2014年08月23日

「前進せよ! 私を追慕するも良いが頼るな!」 聖和記念式典で受けた恩恵



ImageProxy-600x424.jpg


「前進することを期待しているよ。
私を追慕するも良いが私に頼るな。
神様の願う通りに前進し行動しなさい。」
というお父様の励ましと愛を受けました。



聖和2周年の恩恵を受けながら
日々歩めることを感謝せざるを得ません。
今日は、アメリカ、マイケル・バルコム会長の
訪韓時の週刊ビデオメッセージの紹介と、
そんな恩恵を感じる伝道の証しの
2本立てでお送りします。


皆さん、こんにちは。
韓国からお伝えします。
この数日間、真のご父母様と共に
素晴らしい時を持つことができました。
皆さんもインターネットを通じて
真のお父様の聖和記念式典をご覧になったでしょう。

昨日、お父様の御身体を収める本郷苑に行き
お父様を身近に感じるひと時を持ちました。
草の中に立って鳥のさえずりを聞いていると、
アメリカの聖地巡礼の時と同様に、
お父様の臨在を感じました。

「前進することを期待しているよ。
私を追慕するも良いが私に頼るな。
神様の願う通りに前進し行動しなさい。」
というお父様の励ましと愛を受けました。


その後、お母様とお会いしましたが、
統一運動すべての責任を背負っておられるにもかかわらず、
それを外に見せる事無く、落ち着きのある、
威厳に満ちたお姿にはいつも驚かされます。

お母様は私たちを励まされ、慎重に報告を聞かれた後、
すべて一言二言で要約されます。
お母様は「真の父母様がいつも共にいる」と言われましたが、
私たちにとって感動的な言葉でした。

今、年2回開催される指導者会議の最中です。
毎年いくつかのトピックについて討議されます。
今回は「祝福家庭と祝福の未来」と天一国憲法に関する事が討議されました。

将来、資源と資産をいかにして真の父母様のもとに
維持していくかが討議されました。
私達が去った後、未来の世代にご父母様が残されたものを
相続させていくことを考えるのは大切なことです。

最後に、アメリカのエンターテイメントチームは素晴らしかったです。
オープニングのGPA(グローバル・ピース・アカデミー)によるダンス、
素晴らしいバレエとブレイクダンスの競演。
みんな懸命に練習して、2万5千の観衆と
世界中のインターネット視聴者の前で
最高のパフォーマンスを披露しました。
彼らを誇りに思います。

シンガ―も素晴らしく、皆がよく知っているアメリカの曲で
韓国の聴衆の心をつかみました。
真のご父母様が40年間アメリカで成し遂げられたことを誇り、
感謝し、その上にさらに築いていく決意を示す意味で、
アメリカにとって良い日に成りました。

アメリカに戻って皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

聖和記念式典レポート ― バルコム米国会長
(他の方のスピーチは省略しています。)



バルコム会長は、真のお母様に対して、
すべての責任を背負われながら、
落ち着き威厳に満ちたお姿に感動しておられます。

お母様の元で、接しておられるので、
これは実感しておられるからこそ、
出てきた言葉なのだと思います。



先日、路傍伝道でともに歩んだ婦人の証しを紹介します。
演説をしていたら、突然、神様が入ってきて、
涙ながらに神様の存在を訴えていったそうです。

実は、聖和2周年を前後した1週間、彼女は
清平の修練会にお母さんとともに参加していました。
そこで、熱心に役事をしていく中、
「本当に神様を証していきたい」
そのように感じさせられた、と言います。

それで、いざマイクを持ったら、
その時の思いが蘇ってきて、
神様のことを話さざるを得なかったのだそうです。

そのとき、彼女の話をずっと聞いている人がいました。
別の婦人がそのことを見ていて、
その人に声をかけ、教会の紹介をしたら、
今度、教会に来ることになりました。

また、演説をした婦人が別の女性に声をかけましたが、
その方も先日、教会に来られて、
勉強をすることになりました。

実は、その女性。
いろんな宗教を遍歴していて、
現在信仰している、ある宗教団体を
紹介しようと思っていたのだそうです。
いわゆる「逆伝道」です。

しかし、婦人の熱意で
「とりあえず、行ってみようかな。
また、あとで自分の信仰しているところの話をすればいいから」
そんな風に思って、教会を訪ねたのだそうです。

教会長の講演会が素晴らしく、
「自分が求めていたところだ」
ということで学ぶことになったのでした。

そういう証しを通しても、
「真のお父様がいつもともにおられる」
このことを実感しておられる真のお母様のごとく、
私たちがどれだけそのことを実感して歩むことができるか、
それが本当に重要なのだと思います。




六千万人の日本の女性たちは、
すべてお母様の分身です。
お母様の苦労を体恤し、
体験できる生活をしなければなりません。
教えて分かるものではないのです。
お母様が涙を浮かべる生活をするときは
自分たちも涙を浮かべる、
そのような体恤圏をもたなければならないというのです。
一体になるのです。
そのようになれば、お母様が空腹を感じるときに
自分も空腹を感じ、自然と涙が浮かびます。
そのように体恤しながら、
「ああ!お母様にもこのようなことがあるのだなあ」
と思うのです。
そのごとくに体恤するのです。
一体圏ができなければなりません。


(「真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道」より)




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

2014年08月21日

人類は一家族! 神様をこの国に取り戻そう!! 《米・バルコム会長スピーチ》



10306741_822757217742916_6344469506427408405_n.jpg


神様は言われました。
『私の真理を伝え、祝福し愛すれば、
後は私が責任を持つ』


以前、御紹介しましたように、
聖和2周年に向けて、アメリカでは
聖地巡礼ツアーを捧げていかれました。

聖地ツアー最終日、オレゴン州ユージーンでの
マイケル・バルコム会長のスピーチの
動画が掲載されていました。

43日間の聖地巡礼を見事に果たされた会長ですので、
何か、霊的にとても研ぎ澄まされた感じがします
皆様にも紹介したいと思います。


この43日間考え続けました。
「アメリカに対する神様の希望は何か」ではありません。
その答えは知っています。
「この次に何をするか」これです。

これについて考えた人はいますか?
手をあげて下さい。
ほとんど全員ですね。
率直に言うと私がその答えを得たのは
1時間前、ユージーンの聖地で祈っている時でした。
ヘンドリックス公園の聖地でした。
まだ行った事のない方はこの礼拝の後是非行って見て下さい

神様は私にこう言われました
『なぜそんな初歩的な質問をするのか
次に成すべきことははっきりしているではないか』
『お父様が次に成したことをすれば良い』
『お父様がアメリカ路程の最初に行った
全米聖地決定ツアーを果たしたのなら、
次にお父様がしたことをするのだ』


真の父母様は次に何をされたのか。
ご父母様はアメリカに復興と祝福を与えられました。
当時まだわずかだったメンバーを呼んで祝福を与えられました。

アメリカでの祝福式は本当にささやかなものでした。
13組にすぎませんでした。
いまではオリンピックスタジアムに入りきれないほどの
数のカップルに祝福を与えられますが。

最初からそうではなかったのです。
初めの頃は10組のカップルを
見つけるのも難しかったのです。
後には私達自身でするように言われました

2番目にお父様がしたことは、み言の教育でした。
増え始めた教会員に対するものだけでなく
アメリカ全体を対象とするものでした

「アメリカに対す神の希望」「アメリカは神の希望」の講演文を読めば、
お父様がアメリカ全体に対するビジョンを持っておられた事が分かります。
決してそれは一教派のためだけのものでなく、
すべてのアメリカ人に向けられたものでした。
お父様は2番目にそうされました。

3番目に、尽したにも関わらず迫害を受けられました。
終にはダンベリー監獄に投獄されました。
今からちょうど30年前です。

つまり、最初に聖地を決定され、
次に祝福結婚を授けて原理で教育され、
必要とあらば投獄も甘んじて受け入れる、
そういう路程を歩まれました。
このように残りの生涯を歩まれました。


70年代、お父様はよく
「小さなRev.ムーンになりなさい」と言われました。
「私がやったように皆もやりなさい、
いや私以上にやりなさい」このように言われました。

