2018年05月07日

相手の気持ちが動く表現?! 「You」から「I=愛」に変えてみる 《コミュニケーション講座》



180507.jpg


阿部局長の「幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座」
今回は、『相手の心に届くメッセージ』です。


人間関係では、相手の思いを受け止めるとともに、
こちらの思いを相手によく伝えることが大切です。

しかし、伝えるとき、表現方法によっては
相手が理解しがたい場合もあります。

理解しがたいというのは、頭で内容が分からないだけでなく、
「気持ちが受け入れられない」という反発の思いなどもあります。

だからこそ、相手が受け入れやすくするための
表現力を磨くことが重要です。

表現次第では、相手に対する指摘や依頼、さらには
反対意見であったとしても、相手の心に心地よく届く場合があります。

今回は、相手の心に届く表現方法について紹介します。


ゲーテの言葉に
「手は手でなければ洗えない」
というものがあります。

汚れた手を洗い流そうとしても、
手を使わなければ洗えないのは当然です。

同じように、相手の心を動かすためには、
自分の心を動かす必要があります。

相手の心を開くためには、まず、自分の心を開かなければなりません。
一般的には、相手が心を開いたり、
心変わりしてくれるよう待つことが多いものです。

自分の心を開示すると傷つくのではないかという不安が出てくるので、
無意識に抑制しているのです。

だから、こちらから心を開いて、言いにくい本音や悩み、苦しみなどの
感情表現をすると、相手が安心して本音を吐露することがあります。

人間は、相手が心を開けば、恐怖や不安・緊張感がとれて
自分も心を開きたくなるものです。

これは「自己開示の相互性」と言われています。
自己開示の度合いが高くなればなるほど、
相手の自己開示の度合いも高くなるという法則です。


次に、相手の心に届く表現を紹介します。

それは「Youメッセージ」から
「Iメッセージ」の表現に変えるというものです。

文字通り、Youメッセージは主語が「あなた」になるメッセージであり、
Iメッセージとは、主語が「私」となるメッセージです。

日頃、私たちが使う表現はどちらが多いでしょうか。

話す内容が自分に関することであれば、「私」が主語になり、
相手に関する内容であれば「あなた」が主語になることが普通かと思います。
しかし、相手に関することでも「私」を主語にしてみましょう、
というのが「Iメッセージ」のポイントです。

例えば、「あなたはもっとこうしなさい!」という命令言葉は
「Youメッセージ」です。
相手に行動させようとするので、
時には反発心や抵抗を感じさせる可能性が高くなります。
それを「Iメッセージ」に変えてみると、相手の反応が違ってくるはずです。


次のような夫婦の会話があったとします。

妻が大きな音で音楽を聴いている場面で、夫が
「おまえは、うるさいんだよ。いいかげんにしろよ!」と
Youメッセージで言いました。

指示命令型の大変きつい言葉になっています。
妻は反発して言い返すかもしれません。

しかし、それをIメッセージで表現すれば次のように変わります。

「大きな音で頭が痛いよ。
もう少し静かにしてくれるとうれしいのだけれど」

この文章は、「大きな音だな」という事実、
「頭が痛い」という影響や状況、
さらに「静かにしてくれるとうれしい」という感情を表現しました。

このように「Iメッセージ」のポイントは相手を非難しないで
自分の感情、意見を正確に伝え、
「私は+状況(事実)+こう感じる」の順序で話すことです。


また、親子の会話の例を紹介します。
子供が母親の手伝いをしてくれた場面です。

そのとき、多くの母親は
「○○ちゃん、お手伝いしてくれていい子ね」とほめることが多いでしょう。

これはYouメッセージですが、このような表現をすると
「良い子」という評価のためにお手伝いする子になる可能性があります。

一方的に評価されただけなので、自分を尊く思う自尊心が育たず、
人の目や評価に左右される人になるかもしれません。

それをIメッセージで表現すると次のようになります。

「お母さんはやることがいっぱいあって大変だったけど、
○○ちゃんが手伝ってくれたおかげで助かったわ。
とてもうれしかった。ありがとう」

子供にとって母親から「助かったわ」「うれしかった」「ありがとう」と
感謝されることは「いい子ね」と評価される以上にうれしいものです。

自分には人を喜ばせ、幸せにできる力、能力があると感じたり、
自分の存在に誇りを感じる「自尊心」も育まれていきます。

他のために貢献することが喜びとして感じる
「自己実現型の人」になることでしょう。


人は誰もが自分の存在や行動が
他人にどのように影響を与えているか気になっています。
本心では他人が喜んでくれること、
感謝してくれることを望んでいます。

だからこそ、Iメッセージを通して、それが確認できたときは
自分の存在価値を再認識することができ、
非常にうれしく、心に届きやすくなります。

相手が誰であっても、心に届く表現をしていければ
「信頼関係」は築いていけるのです。



まず、自分がオープンマインドになるということは、
相手を愛していくことかと思います。

そして、相手に伝わりやすい言い方、
Iメッセージで、その愛を伝えていく。。。

相手がどうこうではなく、
自分はこう思うと、責任をもつ話し方は、
為に生きる愛情がともなう話し方ですね。

確かにYOUメッセージは、
相手のことを決めつけたり、命令したり
批判したりしやすいですし、
相手を感情的にさせるかもしれません。

夫婦喧嘩、親子喧嘩、兄弟喧嘩を予防し
自分の感情をコントロールするという意味でも、
Iメッセージが必須だと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:12 | Comment(0) | 二世教育 家庭力アップ講座  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

悩んだ子供に対する、親のNG対応とは?! 親の「聞き方」その1 《家庭力up↑講座》



180421.jpg



多田部長の家庭力アップ講座。
今回は、「共感的聴き方の実践」その1です。


私たち親は皆、子供を愛していることに違いはありません。

ただ、愛しているからといって、親の愛情が
子供に届いているかというとそうではないのです。

そして、意外と子供を理解しようとはせずに、
子供に要求ばかりすることが多くなっているのではないでしょうか。

しかし、それでは親の愛情が子供に届かないのです。

これから何回かにわたって、親の愛情の伝え方を、
話の「聞き方」と「話し方」の二つの観点から学んでみたいと思います。

よく、“聞き上手は話し上手”と言いますが、まず二つの聞き方を紹介します。


一つ目は、先回も紹介した「共感的聴き方」です。

多くの親の子供に対する接し方はというと、
「良かったらほめる。悪かったら叱る」ということが多いのではないでしょうか。

このうち、「良かったら褒める」というのはそんなに問題にはなりませんが、
「悪かったら叱る」ということを一度考えてみましょう。


例えば、子供が犬に餌をあげる役割を担当していたとして、
三日間餌をあげた様子が見られないので、
仕方がなく親が自分で餌をあげたとしましょう。

この場合、もちろん子供を叱って当然なのですが、
問題は親が自分の基準に合わせて叱ってしまう場合が多いということです。

あるいは、親が自身に問題を持っているため叱る場合があります。
親の心に余裕がなく、感情的になり、つい叱ってしまう場合です。

犬に餌をあげることは子供の責任であるわけですが、
その責任を果たさない時、子供が何かの事情を抱えている場合もあります。

学校でいじめられていたり、学業や部活などで
壁にぶち当たっていたりすることもあります。

ですから、子供が三日間犬に餌をあげなかったことは、
子供からの何らかのメッセージだと捉えることもできます。



私たちはいつも親自身の価値基準で子供を判断していますが、
子供には子供の観点があるのです。

まず、そのような子供の事情を理解して、接する必要があります。
子供への接し方を決めるのは、それからでもいいのです。


子供が問題を抱えている時にやってはいけないことは、
命令、脅迫、説教、提案、非難、賞賛、同情、侮辱、分析などです。

たとえば、不登校になったときに
「学校に行かないと立派な人間になれないよ」と言って、学校に行かせようとする。
逆に褒めるということもいけないようです。
それから激励、質問も避けたほうが良いでしょう。


最近、いじめによって自殺してしまうという事件がたびたび起きています。

もし親がよき相談相手になっていれば自殺は起こらなかったかもしれません。

ある自殺してしまった子の遺書には、子供の悩みを何とか解決しようと、
親が子供にした10の質問に対する回答が書かれていたそうです。
その親は、子どもがなぜ質問に答えなかったのかと悩んでしまいました。

親が質問をすることが、かえって子供にとって苦痛になることがあります。
おそらく質問された子供には、それに答える心の余裕がなかったのでしょう。
応えたくない子供の気持ちを理解することも時には必要なのです。


私たち親は、何とか子供に答えを教えてあげたいと思うのですが、
「教える」というのは、実は親の心を満たすだけであって、
子供には愛情が伝わらない場合があります。

むしろ、共感的に子供の気持ちを理解してあげることこそが、
親の愛情がもっとも伝わる方法であり、
子供の問題を解決できる方法でもあるのです。



親の願い通りにいかない時、
一方的に叱るのではなく、
子供にも事情があるのだ、
そう思っていくことで、
親子の絆が深まっていくのだな、
そのように受け止めさせていただきました。

子供たちは、親の願い通りに育つもの、
そのように決めつけてしまっていたとも思います。
もっともっと真の親、真の父母様を思いつつ、
今日のみ言を教訓として、
子供たちに接していきたいと思います。








にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:46 | Comment(0) | 二世教育 家庭力アップ講座  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

伝わる「愛情表現」をしよう! 3つの手段の活用法 【コミュニケーション講座】2



180413.jpg


阿部局長の「幸福度がアップする家族のコミュニケーション講座」
今回は、『愛の表現をしよう』です。  


TOYOTAがYouTubeの公式チャンネルで公開している
『ウェルキャブスペシャルムービー「親子に同じ質問をしてみた」篇(ポルテ)』
という映像があります。(下に添付)

何組かの親子に、「どのくらい連絡をとりあっていますか?」
「どのくらい思い出しますか?」など質問をする、といった内容です。
同じ質問をしているのですが、親と子で回答が違います。

例えば「どのくらい思い出しますか?」という質問。
ある親は「毎日」と答えますが、子は「週2回くらい」と言います。

どの親子も、親は子をいつも心配し、大切に思っている気持ちが現れていますが、
子の回答はそこまででもありません。

そして、映像の最後で親の回答VTRを子供が見ます。
ここで、親の思いを知って涙する子供の姿が映し出されます。


親から子供への愛情は、伝わりにくいのかもしれません。
また、親自体、子供に何かしてもらうために愛していることもほとんどないでしょう。

しかし、親が子供のことをとても愛していたとしても、
子供に聞いてみると「私は親から愛されなかった!」
と言うことは少なくないように感じます。

親が愛していたことも事実ですが、
子供が愛されなかったと感じたことも事実です。

この場合の問題は、親の愛が子供にきちんと届いていないことです。

思いがあることと、相手に伝わっていることは違います。
思いは表現することで相手に伝わるのです。
愛は心の中にしまっておくだけでなく、積極的に表現することで実ります。


では、相手に思いを伝える愛情表現の手段は何でしょうか? 
大きく分けると「言葉」「態度」「文章」の三つです。

「話し方・語り方」などの豊かな言葉の表現力、
「表情や行動」など態度の表現力、「手紙や書面」などの文章力は
人間関係の豊かさを決定づけます。


まずは、「言葉の表現力」です。

毎日の生活で、思いを言葉にしているでしょうか? 
愛情表現の第一歩が「挨拶」です。

当然のことに思うかもしれませんが、案外、ないがしろにする場合もあります。
「ありがとう」「お疲れさま」「頑張ったね」など、
日常のさまざまな場面で言葉に表してみましょう。

言葉で表現することで思いも深まっていくものです。
分かっているはずだ・分かってくれるだろうと思い込む、
「暗黙の了解」は、大きな勘違いを生む可能性があるので、
まずは言葉で伝える努力をしてみましょう。


次に、「態度の表現力」です。

言葉があっても行動が伴わなければ、
その言葉は色あせて力を失ってしまいます。

優しい言葉、思いやりの言葉とともに、それを行動で表すのです。
態度は時に、言葉以上に影響力があります。

「笑顔」「手伝い」「プレゼント」「抱擁」など体で表現してみましょう。
もちろん、行動や態度は人によって違うので、
自分の個性を生かしながら行うことが大切です。


三つめが「文章力」です。

手紙など、文章で表されたものは違った効果と影響力があります。
今までもらった手紙やメールに感動して、
忘れられない思い出になったことはないでしょうか? 

その人を前にしたらなかなか言えない内容も、
案外、文章だと表現できるものです。

また書く側も、書いていると心が整理されたり、思いが深まったりします。
ぜひ、日頃、言葉で言えないようなことを文章で表現してみましょう。

家庭連合HPのコラムより


最初に紹介されていたYOUTUBEの映像。
とても感動しました。
やはり、どの家も同じというか、
親の気持ちは子供には伝わりにくいんだな、と思います。

私たちは、家庭連合の会員なので、
もっともっと家庭の素晴らしさ、
家族の大切さを表現していくのがいいでしょう。

言葉、態度、文章。。。
阿部局長のアドバイスを参考にして
まずは、やってみようかと思っています。
結果は乞うご期待!








にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:47 | Comment(0) | 二世教育 家庭力アップ講座  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする