2020年03月28日

(証し)初めて会ったお母様は、まさに「おふくろ」だった! 《小山田先生》



200328.png


お母様は母としての性格を
天性的に備えているのです。

真のお父様



U-ONE TVにて、証しシリーズ
「真のお母様、感謝します」が紹介されています。

第1回目は、小山田先生の証し。
「お母様は天来の『おふくろ』」です。


真のお母様と深い因縁を結んだのは、
お母様が初めて来日された翌年の
1968年夏のことでした。

6月に韓国で開かれた統一運動の
「韓日大学生勝共大会」に、
学生を代表して、
私を含め7人が訪韓したのです。

韓国では地方を巡回し、
真の父母様に
ゆっくりお目にかかる機会は、
なかなかありませんでした。

2週間経った頃、
慶州にいた私たちに連絡が入り、
ソウルに上がることになりました。

前本部教会に到着し、
真の父母様に「ただ今、帰りました」
と、ご挨拶を申し上げると、

真のお父様が
「どうだったか?」
と、地方でのことを
お尋ねになりました。

ところが続けて、
「帰りはどうするのか?
チケットはあるのかね?」
と言われたのです。

私は、
「もう帰りの話をされるのか」
と思いました。

ようやく真の父母様に
甘えようと思っていたのですから。

私はちょっとふてくされて
「大丈夫です」
と申し上げました。

すると
この一連の会話を(通訳を通して)
聞いておられたお母様が、
「この子は来たばかりなのに、
『帰る』などと言って、
なぜ私を悲しませるのですか?」
とおっしゃったのです。

この言葉に私は驚きました。
なぜなら、
私の母の口癖と同じだったからです。

私が大学時代に
夏休みなどで帰郷し、
三日ほど滞在して帰るとき、
母は、
「おまえ、今来たばかりなのに、
『帰る』などと言って」
と言うのが常だったのです。

この出来事を通して、
お母様から
天から来られた方ではありますが、
私のおふくろだと思いました。

話が終わると、
お母様は日本語で
「おやすみなさい」
と言われ、
玄関まで見送ってくださいました。

そのとき私はお母様に
「今度伺うときには、
韓国語でお話しできるように
勉強してまいります」
と申し上げ、
韓国語をマスターすることを
固く決意したのです。



お母様から発された言葉が
小山田先生のお母さんとまったく同じだったとのこと。

まさに、心情の世界においては、
「母親」なのでした。

お母様は、真の母、全人類の母の立場ではありますが、
一対一の関係においても、
私のお母さん、という立場なのだと思います。

「私の母」でもある、
真のお母様に心から感謝いたします。

そんな真のお母様の愛に触れ、
小山田先生は、お別れの挨拶で
韓国語をマスターすることを決意されたとのこと。

小山田先生は、以前から韓国語が堪能です。
お母様の自叙伝韓国語版も
一週間で読まれたそうです。

その韓国語をマスターされた背景には、
お母様との出会いがあったことを知りました。
私たちも相続しなければなりませんね。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:49 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

(証し)どん底に落ちた時、夢でお父様に励まされた! 〈史吉子先生〉



10407835_411509805666090_6511305102461897421_n.jpg


昨年聖和された史吉子先生の
『原理に関するみ言の証』
からのピックアップです。

史先生は、いわゆる梨花女子大事件で
統一教会の信仰を続けたために、
退学させられました。

肩書きもない立場で、
『落伍者』となってしまったと思い
そうとう悩み落ち込んでいたそうです。

そのときにお父様の夢を見たといいます。


私がそのように悩んでいたら、
お父様が夢に現れました。

退学させられた14人が
山でお父様を囲んで座っていたのですが、
私が悩んでいることをお父様が知って、
おっしゃるには

「私があなたたちにお金や学識を願わない。
あなたたちにはこの世の中で
一番純潔な純粋さと愛がある。

あなたたちは先生がすることに対して、
批判することを知らない。
あなたたちには全然批判する影さえもない。

私のすることは何でも信じてくれて、
何でも当然だと思って、
何でもついていこうとする従順な心がある。

その従順な心が、
この世の中の何よりも貴いものであることを知りなさい」

と言われました。

その夢を見てからは、
「やっぱりそうだ。
私たちが教授や大臣ではないといっても、
私たちにはお父様に対して
無条件に従う信仰がある」
ということを考えるようになりました。

(第8章 アダムの家庭、ノアの家庭 より)


