2021年09月24日

(証し)生涯で一度だけ、霊的にビンビンに冴えた体験 6000双マッチング



210924-6000-1982.1007.jpg


6000双祝福のマッチングにまつわる証し、
「霊的に鈍い私が人生で初めて敏感になった日」を紹介します。
(光言社編集ブログより)


10月14日は6000双の祝福記念日です。
今年で39周年となります。

私が韓国・水澤里(当時)のマッチング会場に到着したのは
1982年10月7日の夕刻。
日本の各地から祝福候補者が続々と集まっているときでした。

部屋に荷物を置いて一息ついていると、
「お父様が来られました」というアナウンスが聞こえてきました。

あわてて中庭に走っていくと、アボジロード(真のお父様がお通りになる道)を
挟んで両側に敷かれたシートに、
男性と女性に分かれた祝福候補者がすでにびっしり座っていました。

遅れを取った私は、アボジロードを
遠くに見ながら後方に座りました。

すると、「いつマッチングが始まるか分かりません。
恐らく夜中まで続くと思います。
冷えますから、何か羽織る物があったほうが
いいですよ」というスタッフの声。

女性たちの多くが一斉に部屋に戻っていく中、
私は動きませんでした。
なぜか「寒くなる前に決まる」と思ったのです。
もちろん何の根拠もないのですが、
不思議なくらいにそう確信したのです。

私の前がスッカスカになったので、前方に詰めていったら、
いつの間にかアボジロードの近く、
3〜4列目あたりに移動していました。


やがてお父様が会場に来られました。
私にとっては初めてのお父様との出会いでした。

お父様は終始、上機嫌で、
日本語でみ言を語ってくださいました。

お父様「日本人はアリみたいに腰が曲がるまで
    働くんだね。だから、アリが?」

私たち「とう!」

お父様「十匹!」

うろ覚えですが、こんなしょうもない(ごめんなさい)
ダジャレが炸裂し、そのつど会場は爆笑に包まれました。

 
いよいよマッチングが始まる段になると、
首にスカーフを巻いた数十人の男女がぞろぞろと入場してきました。
そして男女に分かれて最前列に座ったのです。

事情があって、マッチングが決まったら
すぐに日本に取って返し、14日の祝福式までに戻ってくるという、
何とも慌ただしい人たちでした。

お父様がその中の一人の男性のスカーフを引っ張って、
「何だ、この風呂敷は」とおっしゃると、会場がどっと沸きました。

マッチングは、この“風呂敷群団”優先で始まりました。
お父様は男性を先に立たせて、その相手の女性を選んでいかれました。

 
50分ほどたった頃でしょうか、まだ“風呂敷群団”の
男性のマッチングが続いていたとき、
お父様がちらっと私のいるほうに視線を走らせました。

私と言うより、私の少し後ろの上あたりだったのですが、
キターッと思いました。
分かっちゃったんです、次は私だと──。

それで私は、まだ指されてもいないのに、
図々しくも、すぐに立てるように
靴とバッグを抱え、腰を浮かせて待ちました。

すぐに一人の男性が立たされ、
続けて指されたのは、やはり私でした。

アボジロードに出ていくとき、何か夢の中のような、
ふわふわした足取りだったことを覚えています。

お父様は、並んだ私たちを確認するように
ごらんになると、次のマッチングに向かわれました。
あっという間のことでした。

こうして、予想どおり、夜が更けて
冷え込む前に相手が決まったのです。

恐らく神様は、私と“風呂敷群団”の一人を
マッチングするために、私をあらかじめ
前のほうに座らせてくださったのだと思います。


さて、自慢ではありませんが、私は霊的に鈍感です。

その例としてふさわしいかどうかは分かりませんが、
清平で善霊や天使を見たことはありませんし、
それどころか、恥ずかしながら、
そばにいるなと感じたこともないんです。
悪霊も同様です。

日頃の生活でも、夢はめったに見ないし、
虫の知らせとか予感などとも無縁です。トホホ……。

以前に大母様の、
「霊的に敏感になりたければ、ために生きなさい」
といった意味のメッセージを聞いたことがあり、
そのときは「そうか、ために生きていないから
鈍いのか」とちょっと落ち込みました。


そんな私が、このマッチング会場では、
なんとビンビンに感じてしまったのです。

考えてみると、マッチングの場には、
「私」というものがあっては臨めません。
そこでは、先祖が固唾を呑んで見守っているでしょう。

もしそこで私が自分の好みとか希望を先だてて、
「やっぱ、やーめた」となれば、
先祖の救いは遠のくわけです。

その意味では、マッチングの場とは、
意識するとしないとにかかわらず、
最高に「ために生きる」場なのかもしれません。

だからこそ、日頃、全く霊的に鈍感な私が、
まるで霊界の中にすっぽり包まれているかのような時間を
過ごすことができたのだと思います。


以来、39年間、夫とは同じB型同士、仲良くやってきたと思います。

ありがたいことに、夫は私より
はるかに霊的に鋭いところがあるので、
迷ったときは夫の言葉を天の声と思ってきました。

天寶入籍時代に入り、道はまだまだ遠いですが、
祝福40周年に向けて、さらに夫婦の絆を深めていきたいと思っています。



昨日は、秋分の日なのに、
とても暑かったこともあり、
夕食の時に「3万双のときは暑かった」
と子供たちに話していたのでした。

そんな中、祝福の証しを見つけ、
とてもほのぼのとした証しでもあったので、
思わず皆様にも、紹介したくなりました。

ありがとう(十匹)のエピソード
面白いですね。
この時だけでなく、水澤里修錬会でも
聞いたような気がします。。。

編集部員さんが感じられた
「マッチングはために生きる場」
という言葉に納得しました。

私だけのものでもないし、
相対者のためのものでもない、
先祖たち、後孫たちの幸せのためでもある、
そのような貴い祝福であると
改めて感じさせていただきました。

最近は、「子供たちは親の愛の結実である」
と思うことがよくあるのですが、
「妻(夫)は私の愛の結実なのだ」
そう思ったら、本当に貴い存在なのだ、
と感じさせていただいています。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

あまりに突然の招集、翌日渡韓した既成祝福カップルたち 完徹のみ言のワケは 《倉本先生》



210521.jpg


倉本先生による
6500双の既成祝福の証しです。


(既成祝福を受けるために)渡韓してきた参加者たちは、
式典前日の夜9時頃には会場に集まり、
お父様からみ言を頂きました。

ところが、み言が一晩じゅう続いたため、
居眠りする人が続出しました。

私は、はらはらしながら見ていましたが、
お父様は一切、叱責したり注意したりなさいませんでした。
そして最後に語られました。


「先生が語った言葉はみんなには
 残っていないかもしれない。
 だけど朝まで、お父様が徹夜で語った
 という記憶は残るだろう」



たとえ一度きりの出会いに対しても、
その人に対して何か記憶に残してあげたい、
印象付けてあげたいと願われるのがお父様です。

「父母様との因縁を永遠に結んであげたい」との親心から、
徹夜でみ言を語られたのではないかと思います。

 
その後、同じ場所で、すぐに聖酒式と祝福式の
式典を主管してくださいました。

式典後、「さあもう帰っていいから。
これで会社はそんなに休まなくても済むだろう」
と語られました。

前日夜に来て、翌日の午前中には解散となったのです。
真の父母様は全てをご存じで、
ここまで配慮してくださったわけです。


既成祝福について「お父様の本来の責任ではありません」
とおっしゃっていましたが、天の原則を明確にしながら、
父母として既成祝福のことも
意識しておられたのを知ることができました。

資格がないのに過分な恵みを受けることは、
受けたほうに負債と讒訴(ざんそ)が残ります。

ですから、真の父母様は恩恵を与えるにしても、
受けたほうが負債を負わないようにしてくださるのでしょう。

このとき既成祝福を受けた人たちは、
お父様の突然のご指示にもかかわらず、
考えられないほどの短時間で不平もなく韓国に集いました。

そのことも天が取る条件になったのではないでしょうか。



6500双のあとに行われた既成祝福は、
もともと行う予定には入っていませんでした。

既成祝福自体がしばらくなかったこともあり、
倉本先生はじめ、本部家庭部の方が、
お父様に取り入ってお願いをしたそうです。

倉本先生も語られているように
「先生は、神様からお願いされておりません」
とあっさり断られたとのこと。

それでもお願いをしたところ、
お父様が「じゃあ、明日やろう」と言われましたが、
あまりにも急な話で、
「三日待っていただけませんか?」
とお願いをしました。

お父様は「だったら辞めよう」と言われ、
「それでは、二日待っていただけますか?」
と再度お願いをして、許可を頂きました。

倉本先生は、
「6500双の恩恵による既成祝福だったので、
時間を空けずに行ったのではないか」
と言われています。

そのような流れの中で、
お父様は明け方までみ言を語られる逸話があったのでした。


真の父母様との因縁を結ぶ、貴い祝福式。。。
その当時、祝福もいつ行われるか
わからず、突然招集がかかったと聞いています。
パスポートを切らさないように
備えていなければなりませんでした。

特に既成家庭の方々は、
何年間も聖別して待っておられました。
その当時、休日を取るのは、
今の時代のように簡単ではなかったはずです。

こうして、2日後といえば
すぐに仕事を休んで応じる、
素晴らしい信仰を、真の父母様は
知っておられたのでしょう。

現在、世界中のすべての人が、
その当時からすれば、ほとんど何も条件なく
あらかじめ予定された日に
祝福を受けることができるようになっています。

それは、真の父母様の勝利圏と、
さまざまな配慮、愛ゆえの恩恵ですが、
また、このように苦労して
祝福を受けられた先輩たちの
貴い精誠があった上のことであると、
心から尊敬し、感謝します。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:37 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

お父様の実験、極と極のカップル 777で一生分のみ言を頂きました 《大谷先生》



180106 1970.10.21 777 2.jpg


統一思想研究院副院長をされていた故・大谷先生の証しを
いつか書きたいと思っていましたら、
先日、ある婦人から、コピーを頂きました。

777双の大谷明史(あきふみ)・よし子夫妻のお話です。


よし子さん
1970年10月に行われた七七七家庭のマッチングは
朝から始まり、私たちは午後の三番目に決まりました。

マッチングが全て終わり、二日後に
真の父母様がお見えになって、み言を語ってくださいました。

このとき、真の御父様はみ言の途中で突然、
「大谷、立て!その相対者も立つんだよ』とおっしやったのです。

真のお父様は、「この男は学者なんだよ。
学者はね、机さえあれば満足している。
しかし、この女は強いんだよ。
男の一人や二人は問題なく食べさせていく力が
あるんだよ」とおっしゃいました。

この七七七家庭の祝福で訪韓した期間に、
真のお父様に夫婦で七回立たされ、み言を受けました。
一生分のみ言を頂いたようなものです。


明史さん
私は統一教会に出会う前、りっぱな科学者に
なることを夢見て、大学院で学んでいました。

ですから、み言を聞いて教会の活動を始めるようになっても、
科学への志は捨てがたく、科学と宗教(大学と教会)の
二つの道を行く決意で歩んでいました。

三年間の学生部での歩みの中で、
「科学は確かに人類に豊かな生活を与えたけれども、
人類の幸福を実現することはできなかった。
今、重要なことは、これ以上の科学の進歩よりも、
人間の心に作用する悪(邪心)と闘って
真の幸福を実現することだ」と悟り、
全ての本や実験データを処分して
教会で献身的に歩むようになったのです。

真のお父様はそのような私の過去をご存じでした。
それで、お前は本と机だけあれば
満足しているような男だが、生命力に乏しい。
この女は雑草のようにたくましく、生命力がある」
とおっしやったのです。

また、「皆は、このふたりはとても合わない
と思うだろうが、先生はそうは思わない。
必ず良い夫婦になるだろう。

極と極が一つになれば、
その間にあるものは全て含まれる。
互いに足りないところは補い合いなさい」
と語ってくださいました。


よし子さん 
真のお父様は、「束大の博士課程修了者と
中卒の女性の極と極を合わせて、
そのふたりがどのように勝利していくか、
先生は見てるよ」とおっしやいましたね。

私は、「私は高卒なのに、どうして?」と思っていました。


明史さん 
何年後かに、妻が真のお父様に「私は高校を出ています」
と申し上げると、「そうか、そうか」と
言いながら聞いていらっしやいました。

ところが、その後も何回か、「束大の博士課程と
中学出の女を祝福したんだ」とおっしやったのです。


よし子さん 
それは、これの一つの摂理だからだと思います。

実は、韓国でも、男性が中学出で、女性が最高の教育を受けた
というカップルが既に二家庭くらいあったのですが、
それらの家庭は壊れたのです。

それで、私たちは三組目で、必ず勝利しなければなりませんでした。
摂理は本当に不思議なものです。

七七七家庭でも、真の御父様が「この家庭は兄妹だよ」と
言われるようなカップルもあります。
本当に兄妹のように心情が近く、
夫婦が一つになっているので、うらやましかったです。

私たちは真のお父様から
「三十年すれば、うまくいくよ」と言われたのです。

お父様の語られた三十年とは、
生涯を通して一つになりなさいということだと思います。

ですから私は地上生活だけを見てはいません。
霊界に行けばうまくいくだろうと思っているのです。
これが、私の中にある真の御父様の世界です。

今はやっと、お父様に「ありがとうございました」
と言えるようになりました。
それが何よりも宝です。
ここまでは本当にいばらの道でした。

「永遠」に責任を持たれるかた
大谷明史(あきふみ)・よし子

慕わしきわが主、わが父母
(真の父母様との思い出)
TODAY'S WORLD JAPAN 2015.9より


大谷先生は、生前、
千葉中央修錬所の21修において、
統一思想の講義を担当されました。
とてもわかりやすく話され、
また意外にも、ユーモアのある方だな、
そんな印象を受けました。

約2年前の、2019年4月18日に聖和されたのですが、
直前まで、重いがんを患っていることは
一切、誰にも話されませんでした。

「極と極の祝福」
お父様が「実験するから見ていなさい」
そのように語られて、マッチングをされた
大谷先生ご夫妻。
このあとの証しもお楽しみに。。。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:48 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする