2014年11月27日

(証し)Dreams come true! 「お父様の夢を見たい」と激しく願ったら…?! 



998954_615208815232327_962294005_n.jpg


『いい夢を見させてください!』
そう思って眠りにつかれる方も多いかと思います。

実は、昨日、私もそんな思いをもって休みましたが、
気がついたら朝でした(笑)

私のような方もおられると思いますし、
普段、忙しくて、休む時間もなく、
『夢の中でも仕事をしていた』という方もおられるかもしれませんね。

私たちにとって『一番嬉しい夢』
それは、やはり真の父母様の夢です。

もう30年近く前になるでしょうか。
み言に出会い、新生トレーニングに参加していた時に、
6000双祝福家庭の先輩から聞いた
真のお父様の夢の証しです。
ずいぶん昔のことなので、うろ覚えですが、
思い出しながら、お伝えしたいと思います。


私が教会に入教し、共同生活をしながら、み旨を歩んでいた時のこと。
みんな復活して歩んでいるので、お父様の夢をよく見ていました。
その夢の証を聞けば羨ましくて仕方がありません。

しかし、なぜか私だけ見ることが出来ませんでした。
見たいみたいと何度祈っても見ることが出来なかったので、
相当悩んだあげく、責任者に相談してみました。

そうすると、責任者から、次のように言われました。
「1週間、一食断食をして寝る前に祈ってみなさい」
私はその通りに条件を立てました。

「アベルに言われたんだから、必ず見れる」
そんな楽しみな思いを持って1週間過ごしました。

そして、迎えた7日目の夜。
「今日こそは、見れる!」と祈って、休みました。

そして、次の日の朝、
目を覚ました時に、がっくりきました。
そうです。
夢を見ることが出来なかったのです。。。

その日は、一日中基準を下げました。
「自分は神様から愛されていないのではないか」
というほど、落ち込んだのでした。

ところがあきらめていた次の日、
すなわち、8日目にお父様の夢を見たのです!

それがとても不思議な夢でした。

私は幼少の頃、だれも教えたことがない、
秘密の場所をもっていました。
そして、自分の大事な宝物をそこに隠していました。

お父様は私の実家にやってこられました。
そして、私の手をつないでくださいました。
「一緒に行こう」とお父様に引かれながら行く場所が、
皆さん、どこだったと思いますか?
誰にも教えたことがなかった秘密の場所だったのです。

数年後、私は祝福を受けさせていただいたのですが、
その時に、お父様と1対1の出会いがありました。
お父様は「先生と秘密の場所に行った夢を見たでしょう?」
と話されたのです。

お父様は、「私のことをすべてご存知なんだ!」
本当に感動しました。



その先輩は、証しの最後で
「お父様の夢を見ても、見なかったとしても、そんなことは問題ありません。
なぜかというなら、お父様は私のすべてを知っておられるからです」
と話されたことも覚えています。

詳しいことはわかりませんが、
一宗教団体の教祖の夢をこれだけ見るというのは、
統一教会くらいしかないのではないでしょうか。。。

一度もお父様に会ったことがない人も、
夢でならお父様に会う機会も、今後も全ての人に等しくある
ということにもなります。
今夜も、どこかの愛する兄弟姉妹の下に
必ずお父様が夢に現れることでしょう。

諦めない人は、夢を必ず叶えることができます。

そして、夢を見ても見なくても
「お父様は私のすべてを知っておられる」
そんな心情をもって、今日も歩んでいきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 10:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

(夢の証し) 日本の中心で真の愛を叫ぶ?!  



10411146_10152845247744182_1498915478904809034_n.jpg


「総会長は、夜休んでも、30分眠れないのです。
30分たつと、目が覚めて、歩き回る。
そのような日々が続いています」


先日ご紹介した李海玉サモニムの証しの際、
宋龍天総会長についてお話されたと聞きました。

30分も続けて眠られることのない総会長。
日本に責任を持つ立場として、
心配なことが多く、眠っていられないというのです。

それを聞いて、総会長のことを是非このブログに書きたい、
そう思っていたら、昨夜、夜中に夢を見ました。


日本の中心(天皇とか、首相のような立場の人)が
車で移動する、ということで、なぜか私は
ダミーが乗っている車のドライバーでした。

そして、最初に秘かに「一般の車」に乗ったのが、
日本の中心であり、それが天皇陛下とか安倍首相でなく、
まさしく日本の中心、宋龍天総会長だったのです。

そのあとにダミーの乗る車がまさしく
メインの車のような立場で、出発しました。
私が運転手だったわけですが、
要人が乗っている車だということで、
反対する人たちが狙って攻撃してきました。
銃弾が打ち込まれる中をすり抜けて、
目的地まで必死に運転していくのです。
私たちを守る人たちが対抗し、敵に発砲して、
まさに銃撃戦の中を突き進んでいくのです。

そして、今度は、電車で異動することになりました。
また、私はダミーを連れているので、
その電車にも敵が攻撃をしてきます。
攻撃を受けているのですが、
なぜか守られていました。
そして、本部広報局の人が同伴して、
実況でニュースを伝えていました。

そこで、場面が変わり、今度は大豪邸で
葬儀のようなところに行きました。
あまりにも立派であり、私の身分のようなものが
来るべきところではないのに、なぜか招待されていました。

中に入ると、葬儀ではなく、
就任式のような雰囲気。。。
私は、その場に参加することになりました。
しかも、なぜかラジオのアナウンサーになることに!

午餐会で昼食をとってからアナウンスをする立場なので、
その前に、席に座ることになるのですが、
何か、周りには食口の中でも有名人ばかり。。。
それで、美味しそうな食事が用意されて、
食べ始める前に、目が覚めました(笑)。



日本の中心として立っておられる総会長。
これはどれほどの立場だろうか・・・
そう思いながら、深刻に歩んでおられる総会長を
どう証ししようかと思っていた時、そんな夢を見たのです。

日本、母の国で責任をもたれるというのは、
どれほどの重荷でしょうか。。。

さらには、人類の先頭に立つ真のお母様も、
どれほど心配が多いことでしょうか。

そして、夢から覚めて思ったのは、
もっともっと広報をし、ご父母様を、教会を
み言を、祝福を、証ししていかなければならない、ということです。

私がこうやってブログで発信していくことにより、
総会長をお守りし、ご父母様をお守りし、
日本、世界を導くことに、わずかながらでも繋がるのではないか、
そのようなささやかな自負の念を感じたのです。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

お父様も来られる?! 本日、青年大会in幕張メッセ! 



20140813-SJN-speaks-1024x622-600x364.jpg


今日は青年大会です。
真の御子女様である文善進様をお迎えします。

教会長は、礼拝のみ言で
「この大会には、霊的には、真のお父様が来られます。
そして、孝進様・興進様も来られるのです」
そのように語られました。

昔、今から20年近く前に、同じ幕張メッセで
学生大会がありました。
そのときに、来られたのが、孝進様でした。
すでに大学は卒業していましたが、
参加させていただいたことを鮮明に覚えています。

そんなことを思いながら休んだのですが、
実は、真のお父様の夢を見たのでした。



真の御父母様がおられるハワイにツアーで参加させていただきました。
そして、なんと、真のお父様と一緒にテニスをしているのです。
70歳くらいの真のお父様でした。
「こんな私が一緒にやってもいいのかな」
そんな思いを持っていたのですが、内心、
「親子だから、いいんだ」と思いながら、一緒にテニスをしたのでした。
私もテニス部出身ではありませんが、若いころ、
テニスを少しやったことがあります。
でも70歳のお父様はとても上手でした。
ラリーを何度も続けて、結局は私が負けるのでした。
そこを真のお母様もご覧になっていらっしゃいました。

そして、テニスをしながら、お父様は私に語りかけてくださいました。

「日本人というのは、霊界を知らないんだね。
霊界はあるんだよ。
霊界を知らないといけない」


そのあとにも、ほかのことを言われていたのですが、
すいません、忘れてしまいました。。。。

お父様のみ言を聞きながら、なぜか
「これは夢ではないけれど、この場面はビデオ撮影されているから、
み言を覚えていなくても、あとで見ればいいや。
でも、お父様とテニスをしている、
この瞬間を忘れてはいけないな」
そんなことを思っていたら、目が覚めました(笑)。




真のお父様の夢を見て、確信しました。
みなさん、本当にお父様は、今日、来られます。

朝起きて、忘れてはいけないと思い、
そのことを書こうと思って、
パソコンを立ち上げたのですが、
なぜか、インターネットがつながりません。

どうしたものか、いろいろ調べたら、
ルーターの電源がついていないことに気がつきました。
実は、夜中に、蚊に刺されて目が覚め、
ベープマットをつけるために、
ルーターのコンセントを抜いて、
電源を差し込んだのでした(笑)。

そのことを通して、
霊的アンテナのことを考えました。
お父様のことを思い、
霊的に神経が鋭敏になったら、
本当にお父様を実感できるに違いありません。
電源を神様に差し込んだら、
お父様を感じられるのです。

今日は、ちょうど以下のみ言を訓読しました。
お父様と出会えることを意識しながら、
霊的に備えたいと思います。



摂理的恩恵により、生きていらっしゃる神様が
私たちのすぐ近くに来ていらっしゃいます。
今からは人類がかつて経験してみることができなかった
霊的な経験、すなわち超越の世界と
交流を多くするようになるでしょう。
頻繁に起きる霊的役事によって人類は
直接・間接的に大きな影響を受けるようになるでしょう。

特に神様と善霊の役事による感化を経験した人間は、
神様を中心として霊性の啓発とともに
決定的な人格変化を起こすようになるでしょう。
このように、天道にふさわしい人格に変わった人が、
すなわち神様が願われた真の人です。


(平和経・第二編 神様の祖国と平和王国 より)




Global Youth Festival 2014 公式ソング
「WING 〜 新しい風を起こそう!〜」


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の証し ご父母様の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする