2015年02月28日

もうすぐ基元節2周年! 米国での天の父母様の日は?!



timthumb.jpg
☆天の父母様の日 午餐会☆


一人を復帰するだけでも、
一人の運命を変えるだけでも、
それは成功なのだということです。


ハワイにおけるみ言



最も重要なことは真の父母様の生涯と文化のうちに
私たちの根を深く張るということです。
葉は散り、枝は折れるかもしれません、
しかし信仰の根が強ければ天の樹は大きく成長するでしょう


(キム・ギフン会長)


森山先生の証しを一休みして、
今日は、アメリカ、マイケル・バルコム会長の
メッセージを紹介しようと思います。
(一部 編集しています)



20150219.png


皆さん、こんにちは。
マイケル・バルコムです。
今、イースト・ガーデンにいます。
たった今、48回目の「天の父母様の日」(神の日)
をお祝いしたところです。
供え物の祭壇を築き伝統に従って誓いの言葉を述ました。
熱心に祭壇準備して下さった兄弟姉妹に感謝します。

今日の式典で、ハワイで2カ月間、
真のお母様と共に過ごして来られた
キム・ギフン(大陸)会長がメッセージを下さいました。
キム会長は「最も重要なことは真の父母様の生涯と文化のうちに
私たちの根を深く張るということです。
葉は散り、枝は折れるかもしれません、
しかし信仰の根が強ければ天の樹は大きく成長するでしょう」
と言われました。

今年、2015年は羊の年です。
羊は、多くの愛を与える父母の心を意味します。
真のお母様は羊の年のお生まれです。
今年は本当に特別な羊年(未年)です。
200年に一度の特別な羊年です。
今年は天一国3年であり、
特別な羊年の2015年です。
真のお母様を中心に天一国3年に偉大なことが起こると思います。

ラスベガス、ハワイでの長い滞在の後、
お母様は韓国に戻られて兄弟姉妹に
素晴らしい導きの言葉を下さいました。
それは、一人を復帰するだけでも、
一人の運命を変えるだけでも、
それは成功なのだということです。
この言葉を今年、天一国3年のモットーにしたいと思います。

真の父母様を中心にして原理の真理性と
真の父母様の祝福の力を信じるとき、
人々の人生を変えることができるでしょう。
また真の父母様の摂理の何か一つでも自分のものとして、
主人意識を持ち、発展させることが大切です。

先週末ラスベガスで開催された、
第2回の年次オーシャン・サミットはその代表的なものと言えます。
これは海洋に対するお父様の愛とビジョンを愛し
未来に継続させようと願う兄弟姉妹の集いです。
そのための援助を求めるのでなく、
海洋ビジネスで経済基盤を作り、オーシャン・チャーチ摂理、
青年教育などを行っています。

お父様がお好きだったプロジェクトを取り上げ、
責任を持っていこうという姿は素晴らしいものでした。
私たちも今年はそれを見習っていきたいと思います。

真のお母様、愛しています。
真のご父母様、愛しています。
今年を素晴らしい年にします。
神様の祝福がありますように。




キム・ギフン会長の言われる如く
信仰の根を強くすることを意識し、
また、お母様の語られる如く、
「一人を復帰するだけでも、
一人の運命を変えるだけでも、
それは成功なのだということ」
そのことを強く意識して
生活していきたいと思います。

2月も今日で終わり、
あと3日で基元節2周年を迎えます。

歴史的な、天宙的な節目を作ってくださった
真の父母様に改めて感謝しながら、
その日を迎えるまで、
さらに心情を備えていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2015年01月20日

出掛けよう、伝道に! リバイバルと新生の年、ラスベガスの奇跡をハワイに連結?!



timthumb.php0115.jpg

新しい出発、新天新地とは、
未知の新しい国を発見することではなく、
新生、再建、復興を意味している

最良の方法は、
外に出て伝道をすること──



ファミリーフォーラムに
アメリカ・バルコム会長の
メッセージが掲載されています。

一部、抜粋して紹介します。


皆さん、明けましておめでとうございます。
2015年が天の父母様の祝福と恵みに満ちた
素晴らしい年になるという私の願いと確信を
今一度皆さんにお伝えしたいと思います。

先週の日曜日にニュージャージーのクリフトン教会に行き、
「新しい年と新しい私」というテーマで説教をしました。

神様が言う新しい出発、新しい国、新天新地とは、
新しくどこかから人を連れて来たり
未知の新しい国を発見することではなく、
新生、再建、復興を意味しているのです。

そして神様は、今年が私達の運動にとって
リバイバルと新生の年となることを期待しておられます。
もちろんこれは私たちの取り組むべきことです。

その最良の方法は、私の最近の経験からすると、
外に出て伝道をすることです。

先週、ラスベガスで体験した素晴らしい伝道の話をしました。 
うれしいことに私が出会ったゲストが継続して
統一原理を意欲的に学んでいるということを聞きました。

神様はあらゆる所に人を準備してくださっていて、
私たちはただ口を開いて真の父母を証すれば良いのだと思いました。

ラスベガスで実践できなかった人には素晴らしいお知らせがあります。
次の日曜日(1・18)から3週間ハワイで行われる伝道活動に、
真のお母様が希望者を招いておられます。

1月にハワイは難しいとお思いでしょうが
誰かがやらなければなりません。
全てのメンバーが参加できます。
3週間あるいは、1週間か2週間でも
ハワイのホノルル教会のメンバーと一緒に伝道しましょう。

ハワイ大学のキャンパスでの伝道、
そして、旅行者の多いワイキキ・ビーチで
イブニング・プログラムをする予定です。

今が私たちの人生を大きく変える時だと思います。
伝道活動や氏族メシア活動が停滞していて
今年も去年と大差ないと感じている人は
“Carpe diem! Seize the day!(今を生きろ)”です。

真のお母様の招きに応えてハワイに行きましょう。
観光もできますし、コナまで足を延ばせば
真の父母様の基台を見ることができます。

これは素晴らしい機会です。
私たちが新しい出発をするための重要な機会となるでしょう。

真のお母様はラスベガスを発たれてハワイにおられます。
お父様とお母様は過去何度もハワイを
祈りと瞑想の基地とされてきました。 
1991年に歴史的な北朝鮮訪問を計画されたのもハワイでした。

真のお父様は2007年を
神様の摂理の安息年(jubilee year)であると
ハワイで宣布されました。
環太平洋時代について初めて語られたのもハワイでした。

是非、当時のみ言を読み返してください、
必ず勇気づけられます。

天国は築かれ、韓国・日本と共にアメリカが
その中心的役割を果たす事を、
お父様は確信しておられました。

皆さん、年の初めに当たって、私たちは偉大な貢献をするために、
神様に呼ばれた者であることをもう一度考えてみてください。

お母様は私たちを「奇跡を生み出す者」と呼ばれ、
「大きく考えなさい」と言われました。
2015年における、皆さんの成功をお祈りします。



バルコム会長ご自身が、
ラスベガスの最前線で伝道をされ、
そこで導かれた方が、継続して
学んでおられるそうです。
本当に素晴らしいです。

バルコム会長は、
「神様はあらゆる所に人を準備してくださっていて、
私たちはただ口を開いて真の父母を証すれば良いのだと思いました」
と言われていますが、
これは、アメリカと日本では
少し違いがあるのかな、と感じます。

実際の人口よりも
宗教人口のほうが多い日本ですが、やはり、
「宗教」という言葉の印象があまり良くない気がします。

それでも、日本人は「神様」が好きな民族です。
その顕著な例が正月の初詣でしょう。
新年に神社や寺院などに参拝し、一年の感謝を捧げたり、
新年の無事と平安を祈願したりします。
警察庁の発表では、正月三が日において、
日本人が初詣する延べ人数は何と9939万人です。
日本の総人口1億2千700万人ですから、
本当に多くの人たちが初詣に参じます。

「一年の計は元旦にあり」というように、
計画をしっかりと立てるためにも神様に祈願して
出発する風習として受け継がれてきました。
そのように、1年1回の恒例行事のように参拝しても、
日々の生活の中で、もっと神様を中心とする生活をすることが大切でしょう。

『だからこそ、私たちが
本当の神様の存在を正しく、
そして、堂々と伝えていかないといけないのではないか・・・』
バルコム会長の映像を見ながら
改めて感じさせていただきました。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2015年01月17日

ラスベガスの奇跡! 統一教会史に名が刻まれる?! 《お母様のみ言・伝道の証し》



c405afd6b352c8e2bf8469bad8b88f01-600x400.jpg


あなたがたが伝えなければ、
人々は真の御父母様を知ることはできません。

真のお母様



バルコム会長のレポートにもありましたように、
ラスベガスにおいては、
韓国CARPなど、韓日米伝道チームが
2週間の奇跡的な歩みをしました。

真のお母様が直接に主管され、語られたみ言、証しなど、
ファミリーフォーラムに紹介されていた
金起勲(キムギフン)会長の
盛りだくさんのお話の中より、
一部を抜粋・編集してお伝えします。


真のお母様は、ACLCの牧師、クレーンズクラブの参加者に話され、また
アメリカの統一家と彼らのゲストのためのクリスマスのサービスを持ちました。
そして、1,200人以上が そこに集まりました。

同時並行して、2週間の伝道活動が進行中でした。
韓国から約40人が、そしてアメリカ人のCARPメンバーと
国際Peace Educationセンターセキュリティ・チームが参加しました。
そこで、真のお母様は彼らに尋ね、言われました。


「どうしたら、より真の御父母様に
侍ることができるでしょうか?

あなたがたが伝えなければ、
人々は真の御父母様を知ることはできません。

このことが、あなたがたが
真の父母様に侍ることです。

出かけてください。
そして、人々に話しかけて、
真の父母を証してください。」



彼らは、アメリカの人々を伝道したことが一度もなかったので、苦闘しました。
彼らはどうやって会話しますか?
韓国の伝道チームは、ここ、ラスベガスでの伝道経験が一度もありませんでした。
しかし、彼らは730人のコンタクトリストを得ました。
Emailと住所をもらいました。
また、その内で61人が原理講義を聞くためにCARPセンターに来ました。
これはたった1週間未満で起こったことです。
彼らは英語を話せないのに。。。

そして、730人の内330人は、見込みのあるゲストで、
教会に入会する可能性のある、好意的な人です。
彼らは私たちの日曜礼拝に来る予定にしている人たちです。

真のお母様はこの伝道活動を通して、
私たちは成し遂げることができるということを示したかったのです!


「私は、この英語を話せない、
アメリカに来て1週間しかならないグループが
730人のコンタクトを持つことができ、
61人にみ言を伝えることができたことを示しました。

それは可能なのです。

アメリカのメンバーに、訴えなさい。
座って待っていても人は来ません。
そのようなことは不可能です。

出て行って、真の父母を
証していかなければなりません。
そうすれば、人々は聞くようになります。
私たちは、それができるという事実を見ています。」



と、お母様は話されました。

キーワードは『証しなさい』です。
真のお母様は話されました。


「真の父母を証しなさい。
出て行って、人々に話しかけなさい。
そうすれば、人々は聞くようになります」




奇跡的な証がたくさんあります。
1人の女性が、真のお父様の自叙伝を受け取りました。
そうしたら、次に、それを読み始めるよう勧める夢を見ました。
彼女はfamilyfed.orgウェブサイトに行き、
そこでACLCの会議がラスベガスであることがわかりました。
それで、彼女はこの会議に参加したのです。
彼女はお母さんで、美しい家庭をもっています。
その次の週、夫を含む8人の家族を連れて日曜礼拝 に参加しました。
そしてまた、今週の日曜日にも、彼らは、日曜礼拝に参加してくれました。

とても素晴らしいことに、霊界は真の御父母様を協助してくれています。
そして天上の真のお父様と地上の真のお母様は
私たちを援助(協助)してくださっています。

私たちは具体的な行動にでなければなりません。
そして、それが私たちが見落としているところであり、欠けている点です。
ここ、ニューヨークでは、ACLCが とても多くのメガ教会牧師に接しています。
神様と真の御父母様に対する絶対信仰と自信を持ってください。
そうすれば、私たちは偉大な勝 利を勝ち取ることができます。


マイケル・バルコム会長とマイケル・ジェンキンス元会長および、
新副会長の、マリー・カリー、ミルハン・スチーブンス牧師両氏
さらにWFWPの新副会長、カトリーナ・コナリーが、ラスベガスに来ました。

私は、韓国・日本・米国の2週間の伝道プログラムが終わった後に、
真のお母様に新副会長たちを紹介したかったのです。

しかし、紹介した時のお母様の最初の質問は
「新副会長たちは、
2週間のプログラムのために伝道に出かけましたか?」
というものでした。

私は、「いいえ、お母様。2週間はしませんでしたが、
3日間伝道に出かけました。」
とご返事しました。

お母様の次の質問は
「誰かゲストを連れてきたのですか?」
ということでした。

「はい、お母様!」と、彼らは言いました。
「私たちは3人のゲストを連れて来ました。」

お母様はこの答えを聞かれて、深刻な状況から穏やかになられ、
より親しみ深く接してくださいました。
真のお母様は、心を開かれ、美しい笑顔を微笑まれました。

その時に真のお母様がこれらの若い統一運動のリーダーたちに
話された内容を決して忘れないでしょう。


「これからあなたがたが何をするか、
どんな人間になっていくかは、
統一教会歴史に刻まれるでしょう。」



私は今までの人生でそのようなメッセージを聞いたことがありません。


「奇跡を起こす者になりなさい。」

と、お母様は言われました。

奇跡を起こす者となれ。
神の奇跡を待つな。
神に似たものとなり、真の父母様に似たものとなり、
イエス様と似たものとならなければなりません。
奇跡を起こせ。
真の御父母様とわが教会に奇跡をもたらしなさい。

Kodan USA 公開サイト より
金起勲北米大陸会長のメッセージ 2014年1月7日
(許可を得て掲載しています)



真のお母様の一番の願いは何でしょうか。
それは、『真の父母を証ししなさい』
すなわち、伝道です。
それが真の父母様に侍ることなのだ、
そのように言われているのです。

そして、アメリカの責任者たちにも
伝道したのか、質問されていました。

1週間のうちに61名ものメンバーが
CARPセンターに来場したということ。

また、自叙伝を受け取った女性が
ACLCの会議に参加しただけでなく、
家族8人で日曜礼拝に参加したこと。。。
本当に奇跡的な証しですが、
現実に起こっています。

真の父母様を知っている人はこの世には多くいます。
しかし、正しく知っている人はほんの一握りです。
正しく知ってもらうためには、どうしたらいいのでしょうか。
正しく知っている人が、伝えなければ、
誰も伝えないのではないのではないでしょうか。

すなわち、正しく知っている人、
つまり私たちが外に出て、伝道すること、
天と真の父母様を証しすること、それが天の、
そして真のお母様の最大の願いであると思うのです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
参考にどうぞ
ラスベガスは新年から伝道ダッシュ?! 《バルコム会長の報告・証し》
 



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)