史吉子先生の夢。
実際のお父様が話されているような、
リアルな夢ですね。

私達食口の、「誇り」というか、
「貴い」なと感じるところは、
素直さ、純粋さ、そして従順な姿、
なのではないかと思います。

史吉子先生など、
梨花女子大に通っていた大先輩たちは、
学校側の迫害により、
退学させられてしまいました。

また、昔の先輩たちは、み言に出会って、
大学を卒業する前に献身するため、
中退する人が多かったそうです。

まさに純粋さ、従順な心を
先立たせた結果だと思います。
どんなに実力があっても、
素直さを超えるものは何もないと思います。

天一国時代になって、
「天一国主人」より主体性を求められる時を迎えました。
しかし、あくまでも
お父様ご自身が認めてくださっているように
縦的信仰と、従順な心が土台であると思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


史吉子(サ キルジャ)先生:
  韓国本部教区天福宮教会所属、36家庭(3双)。
  天一国7年天暦7月20日(1919陽.8.20)午前7時50分に聖和。
  享年87歳。
  1954年入教、1955年5月11日いわゆる梨花女子大事件で強制退学。
  1960年4月16日、劉孝元先生と3双の祝福を受ける。



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:23 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

1年以内に死ぬと思って生きなさい! 「死」と「良心」のみ言と証し 《信仰と哲学》



190308.jpg


つらく、くじけそうなとき、
真のお父様のように戦い続けるには、
どうしたらいいでしょうか──

お父様の素晴らしい回答が紹介されています。



「信仰と『哲学』」は、
神保房雄という一人の男性が
信仰を通じて
「悩みの哲学」から
「希望の哲学」へとたどる、
人生の道のりを証しするお話です。

 
死を前にしての不安こそが、人間が
非本来的生き方から本来的な生き方に転換できる
契機となるとハイデガーはいいます。

そしてその不安こそが
「良心」の呼び掛けであるというのです。

  
ところで、文鮮明師は「死」について、次のように語っておられます。

「皆さんは、どれくらい生きそうですか。
全員『70年、80年は生きるだろう』と、
このように考えているでしょう。
その前には死ぬと思いません。
皆さんは、欲張りです。

一生を生きるのに、80歳に死ぬとか、
100歳に死ぬだろうと信じるとしても、
あす死ぬか、きょう死ぬか分からないのです。

皆さんの考えには、『ああ、私は若いので、
今後少なくとも40年、50年は生きる』と、
そんな欲をみなもっているでしょう。
それが神様に保障されましたか。

皆さんは、できるだけ1年以内に死ぬものと
思いなさいというのです。
この短い時間にみな準備すべきです。
このような観念をもって生きなければなりません。

できるだけ短く定めるほど、幸福です。
短く定めるほど、損害をしないのです。
その期間に真(まこと)になるように、準備するその内容が、
自分の永遠の生命の家を建てるのです」


(「『天聖経』地上生活と霊界
第1章 有形・無形世界における人間の存在〈祝福と永生〉」より)

 
  
文先生は死の観念を持って生きることを強調しています。

そしてそれが真になること、
永遠の生命の家を建てることにつながっていくというのです。

死から逃れようとするのではなく、
死の観念を持つこととが必要なのです。

  
実は、死と「良心」の関係について
文先生から直接お聞きしたことがありました。

それは1990年代の半ば、アラスカでの出来事です。
アラスカの公館で、文先生のお話を伺う機会がありました。

そこで「誰か質問があるものはいるか」と言われたのです。
その時私は、対社会的活動の中で多くの攻撃を受け、
くじけそうになり、時には逃げ出したくなるような気持になっていたのです。

手を挙げて質問しました。

「先生のこれまでの歩みは闘いの連続であったことを知っています。
先生はなぜ、闘い続けることができたのでしょうか。
どのようにしたら闘い続ける力を持つことができるのでしょうか」と。

「間髪を入れず」とは、このことであると思います。
文先生は

「すでに死んでしまったものと思いなさい」

と言われました。
それから人間の良心について語り続けられたのです。

良心の力がいかに強いものであるのか、
素晴らしいものであるのかを語り続けられたのです。

良心の力は死への不安を克服できるものであることを説明されたのです。
それが闘い続けることができる原動力となったことを言おうとされたのです。

信仰と「哲学」43
関係性の哲学〜死への「不安」は良心の声
神保 房雄 (Blessed Lifeより)


「すでに死んでしまったものと思いなさい」
衝撃的なみ言ですね。

間髪を入れずに語られたみ言だったそうですが、
ということは、お父様ご自身が、
このような生活を生涯していかれたのでしょう。

今日は、3.11、東日本大震災から9年を迎えました。
一度に多くの人の命が奪われたことを思えば、
今日、明日に死ぬかもしれない私たちであることを
考えざるをえません。

私たちの生涯はいつまでかわかりませんが、
「良心」の力は、
「死」の不安を越えるということです。

お父様は良心の固まりのような、
まさに良心と一つになったお方だと思いますが、
私たちもお父様に似るべく、
良心を強めていきたいと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:41 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする