2017年03月21日

思春期前の2世たちへ! お父様の性教育とは?!  《史吉子先生》



486047_10151379887143095_1594508596_n.jpg



史吉子先生の『原理に関するみ言の証』より

堕落論のところに
「二世たちに、罪の根を確実に教育しなさい」
という項目がありました。

抜粋して紹介します。


お父様が数年前から私に、
「吉子。あなたは今から二世たちに
原理を教え、原理講師を育てなさい。
なぜかと言うと天使長ルーシェルが
エバを12歳の時から誘惑しようと狙ったからだ」
とおっしゃいました。

12歳の時から祝福家庭の二世たちは、
自分の体と守らなければなりません。
しかし、この善悪を知る木と生命の木が
何を象徴するのかということと、
エバが天使長と不倫な関係を結んだ
ということを理解させることでした。


これを幼い子供たちは、
簡単に理解できません。
私は、「これをいかに易しく
話すべきか」と考えながら、多く悩みました。

お父様は、女の生殖器と男の生殖器を
凹凸に譬えられながら、
「男の凸と女の凹を合わせるのが結婚だ。
それで、堕落とは何か?
自分の相手でない他の相手と
凹凸を合わせたことだ」
とおっしゃいました。


人は朝起きて、顔を洗うとき、
頭を下げて洗います。
上を見ながら顔を洗う人は
一人もいません。
皆、頭を下げます。

これが何かというと、お父様は
「神様、よくお休みになれましたか?」
とご挨拶するのだそうです。

神様を知らない人も、
自分も知らない間に神様に挨拶しているのだそうです。


お父様は、「統一教会人はその時に、
挨拶をもう一つしなければならない」
とおっしゃいました。

「神様、よくお休みになれましたか?」
と挨拶してから、
「凹様、凸様、よくお休みになれましたか?
今日も私の凹様、私の凸様をちゃんとお守りします」
と挨拶しなさいというのです。

なぜならば、これが最も重要なことだからです。


ある日、私がお父様に
「お父様、私が二世教育を易しく、
詳しくしています。
凹凸を教えてあげたら、二世たちが
『わかりました。ちゃんと守ります』
と言います。
また、親たちがとても喜びます」
とお話したところ
お父さまが大変喜ばれました。

そして、「そうだ、そうだろう。
凹凸は、私たち統一教会しか知らない秘密だ。
続けて教育しなさい」とおっしゃいました。

皆さんも子供たちに対して、
絶対にあそこをむやみに触ったらいけない
ということを教えてください。

そして自分自身の凹凸も
触ってはいけないと、教えなければなりません。




お父様って凄いですね。。。
毎朝、顔を洗う時、神様に挨拶し、
さらには、凹凸にも挨拶する・・・
それを子供たちに教え、性教育する・・・
こんな発想はお父様しかできないと思います。

うちの子供たちも堕落論をさんざん聞いてますから、
祝福前の男女問題に対しては、
良くないものだと思っています。

ただ、機会があれば、凹凸の話もしたいと思います。
だって、お父様が言われたんですもんね。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



2017年01月15日

この中から天才が現れる?! 天苑プロジェクト、2世にかける神様の夢! 《お母様のみ言》



20170106_23.jpg


週刊ブリーフィングに紹介されている
最新の真のお母様のみ言です。

1月6日、「グローバル心情文化芸術青年修練会」に参加した青年たちを
天正宮博物館に呼ばれ、み言を語られました。


夢を持つことのできる皆さんは幸せな人々ですね? 
その夢を繰り広げることができ、より一層幸せな人です。

天の父母様の夢、真の父母様の夢、皆さんの夢が一致し、
成そうとする世の中は地上天国です!


1960年、真の父母様の御聖婚と共に、
祝福家庭が生まれるようになりました。
皆さんは二世圏ですね? 

皆さんは、真の父母様によって誕生した
ピュア・ウォーターだと言いましたね?

皆さん、皆17歳以上ですね?
私が真の父母の位置に出て行こうと決心した年が
皆さんと同じです。
私は50年間変わることはありませんでした。
それでは、皆さんは
私に似なければなりませんか、似てはいけませんか?


皆さんに地上天国の絵を一度描いてみなさいといえば、
どのように描きますか?
まず心から滲み出る、喜びを通して、皆さんの体を通して
それが表現されなければなりません。

舞踊にもなり得るし、歌にもなり得るし、
絵でも表現できると思います。
それが皆さんだけの感じではない、
皆が共有することのできる、そのような運動、
そのような世界を作ろうというのが真の父母様の夢です。


(この夢の実現が)74億人類を相手に
父母様だけで可能ですか?
皆さんが父母様の夢を広げなければなりません。

ですから早い時期に天の父母様の夢、真の父母様の夢、
皆さんの夢を成した地上天国を
つくっていかなければなりませんが、
そこに至るまでにはたくさんの壁があります。
しかし私がいる限り、また皆さんがいる限り、可能です!

ですから私は皆さんに言いました。
「あなたたちはまだ成長の過程にあり、
勉強もしなければならないし、
たくさんの経験もしなければならない立場なので、
あなたたちとしてしようとする夢を大きく広げなさい」と。


祝福してくださった「天一国!天一国の安着!」
これが地上天国です。
これを実質的に目で見ることのできる環境で
つくってあげようと私が努力しているのが、
この天苑団地のプロジェクトです。

今まで人類歴史になかった、真の父母様の摂理歴史、
それを詳しく勉強することができる、千年万年続く、
そのような特殊製作でつくる予定です。

世の中でここに来てこそ、見ることのできる、
そのような作品をつくりだします。
期待できますね?


キリスト教文化圏でたくさんの有名な画家だとか、
音楽家が出ました。
バチカンに行けば、ミケランジェロを知っていますね?
そのような画家たちも出ました。

しかし私たち天一国時代にピュアウォーターとして誕生した
皆さんも、それ以上の作品を誕生させることのできる、
作り出すことのできる、皆さんとなることができます。

皆さんの生まれつきのその才能を
十分発揮することのできる機会を私が与えています。

ですから感謝して、喜びの思いで、今回の修練会に参加し、
また未来に皆さんがその生まれつきの才能を通して、
設計していることについても、遠く眺めることのできる、
大きな絵を描く皆さんとなることを願います。

グローバル心情文化芸術青年修錬会特別集会でのみ言
天一国4年天暦12月9日(陽1.6)天正宮博物館



天才が二世たちから現れることを、
お母様は預言されたといいます。
この修練会も芸術分野に秀でた二世たちを集められたそうです。

エジソンも「天才は1%のひらめきと・・・」
ひらめき、まさに天啓の重要性を言っています。

真の神様である天の父母様を抱いている私たちですので、
今後、二世・三世、多くの天の血統を受けた者たちを通して、
多くの祝福が与えられていくと思います。

私達、一世も頑張らなくては!




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2017年01月09日

青年よ、、、真の父母を目指せ!! そして独生女はここに! 《米2世へのみ言・前編》



2016121402_photoline_01[1].jpg

昨年の12月4日、
アメリカ・イーストガーデンにおいて行われた
『天地人真の父母様主管青年集会』での
真のお母様のみ言を紹介します。


アダム・エバの堕落によって、
天は悲しく苦労の多い路程を辿られながら、
蕩減復帰摂理歴史を導いて来られざるを得なかった
悲しい事情があります。

太初に神様が天地万物を創造され、
人間先祖となることのできるアダム・エバを創造しました。
見るによく、美しいと言われました。

ところで特別にアダム・エバには責任を下さいました。
成長過程を通じて神様と絶対的に一つになった立場で
成長しなければならなかったのです。

その祝福を受ける立場が、
神様が人類の真の父母になる立場なのです。
それが天地創造をされた神様の夢でした。

ところで責任を果たさなければならないアダム・エバ、
サタンの誘惑に落ちたとか、欲心が生じたのです。
自分というものが入り始めたのです。


あなたたちも同じです。
祝福家庭の2世、3世として、
君逹の本質は真の父母なのです。

真の父母から離れては、あなたたちの存在価値はありません。
それを知っていますか?
祝福を受けたあなたたちの立場も、
責任を果たさなければならないということなのです。

あなたたちが完成した人間として、祝福の立場に行くまで、
真の父母と一体となる立場で
勉強もしなければならないのです。

あなたたちの素質を育む面においても、
いつも“私がこんな事をするのは
真の父母様にお見せしなければならないからだ。
真の父母様が望まれる者になるからだ。
私がその一面を担当して成功して見せる。”
こういう欲心は大丈夫なのです。

しかし自分を中心とする欲心は、
災いを引き起こすと言うことを知らなければなりません。


堕落した人類の願いは、
真の父母にお会いすることが願いです。
摂理が分かっても分からなくても、
絶対者の立場で自分を主管してくれることのできる
主人が現れるのを待って来たのです。

それで全世界的に4大宗教が出て来たのですが、
その中でキリスト教は中心であると言うことができます。

なぜかと言えば、神様を説明することはできないけれども、
神様をお父さんだと信じて来ました。

本来神様が創造した目的が、
人間の父母になるためだったので、
漠然として説明ができないけれども、
神様はお父さんである。

ところで神様の創造において、
すべての微生物から動物世界まで、
対(カップル)で創造されたのです。

人間もカップルとして創造されました。
そうだとすれば神様は天の父母様であって、
天のお父様お一人ではないのです。


蕩減復帰摂理歴史においてサタン世界で、
それでも善良だと言える選民思想、善なる民族を選ばれて、
蕩減復帰摂理歴史を発展させて来られました。

個人から家庭・氏族・民族・国家基盤の立場まで来る過程が
どれだけ大変だったら、
4000年もかかったのでしょうか、4000年!

神様が堕落した世界で、私の息子であると言うことの出来る
イエスキリストを誕生させるまで4000年がかかりました。
とても考えることもできないほどの神様の痛みだったのです。


ところでイエス様を誕生させたマリアは、
摂理が分かりませんでした。
自分がどうしてイエス様を誕生させたのか
分からないという結果を作ってしまいました。

イエス様に近いザカリア家庭、ヨセフ家庭、
ユダヤ教、イスラエル民族、それほどにひたすら
“メシヤを送って下さい”と願い、天は約束を守ったのに、
メシヤに侍ることができなかったのです。

そのようにイエス様を保護しようとする環境が
作られませんでした。
どれほどに4000年という長い歳月を通じて
天が独り子として送って下さったイエス様が、
100年も生きることができずに、33歳で
十字架につけられなければならないことが救いでしょうか。



このように神様は痛みを忍耐され、
再び期待をかけられたのがキリスト教歴史であり、
摂理歴史なのですが、2000年のキリスト教摂理歴史は、
神様側から見る時には独生女を探し出す摂理歴史です。
このことを知らなければいけません。

イエス様が十字架に掛けられながら、また来ると言われました。
また来て小羊の婚宴をすると。
婚宴をするためには、相手が必要ではありませんか。

このようにすべて分かることができるように語られ、
見せて下さったのに、それでまた来られるメシヤの前に
必ず現われなければならない方がいて、
その方が独生女です。
それが、皆さんが見ている前にいるのです。



真のお母様のみ言を訓読させていただきながら、
真の御父母様を侍ることができる、
そのことがどれほど貴いことか、
奇跡の中に生かされている者であるということに
心から感謝しました。
しかも、摂理の最絶頂期のこの時なのです。

教会長は、昨日の礼拝説教の中で、
「一番重要なことは『私』が変わることです」
そのことを最も強調して語られました。

周りを見れば、いろんな思いがでるかもしれません。
しかし、周りがどうのこうのよりも、
『私』自身が今この時に、何を成すのか、
そのことの方が重要ではないか、と思うのです。

明日に続きます。。。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)