そのみ言の通り実践して来なかったことについて
後悔や反省をします。
いまだに出来ていません。
小さなRev.ムーンに成っていないのです。

ご父母様は私たちに、周囲の人に祝福を与えることを願っておられます。
『家庭に困難を抱え仕事も
不安定で信仰すら不確かなのに、
人に祝福など与えられない』
と思うかもしれませんが、
それは間違っています。

祝福は神様の祝福であって私たちから来るものではありません。
神様は私たちを通して祝福を周辺に与えられるのです。
そのためにはあれこれ考えるのではなく自分を無にすることです。
そうすれば神様が役事できるのです。祝福できるのです。

(2つ目は、)この聖地巡礼の間、何度も言いましたが、
われわれは神様のみ言を伝えなければならないということです。
私たちには莫大な量のみ言があります。
新たなみ言を作り出す必要もなければ、
神学校に行って話すべきことを学ぶ必要もないのです。
もちろんそれも役に立ちますが―。

真のご父母様の講演文の中にすべてあるのです。
強く雄々しく自信を持ってそれを教え広めなければなりません!
それを今から始めなければなりません。
原理のみ言を真剣に伝えるのです。
真のご父母さまのみ言を伝えるのです。
それを毎日やるのです!

バスの運転を担当したポールによると
このツアーの全走行距離は14111マイル
(約22710キロメートル)だったそうです。
14000マイルを2014年に走りました。

111を我々の目標にしたいと思います。
一か月一人ではなく毎日一人ということです。
数ヶ月前にお母様がこう言われた時、
「お母様、それは不可能です」と思いました。
神様は『いや、できる』と言われます。

私たちは一日に30から50人の人と話しをしてきました。
あとは決意するだけです。
少なくとも一人にみ言をつたえるなら
必ず恵みを受けるでしょう。
簡単な話です。
実際簡単なことです

『そうするだけでいい』と神様は言われました。
『私の真理を伝え、祝福し愛すれば、
後は私が責任を持つ』
この聖地巡礼ツアーで私はそのことを学びました

お父様が行かれた道を辿り、今からそれに取り組んでいきます。
聖地を廻ることから始めて、証をすること
そして神様が私を通して祝福を与えられるという自信を持つ。
そして最終的にアメリカを神様にお返しする・・・。
できますね?



バルコム会長のメッセージは、
アメリカの食口だけでなく、
祝福家庭である私たち一人ひとりに
語られているメッセージであることを
切に感じます。

最後に、お父様の講演文
『アメリカは神様の希望』を訓読されているので
その部分を紹介して終わります。
もちろん、『アメリカ』のところは、
『日本』と置き換えるべきですよね・・・



私たちは謙虚にならなければなりません

この瞬間から
地上で最も偉大な運動を始めなければなりません
神様をこの国に取り戻す運動です

私たちの誇りも富も車も大都会も
神様が離れてしまえばただの塵にすぎません

私たちの家庭、教会、学校そして国に
神様を再び迎えなければなりません
神様の目的に向かって働き始めなければなりません
神様をこの国に再び迎えて、
神様と共にあることを生きた現実にしなければなりません

それが成されるならば、世界の他の国々も
アメリカに続き、自分の国を神の国にすることでしょう

そして私たちは神様の下、一つの親を持つ
真の兄弟姉妹になるのです
それは愛の世界であり、幸せの世界です
地球が一つの家になり、人類は一家族になるのです

神様が創造の初めから願われてきた
み旨がついに成就するのです
これこそ神様の永遠の理想世界です

私たちはこの手でそれを成し遂げるのです
これは私たちの至高の使命です
神様の与えたもうた神聖な使命です

神様が世界に呼ばわるための道具になるのです
神様の召命に応えなければなりません
神様の命令に従い地上天国に向けて雄々しく
進軍を開始しなければなりません

いかなる困難も我々を止める事はできません
私たちの進軍は最終目的地まで続くのです

愛するアメリカ市民の皆様、
今日、われらの忠節と献身をもって
この聖業を成し遂げることを全能の神に誓いましょう

紳士淑女、兄弟姉妹の皆様、
神の名のもと一つとなり
共に地上天国を築こうではありませんか!





応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

2014年08月10日

アメリカも準備OK!! 聖和2周年に向けて聖地巡礼ツアーを奉献



1003645779P1030023-600x337.jpg


皆さんの努力で皆さんがよく成長すれば
先祖の位置に上ることができる!


二世修閉会式でのみ言



アメリカ、マイケル・バルコム会長の
週刊ビデオメッセージです。


皆さん、こんにちは。
マイケル・バルコムです。
ご覧のように今、アラスカ州コディアックの
ノースガーデンに来ています。
ここは真のご父母様が30年間
アラスカ摂理に投入された貴重な場所です。
今週は特別な一週間でした。
日曜日にオレゴン州ユージーンで
聖地巡礼ツアーを終えました。

これで、43日間で48州の55か所を廻る
聖地巡礼は幕を閉じました。
何度もお父様の臨在を感じる
感動的で謙虚な気持ちにさせられる旅でした。
この聖地巡礼の成功をサポートしてくれた
すべての教会と兄弟姉妹、
すべての人々に感謝します。
その翌日にはハワイのコナに行き
真のお母様にお会いして
キム・ギフン会長と共に聖地巡礼の報告をしました。

お母様にオレゴンの兄弟姉妹が作ってくれた、
最初の聖地と最後の聖地から採って来た
石の記念品を贈りました。
またその日はハワイ修錬会の最終日でした。
韓国、日本、アメリカを含む全世界から
約50人の二世達が集まり2週間の修錬を
直接お母様から受けました。
何人かの修錬生に感想をたずねると、
「素晴らしかった」と答えました。

修錬会では真のお母様ご自身が
明快な指導をして下さいました。
お母様は「皆さんは、世界の罪と混乱を洗い流す
純粋な水になりなさい。
そして兄弟姉妹、同級生に
ご父母様のビジョンを伝えなさい」
と言われました。
このような若者たちを見て感動しました。
その後すぐに私はホノルルに行きました。
40人の兄弟姉妹がホノルルの聖地に集いました。
巡礼のメッセージを本土だけではなく、
残りの二つの州にも伝えることが重要だと思ったからです。

昨晩、ご父母様の精誠によってすでに聖別されている
このノースガーデンの地に、
私たちは新たに聖地を立てました。
生きた真のご父母様を感じる素晴らしい体験をしました。

オーシャンチャレンジが始まって今、多くの若者がここにいます。
私も釣りが好きなので天気はよくありませんでしたが、
なんとかハリバットが数匹釣れました。
今回の本当の恵みはご父母様、
特にお父様の海への愛を感じることができたことでした。
お父様はよく「アラスカ精神」、
困難を克服する重要性について話をされました。

あと数日で聖和2周年記念日です。
私たちもお父様のスピリットを
今までになく身近に感じています。
来週の月曜*には是非、韓国からの中継をご覧ください。
私も韓国に行ってお母様にお会いする機会を与えられました。
来週その報告をするつもりです。
聖和記念日までの数日間、ご父母様を思い、
天のお父様と地上のお母様を勇気づけましょう。
神様の祝福がありますように。 


1003645779P1030201-600x337.jpg
共に「サランへ」を歌われるお母様
二世修閉会式

*アメリカは時差により月曜だが
日本では現地と同じ火曜日となる


バルコム米国会長―週刊ビデオメッセージ 8月8日2014



43日間で48州55箇所を回った
全米聖地ツアーでした。

アメリカは、50州ですから、
ハワイとアラスカを回られて、
本土での天運を連結されました。

また、ハワイには、ホノルルの聖地があるそうですが、
アラスカには聖地がなかったようですね。
お父様は、アラスカ・コディアクの地で
精誠を捧げていかれましたから、
聖和2周年を迎える前に、
全米で聖地を作られたということも、
アメリカがこれから発展していくことを感じます。

聖和2周年記念式では、在米のメンバーたちが、
素晴らしいエンターテイメントを用意しているそうです。
楽しみにしていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)