2021年02月22日

滑り込みアウトの花嫁たちにお父様は・・・ (祝福エピソード65 番外篇)



210222-Blessing6500.jpg
6500双の祝福


倉本正彦先生の講話を紹介します。
「祝福家庭を愛される真の父母様」
〜最後の1カップルまで精誠を込められる〜


式典の直前になり、“相手と出会えない”
“キャンセルがあった”と
駆け込んでくる者が数人いました。

それを真のお父様にご報告すると、
「すぐに集めなさい」と言われ、
改めて実体で組んでくださったのです。

お父様は、聖酒式、祝福式を主管される超多忙な中でも、
そのような人が出てくるたびに、
個人個人に丁寧に接して事情を聴きながら、
祝福式の直前までマッチングしてくださったのです。

いちばん最後にマッチングされたカップルは、
真の父母様が主礼の服装に着替えるため、
お部屋に入られたあとにやってきました。

お父様はドアを半開きにして顔だけのぞかせて、
その人に事情を聞かれたうえで組まれたのでした。

お父様は、神様が創造において完全投入されたように、
最後の1カップルまで精誠を込めてくださったのです。


また、祝福式の途中で会場に入ってきたカップルも少なくなく、
彼らは、果たして式が成立したのかどうか不安がっていました。

のちに、お父様にお尋ねしたところ、
お父様から「祝祷が終わる前に
式場に入っていればOKだ」とのお答えを頂きました。


全ての式典が終わったあと、私たちは外に出て、
真の父母様をお見送りしました。

お父様の車が動き出したとき、
数人の女性たちが歓声を上げて、
お父様のお車に駆け寄りました。
彼女たちは日本から来たのですが、
式典には間に合わなかったのです。

お父様が車を停めて降りられ、その女性たちに
「今、来たの?」とお聞きになりました。

「はい、今来ました」
「悪いね。もう式は終わってしまったよ。
どこの人と組まれたの?」

二言、三言、彼女たちと言葉を交わしたあと、
お父様は「これでおいしいものでも買って食べなさい」と、
ご自分の財布をお渡しになりました。
女性たちは飛び上がって感激していました。

お父様は寂しく悔しい思いをしていたであろう彼女たちに、
ある意味、式典に参加した人以上の、
「お父様との忘れられない出会い」をつくってくださったのです。

『祝福家庭』94号(2019年秋季号)

倉本正彦先生の講話
「祝福家庭を愛される真の父母様」
〜最後の1カップルまで精誠を込められる〜
(blessed lifeより)


滑り込みアウトの花嫁たちは、
式典に間に合わなかった、ということは、
6500双祝福を受けることが出来なかったわけです。

ここでのお父様との出会い、というものは、
天の計らいだったと思わされます。

おそらく、その後の3万双の祝福を
受けられたと思いますが、
当時は、いつ行われるか、わからなかった時代です。
胸痛い思いは、どれほどのものだったか・・・

わずか一瞬の出会いだったかも知れませんが、
財布を丸ごと渡されたお父様の姿に
心が癒されたに違いないと思います。

今回は、二つのエピソードを紹介しました。
どちらもお父様が祝福に対して、貴く思われる、
深い深い、親としての心情を感じます。
それは、神様も全く同じでしょう。

だからこそ私たちは、祝福の価値を再確認しつつ、
万民に分け与えていきたい、という、
父母の思いを共有していきたいと思うのです。







にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:45 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

お父様に、「キスしなさい!」と言われたら?! *6500双10年目、ジャルジンで



20090928115836.jpg
☆6500双の祝福式☆


6500双祝福32周年、おめでとうございます!

今回は、6500双の方の証しを紹介します。
以前、松戸教会に来られて講話をしてくださいましたが、
そのうちの一部です。

真のお父様にまつわる心に残る証しです。


南米ジャルジンの修練会に夫婦で参加をしました。
第3回目の修練会で、もの凄く人数が多かったのです。

妻と相談して、「明日は、前の方に座ろう」
ということになり、
朝の3時におきて、
前から3番目に座ることが出来ました。

お父様のみ言が始まります。
お父様が、
「この中で夫婦で来ている者、手を挙げて」
もちろん、基本的にジャルジンは
夫婦で参加するわけですから、
ほとんどの人が手を挙げるわけです。

ふと、お父様は私たち夫婦の前に近づきました。
そして、突然両手を出して、頭をつかみました。
そのあと、「キスをしなさい」
と言われて、キスをしたのです。

この時、本当に解放されたんです。
それは、キスをしたことが良かったというのではなく、
隠されたエピソードがありました。


6500双の祝福のとき、
お父様に初めてお会いした喜びがあり、
そして、貴いみ言を受けたにも関わらず、
疲れて眠くなってしまいました。
実は、妻も同じでした。

ふと、何か全体が盛り上がっている、
騒がしい雰囲気に気づきました。

一体何があったのか、
そう思って、周囲に尋ねてみると、
お父様がカップル全員に、
キスをするように言われたのです。

それを聞いて、とても悔やみました。
それは、「妻にキスが出来なかった」ということではなくて、
初めてお父様にお会いして、
初めてお父様から指示されたみ言を成就できなかった、
そのことがお父様に申し訳ない・・・
心から申し訳ないと思ったのです。

その思いを10年間持ち続けていました。

そして、ジャルジンでのお父様との出会いがあったのです。

文責:ten1ko2


お父様が6500双の時に、
「キスをしなさい」と語られたのは、有名な逸話ですよね。

まさか、こんなところで、
10年間負債に思っていたことを
成就できるなんて、考えもしなかったことでしょう。

ずっと負債に思っていた、というのですから、
お父様はご夫婦のところに来たときに、
当然、何か感じられたのだと思います。

また、朝の3時から起きて、前の席を取った
その精誠もよく理解されたに違いありません。

今は、実体のお父様はおられませんが、
真のお母様がおられます。

私たちの過去の負債や、勝利できなかったことを
親として、清算する道を与えてくださっているのだな、
そのように感じさせていただきました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


  お父様のみ言

神様が人間を堕落のなかった世界に
回復させるということは必然的なことです。

神様は、堕落のなかった完成したアダム世界のために、
すべての怨讐を収拾しなければなりません。
そこには怨讐がありません。
すべてが兄弟であり、
一つの家庭であるという概念しかありません。
のみ込むのです。

パンタナールの魚世界では、
大きいものが小さいものをのみ込んでしまいます。
そこに何かの汚いものがあろうとなかろうと関係なく、
すべてのみ込むのです。
内臓の糞だろうと何だろうと
丸ごとのみ込んでしまうのです。


環太平洋摂理 より



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:11 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

祝福記念日に寄せて 五輪スタジアムでも、滑り込みマッチング! 1992. 8.25



200825-19920825-3mansou.jpg


3万双、36万双の祝福記念日
おめでとうございます!

今日は第24回、7.8節ですので、
改めて、「おめでとうございます!」

今回は、3万双の時の証しを紹介します。


祝福式のときには、会場まで来ても相手に出会えない人が必ずいます。

相手が来ないなど、事情はいろいろです。
そのような人が何人か集まってきて、
「もうマッチングはないですか?」と尋ねてきます。

そのようなときは、真のお父様に、
「これこれの事情で、何人くらい
マッチングを受けたいという人が集まっています」
と申し上げます。

すると、お父様は必ず、
「じゃ、集めなさい」と言ってくださいます。
「もうマッチングは終わったんだ」とは
絶対におっしゃいませんでした。

それが、わずか二人でも三人でも、
直前までマッチングしてくださいます。
祝福ごとに毎回、そうでした。


皆さんご存じのように、3万双の祝福式は
ソウルのオリンピックスタジアムで行われました。

午前11時開始で、世界に中継されたのですが、
このとき相手が来ない人が十数人いたのです。

お父様が「すぐ連れてきなさい」とおっしゃったので、
皆、控室のあった地下から、
主礼の真の父母様がいらっしゃる4階まで、
女性はウエディングドレスをまくりあげて
急いで階段を上っていきました。

4階に着くと、真のお父様はまだ式典の衣装には
着替えておられませんでした。

もう開会間近で、中継があるので急がなければならないはずですが、
お父様は、一人一人に「どうしたの?」と事情を尋ねてくださいました。

そして、「それじゃ組んであげよう」とおっしゃって、
そこに集まった人をマッチングしてくださったのです。


そのときの司会は朴普煕先生(36家庭)でした。

朴普煕先生は、主礼入場の時間になっても
真の父母様が出てこられないので、
3万組のカップルと祝賀客で埋め尽くされた会場に向かって、
「主は雲に乗ってこられるかもしれません」などと、
いろいろな話をしながら、場をもたせておられました。


(1992年8月25日、韓国、オリンピックメーンスタジアム)

『世界家庭』2018年7月号 読みどころ紹介@
第21回「慕わしき わが主、わが父母」
「親として、一人一人の永遠の幸福を考えてくださる方」

(※長年、家庭局長を務め、
真の父母様によるマッチングや祝福を
間近で見てきた倉本正彦先生(777双)の、
3万双祝福式のときの証し)


先日紹介した6500双の証しでも、
お父様は下着姿のまま、
マッチングをしてくださったということでした。

私も3万双家庭なのですが、
1992年のこの日は、実は早朝は雨模様でした。
それが、式が始まる前から晴天となり、
暑いくらいの日差しとなりました。

あまりにも暑くて暑くて。。。
しかも、私と妻は、観客席ではなく、
フィールドだったので、ずっと立ちっぱなしでした。
周りを見ると、突然、倒れる女性が何人か出ました。

倉本先生が語られているように、
朴普煕先生が司会をされました。
3ヵ国語を駆使しながら、流暢に話されていました。

確かに、式がなかなか始まらなかったのを覚えています。
真の父母様がすぐに出てくることができなかったのは、
そのような事情があったのですね。

真の父母様は、本当に「真の親」なのだな、と実感します。
最後の一人まで、祝福を与えたい・・・
親心の思いを持っておられるのです。

先回の希望前進大会でも、
お母様は「祝福」の話をされました。

真の父母様を通していただいた恩恵に
心から感謝しつつ、
その恩恵を多くの人たちにも伝えていけるように、
精誠を捧げる時だと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:47 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする