2020年06月22日

父母マッチング、親の願う相手が、理想の相対なのか?! 《倉本正彦先生》



200622.jpg


倉本先生の祝福の講話。
「祝福家庭を愛される真の父母様」
〜「理想の相対」とは?〜です。


理想の相対を得るのは何のためでしょうか?

一言で言えば、「真の愛を得るため」です。

「真の愛」をつくり出すことのできる相手が「理想相対」です。
性格の合う人、好きなタイプの人との間から、
果たして怨讐をも愛する真の愛が生まれるのでしょうか?

もしそうであるなら、そのような愛は
既に多くのカップルに見いだされていることでしょう。

堕落によって真の愛は破壊され、
永遠性のない「偽りの愛」となりました。
偽りの愛を否定し、転換しなければ、
真の愛に至る道はありません。

そのため、真の愛が生じる前に、
「愛の分別」という過程が不可欠になったのです。


父母たちは普通、性格の合う人、気に入った相手、
あるいは、外的に釣り合いの取れている相手を探そうとします。

しかし、その考えは従来の結婚観の延長であって、
真の父母様の観点とは相容れないのです。

祝福を受ければ、いつか自然に
真の愛が出てくるわけではありません。

二世は、ただ「祝福を受けるだけで良し」としないで、
「真の愛が生じるような祝福」を目指すべきです。
それが真の父母様が願われる祝福です。

それは、マッチングの在り方にかかっています。
 

神様が祝福してくださるカップルとは、
むしろ「合わないという立場を超え、
尽くし合って一つになったカップル」です。

“自分とは逆のタイプ”、あるいは“苦手なタイプ”を受け入れ、
投入して一つになっていくときに
非原理的な愛が分別され、永遠の真の愛が生まれます。

最初から気に入った者や、気が合う者同士というのは、“
飽きやすく、愛の終わりが早い”というのです。
合わないタイプというのは、
「似ていない面が多い」ということです。

そういう相手ほど“飽き”がこないし、
「お互いの欠点を補い合える」という利点もあります。

そのようなカップルからは、父母の欠点を補うような、
「より素晴らしい子女が誕生する可能性が高い」というのです。


最初から感じる愛は、やがて消えていきます。
残るのは、祝福後に2人でつくり出した愛です。

その愛が生じる度合いは、
相手に投入して新たに創造し、感化したぶんに
比例するというのです。

現在のマッチングでは、より優れた相手を探そうとしています。
しかし、相手が優れていると、
「投入して相手を再創造してあげたい」という思いよりは、
「相手に期待し、頼る気持ち」が強くなります。

相手を思いやる気持ちより相手に対する要求が強くなると、
そこには相互の成長や発展は期待できず、
真の夫婦愛は育ちにくいと言えるでしょう。

『祝福家庭』96号(2020年 春季号)
倉本正彦先生の講話
「祝福家庭を愛される真の父母様」
〜「理想の相対」とは?〜


今までは、私たちも含めて、
祝福のマッチングは真のお父様がしてくださいました。
しかし、今は、特に祝福二世たちにおいては、
父母マッチングが主流となっています。

形態が大きく変わりましたが、
祝福の価値そのものは全く変わっていません。
そういう意味では、父母の立場が、
より重要になってくると思います。

父母マッチングに対しては、
どれだけ、公的無視の心情で、
子供たちを見つめているか、
多少なりとも携わっている者として、
果たしてどうなのか・・・と思うところもあります。

自分自身はお父様に委ねてきたのに、
自分の子供に対しては、
そのように見つめるように、
どれだけ教育しているのか。。。
自分自身にも問うべき課題ですね。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:24 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

(証し)不眠不休でマッチング、祝福に投入されるお父様! 来日と機内でのエピソード 



200614-19750121.PNG


小山田先生の証しが
Blessed Lifeに紹介されていました。

1800双のマッチングで来日されたお父様。
帰りの飛行機でのエピソードまで。
超人的に精力的な歩みをされていた
在りし日の父の姿です。


1975年2月8日、ソウル(奨忠体育館)で
1800双国際合同祝福結婚式が挙行されました。
世界20か国から参加し、日本からは811双が参加しました。

この祝福式に先立ち、真の父母様は、
1月20日、1800双のマッチングのために、
この年初めて来日されました。

21日に東京(世田谷区)の八幡山ボウリング場(当時)に
候補者たちを集めてマッチングをしてくださり、
22日には韓国に帰国されたのです。

当時、私は会長代理として真の父母様に侍らせていただきました。
このときのようすについてお話しします。


1800双の祝福のために真のお父様は、来日直前まで
韓国でマッチングをされていました。
そして、日本でのマッチングのために、
20日の最終便の飛行機で羽田空港に到着されたのです。

そして、いったん渋谷区の旧松濤本部に来られたのですが、
夕食もほとんど取られないまま、すぐマッチング会場に向かわれました。

お父様が天の摂理をなさる時は、
食事も眠ることも忘れて投入なさいます。

このときも真のお父様は、会場で待っている候補者たちに向かって、
「祝福の意味」について一時間ほどみ言を語られました。

そのとき、おっしゃったのです。
「君たちに祝福を受ける資格はありません。
しかし、真の父母に会ったために、祝福してあげるのです」と。

マッチングが始まったのは午前零時でした。
そして夜を徹して約600組を成立させてくださったのです。

その後、真の父母様は、旧松濤本部に戻られましたが、
そこにもマッチングを待つ候補者たちがいました。
真の父母様は、お休みにもならず、
さらに百数十組のマッチングをされたのです。


このマッチングを通して、真の父母様の、
子女である私たちのために投入してくださる、
正に親としてのお姿を目の当たりにしました。

お父様は、“球体”であられる神様(天の父母様)に似て、
私たちも“球体”となれるよう、
いちばん近い相対を探してマッチングしていると語られます。

もちろん、マッチングを受けたからといって、
すぐに“球体”になれるのではありません。
2人が一体となるためには、
少なくとも2、3年はかかるということです。

相対と一体となることで、神様がそこに臨在なさるのです。


またマッチングの場は、“霊界が100パーセント開かれる”と言われます。
私は、マッチングをしていかれるお父様に侍りながら、
そのような場面にたくさん接することができました。

私たちが、組み合わせられた対象者たちに対応する際、
その組み合わせを間違えたりすると、すぐさま、
お父様は「それは違うよ」と言って正してくださいます。
常に完全な“球体”に近い人を合わせてくださるのです。


こうして真の父母様は、22日午後の便で韓国に向かわれました。

そのとき、父母様と一緒に帰国される予定の崔昌林(チェ・チャンニㇺ)先生が、
韓国への再入国の手続きをしていないことが分かりました。
そこで、久保木修己初代会長の指示で、
急きょ私が、真の父母様に同行することになったのです。

ソウルに向かう飛行機で、私は生まれて初めて、
お父様の席の隣に座りました。

お父様は席に着かれるとすぐに、
大きな鼾(いびき)をかいて眠ってしまわれたのです。
あたかも“天宙を貫く”ほどの大鼾でした。

そのお姿に女性の客室乗務員は、
「“社長様”はとてもお疲れのようですね」と驚いていました。
私は、「そうです。3日間、徹夜が続いていましたので」と答えました。

しばらくしてお父様は、ご自分の鼾の音に驚かれたように
「おおーっ」と言って目を覚まされました。
そして、ちょうど配られた機内食を、召し上がったのです。

『祝福家庭』92号(2019年 春季号)
小山田秀生先生の自叙伝
「真の父母様の御跡を慕って」
777双、1800双の祝福と「血統転換」
〜1800双のマッチングに不休で投入される〜
(Blessed Lifeより)


本当に貴重な証しをありがとうございました。

真のお父様が、50代の頃・・・
誰にも止めることのできない
情熱と信念の塊のような姿。

不眠不休で、この1800双の祝福も、
そして一つ一つの摂理を導いてくださったこと、
本当に考えられないくらい
すごいことであったと、あらためて思います。

人間わざではないことを、
神様と一つとなって
やり遂げ続けてくださった真の父母様に
心から感謝します。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:56 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

滑り込み祝福カップルたち どこまでがセーフ?! (祝福エピソード65篇)4



190301 19881030.jpg


倉本先生の6500双祝福の証し。
ずいぶんご無沙汰になってしまいました。
続編を紹介します。

いよいよ、祝福式当日。
一和メッコール工場にて、
歴史的な交叉祝福が行われようとしていましたが・・・


祝福式を前にして、
日本から会場にやってきたのに、
相手が見つからない、そういう人がいるんです。

マッチングも本当に突然でしたから、
(韓国人との交叉祝福を含め)
途中で相手が祝福を破棄をした、
だから相手が来なかった。
そういう人がいたと思います。

何らかの事情で相手が見つからない人がいました。
そのような報告が私のところに来ました。

それで、状況をお父様に報告しました。
お父様は、「すぐに集めなさい!」と言われました。
(ただちに)放送で全体に流しました。

「相手が来なかった人、キャンセルされた人、
また、見つからなかった人、
そういう人は、実体でマッチングがあるから、
すぐに集まってください」
そういう放送をしたわけです。


そして、お父様はマッチングをされました。
式の直前でお父様もお忙しい中です。
(なのに)すぐにパッパッとされるのではなく、
一人一人に事情を聞いていかれました。

「あなたはどうしたの?」
「これこれ、こういう事情です」
そのようにマッチングをしていかれました。

慌ただしい中にも関わらず、
丁寧に事情を聞かれるお父様。

神様の創造において、
完全投入された、という話がありますが、
お父様は一人一人を創造するように、
一カップル一カップルに対して、
精誠を尽くして、投入していかれました。

私はこのことを祝福のたびごとに感じます。


そして、この時に一番最後に、
マッチングしたカップルがいましたが、
どのような状態だったのか、というと、
式典が始まる直前でした。

お父様のお部屋へお伺いに行くと、
部屋のドアから、顔をのぞかせたんです。

お父様のお姿が見えたのですが、
半分だけ式服の状態で、
あとは、下着だったんです。

そして、事情を聞かれて
マッチングをされました。
お父様はそこまでされたのです。


(また、突然の祝福式だったので
飛行機等の都合で
遅れてくる人たちもいました。)
すでに祝福式がはじまってから
式場に来た人もいたんですね。

こういう人たちはどうなるのだろう、
御父様にお伺いをたてました。

そうしたら、お父様は
「祝祷が終わらないうちに入った者は、
(祝福を)認める」と言われました。


2006005-19881030.jpg


文責:ten1ko2

U-ONE TV
シリーズ『祝福家庭を愛する真の父母』第4回
「恩讐を越えた交叉祝福6500双(後編)」より


式典の直前までマッチングをされたお父様。
祝祷ギリギリに会場に到着したカップルに
祝福と認められたお父様。

お父様は「祝福を与えたい」、
その思いで心が溢れておられるんだな、
と感じます。

み旨の最前線で苦労してきた食口たちのために、
歴史的な日韓の恩讐を解くための
6500双祝福に同参させたい心情もあったのだと思います。

今は真の父母様の直接なマッチングではないですが、
背後には同じ心情をもって見つめておられる
真の父母様がおられるのだ、ということを
改めて認識していかなければと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:19 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする