2017年09月21日

生きて帰れないかもしれない! 命がけの北朝鮮入り?! 《秘書室長の証し》2



mansude_sekkyo1_1991[1].jpg


鄭元周(チョンウォンジュ)総裁秘書室長の証し。
今回は、真の父母様が、北朝鮮に
劇的な訪問をした時の証しです。


もう一つの証しを紹介します。

1990年12月のことです。
当時、真の父母様は、ハワイの地で
特別精誠を捧げておられました。

お父様は、「これから一週間、とても寒いところに行くので、
冬服を準備するように」と静かにおっしゃられ
ハワイで血と汗と涙の精誠を尽くされました。

お父様が「寒いところ」と言われたのは、
北朝鮮の平壌に行くことであることがわかりました。
私は、どのような予定なのか、全く知らぬまま
父母様とともに出発しました。

北京に到着し、北朝鮮から送られてきた専用機で、
出発するその日の朝、お父様はお母様の手を握り、
特別な祈祷を捧げられました。
お父様は命がけの北朝鮮訪問について
祈祷されたのです。

「神様!
今回、北朝鮮へ入ったら、
私たちは生きて帰ってこられるかどうかわかりません」


横で、そのお祈りを聞きながら、
本当に怖かったのを覚えています。

生きて帰ることができないかもしれない。。。
命がけの北朝鮮訪問をお父様は決断され、
愛するお母様の手を握り、専用機にお乗りになりました。

平壌に到着したこの日、
万寿台人民大会堂でみ言を語られました。

実は、北朝鮮からは、神様や宗教について
絶対に口に出さないように言われていました。
しかし、誰がお父様を阻むことができるでしょうか。
お父様はその場で、神様について、また主体思想について述べ、
「主体思想では、南北は統一できない!」と。
そして、神様のこと、頭翼思想について、語られました。

そこに参加していた随行員みな、
「あぁ、もうダメだ。
私たちは終わった・・」
そう思い、震えていました。

しかし、たった一人お母様は、
お父様の手を握られながら、
「お父様。
本当に良くおっしゃられましたね」
そのように激励されながら、
背中をたたかれたのでした。


私は、真のお母様が真のお父様に対して、
絶対信仰と絶対愛で侍っていかれる生活を
間近で、見てきました。

特に、真のお父様が聖和された後、
摂理の重荷を両肩に背負いながら、
「命が尽きるまでに、天一国を必ずこの地に安着させます」
とおっしゃられ、お体に無理に無理を重ねられ、
『中断なき前進』を続けていらっしゃる、真のお母様の生涯は、
このような天の父母様に対して侍る生涯そのものです。

3年間、侍墓(シミョ)精誠を捧げ、
孝情を捧げて、全世界の希望になることを願われる、
お母様の生涯は、私たちが歩まなけばならない、
侍る精誠の見本だと思います。

(文責:ten1ko2)



「南北統一は、真の愛でしなければならない」
そのように語られていた真のお父様。
当然、主体思想では統一できないし、
神様を中心にしなければならない、
ですから、堂々と神様のことを宣布された真のお父様でした。

そして、お母様は、ただお父様の横に
座っておられる方ではありませんでした。
お父様と全く同じ心情圏でおられたのです。
ですから、「お父様、よくおっしゃられました」
と激励の言葉をかけられたのだと思います。

今は、お母様が最前線に立っておられます。
以前から変わらない心情を持たれているがゆえに
『中断なき前進』と決意されているのだと感じます。

お父様もお母様も本当に、
生きた神様に侍っておられるのです。

明日、もう一回続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 13:09 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

子女様より天を優先しなければならない! その時父母様は?! 《秘書室長の証し》1



お母様と子女様.jpg


5周年聖和祝祭の時に、
2017 天一国指導者総会がありました。

鄭元周(チョンウォンジュ) 総裁秘書室長が
貴重な証しをされています。
3回に分けて、紹介します。


今日は、皆さんと共に、
「侍る」ということについて、考えてみたいと思います。
なぜなら、天一国は、天の父母様、真の父母様に「侍る」
天宙大家族を意味することだからです。

それでは皆さん、侍るとは何でしょうか?
私は、光栄にも一生を通じて侍らせていただいています。

しかし、正直に告白しますと、
まだ、侍るということをよく知らないのです。
なぜなら、侍るというのは、侍る主体でなく、
侍る対象のためにするからなのです。

たとえば、両親に対して、自分としては、
良く侍ったと思ったとしても、
侍る対象である両親にとって、迷惑であれば、
良く侍ったとは言えないのではないでしょうか?


侍ること、その心持ちと姿勢を
実は、真の父母様から学びました。

様々な困難を乗り越えてきたことも、すべて、
真の父母様が天の父母様に対し、侍ってこられた伝統、
孝情の伝統を学びました。

さらには、天の父母様を解放して、
失った父母の位置を復帰して差し上げ、
死亡圏で苦しんでいる人類を天の父母様に戻していく、
そのために骨がきしみ肉が震える苦難に打ち勝ち、
父母を失った孤児の身に陥った人類を導き、
世界救援の道を歩んでこられた真の父母様の
犠牲の道を見てきました。


ここで、証しを紹介したいと思います。

真のお母様がある子女様のために
学校に行かなければならないことがありました。
「両親のうちどちらか一人は必ず来るように」
そのように、数日前に学校の先生から言われていました。

そして、学校に行く日の早朝、
お父様がお母様に次のように言われたのです。
「今日、天の摂理のため、南米にいかなければならない。
オンマ、荷造りをして、早く行こう」


その時、お母様はお父様に、静かに事情を伝えました。
「今日は、学校に行く事情があるので、午後に飛行機で行きます」

ところが、お父様は人情と天情について、
また、人倫と天倫についてみ言を語られました。
そして、お父様は、強い口調で語られたのです。

「子供のことはほかの人に任せて!
天の大事のために南米に行かないといけないんだ」


聞いている私はとても胸が痛み、
そして、お母様の表情を見ました。
すると、お母様は涙を胸に鎮(しず)めて
表情を一つも変えずに、荷造りをして、
お父様と一緒に南米に向かわれたのでした。

(文責:te1ko2



真の父母様は、天のみ旨、摂理を優先させるべく、
真の子女様を犠牲にせざるを得ない、
そんな道を歩まれました。
今回の証しもそのうちの一つだと思います。

今、お母様においても、
真の子女様との関係の中で、
複雑な問題が生じています。

そこだけに意識と心情を投入されれば、
解決できる内容もあるかもしれません。
しかし、何よりも天を愛し、み旨を愛しておられるので、
御子女様のこと以上に私たちを愛し、
導いてくださっておられます。

そして、お母様は何の思いもないのではなく、
『涙を胸に鎮めて』歩まれていることを
私たちは忘れてはいけないと思います。

明日に続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




















posted by ten1ko2 at 10:10 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

THE 興南! お父様の生きざまと霊肉合同作戦、夢で伝道?!  《金元弼先生の証言》



Hungnam_korea.jpg


金元弼先生の証し。
皆様もよくご存じの興南収容所での証です。


その後1ヵ月ぐらい経って、
(既決囚の部屋で伝道した金氏と先生は)
2人とも興南に移監するようになりました。

興南収容所では食事がとても少なく、
3ヵ月足らずで健康を害して多くの人々が死んでしまうのです。
そのぐらい食糧が少ないのに重労働をさせられるので、
なおさら衰弱してしまうのです。

先生がこの人は7ヵ月くらいしかもたないだろうと思われると、
本当にその人は7ヵ月足らずで死んでしまうというのです。

ところが先生は、この与えられた食事で
5年間を支えなければならなかったのです。


ご飯を大きなスプーンで食べれば数回で終わってしまうので、
ご飯一粒、一粒を数えながら食べることによって、
たくさん食べたという心理的な助けを求めた人もいたそうです。

それでも労働はきつく、お腹のすく生活が続くと体が弱って、
ある人は食べている途中で倒れてしまうのです。
そうするとそこにいる人たちの中で、
一番初めに発見した人が食べ残しを持って行くのです。

はなはだしいのは食べている際、石が混じっていて口から取り出すと、
それを持って行って食べるほどでしたから、
どれほどおなかがすいていたかを知ることができるのです。


それで先生はいかにして少量の食事で5年間を持たせるかを考え、
その食事の半分を分けて他の人に与え、
残りの半分だけを召し上がったのです。

先生はその半分を持って
「これが私が5年間食べるものである」と考え、
3ヵ月過ぎた後からは、その食事を全部食べるようにしたそうです。

それは「これが私の分で、
この半分は神が私に余分にくださるのである」と思い、
2人分を食べていると思うことによって、
お腹いっぱいになったと感じることができたそうです。


先生は獄中ではほとんど話をされなかったのですが、
労働をしていて昼間の時間に話をしてあけた人がいます。

その人は朴という人で、刑務所に収容された2千名の罪人の総監督でした。
その人の権限は大きかったのです。

先生はその人に、洗礼ヨハネが使命を
果たすことができなかったことについて、話をしてあげたそうです。
その人は若いとき信仰生活をして、
教会の助士(伝道師)まで務めた人でしたが、
その後教会を離れてしまったそうです。

ですから彼が先生のお話を聞くと大変反発し、
その日には先生の身辺にも大きな危険が訪れるようになったのです。
先生はたった一言「そうしてはいけないだろうに……」と言われ、
彼から離れたのです。


その夜彼は、苦痛を受けて眠れずにいると、白い姿の老人が現れ、
「あなたは596番が一体誰か知ってて反対するのですか」と叱るのです。

あまりにも苦しいので「すみません」
と言って謝ると、体が楽になったのです。

翌日先生は、同じような時間にまたその人に会って、
さらに信じがたい話をされたので、彼は怒りが込み上げて来たのです。

するとまたその夜も苦痛が始まり、白い姿の老人が現れて
「君はどうして分からないのか」と叱ったのです。
三回もそのような経験をしたため、
彼は先生の二番目の弟子となったのです。


彼は先生を知らなかったときには関心がなかったのですが、
先生を知ってからは少しでも簡単な仕事を
見つけてあげなければと思い、先生にそのことを話したのです。

ところが先生はそれを拒み、
反対に難しい仕事を自ら進んでされたのです。




お父様は、完全蕩減の道を歩まなければなりません。
そのような道を歩まれたお父様は、
私たちのお父様、私のお父様である。。。
そのことがどれほど誇りであるかしれません。

そして、そのようなお父様に
侍ることができることを心から感謝してやみません。

さらには、お父様を誇るだけで、
私は何もしていない人になるのではなく、
お父様の歩まれた道を相続する者に
ならないといけないことを改めて決意するのです。。。

続きます。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)