2018年06月03日

「み意(こころ)が聞いているんだ」 お父様に相対の希望を聞かれた小山田先生は…



図1.png


小山田先生の祝福の証し、
「カップリングにご苦労される真のお父様」
を紹介します。

真のお父様から、祝福の相手を決めて頂いた際の
貴重な証しです。


そこでの講義を終えて、私が新宿に戻ったのは午後4時過ぎでした。
そのとき、「ちょっと時間があるな。映画でも観て帰ろうか」
と思ってそのように行動していたならば、
私は、43双の祝福を受けられなかったと思います。

私は「祝福のために、先輩たちが深刻になっているだろう。
後学のために帰ろう」と思い、旧松濤本部に戻りました。
そして二階の礼拝堂に行くと、
先輩の男性たち20人から30人が深刻な顔で待機していました。

驚いたことに、30歳以下の櫻井設雄さん、
井上忠之さんがマッチングを受けていたのです。
「あれ?」と思いながら礼拝堂に行ってみると、中は人でいっぱいでした。

そこで、近くにある別の館で「夕食でも頂こうかな」と思っていると、
突然、松本道子ママが「小山田さんは、いるか?」と私を呼ぶのです。
そのときは、まさか天が私を祝福の対象者にされるとは思いもしませんでした。

私には、かねてより「海外宣教に出たい」という夢があり、
以前、そのことを久保木会長にお願いしていたので、
私は一瞬、「その回答かな?」と思ったのです。

そして会長室を訪ねてみると、そこには真のお父様をはじめ、
劉孝元先生、崔元福先生、久保木会長が座っておられました。

お父様は、「今回(祝福を)受けなければ、次に受けてもいいんだよ」とおっしゃいました。
私がお父様に、「み意のままに」と申し上げると、
お父様は「み意が聞いているんだ」とおっしゃったのです。

そのときは、祝福の相手として希望する5人の候補者名を挙げることができました。
それで私は、思いつくまま、年齢順に対象者となる5人の女性の名前を書いたのです。
するとお父様は、「おまえ、やる気がないんだろう」とおっしゃったのです。

その当時、クリスチャン出身の私にとって、
「いかに原罪を脱ぐか」ということが最も深刻な課題でした。

私は、「地上では目をつぶり、最後に霊界で天国に入る道に行くことができればよい」
というようなキリスト教的な観点で祝福を考えていたので、
祝福の相手については、「誰でもよい。
たとえ、どんなおばあさんでも構わない」と思っていたのです。

そのため、私はただ年齢順に5人の女性候補者の名前を書き出したのです。
その中に「岸本儀子」の名前がありました。

お父様は消去法的にご覧になった上で、
「おまえ、なんでこの女性を選んだ?」と尋ねられました。
理由は特にありません。
私は思いつくまま、「(彼女は)私のもっていないものを全部もっています」と申し上げました。

するとお父様は、「それはそうだ。
本人が『イエス』と言うかどうかが問題だ」とおっしゃったのです。
「ちょっと待っとれ」と言われたので、私は部屋の外に出て待ちました。

そのとき私が思ったことは、「果たして彼女が『イエス』と言うかどうか。
断られたら癪に障るなあ」と、正直その程度でした。
ところが、彼女が「オーケー」したことでマッチングが成立し、
私は「意外なことが起こるなあ」と思ったのです。

お父様はにこにこして、わざわざ玄関まで私を見送りに来てくださいました。
あとで、 お父様が「時間がかかったけれど、決まって良かったね」
とおっしゃっていたと聞きました。

真の父母様は、一組一組のカップリングをされるのに、本当にご苦労されたようです。
特に私たちの場合はそうでした。



小山田先生の祝福の証しは、
何度か取り上げていますが、
「み意が聞いているんだ」というお父様のみ言は、
初めて聞きました。
とても興味深い表現だと思います。
神様の実体であられる真のお父様ならではの言葉です。

そう思うと、今は、実体聖霊としておられる、
真のお母様のみ言が本当に貴重だということです。
お母様のみ言をしっかりと受け止めつつ、
黄金期と言われるこの時を、
悔いのないように歩んでいきたいと思うのです。







にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:38 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

天がお母様を選ばれた理由?! 小山田夫人が祝福を受け入れた理由 《小山田先生・天の祝福》2



180415.jpg


真のお父様の祝福マッチングの素晴らしさについて
最強マッチングカップル、小山田家庭の証しを交えながらのお話です。
「天の因縁によって結ばれた祝福」後編となります。



味わいのある夫婦となるには刺激が必要

1969年5月1日、私は東京・渋谷の旧松濤本部でマッチングを受けました。

先に決まっていた12人の女性がお父様のご指示で1人ずつ証しをし、
相対者(儀子夫人)が「私の父は特高警察です」と申し上げると、
お父様は「先生の怨讐だね」とおっしゃいました。

他の証しは印象に残りませんでしたが、
彼女のことは「私が責任をもたなければ」と、はっきり感じたのです。

お父様は私たちを組み合わせ、
「最も男らしい女と、最も女らしい男を合わせる。
おまえたちは3年間、喧嘩をするだろう」と予言されました。


私は、彼女がなぜ私を受け入れたのか気になり、
聞いてみると、「お父様の作戦に引っ掛かった」と言うのです。

お父様の「晩年には味わいのある夫婦になる」
「りっぱな子供が生まれる」というみ言を信じたのでした。
しかし、実際に私を受け入れるのは容易ではなかったようです。

彼女は当時、久保木修己・初代会長の秘書で、
岸信介先生や福田赳夫先生など、超一流の人物と接していました。

私はCARPで会長を務めていましたが、
彼女にとってはガキ大将≠ノしか見えなかったのです。
また、クリスチャンは偽善者≠ニいうイメージがあり、
クリスチャンの私にもそのような目を向けていました。

お父様は、なかなか三日儀式を行えずにいた私たちのことを聞かれ、
彼女を久保木会長の補佐として台湾に送られました。
彼女はそこでクリスチャンのトップリーダーも渉外したようでした。

3年後、お父様は彼女を清平に呼ばれ、
台湾での経験や感想についてお尋ねになりました。

お父様は、考えをまとめられずにいた彼女に
「おまえが学んだのはこれだ。
1つは、キリスト教は悪いものじゃないだろう。
もう1つは、おまえはいくら強くても女だから、
小山田を愛してりっぱな子供を生みなさい」と語られました。
それを伝えるために3年間、台湾に送られたのです。


一方私は、その3年間の終盤に彼女と夫婦生活をする夢を見ました。
天の因縁は人情を超えるのでしょう。

お父様はマッチングをなさる際、2人が一体となり、
天の父母様の似姿になったようすを見詰められます。
『原理講論』にあるように、
授受作用によって球体に近づいていくことができる2人を組み合わされるのです。



私たちに蕩減復帰の道を示された真の父母様

お父様はお母様の性稟について、
@勘が非常に鋭い、
A私心がない、
Bはらがある、と説明されました。

お父様はお母様を、お顔だけではなく手を見て選んだといいます。
お母様は分厚い、大胆不敵な手をしているというのです。

お父様の奥様ともなれば、どんな困難に遭うか分かりません。
ですから、肝の据わった女性を選ぶ必要があったのでしょう。
実際、お母様は現職の大統領を前にしても、
何ら動じずにみ言を語られ、天の摂理を教育しておられます。


真のご家庭は、人類歴史のあらゆる家庭と
王朝の歴史を蕩減復帰されていると言えます。
真の父母様は、堕落した人間始祖アダムとエバ以降の、
6000年の蕩減を全て乗り越えていかれるのですから、
ご家庭に紆余曲折があっても当然でしょう。
特に、陰謀などの巣窟となってきた王朝の歴史もあったのです。
その蕩減復帰の道が単純であるはずがありません。

その困難な道であっても人類の罪をぬぐい、
歴史の全てを蕩減復帰して勝利された、メシヤ、救世主、真の父母様です。
私たち祝福家庭は、真の父母様の「最終一体」の勝利路程を土台として、
それぞれの相対関係に託された使命を果たすことが願われています。



小山田先生ご夫妻の証しも、
以前記事にしたことがありましたが、
蕩減を越えたあとに
天が願っていた理想家庭に向かうのだな、と思います。

真の父母様はすべての歴史の穴埋めをされ、
見事に勝利されました。
私たちも真の父母様を模範として、
真の家庭を目指していきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:47 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

(証し)祝福2世の実体験、「純潔」は最高にかっこいい?! 《付録:マッチング直前み言》



180214 20050801-48_m.jpg
2005.8.1☆


私が純潔を守るのは、
地獄に落ちないためではありません。
病気にかかりたくないからでもありません。
ただ、妻を愛しているからなのです!




人体の中でも最も尊い部分は、
脳でもなく心臓でもなく、生殖器だ


真のお父様のみ言




教区で好評だった祝福2世の証し、
今日が最終回になります。

また、いきなり始まったという
天一国マッチングでの、
実際に真のお父様が語られたみ言も添付します。

「未成熟期」における
男女の愛の発動を防ぎ、
将来、出会う誰かを「成熟した愛」で愛するため!
「純潔」とは、
互いの幸福のために自らを磨き、
愛を育てていくこと!


最後に、純潔を守る大切さについてお話します。
純潔の先に、本当の幸せがあるんだと思うんです。

講義でも「純潔の先をイメージしてください」
そのように話しました。
その先に本当の幸せがあるということ、
私自身も経験を通して実感します。

ある意味、純潔を守る、というのは、
忍耐する、ということでもあると思います。

周りの人たちは、恋愛とか男女関係を通して、
楽しそうにしている。。。
でも、自分はそういうことをしないわけです。
周りから見たら、「なんでお前は何もしないんだ」
そう思われても仕方ないですよね。

でも、忍耐、我慢の先に何があるのか、
幸せが待っているんだ、そのことを感じます。


人類歴史においても、「性」というものは、
何か、卑しいものとして見られてきました。

だから、例えば、男性が女性を見るときに、
どうしても、いやらしいというか、
情欲の思い、性欲の思いが出てきてしまうことがあります。

ですから、宗教の世界においては、信仰の道を貫くためには、
結婚をしてはいけない、そんな教えのところもあります。
キリスト教のカトリックにおいても、
神父さんは結婚をしないですよね。

そういう観点で考えると「No Sex」なんです。
男性と女性の関係を一切持ちません、ということなんです。


でもお父様はそう言われないです。
「性」は卑しいものではなく、貴いものなんだ。。。

とても大切なものだから、結婚は避けて通れないものなんだ。
人格を完成するためには、絶対に必要なものなんだ。

だから、お父様は何て言われているかというと、
「Absolute Sex(アブソリュートセックス)」
すなわち、「絶対『性』」なんだ。

生涯唯一、独りのために愛を温めておいて、
そして、時を迎えて、天が定めた相手に対して、
守ってきた純潔を、愛をその人にプレゼントする、
また、その人からプレゼントをもらう、
そして、生涯たった一人の人を愛していく、
こうして、愛を守ってきた二人が一つになるとき、
神様が喜ぶんだ。。。ということなんです。


ですから、純潔というのは、ダサいとか、
カッコ悪いとか、そういうものじゃないんです。
逆にかっこいいことなんです。

生涯一人の人を愛するということ、
本当に素晴らしいことです。

純潔のことを批判する人たちは、
生涯、一人の人を愛するという決心ができない人たちだと思います。

純潔は、かっこいいということを伝えたいです。
そして、祝福を受けて、愛を育み、
子供が生まれ、家庭の中で愛を成長させていく。
さらには、血統を後世に伝えていく。。。
これ以上の喜びはないな、そう思います。

その喜びの世界が皆さんにも待っていますので、
守るべきものはしっかりと守って欲しいと思います。
※文責:ten1ko2
(加筆修正したところもあります。ご了承ください)



結婚前には、純潔を守り、
そして、結婚をしてからは貞操を守る。
これがどれほど素晴らしいことでしょう。

しかも、夫婦揃って、同じ価値観をもって、
ともに信頼しあい、愛を育んでいく。。。
このこと以上の貴さはありません。

祝福結婚の素晴らしさに感謝しつつ、
その恩恵を二世たち、また多くの人たちに
遍く伝えていかなければと思うのです。


証しの中で天一国マッチングの様子が紹介されていましたが、
韓国に到着した初日に、み言を語られながら、
いきなりマッチングが始まったということでした。
(証し)お父様はすごい! 祝福2世、ハラハラドキドキのマッチング!!

その実際の場面の、お父様のみ言です。



真の父母の国が私たちの本国

皆さんはここへ来るとき、喜んで来たでしょう。
喜んで来ましたか、泣きながら来ましたか。
では、帰るときはどのように帰りますか?

以前、約婚したときは、修練会を20日くらいして、
16日くらいになるまで相対を結んであげませんでした。
ここでは、早く結んであげたほうがいいのですか。
それとも遅くしたほうがいいのですか。(「早くしてください」)(笑)

言葉を聞き取れていないのは、日本か西洋のメンバーですね。
なぜ言葉を学ばなかったのですか。
祝福を受けた家庭が韓国語を知らなければ、これからは祝福してあげられません。

日本は第二の韓国、そしてアメリカは第三の韓国です。
少し遅れて言葉を学ぶだけであって、韓国人であることには違いないのです。
僑胞なので、本国の言葉さえ通じれば、いつでも来ることができるのです。
分かりますか。

あなたたちは、ほかの国に暮らしていますが、
天の国の文化、真の父母の文化を学んだので、
真の父母の言葉さえできれば、どこにでも行って暮らすことができます。

アメリカの雀も日本の雀もチュンチュンと鳴き、
アメリカの豚も日本の豚もブーブーと鳴くのに、
どうして人の言葉は違うのですか?
言語は一つなのです。

あなたは何歳ですか。
元気がなさそうに見えますが、それでも夫は欲しいのですか。(笑)

女性たちは愛を受けようと嫁いでいくのに、
そのように元気がなくていいのですか。
ぱっちりした目で、にこにこしなければならないのに、
目がそんなに死んでいていいのですか。

男性が来ても逃げていきますよ。
しっかりしなさい。
目をきらきらさせ、顔も化粧をするのです。

さあ、もう気分が解けましたか。
あなた、出てきて、歌一曲歌いなさい。
あなたです!(笑)
2005.2.7
天一国マッチング






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:08 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする