』
そういう意味では、お父様の夢を見た
ということにもなるのかも知れませんが・・・


徳野会長が、私たちの教会に来られました!
私たちが伝道する場に来られ、そして
新しく来られた方に
教会の紹介をしておられました。
若い男性、学生さんだったと思います。

それで、徳野会長が私に向かって言いました。
『いやぁ〜、復活した(嬉しい)!』
とても喜んでおられる雰囲気でした。




そのあとに2回くらい場面が変わるのですが、
すいません、忘れてしまいました・・・

個人的に感じるのは、
今は、そういう時代なのかな、ということです。

さて、先日の伝道研修会において、
本部の篠崎伝道部長がご自身の証しをしておられました。


今は、統一教会を堂々と証しする時です。
でも、みなさん、初対面で会った人にいきなり、
「はじめまして。
私は統一教会の人間なんです」
そのように言ったらどうでしょう。
「えっ!」
とびっくりされて、そのまま
「はい、さようなら」
そういう風に言われるのが関の山なのではないでしょうか。

先日、講義をするために
ある場所に飛行機で移動しました。
隣に座った女性と
ちょっとしたことがきっかけとなり、
会話が弾みました。

その方が別れ際に
「ところでどんなお仕事をされているのですか?」
そのように聞かれるので、
待ってました、とばかり
「実は、統一教会の伝道部長なんです!」
そう言って、名刺を渡しました。

彼女はびっくりした様子ではありました。
でも、その後に真のお父様の自叙伝を渡したら
しっかりと受け取ってくださいました。

その後、連絡を取ったら、ちゃんと自叙伝も読まれて、
交流を続けています。



篠崎部長は、
「公職はいつか終わりが来る。
でも、氏族メシヤは永遠の課題です」
そう言われていました。
まさにそうなのだと思います。

篠崎部長は、ご自身が教会に伝道された時の
証しもしてくださいました。


篠崎部長の霊の親(紹介者)は、
篠崎部長を導く前に
2年間、何の実績もありませんでした。

それで、つけられたニックネームが
「ただ飯食い」でした。
どれだけ、屈辱的な自己否定の立場だったでしょうか。

その方はある条件を立てます。
ともに歩んだ女性が
「○○さん、夜休んでいますか?」
そのように聞くくらい、
夜遅く、というか、朝まで、
事務所の電気がついていて、そこに彼がいたそうです。
その方は、何も答えませんでした。

その期間、40日。
実は、彼は40日間
「背中をつけて寝ない」
という条件を立てていたのでした。
ですから、横になって休まず、
椅子に座って寝ていたのです。

その期間に篠崎部長という
素晴らしい方を導きました。

さらには、実はもう一人
篠崎部長の霊の弟を伝道したそうです。

すなわち、2年間何の実績もなかった人が
40日間の条件期間中に
2名の霊の子を立てたということです。



徳野会長の夢をきっかけとして、
思いつくままに書いてみましたが
今は、堂々と統一教会を証しするときであり、
また、ただ証しするだけでなく、
やはり長子権復帰が必要であり、
そのための精誠条件も必要である、
そのことを願われているのだと感じます。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/whoxs74ru6cg

posted by ten1ko2 at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする