2014年07月27日

ナイアガラは神の愛の奔流?! 〈米聖地巡礼ツアーGOD'S HOPE for AMERICA〉


moon_web_2269_s630x972.jpg


第24回七・一節 第18回七・八節
おめでとうございます。

久しぶりに、マイケル・バルコム米会長の
週刊ビデオメッセージを紹介します





皆さん、こんにちは。マイケル・バルコムです。
ご覧の通り聖地巡礼ツアー(GOD'S HOPE for AMERICA)は
ここナイアガラの滝に到着しました。
「そこに聖地はないのに」と不審に思う方もいるでしょう。
1965年の真冬にお父様は、まさにこの地に立たれて
氷点下の寒さにもかかわらず
長時間ナイアガラの滝を見つめておられました。
お父様は後に
「ナイアガラの激流は神様の愛の奔流を連想させる」
と言われました。

聖地巡礼ツアーは本当に感動的なイベントです。
どこに行っても神様の愛と臨在に圧倒されます。
そればかりでなく、真の父母様を近くに感じます。
また、各地で兄弟姉妹が愛をもって歓迎して下さり本当に感動しました。

しかし巡礼バスの訪問は決して終わりではなく始まりです。
本当の活動はバスが聖地を離れた時から始まるのです。
その瞬間から統一原理と真の父母様についての福音を伝え
伝道を続けることが重要なのです。
このツアーはそれを実践しやすいものにしてくれました。

人々に「神様のアメリカに対する希望は何だと思いますか」と聞く時、
ほとんどすべての人は何らかの答えを持っています。
GOD'S HOPE for AMERICA.orgという充実したウェブサイトや
他にも教材を準備しているので、
真の父母様について学ぶ事が簡単になりました。
嬉しいことに全国的に活動が勢いづいて活発になって来ています。
巡礼バスがすでに訪問した地域の人々も、
私達が交わした約束を忘れずどうか毎日、
最低一人の人に天の父母様の良き知らせを伝えて下さい。

(中略)

またアメリカから、過去10年20年の最高のエンターテイナーを主役にした
素晴らしいエンターテイメントを準備しています。
お父様とお母様が深く愛された愛国的な歌で構成されています。
聖和記念式典の8月12日をお楽しみに。
その約一カ月後の9月20日にはここアメリカでお父様を讃え、
その生涯と業績を記念する式典を行います。

先週の金曜日にコネチカット州ダンベリーに行ってきました。
お父様のダンベリー刑務所収監から30年が経ちました。
御存じかも知れませんが、お父様に対する
謝罪キャンペーンを行っています。
最低でも1万2千人のアメリカ人に、
お父様を公正に扱わなかった事を認める、
真のお母様に宛てた謝罪の手紙にサインしてもらいたいと思っています。

当時多くの宗教指導者をはじめACLU(アメリカ自由人権協会)や
他の団体も、お父様を狙い打ちにした不当な裁判であり
公正に欠くものであると認めていました。
もちろん監獄でお父様は勝利され、
他の囚人を導かれ宣教を続けられました。
そして出獄された時、キリスト教の基盤は
かつてないほどお父様を受け入れました。

しかし、そうであっても私たちと、
特に真のお母様にとって心の痛む出来事でした。
お母様は1日おきに幼い子女様を連れて面会に行かれました。
いまもその辛い時期を覚えておられます。
お父様が収監中に迎えた子女の日では
お父様の礼服を隣の席に置かれて、
お母様は堂々と式典を遂行されました。
「このような日が来て欲しくなかった」
とお母様は言われました。
30年が経過して遅すぎるかもしれませんが、
とにかくこの件に決着をつけることが重要です。
アメリカから公式な謝罪を得るため
政治、宗教指導者に働きかけていますが、
まずは我々自身、友人、平和大使、ACLCの牧師から始めます。
各地区1000名のサインを目標にしています。
一つの州当たりわずか200名から300名の割合になります。
ダンベリーでは1日で200名のサインを集めることができました。
この重要な供え物のために全てのメンバーが
一人当たり3人のサインをもらうようにお願いします。

聖地巡礼ツアー(GOD'S HOPE for AMERICA)は
明日クリーブランド、コロンバス、そしてデトロイト、
週末はシカゴ、セント・ポールを訪れます。
5週間経過して、終わりが見えて来ましたが、
神様の祝福とアメリカに対する希望はまだ始まったばかりです。
ニューヨーク、ナイアガラの滝からお伝えしました。
素晴らしい1週間をお過ごしください。
バスでお会いしましょう。


図1.gif


「ナイアガラの激流は神様の愛の奔流を連想させる」
お父様が自然を見つめながら、
神様の人間に対する愛の世界を
万物を通して、表してくださっている。。。
そんなことを感じておられたのだな、と思いました。

聖和2周年を迎えるために
43日間のツアーを通して、
精誠を捧げているアメリカの食口たち。

各地でのレポートを見ると、
キリスト教の牧師たちが
聖地祈祷会に参加され、
ともに歌い、祈りを捧げている場面に出会います。
さすが、アメリカだな、と感じます。

この43日間の精誠を土台として、
アメリカがこれからますます
発展していくことを心からお祈りいたします。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2014年06月14日

父の日に、天の父と、真のお父様に思いを馳せて 〈米会長メッセージより〉


moon_web_2252_s630x799.jpg


マイケルバルコム会長の週刊ビデオメッセージです。
アメリカツアーのところは省略して、紹介します。


父の日おめでとうございます。
神様を代表した立場で家族を愛し、
まとめることに日々尽している全てのお父さんに感謝します。
父親の立場の私達は一生懸命に尽しますが、
神様のように子供たちを十分に助け導く事が
できていないと感じている事と思います。

私が清平にいた時、神様が夢の中に現れ
「私自身、良い父親だとは思わない。
人類の状況、子供達の様子を見た時、
もっと良くしてやれたのではなかったかと後悔する」
と語られました。

父の日にあたり、天の父母様を思い、
神様がどれほど子供たちを良き場所に導かれたいか考えてみましょう。

1970年代初めにお父様がアメリカに来られて
「神様の人類に対する希望」という講演をされました。
その中で神様と人間の関係は
「従順な僕」や「友」以上でなければならない、
「お父様」と呼べばすぐに答えて下さるような
もっと親密な関係でなければならないと話されました。
真のお父様は私達が天の父母様と
そういう関係を築くことを望まれました。

今週のテーマはREMEMBER(思い出す)ですが、
特にRE・MEMBER(再びメンバーにする)再復帰です。

前にも話したかもしれませんが、
最近、70年代から80年代にかけての
何千人分ものメンバー登録の書類が発見されました。
43ストリートの倉庫に眠っていましたが、
それをニューヨーカーの本部に運び込んで整理し始めました。

懐かしい兄弟姉妹の若かりし写真も入っていました。
同時に、教会を離れて連絡が途絶えてしまった
数多くの人たちの書類も含まれています。
私の息子のアンドリューと彼の3人の大学の友人で
毎日、書類を詳しく調べながらデータ化を進めています。

私の目標は過去40年間に在籍した会員すべてに連絡をとり
再度共に歩むことを勧める、
あるいは聖地ツアーへの参加を促すなどして
何とか真の父母様に繋げることです。

彼らの写真を見ると、多くの人たちが
アメリカでの神様の摂理に偉大な貢献を
果たして来たことが思い起こされます。
その犠牲を無駄にする事なく、完遂して欲しいと願います。

先週、カリフォルニアの牧会者、
ケビン・トンプソン氏が最初のアメリカ人の教会長であった
ゴードン・ロス氏に会う機会がありました。
ロス氏は40年前にすでに教会を離れていて教会員ではありませんが、
彼が会長だった当時から現在までの教会の様子を
トンプソン氏から聞いて、楽しく話をしたそうです。

皆さん、この夏、我々にとって最も大切な事は真のお父様との絆を強め、
お父様がアメリカで投入された偉大な精誠を思い出すことです。
それを記憶に留め、お父様の遺業に磨きをかけ
次世代に引き継がせましょう。

そのために聖地巡礼ツアーに参加し、
アメリカの明るい未来と神様の御業を
REMEMBER(追億)、REVIVE(復興)、
REIMAGINE(再想起)しましょう。




今日は、父の日です。
真のお父様に思いを馳せながら、
貴重な一日を過ごしていきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


2014年06月10日

【特報】キリスト教牧師が統一教の教会長に?! ☆ ヤンキ―大会の奇跡 (米会長報告)


moon_web_2256_s630x416.jpg


アメリカは神様を中心とする理想世界のひな型

*
神様には黒も白も黄も区別ありません



統一教会において、6月といえば、
様々な歴史的な大切な記念日が多いのですが、
6月1日は何の日でしょうか?

今回のアメリカ・マイケルバルコム会長の
週刊メッセージでは、最初に、
素晴らしいニュースが報告されており、
また、1976年のヤンキー大会の特集が掲載されています。

この二つは、奇しくも38年の時を経て、
同じ6月1日に成されたビッグ・ニュース
ということになるのではないでしょうか。

今回の内容は、盛りだくさんなので、
一部、省略して紹介します。


皆さん、こんにちは。
先週の日曜日に素晴らしいことありました。
タニヤ・エドワーズ牧師がマンハッタンの
ニューヨーク家庭教会の牧会者として着任したのです。

皆さんご承知の通り、タニヤ牧師は
キリスト教ペンテコステ派の牧師です。
彼女に私たちの主要な教会を任せるという考えは
真のお母様から出たものです。

数ヶ月前、タニヤ牧師、金会長、
ジョージ・スターリングス牧師と私で話し合い決定されました。

この数週間、タニヤ牧師は礼拝に参加して
マンハッタン教会の兄弟姉妹と親交を深めてきました。
彼女の初めての礼拝は素晴らしいものでした。
ニューヨーク近郊のほとんどの牧会者と国家リーダー達が参席しました。

何より、タニヤ牧師の家族が
全面的に彼女をサポートする様子が感動的でした。
御主人のジェシー・エドワーズ牧師はもちろん、
宣教師であるタニヤ牧師のお母さん、
やはり宣教師である兄と甥の皆さんも
タニヤ牧師が神様の重要な召命を受けたことを
誇りに感じている様子でした。

彼女に手をあて、この仕事を始めるにあたり
真の御父母様、真のお母様の霊が
彼女を通して働くように祈りました。


ここ2、3週間、このチャペルで様々な行事が行われました。
先週には梁昌植(ヤン・チャンシク)会長を、
御父母様から任命されたアメリカ特命総使として再びこの地に迎えました。

梁会長は、キリスト教圏統一の条件として
南北アメリカの一体化に向けて努力すると話されました。
そしてこのことが、お父様が言われるように
韓国と北朝鮮の統一につながります。
梁会長は、UPF(天宙平和連合)、女性連合、
ACLC(アメリカ聖職者指導者会議)と協力して仕事を進められます。
金会長の私も皆一つになって最善を尽くすことを誓いました。


「アメリカに対する神の希望」聖地巡礼ツアーが迫ってきました。
毎週テーマに基づいて紹介したいと思います。
アメリカ復興運動のハイライトを振り返ってみましょう。
1976年6月1日のヤンキ―・スタジアム大会です。

38年前、真のお父様はニューヨークの中心に立って
「アメリカは神様の希望である。
アメリカは神様の下に帰り、世界救済の指導国家として
神様の願いに応えなければならない」
と高らかに宣言されました。

その日、真のご父母様と共に過し、
それ以降も仕えて来たメンバーに感謝しながら
1976年のGod Bless Americaヤンキ―大会を見てみましょう。


(以下、当日の映像を編集したVTR)

ヤンキ―スタジアムに突然、竜巻と嵐がやって来て、
飾り付けがかなり壊れました。GOD BLESS AMERICAと
巨大な文字で綴ったサインも風に吹き飛ばされてしまいました。
マイク・レオニ氏が飛んでいく文字を捕まえようと、
まるで首を切られた鶏の様に走り回っていたのを覚えています。

大雨と風で、もう駄目だと思いました。
音響会社の人がやってきて高価なマイクを差し出して
「これを見ろ、すごく高価なマイクなんだよ」と言って
逆さにするとコップを逆さにしたように水が流れ出しました。
「我々は引き揚げるよ」と彼は言いました。

兄弟姉妹達が「ユー・アー・マイ・サンシャイン」を歌い始めました。
すると、日が差し始めて、まるで神様が奇跡を起こされたようでした。

飾り付けは飛び散り、ステージはひどい状態でしたが、
お父様は来られて見事なスピーチをされました。
お父様のスピーチの「アメリカは神様を中心とする理想世界のひな型である」
という部分に強く感動しました。

(お父様のスピーチ)

「神様には黒も白も黄も区別ありません。」

「今日、私たちの忠誠と献身で聖なる使命を
成し遂げることを全能の神様に誓いましょう。」

「神様の名によって一つになり、共に地上天国を、
まさにこの地に打ち立てましょう。」

「神様の祝福が皆様にありますように。
神様がアメリカを祝福して下さいますように。」



今日は以上です。
皆さん、ツアーでお会いしましょう。
素晴らしい一週間をお過ごしください。



アメリカでは、プロテスタントの牧師が
牧会者になられたといいます。
今の日本ではとうてい考えることの出来ない
画期的な出来事だと感じます。

ちなみに、タニヤ牧師のご主人
ジェシー・エドワーズ牧師が、
まず統一教会に導かれ、
そのあとに奥様であるタニヤ牧師を伝道し、
そして、2001年に祝福を受けておられます。

1990年代に教会のセミナーに参加されました。
そのときのエドワーズ牧師の心境です。

「最初は行くのを躊躇したのですが、
私は文師とは何者であり、
統一教会とはどのような教会であるのかを、
“人から聞いた話で判断するのではなく、
自分の目で見て、自分の耳で聞いて
確かめなければならない。”と思って行ったのです」

この決意に神様の役事があったのだと思います。

また、統一教会との関係を持つことで
多くの迫害を受けたそうです。
機会があれば、お父様との出会いなど
証しを書こうと思います。

最初のキリスト教牧師の牧会者就任。
これから、アメリカのキリスト教と
統一教会の歩み寄りが成されることを願いたいです。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)