2022年11月27日

「私の責任じゃない」これが、すべての元凶だった! 犬以下にならないためには 《蝶野部長*精誠篇2》C




221127-cnono2-4.jpg


蝶野知徳(ちょうの とものり)本部家庭教育部長
「精誠篇(せいせいへん)」続きです。


原理的に少し見ていきます。
まず蘇成・長成・完成という、この責任分担、
これは私の責任として、5%としてあるものですね。

(この4本線見ると眠たくなる人がいるんですけどね。
太極旗みたいなこの性相と形状のぐにゃっとした
丸いやつと、この4本線これ見ると、
グーッとなる人が多いと言うんですけど…。)

これは、私の責任として完成していくところです。5%。
ところが堕落によって、責任が不履行に
なってしまったわけです、これもわかりますね。

堕落というのは、神様を不信して堕落した
ということでもあるんですけど、
責任分担を果たさなかったということです。

この時にアダムとエバが、私の責任だ
と言ってればよかったのです。
ところがアダムはエバのせいにし、
エバは蛇、天使のせいにした。


天使には責任分担がありません。
使命分野はありますが、自分の人格を
完成させるという責任は、天使にはないんですよ。
もしあったら人間ですよ、それは。

(人格完成する責任は)創造性だから。
天使は創造性がないからね。
来た光に対して反射するというのはある。

犬でも餌をもらったら、尻尾を振るという、
もらったものに対して返すというのは、
これは万物のレベルです。

人間だけが、分かってもらえなくても
わかってあげようとする、と、これが創造性、
神様ご自身に似た部分ということです。


誘惑することは、天使がしたのは悪いのですが、
つまり、責任のない天使が堕落というのは
(エバが)誘惑されなければ、堕落はなかったのです。

大学の試験に滑ったのは、
試験のせいではなく、本人のせいでしょう。

天使に誘惑されて堕落したら、
それは天使のせいじゃなくて、本人の問題です。
それは、自分の責任分担ですから。

もし天使に責任があるのなら、
95%と3%と天使2%という原理だったはずです。

ところが先天時代というのは、
サタンに対する敵愾心を持たなければ、
越えられなかった時代です。
だから、天使のせいにしながら生きました。

それは教育の方便です。
原理ではそんなこと絶対ありません。

天使には堕落を成立させる力はないのです。
愛の減少感を持って誘惑するところまではできますが、
しかし(人間が)応じなければ堕落はないのです。

つまり堕落を成立できる力は、
人間の方にありました。
なぜなら、100%のうち5%と95%。
神様と(人間)95%と5%で、
ほかには天使のパーセンテージがないんですから。


しかし我々は堕落することによって
万物級になったんですよ。

分かってくれたらわかってあげましょう、
夫婦も、「あんたも私のことを分かってくれたら、
私もわかってあげる用意はあるんだ」とかね、
ワンちゃんとか、万物級になったんですよ。

これが天使の血統に陥ったという証拠です。
そうですね。
で、原理を聞いて、自分の配偶者とか、
子供とかを要求して裁く。。

結局、天使もそうです。
み言をもって人間を讒訴しながら、
神様を讒訴するのです。
天使もみ言で讒訴します。

私に適用するのが人間なんです。
人に適用したら万物になるということです。
ワンちゃんになるということですね。
(ワンちゃんなら、かわいいかもしれませんけど。)

万物のレベル。
(責任)不履行になる。


ところがアダムとエバはそこで、
「おいらのせいじゃない」
「アタイのせいじゃない」と言ったんですね。

で、誰が引き受けたのですか?
ご存知のように、天使が引き受けました。

「悪魔という名前でもようござんす」
と言って引き受けました。
だから「この世の君」になったわけです。
責任を引き受けたものが、王になります。

その過程で、責任を感じている人が、
その中心人物です。
わかりますね。

で、この悪魔が、「この世の君」になってしまいました。
聖書の中に蛇として、 堕天使として
紹介されてもいいと(言って引き受けました)。

ところが聖書がいくら広まっても、
天使は、サタンは、余裕です。
キリスト教会がいくら増えても、
サタンは余裕のよっちゃんです。


なぜかというと、(天使の)責任分担は書いてないからですよ。
俺が悪者だと紹介してくれと、
これは人間に責任分担があるということを
かき消すものなんです。

聖書というのは、これがあるので
サタンは余裕なのです。
蛇が悪い、蛇が騙した、天使が騙したことでいい、
その教えで行けと言うんですよ、天使は。

その教えが定着している限り、
人間は責任分担がわからないから、
人のせいにして一生は終わるようになります。

人のせい、家族のせい、天使のせい、
先祖のせい、神様のせい・・・。
サタンは余裕なんですよ。


だからこの責任分担論を
もう1回はっきりさせておかないといけないのです。

責任転嫁したということが問題です。

「取って食べてはいけない」というのは
聖書的内容から言えば、(正確には)
エバが聞いていたのではなくて、
アダムが聞いていました。

つまりエバを兄妹姉妹の愛で
主管しないといけなかったわけです。
夫婦の愛ではなく、兄弟姉妹の愛で。

ところがアダムは、エバが私を誘惑したんだとして、
また、エバは責任転嫁しました。
相手の責任だと言った、これが大事件です。

もう一回言います。
責任のない者が責任を負って、
責任のある者が逃げました。
これがご先祖様の、
一番最初の我々の共通のご先祖様です。

蝶野知徳・精誠篇2 

父母による子女の家庭教育 精誠篇より
「内的蕩減と生活信仰」
摂理される私、実体基台のために
2018年に蝶野部長が広島の家庭教育部長だった頃
全国の教区から要請があり出張して語られた講義より
(文責:ten1ko2)


責任分担論を発見されたお父様、
どれほど素晴らしいことでしょうか。

私たちは、歴史的な秘密、
真理中の真理を聞いているのですが、
それほど大切なことだからこそ、
4本線を見ると眠くなるのでしょうか(笑)。

私たちの先祖が過ちを犯したのですから、
責任を持たなければ、
いつまでもサタンの世界、つまり
誰も責任をもたない世界が続くということになります。

私たちもアダムとエバの血を受け継いでいるので、
私たちは、人のせいにする、
という堕落性を持っていて、
自分の責任である、という思いが
すぐに抜けてしまいます。

人のせいにしながら、
自分は間違っていない、と、
それをまるで当然のように思ってしまいます。

これは、人間のもつ癖でしょう。
受け入れることは、簡単ではないかもしれませんが、
事実ですね。

誰かがしなければなりません。
私の家、周囲にも問題はあります。
まず責任心情を持つことが、
復帰の歴史を大きく解決していくことに
つながると思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2022年11月19日

「神様、私の罪がわかりました!」スーパーで慟哭した証し 《蝶野部長*精誠篇2》B




220922-chono2-2.jpg


「神様は言葉ではなく、
実感を通し、罪を教えて下さる」

だから、心が痛ければ痛いほど、
それが神様のメッセージ。
心が痛くない人は、そのとき
それを蕩減する立場ではない──

蝶野知徳(ちょうの とものり)本部家庭教育部長の
「精誠篇(せいせいへん)」の続きです。


ですから、神様は、自分の罪を、私たちの罪を
言葉で教えないのです。

「神様、私が罪人だということを教えてください。
私はどんな悪いところがあるでしょうか」
と言ったら──

「お前はこんなところが悪い、
こんなことがある、こんな癖がある」
と機関銃のように言われたらですね、
もうなんか信仰生活いやになってくるんですね。

神様は教育のプロなので
祈ったら、実感で教えます。


あるご婦人は「罪がわからない」
といって半年間に祈り続けて、
「自分は人よりもいい人間だ。
罪人だっていうのは理解できない」
と言っておられました。

ところが、半年間祈って、
あるときスーパーに入ると、
食品売り場で、障害を持っている子供さんが
大根とか人参を振り回して暴れていました。

その息子を、お母さんが抱き締めて泣いてる
シーンを見たのです。

まさしくその息子は、
お母さんがなぜ泣いてるかわからない、
障害があるんだからしょうがないでしょう。

しかし、お母さんは、もう自分の力では
どうすることもできない、
そして恥ずかしいのもあるし、情けないのもあるし、
でもお母さんとしてできることは、
泣きながらその暴れる息子を抱きしめるしかない。。。

その時にそれを見たご婦人は、
あの暴れてる息子が自分だと思いました。

自分の罪がわからない、自分が何をやってるかわからない、
このことでお母さんがどれぐらい、
憐れみの愛と哀しみと恥ずかしさと複雑な心で
自分を抱きしめて泣いてるか分かっていない。

実はそのお母さん(の姿)が神様だったんだ、
ということで、そのスーパーで
もう慟哭して、「神様、自分の罪が分かりました」
と、こういう風な実話があります。


そうやって祈祷の答えを得たわけですよ。

私たちも祈祷の答えを、耳で聞こうとするのです。
言葉で聞こうとしますけれども、
言葉で教えられたものは流れていきますが、
実感を通して教えたほうが
その人のものになるのです。

神様は実感を通して教える。
ですからこの時にこの罪感をこの人が感じるためには、
このようなものとしてみるという条件が必要なんですよ。


この瞬間、悔い改める(【悔改)。

【神は私たちにの中にある罪を、
周りの人を通して見せてくれているのです。
周りの人はその役割を演じていると考えるべきなのです。】


と、これは、金元弼(ウォンピル)先生のみ言です。

「演じている」んですって、皆さん。
「えーそれ嘘でしょう」と思うかもしれません。

実際その人たちが、演じているわけではなく、
本気でやってます。
この目撃したいじめも(スーパーでの出来事も)、
(彼らは)演じているわけではありません。

だけど、私がなぜそれを見るのかという、
自分を中心人物の立場に置くと、どうでしょうか。

自分のために演じているという、
霊的な位置になるというのです。
ここなんです、皆さん。


そして、更に言うならば

【先生は他人を苦しめる人に対して、
原理がこうであるから
こうしてはいけないとは忠告されません。

こういった人の為にいかばかり神は
苦しまれたことだろうかとかと、
神の心情を慰められるのです】
と。

さらに段階を超えれば、見た瞬間に、
お父様は神様を慰めるというのです。

これ、【神様の立場を思う】
というのが、さらに上の段階です。


簡単に言いましょうか。
いじめをしているシーンを見たら、
神様を慰めるということです。

お父様は完成されているから
これが反射的にできる。

私たちはみ言で理解してできる。
やがては自然にできる。

だから20年30年の訓練で、人格を成長していく
というよりも、わずか数十日数カ月の
こういう生活によって激変していくわけです。

まるっきり変わってしまいます。
まず家族の見え方が変わります。
心が変わっているのです。

つまり神様を愛する。
人の罪を見て神様の立場を思いながら、
神様を愛する。

これを反射的にされておられるのが、
真のご父母様であられましたよ。

このことを通して
【人間に対する深い愛を持つ
神様の胸の痛みを知る】


痛いですよね、自分が一生懸命作った人間が
こんなことをしているんだから。
神様はどれだけ胸が痛いかと、
【神様の立場を思うのです、こうやって。

完成人間は、そうです。
私たちは、復帰原理を理解してできるというのです。
何回も言いますが、忘れなければ(できます)。
(しかし、)忘れちゃうんです。


で最後、
【蕩減を通して親子が
心情一体になってゆく摂理】
でもあるのです。

いじめを見せられたことで、
神様と私が一つになっていくということもあるのです。


だいたい蕩減というのは、
蕩減されればされるほど、どうなるかというと、
二つのものが一つになっていきます。

カイン・アベル、心と体、神様と人間、
二つのものが一つになっていく。

堕落というのは、一つのものが
二つになったことを堕落といいます。

蕩減復帰というのは、二つになったものを
一つにしていくことです。

ですから内面が蕩減されればされるほど、
心と体が一つなっていきます。
人間関係も一つになっていきます。


一つになっていくということは、
統一のことです。

家庭連合という看板が変わっても、
統一という言葉が残ったというのは、
これは原理のおおい(覆い?)だからです。

私たちの目指すところからだからなんですね。
キリスト教を統一するのではなくて、
家庭の統一であるし、
心と体、私の統一なのです。

蝶野知徳・精誠篇2 

父母による子女の家庭教育 精誠篇より
「内的蕩減と生活信仰」
摂理される私、実体基台のために
2018年に蝶野部長が広島の家庭教育部長だった頃
全国の教区から要請があり出張して語られた講義より
(文責:ten1ko2)


スーパーで慟哭した証し。。。
胸に突き刺さるようでした。

このような思いを持つことができれば、
物事に対する捉え方が、全く変わってきます。

これを文先生は、即座に感じることができる、
それは素晴らしいことですが、
私たちも忘れても思い出して
神様を思うように心掛けていけば、
変わっていくことができるということが
とても希望です。

おそらく、これを語られている、
蝶野部長ご自身も、
神様の立場に立って、物事を見つめる、
そのような心情圏に至っておられると思います。

決して自分の感情で物事を判断するのではなく、
これも自己牧会プログラムの取り組みのごとく、
良心を先立たせ実践していくことが
大事なのだと思うのです。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

2022年09月22日

人の罪を見たとき「赦してください、私の罪です」と祈れますか 《蝶野部長*精誠篇2》A




220922-chono2-2.jpg


蝶野知徳(ちょうの とものり)本部家庭教育部長の
「精誠篇(せいせいへん)

蝶野部長ご自身が、
毎日どこかに出向くたびに実行していること、
今回は、そんな証しも紹介されています。


「人の振り見て我が振り直せ」と、ことわざにありますが、
あんな人になっちゃいけないというのが、
日本人は多いですね。

違います、それは私なんです、皆さん。
あれは私です。
だから許してくださいと
(天に許しを請うのです)。

私もこういうことをやり始めてですね、
自分がいかに罪深いか、ものすごくわかります。

こうやって、私がこの地に来たのも、
この地に罪があるからですよね(笑)。

そうですよ。
しかし、皆さんより私が罪が重いので、
これ(講義)をやってるんだと思います。
そう思っているのです。

だから、新しい教会に来る前、今日もやりましたが、
必ず教会の入り口に入るときに、
私は「許してください」と言って入っています。

私の先祖はこの地で何をやったのか、
許してくださいと言って入ってますよ。


罪だけの話で、ちょっと重たくなるかもしれませんが、
そうでなくて、実を実らせて、
功績を立てるという両面があるのです。

この両面を同時にできる時代が来ましたが、
昔は穴埋めだけの時代があった、これを先天時代といいます。

今も蕩減(清算すべき私や先祖などの罪)はあるけれども、
自分が成長するたびごとに穴埋めも終わっていくという時代。
家を建てるのと、穴埋めが同時のような時代だといいます。


お父様のみ言で1990年代にも
「無蕩減時代が始まった」というみ言があります。

「無蕩減時代が始まった」
といっても、蕩減はどう見てもあります。
自分の心の中にもあるし、血統にもあるし、
家の中でいろいろ起こりますし。

無蕩減時代が始まった、では、
それより前が何だったかというと、
いくら原理的に頑張っても
穴埋めしかできなかった時代が終わったということです。

もし私たちが原理的に立つならば、
私たちを遮るものが退いていく時代が来たという意味なんです。

無蕩減時代というのは、蕩減がなくなったわけじゃないんです。
原理的に生きるならば、私たちの前に立ちはだかる者が
退いていかざるを得ない時代が来たということですよ。

先輩家庭ほど苦労してます、本当に。
どんなに原理的に頑張っても穴埋めしかできないのですから。

我々は、そういう諸先輩の苦労に感謝して、
今の時代をいかないといけないなと思います。

だから、原理的にやれば、私たちの蕩減も
自動的に同時的に整理されていくというように
理解できると思うんですね。


「感受」よりもいいんですね
これ(私の罪なので許してください)。

原理講論には、悪霊の再臨復活のところで、
甘受したら自分に悪事を働いた背後の悪霊が
善霊になっていくとあります。

感受というのは、甘んじて受ける。
つまり、「うーん、まあ、まあ蕩減でしょ」
っていうのが、甘受でしょう。

もっとレベルが高いのです。

人が暴力を振るったのを見て、
「赦してください」。
自分の罪としてもらうため。
これは、まるで個性完成者です。

しかし、これが復帰原理がわかってると、
案外簡単にできるということです。
原理がわからなければ、死んでも難しい。


みなさんこれ生涯でこれをやった人が、
歴史に何人いると思います?

人が自分に危害を加えるのに、自分が謝る。
東北で津波が起こったのに、自分が謝る。

「いや、そんなことでそんなに内的蕩減できるんですか」
というかもしれませんが、
これをやった人が歴史上いないと思うのです。

イエス様がそれをされましたよね、最後。
「この者を赦してください」
確実に相手が悪いのに、自分が謝罪しています。

これは、個性完成の基準です。


しかし、私たちはそれを素(す)の状態でできません。
だからお父様は、み言を与えてくださいました。

お父様は「実体み言」、
実体があってみ言が出てくるのですが、
私たちは実体がない、作られていないので、
み言を聞きながら実体をつくっていくんですね。
私たちは「み言実体」です。

ですからこの復帰原理を理解していくと、
蕩減できるようになるだけではなく、
自分の人格、愛が成長していくのです。


【神様は言葉ではなく、
実感を通し、罪を教えて下さる】

『ああもう、あの人あんなことやってる、
あっ、これは自分の中にあるから見てるんだ』
というふうにですね。

だから、皆さんが、心が痛ければ痛いほど、
それが神様のメッセージなのです。

心が痛くない人は、そのとき
それを蕩減する立場じゃないからです。

これ、今、ちょっと大事なことを言いました。
その時感じているものをやればいいのです。

通りすがり、なぜその街の曲がり角の路地で
それを見たのかということも、全部意味があるんですが、
それは調べなくていいと。

その時感じたものを、謝罪するということですね。

蝶野知徳・精誠篇2 

父母による子女の家庭教育 精誠篇より
「内的蕩減と生活信仰」
摂理される私、実体基台のために
2018年に蝶野部長が広島の家庭教育部長だった頃
全国の教区から要請があり出張して語られた講義より
(文責:ten1ko2)


蝶野部長が、教会に入る前に祈るということですが、
家に帰られるときにも
ドアの前で祈ってから入られるとのこと。

イエス様が十字架につかれるとき、
「彼らを赦してください」と祈られました。

口先だけでもすごいことなのに、
真心からそう思われたのでした。
まさに、恩讐(敵)を愛する、
真の愛の持ち主以外には、できることではありません。

今の過熱報道、宗教はく奪に向かうかのような勢い、
この件に関して、食口であれば、
誰しも、心痛い思いになりますね。。。

確かに自分の力でできる私たちではありません。
み言と祈りが必要ですね。
そして、実践する、それが精誠でしょう。

清廉潔白なイエス様が、
よくわからずにヒートアップして
十字架につけろといった人たちに対して、
「赦してください」と祈っていかれたように、
私たちにもできるでしょうか。

「赦してください、これは私の罪です」と。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)