2020年12月29日

お父様は、個人に命令されない?! 私が悟ったことと、誓ったこと 《李相憲先生》



isanhonsensei.jpg


私の目に映った先生の姿は、
この世の人間の姿ではなかった。
神様が人の形となり
人間を救うため生まれた
メシヤだった



今日は、36家庭の大先輩であり、
『統一思想』と『勝共理論』を執筆された
李相憲(イ サンホン)先生の証しです。


私は儒教の家庭に生まれ、
1956年に43歳で入教しました。

その当時の新聞を見ると
統一教会の評判は良い方ではありませんでした。
評判が悪い時に私は統一教会に入ってきたのです。

私は新聞を見る時、噂が問題ではなく、
教え自体が真理か否かということが問題だという考えでした。

私を導いた人に引かれ、統一教会本部に案内され、
劉孝元(ユウ ヒョウウォン)協会長から原理を聞くようになりました。

私は学生の頃、共産主義運動に加わったことがあって
共産主義の唯物史観を知っていたため、
復帰原理を聞いたとき、これが統一原理の歴史観であることを悟り、
入会を決心したのです。


私は統一教会に入教してから普段抱いていた
色んな疑問の骨格は解決していきましたが、
依然として細かい問題は原理だけでは
すっきりと解決されないままでした。

そこで先生に直接お会いし質問をしました。

先生は部屋に数名いる時は
全体に向かってみ言を語られましたが、
その内容は私の質問に対する
回答の内容である時が度々ありました。

思想的なみ言だったので一般の食口は
その意味を分かってはいませんでしたが、
私はきちんと理解できていました。

私が質問すれば、その質問に関して
ある時は単独で細かく説明して下さったりもしました。


私が感激したことは、人生の難問題を
完璧に明快に解決して下さっただけでなく、
民族と人類に対し、また歴史上の多くの聖賢と義人と預言者に対し、
限りない憐憫の愛を抱いておられるということでした。

私の目に映った先生の姿は、
この世の人間の姿ではありませんでした。

この方は無限の知恵の宝庫を持っておられ、
無限の憐憫の愛を抱いておられる聖者であり、
神様が人の形となり人間を救うため生まれた
メシヤだったということです。


私は心の奥深くで、とあることを誓ったことがあります。

それはこの方の思想を体系化させ、世界に広めようというものです。
まずこの方を全人類の前で
メシヤとして証しすることでした。

その理由として、私のように悩んでいた人間が、
この世界にいくらでもいるはずなので、
そのような人々を早く救ってあげなければならないと考えました。


統一教会の草創期に感じた様々な事柄がありましたが、
そのうちの一つは、先生は絶対に個人に対し
命令はされないということです。

これは非常に印象的でした。

金誰々、李誰々に命令したいことがあれば
集会や礼拝の時に皆に向かって
「統一食口はこのようにしなければならない」
と一括して語られました。

なぜそうされたのかと言えば、直接命じられることは
直接主管を意味するからです。

実際、直接命令したとしても
その人がその命令通りに動けばよいのですが、
もしそう動かなければ、それが条件として引っかかるからです。

すなわち天の命令に従わなかったという条件が立てられ、
一生消えないという意味です。

未来において悔い改めて良くなったとしても、
その霊的履歴書には天の命令に服従しなかったという
汚点を残すようになるのです。

したがって、本人のためにも
直接命令をされないということを悟りました。


直接命じたいときにどうされるかと言えば、
象徴的な表現を使われたのです。

その一例を取り上げてみましょう。

ある大学教授が入教し、自分の素晴らしさを
表したくて偉ぶっていました。

ある日の夜、先生はガラスのコップを小麦粉で一杯にし、
その上から水を注がれました。
当然水は全部溢れて流れました。

全員「何故先生はあのような事をされるのだろうか?」
と変に思っていたのです。

器というのは、その中に何かが入っていれば、
他のものはそこに入りません。

同じように真理を受け入れたいのならば、
心を全て空っぽにしなければなりません。
心を空にしないで、知識をそのまま備えているだけでは、
いくら偉大な天の真理だとしても入ってはいかないのです。

このことを直接み言で語られる時
そのまま聞き入れれば良いのですが、
聞き入れられないのならば条件に引っかかるため、
象徴的に、比喩的に、そのように
ガラスのコップを小麦粉で満たし、
その上から水を注ぐ方法で
悟る者だけが分かるようにされたのです。


また仮説的、未来的な表現も良く使われました。
もし誰々がこのようにすればこのようになるという表現法、
英語でいえば「If」に当たります。

例えば金という者がいて、先生がその者に命じる時、
「もし金誰々が伝道に出るとすれば
立派な伝道をしてくるだろう」
と語られるのです。

それは命令ではありませんでした。

後に私はその人に会ったとき、
先生がどうしてそのような表現をされたのか
分からないと言うと、彼曰く、
それは「伝道せよ」という命令なのだということでした。

その時私も悟ったのです。

このように象徴的、可能的、未来的に語られることで、
「今後このようになるからこれに対し準備せよ!」
という意味を伝えておられたのです。

私が何故このような例を語るのかと言えば、
統一思想に関しても、
このような未来的表現で命令されていたことを、
私も最初はわからなかったということを明かすためです。

文責:ten1ko2


私たちは直接お父様に接したことはありませんので、
とても貴重な証しであると思います。

李相憲先生の思想的な深い質問を
お父様が全体のみ言の中で
語っていかれる、そのやり取りを想像したとき、
李相憲先生も感銘を受けたでしょうが、
対するお父様がどれほど感激しながら
み言を語っておられたことでしょうか。

そのようにして、李相憲先生を
訓練していかれたのだと思います。

また、真のお父様が人を立てるためには
おそらく初期の頃は、命令するというのではなく
その人自身が自発的に決意した条件を立たせるため、
悟らせることが多かったのだと感じさせていただきました。

それが、人を愛していくこと
導いていくことの基本のありかたなのかと思います。

子どもにも、命令しても心は動かず、絶対にやりませんから。
とても根気がいりますが、お父様はすべてに
責任をもってくださりながら、
私たちを、育てつつ、摂理を進めて来られたのだと思います。

統一原理はお父様が原理原本を土台として
解明されたものでありますが、
原理講論は劉孝元先生が書かれました。

また、李相憲先生がまとめられた勝共理論、
統一思想もお父様のみ言を中心としたものです。

しかし、お父様ご自身でなく、
弟子が書いた条件を立てさせないといけなかったのだと思います。

皆様も聞いたことがあると思いますが、
原理講論には、間違っている部分がいくつかある、と言います。
しかし、お父様は「それでいいんだ」と語られました。

100%完璧なみ言であったら、
原理講論を否定し、批判した人は、
審判を受ける、といいます。

また、弟子が書いたものですから、
不信しても蕩減を受けることはないのです。

独り息子として来られた、
真のお父様の深い配慮があることを、
心から感謝していきたいと思うのです。。。




にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

「神明という名前なので、総長になることになっていた」 《UTS時代の神体験》



190810-shinmei.jpg


神明(しんみょう)先生のエッセイ。
今回は、「総長になるまでの試練の10年間」です。


1984年の春に博士号を取得してから半年間の紆余曲折を経て、
辛うじて1985年1月からUTSで、
パートタイムの、しかも助教授ではなく講師として
教鞭を執り始めるようになりました。

そのとき私は、非キリスト教国家である日本出身の者にとっては
大変な道が待っていると予見したので、
次のように祈りました。

「どうか、これから少なくとも10年間は
どんな試練や苦労があったとしても、
愛と忍耐で全てを受け入れて消化できる人間にならせてください。
その後に何が起こるかは全て神様にお任せしますから」と。

すると、不思議にも、ちょうど10年後の
1994年5月にUTS第2代総長に任命されることとなったのです。


ところが、どんな試練や苦労でも受け入れます
という祈りが聞かれたせいか、
その10年間は正にそのような期間となりました。

例えば、神学の科目を教えると、
なぜ日本人が教えるのかという批判の目で見られたりしました。

また、カイン・アベルの問題などで悩んでいる
学生やスタッフがいると、
直ぐに飛んでいって面倒を見てあげましたが、
点数稼ぎのためにそれをやっているのではないかと
讒訴する人もいました。

(ある人は)私のところにやってきて、
「今後一切、学生の面倒は見ないで欲しい」とさえ言いました。

また、伝道の重要性などを訴えると、
日本出身の教授から出た
傲慢な言葉にすぎないと一蹴されたりもしました。

さらに、私よりも後輩である米国人食口教授が
いろいろな面で優遇されました。

そのような状況を受け入れて耐えながら歩んでいると、
真のお父様がイーストガーデンでの指導者会議のときなどに、
私は(そういう立場ではないので)不在にもかかわらず、
突然「神明」とか「神明はいるか」と何回か言われたそうなのです。

しかし、そのようなことがあると、逆に陰で、
私をUTSから追い出そうとする画策さえなされるようになりました。

幸いにも、そのころには総長が
私を心から信頼するようになっておられたので、
その画策は総長の特権で否定されましたが。


そのような中で、1990年に起きた事件は忘れることができません。

私が教えることになっていた得意分野の
「三位一体論とキリスト論」というキリスト教神学の科目が、
直前になって一方的にキャンセルされてしまったのです。

そのきっかけはというと、外部から来ている
年配のカトリック系の哲学教授が、
「ドクター・シンミョウは日本人であるし、
彼の博士号はプロテスタント系神学校からのものにすぎないので
教える資格がない」という一言でした。

それを当時のUTS当局は即座に受け入れてしまうのです。
本来なら、いったん教えることに決まった科目を
キャンセルするには、教授会の適正な手続きを経なければなりません。

さすがの私も傷つき、悔し涙を流しました。

そのときは、日本人であることを少し悲しみましたが、
そのような暗黒の中からでも、
「二千年前のイエス様のように、また現在の真の父母様のように、
怨讐を愛し抱いて、乗り越えていかせてください」
と決意の祈りを捧げました。

すると、彼らを包んであげたいという不思議な愛の思いが湧いてきて、
悔し涙がなくなり、それが愛の涙に変わりました。

そして逆に、日本人であるからこそ、
このように身を低くさせられて、
かえって深い霊的体験ができるようになるという恵みに感謝しました。


いよいよ1994年になって、そのような私は、
UTSの学生として学び始められた、ある真のご子女様の目に留まりました。
そのご子女様は、悪というものへの
私の対処のしかたに感動されたようです。

それをすぐに真の父母様に報告されたのが
一つの大きな原因となって、
その年の5月に突然、私がUTS第2代総長に任命されたのです

(その経緯は「こちら」で紹介しています)

UTSの次期総長は韓国人であると皆が思っていました。
有力な韓国人候補者が二人ほどおられたので、
日本人の私が総長になったことは大きな驚きでした。

しかし、そのころ訪米されていた統一思想の李相憲先生は、
「これからは、韓国人でなくとも実力があれば、
組織の責任者になれるんだね。おめでとう」
と祝福の言葉を下さいました。

「実力」なんてとんでもない、
私はただ愛と忍耐をもって困難に対処してきただけだ、
というのが私の正直な感想でした。

真のお父様はその後、私に向かって
「神明という名前なので、
 UTSの総長になることになっていた」

とおっしゃいましたが、それ以上は説明されませんでした。


ここで思い出されるのが、
16世紀に宗教改革を起こしたマルチン・ルターのことです。

彼は、自分の体験から、
人間が救われ難いほどに罪深いことを知っていました。

しかし、そのような罪人が人間的な自己主張をするのではなく、
神様の前に自分の全てを捨てたときに、
神様もご自身の全てを自己否定されて、
罪人のレベルまで降りてきて愛してくださる、
とルターは認識するようになったのです。

ここに、罪と恩寵という、一見、
矛盾する二つのものが共存するルター独特の神学が成立しました。

私たち日本人も、罪深い民族であると言われて
差別されることがあるかもしれません。

しかし、自己主張するのではなく、
全てを捨てて神様と共に他人を愛したときに、
神様の無限の恩寵が降りてきて、
周りが復興してくるのではないでしょうか。

それが、日本が最終的には神側のエバ国家、
母の国として選ばれるようになった
一つの理由でないかと思います。

(一部割愛させていただきました
文責:ten1ko2)

信仰エッセー:UTS時代の神体験
神明忠昭
(*ただいま「世界家庭」に連載中です)


神明先生、貴重な証しありがとうございました。

日本に住んでいる者としては、
日本人というレッテルで差別されることはないわけで
「鵜の中の蛙」とか、「温室育ち」
という状態なのかもしれません。

逆に、日本にいると、海外から日本に来た人たちの、
文化・習慣や考え方の違いを理解できず、
疎外してしまっていることがあるかもしれません。

国の外に出て初めてわかることもあるでしょう。
海外で歩む方たちは本当に大変だろうな、と思います。

しかし、私たちの一挙手一投足が
過去の歴史の蕩減復帰の道であることを思うと、
海外での歩みがどれほど貴いでしょうか。

若いころ、自分が本当に幼く、罪深いと考え、
「試練を感謝して受けるので、与えてください」
と祈った時がありました。

その期間は本当に苦しいことが多かったのですが、
乗り越えていく中で、一つの壁を突破したように、
心情的な飛躍を実感したことがありました。

やはり、試練のあとは恵みがくることは、
間違いありません。

神明先生のように、
目の前の人をただ愛することに
投入していく
そういうことが貴重だと思うのです。




にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:30 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

「あの男は、かわいそうな男だったよ」 ☆クリスマスにイエス様の証し★



171118 19650131.jpg


クリスマスの今日は、
イエス様にまつわる以下の証しを紹介します。

草創期に導かれた777双
増田勝さんの証しです。
(一部、省略しています)


私がどのように真のお父様
に出会ったのかをお話ししましょう。

1965年1月に、真のお父様は日本に聖地を
決定されるために来日されました。
そのときが、私にとっての真のお父様との
最初の出会いでした。

真のお父様もうれしそうに、
元気にみ言を語り続けてくださいました。

満面に笑みを浮かべての説教でした。
一動作、一動作に
“こんなにもあなたたちを愛している”という、
真のお父様の世界を感じ取りました。


話が進んで、お父様が
「何か聴いてみたいことがある?」と、
私たちに問われました。

「UFOは存在しますか?」などと、
面白い質問が出ました。
中には、全くばかげた質問もありました。

そのとき、だれかが手を挙げて質問しました。
「イエス様はどういうかたでしたか?」。
この質問には深い意味が隠されていると思います。

そのときに、真のお父様がどのように答えられるか、
その答えが、私にとっては非常に大切な答えだったのです。

クリスチャンとしての私にとって、
イエス様は「救世主」です。
それは、統一教会に来てからも変わらないのです。
むしろ、既成教会にいたときよりも
大きな位置を私の中では占めていました。


そのとき、真のお父様は一瞬、天井を見られてから、
すぐに下を向かれました。

そのとき、答えはどのように発せられるのかと、
会場はシーンとなりました。

ボタボタと、水滴の落下する音がしました。
その後、再び真のお父様が真正面を向かれたとき、
それが、お父様の涙が床に落ちた音だと知ったのです。

そして、静かに語られました。

「あの男は、かわいそうな男だったよ」

この一言は、私と真のお父様との重要な出会いとなり、
絆を結ぶ言葉となりました。


しかし、この言葉は、
イエス・キリストを信じないで来た人、
その反対にイエス様を深く愛した
クリスチャンであるけれども、
「(統一)原理」を聴く機会を逃した者にとっては、
考えることのできない言葉です。

イエス様を「あの男」と言われたのです。
聞き方によっては、非常に乱暴な言葉でした。

でも、その言葉を聞いたとき、
震えるほどに私は感動したのです。
そして、“このかたはイエス様である”と思いました。

2000年の時を超えて、
“イエス様が、ここにお立ちになっておられる”
と思ったのです。

普通であれば、イエス様を三人称で呼ぶ場合、
「あのかたは…」と敬称をつけて言うでしょう。
ところが、真のお父様は「あの男」と言われたのです。
普通、会話で自称に敬語は使用しません。

真のお父様が、イエス様を「あの男」と言われたのは、
自称で言われたのです。

「あの男」と語られた真のお父様は、
イエス様を客観的に見詰めるのではなく、
十字架をご自分の痛みとして、
無念の心情を見詰めておられたのです。

だからこそ、「あの男は、かわいそうな男だった」
と言われたのです。

そのとき、時を超え、歴史を超えて、真のお父様は
イエス様を見詰めておられるからこそ、
私は“このおかたは、イエス様である”と思ったのです。

“イエス様の再臨として、目の前にお立ちになっている”
と思いました。

そのとき、名実共に、真のお父様はイエス様の再臨として、
私の心の中で合致したのです。

(一部編集、文責:ten1ko2)


改めて読み返しても、
お父様のイエス様に対する心情が偲ばれます。。。

お父様が初期のころに語られた説教は、
イエス様に関するみ言ばかりでした。
語れば涙、祈れば涙。。。

それなのに、お父様は、異端視扱いされ、
多くの迫害を受けました。
まさにイエス様と同じような道を行かれたのでした。。。

私たちもイエス様の心情を受け継ぎ、
真の父母様の心情を受け継ぐ者として、
正しく、そして堂々と証しをしていきたい、
そのように思わされるのです。






にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:12 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする