2017年11月14日

そして世界の真の母に! お母様が初めて大衆の前で講演?! 《鄭中和先生》6



171114 19920410.jpg


鄭中和先生のお母様の証し
続編です。



世界巡回講演の出発

1992年から、真のお母様は世界巡回に出掛けられるようになり、
そのときから真のお母様の時代が出発しました。

ところで、お母様が世の中に登場されるようになったのは、
その前年の1991年9月のことでした。

日本で約7千人を集めて行われた東京大会での講演が、
真のお母様が大衆の前に立たれた最初のことでした。
そのときも、私はご一緒しました。


私たちは、ここ韓国で、真のお母様が
14人のご子女様をお生みになって育てられ、
お父様を補佐されて、常にお父様のそばにいらっしゃることが、
真のお母様の使命であるとばかり思っていました。

真のお父様には、すべて計画があったことと思いますが、
真のお母様の時代が開かれるといっても、お母様がお父様に代わられて、
そのように大衆の前で講演をなさり、大勢の聴衆を前にして立たれるとは、
私たちは夢にも考えることができませんでした。

そのときの講演は韓国語でされ、朴普総会長が日本語で通訳をされました。
そのとき、真のお母様は、大衆の前に初めて登場され、
とてもりっぱに、堂々と講演をされました。


私は、愚かにも、『これで終わりだ。』とばかり思っていたのですが、
その後、1992年4月10日に、ソウルの蚕室オリンピック・メインスタジアムで、
世界の70ヵ国からの代表を含め、15万人を集めての
「世界平和女性連合」の創設大会が行われたのです。

それが、真のお母様が大衆の前に立たれた2番目のことでした。
ですから、最初はホテルでの大会であったのですが、
2番目の大会は、オリンピック・メインスタジアムでの大会であったのです。

その日は、天気も悪かったのですが、真のお母様は、
チマチョゴリをお召しになって講演をされ、
そのお姿は、とても美しく、すてきでした。


その後、真のお母様は、韓国の国内約百ヵ所以上で同様の大会を行われ、
「世界平和女性連合」の総裁として、さまざまな社会活動を始められたのです。

そのためには、もちろん背後で、真のお父様が精誠を尽くしてくださり、
「摂理的に見て、真のお母様が立ち上がらなければならない」
と、おっしゃったので、お母様が立たれたのであると思いますが、
その後も、真のお母様が基調演説をされ、お父様が
「激励の辞」を語られながら、数多くの大会が行われました。


1992年の9月には、日本に行かれ、
久保木修己会長(当時)がいらっしゃる時でしたが、
東京ドームで5万人の大会が行われました。

そのときに、私が、また驚いたことは、お父様が、
「日本での講演は、日本語でしなさい」と、おっしゃったことでした。

真のお母様は、その大会での講演を、通訳なしで、日本語で上手にされたのです。
そのときは、私もそばに一緒にいたのですが、久保木会長が、
あまりにも喜んで、踊りを踊られたほどでした。

お母様は、日本語に詰まって、口ごもられたり、
震えたりされるようなこともありませんでした。
その会場の霊的雰囲気というものをさっとつかまれ、
集まった大勢の聴衆を皆、ご自身の懐の中に入れてしまわれて、訓戒されるのです。


その広い会場の高い舞台で、日本語で講演をされたのですが、
その後、米国を中心とした40ヵ国において、同じように講演をされました。

真のお母様は、92年10月には米国、11月にはヨーロッパで講演され、
その次にはロシアのモスクワ、オーストラリアのシドニー、
ニュージーランドのオークランド、フィリピンのマニラ、中国の北京まで行かれました。


ところで、行かれる場所ごとに、気候や文化背景、食べる物、時間などが異なります。
お母様は、それらをすべて克服されたのです。

講演の地に行かれれば、初めて登壇される時のように、
新たな心と新たな気運をもって対され、そのような路程を歩まれながらも、
『疲れた』というごようすは、全くお見せになりませんでした。


そのように、全世界のあらゆる地で講演を行われたのですが、
その後もまた、日本では、たびたび講演を行われました。

そのようなときには、私が近くに侍っていったのですが、
そのころ、日本には、まだ韓国人食口が多くなかったときでしたので、
日本の“侍る生活”は、まだ少し未熟であるとの印象を持ちました。

ですから、真のお母様のお食事などを、すべて準備はするのですが、
食事の内容が不足なときも、ままあったのです。

それで、私が一緒に巡回しながら、私は少し日本語ができるので、
そのような点を補ったりしました。

しかし、真のお母様は、そのようなときも、
不足なことをすべてご存じでいらっしゃっても、
それに対して全くたしなめることもされませんでした。

真のお母様は、食口たちが、本当に精誠を尽くしたということをご存じなので、
ご自身が召し上がる物には全くかまわれず、
「なぜこうなのか?」とは、おっしゃらないのです。

そのようなときは、むしろ、私が食口たちに向かって、
「これは何ですか? このように、あるいは、
あのようにすれば、よいでしょう?」と、言いました。
けれども、お母様は何もおっしゃらず、
できる限り食口たちに迷惑をかけないようにと考えられていたのです。



お母様が東京ドームで日本語講演をされた時のこと、
今でも鮮明に覚えています。

お母様はそれまで日本語を話す機会はありませんでした。
母国語ではない言葉を
多くの人たちの前で、堂々とスピーチするというのは、
霊的にどれだけ大変なことか、と思います。

その時のお母様のきれいな日本語、
そして、存在感。
お父様の願いに応えて
見事に勝利されたお母様でした。

その後米国、ヨーロッパでは
英語で講演されたと聞いています。

鄭中和先生の証しにもあるように、
お父様の後ろにおられることが、
お母様のみ旨のようでしたが、
お父様は先々のことを考えられて、
天の訓練を成していかれたのだと思います。

私たちも今の与えられた内容、責任分担が、
今だけのみ旨ではなく、
将来のための天の訓練だと思って、
一挙手一投足、精誠を込めることが
何よりも重要なのだ、と思わされます。

続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:09 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

(証し)最高、お見事!! 非の打ちどころのない真のお母様! 《鄭中和先生》5



171111.jpg


鄭中和先生の証し
続編です。



多才であられる真のお母様

お父様は、今も、食事の時間には、食口や責任者たちと一緒に
召し上がったりされていますが、その当時も、
食口たちのたくさんいる所で召し上がっておられました。

そのような食事の時間に、真のお母様は、真のお父様に、
その日に起こったこと、新聞にこれこれのことが書かれていた
ということなどを、本当に詳細に、そのまま申し上げられるのです。

それは、あらかじめ新聞を詳しく読んでおかれるということもあると思いますが、
お母様は、昔ごらんになった三国志のようなものや、
そこに登場する人物たちの名前まで、面白く、詳細に、
お父様にお話しされるのです。

頭脳明晰でなくては、そのようにすることはできません。
お母様は、文学雑誌や文学小説をたくさん読んでいらっしゃいました。
たくさん読まれ、また消化され、
それをそのようによく覚えていらっしゃったのです。


また、真のお母様は、絵も、とても上手に描かれます。
ですから、興進様も、情進様もそうですが、真のご子女様がたは皆、
絵をとても上手に描かれるのです。

そして、お話しも上手にされます。
真のお母様も、そのような素質が、とても素晴らしかったのです。

そして、服などの色合いも、うまく調和を取られます。
お母様が、私たちに選んでくださる服は、いつも、
『どうして、そこまで個々人にぴったり合う色を選んでくださるのか?』
と思うほどです。

そのことについて、真のお父様は、
「それは、すべてわたしから訓練されたのだ。」と、おっしゃるのですが、
訓練され、教えられたからといって、すべて、そのようにできるでしょうか?


また、本当に心に留めるべきことは、私たちの足りないところを
よく弁明してくださり、例えば、お父様が、
「だれだれは、だめだ。」などと言って、怒ったりされるときにも、
弁護をしてくださるのです。

私たちのお母様は、実のご子女様もたくさんいらっしゃるのに、
私たち一人ひとりに対しても、とても気にかけてくださるのです。


先ほど、真のお母様が、別の家に住まわれて、そこで譽進様を
お産みになって育てられたと言いましたが、そこで時々、
おつきの人たちと「ダイヤモンドゲーム」をされました。
そのゲームで、お母様にかなう人はいませんでした。

ダイヤモンドゲームというのは、赤、青、黄の
三つのグループに分かれて行うゲームです。
そのゲームは、頭をよく使わなければなりません。
陣地の模様が三角形なので、隅まで詰めて入って行かなければならず、
隅の方から詰めなければ、時間が、より多くかかってしまうのです。

時々、そのゲームをされたのですが、そのゲームで、
真のお母様に勝つことのできる人はいませんでした。



ダイヤモンドゲームをしておられたお母様。
何か、想像もつかないような、
いや、ごく普通の母親のようなそんな印象を受けますね。

そして、食口一人一人をフォローされるお母様。
私たちの足りなさをお父様に、
また、天の父母様に向けておられるのかな、
そう思うと、もっと頑張らないといけないな、と思わされます。

今日の大会が勝利的に成されますように。。。

続きます。



にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:26 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

(証し)話せば涙にしかならない?! 真のお母様、台所に立つ! 《鄭中和先生》4



30moon_web_2247_s878x700.jpg


鄭中和先生の証し、続きです。



真のお母様と共に台所に立つ

私は台所にいたのですが、お母様が来られてからは、
献立が、がらっと変わりました。

お父様は、お独りでいらっしゃった時は、食べ物に対しては、
とても繊細でいらっしゃったのです。
召し上がるものが決まっていました。

生臭いにおいのしないものを好まれ、白いご飯に豚肉や鶏肉を
よく召し上がり、魚のようなものも、辛くて塩辛い、
そのような物を好まれていたのです。


ところが、お父様は、今も「自分には冷酷なところがある。」と、おっしゃいますが、
お母様が来られた3日目に、お母様を台所に出させられたのです。
韓国の伝統で、嫁に来ると、すぐに台所に立たせるではないですか? 
それで、お母様は台所に下りて来られたのです。

ところで、料理が上手な人でも、台所の環境が変われば、少しぎこちなく、
少しは戸惑うものですが、お母様は、ご自分がいつも使っていらっしゃった
台所のように、すっすっすっと、こなされたのです。

そのときの『ここは、自分の台所である。自分の家である。』というような、
そのような大胆な真のお母様のお姿を、
私が自分で写真一枚でも撮っておけばよかったと思っています。
その当時、専門的なカメラマンもいたのに、
どうしてそれを正式に撮っておかなかったのかと悔やまれます。


その当時、真のお母様が料理されたものでは、主にジャガイモのコロッケや
タクトリタン(鶏料理)を、さっさっと上手に作られたことを覚えています。
それで、お父様は、それらをよく召し上がりました。

私が台所にいた時に、最も大変であったことは、
お父様のための献立を立てることでした。

真のお父様に、「何をお召し上がりになりたいですか?」と、お伺いすることもできません。
それで、それまでの献立と重複しないようにするために、
お父様が、その前に何を召し上がったのかを調べたり、
今の体のコンディションはいかがでいらっしゃるかなど、
そのようなことをよく考えた後に、献立を立てなければならなかったのです。

真のお父様がたくさん召し上がれば、私たちの気分も良くなるので、
私たちも、疲れが、さーっと消えてなくなるのです。
しかし、私たちなりには精誠を尽くして作ったとしても、
召し上がらなかったときには、力が、さーっと抜けていくのです。


真のお母様が来られてからは、お母様に「何を作ってさしあげましょうか?」
とお聞きして、真のお母様と相談しながら料理を作るようになりました。
それからは、メニューの幅が広がりました。
真のお父様が、以前には召し上がらなかった物も、
差し上げることができるようになったのです。

ですから、私たちが、どれほど楽になったことか分かりません。
そのようなことに対しては、真のお母様に感謝申し上げ、
『やはり、お父様のおそばには、お母様がいらっしゃらなければ
ならないのだなあ。』ということを感じました。

真のお母様は、3日間だけ台所に出て来られましたが、
私が直接、台所に入って行って、お仕えした生活は、
1959年から始まり、1970年に3年伝道が始まって、
36家庭から777家庭まで、女性たちが全員、
伝道に出掛けて行った時までの約10年ほどの間でした。


その間、真のお母様は、本当に食口たちと私たち責任者たちを、
どれほど愛されたか分かりません。
『どうしてお若いお母様が、あのようにできるのだろうか?』
と、思えるほどでした。

ある日、このようなことがありました。
その当時、私が真のご父母様のお近くに侍っていたころ、
私の夫(金榮輝先生)は総務部長をしていたのですが、
どなたかが、総務部長に会いたいと言っているのに、
どこにいるのか分からないということがありました。

その当時は、携帯電話があるわけでもなく、早く連絡を取らなければならないのに、
総務部長に連絡が取れません。
それで、お母様の所にも、総務部長がお母様の所に来ているかどうかを
伺う連絡が入りました。

すると、お母様は、「私が、◯◯に使いに行かせました。」と、
おっしゃって、総務部長を弁明してくださったのです。
私は、そのことを忘れることができません。

そのようにして、気を配って愛してくださったのですが、
『真のお母様は、どうして、そのような知恵を持っておられるのか?』
と驚くほどに、機転が利かれるのです。


やがて、真のお母様の部屋を、新しく一つ準備することができるようになりました。
その真のお母様の部屋は、前本部教会の礼拝堂と同じ階にありました。
小さな廊下を通った所です。
少し広い部屋であるとはいいますが、窓は、明かり窓が一つあるだけでした。

その部屋への出入り口は、教会に入るための出入り口と、
外に出て行くための出入り口の二つがありました。
今、思えば、それも地下室のように暗い部屋でした。

しかし、そのような場所でも、真のお母様の部屋ができたのです。
そこを改造し、トイレもそこに造りました。

そして後には、前本部教会に隣接している裏の家を買い取り、
台所は、そこに設けました。
ですから、台所から食膳を持って、真のお母様の部屋まで行こうとすれば、
人が一人通ることができるくらいの廊下を越えて、
階段を下りてから行かなければなりませんでした。

そこは、お膳をまっすぐには持って行くことができず、
横にして持って行かなければならないほどに狭いのです。
ですから、真のお母様は、本当に多くの苦労をされました。


そのような中で、真のお母様は、ご自分の感情をよく消化され、
理性的にすべてのものを受け入れるようになられました。
けれども、お母様が、それらのことをすべて消化されるのには、
どれほど大変であられたでしょうか?

1977年に、米国のイーストガーデンで、真のお父様が、
真のお母様に対して「証しをしなさい。」と、おっしゃったことがあります。
そのとき、真のお母様は、証しをされたのですが、
涙を流さざるをえませんでした。

真のお母様は、約婚をされたときから、毎年、毎年、
真のご子女様をお産みになったのではなかったのでしょうか?
ですから、お母様のおなかが大きくならない年はありませんでした。

そうであるにもかかわらず、真のお父様は、まるで、
そのような事情を考慮されないかのように、
行かなければならない所にはすべて、真のお母様を伴って行かれたのです。

そのような期間をりっぱに歩まれた真のお母様であられますが、
証しをされれば、涙が出てこざるをえないのです。
そして、「私が証しすると、涙が出てくるので、証しができません。」
と、真のお母様はおっしゃるのです。



青坡洞(チョンパドン)の旧本部教会は、
日本式の建物です。
そこで、聖婚された御父母様が、
最初に住まわれたのも、深い因縁を感じます。

何度か訪れさせていただきましたが、
「お母様のお部屋」も鄭中和先生が証ししておられるように、
本当に小さな部屋だったと記憶しています。

お母様が通過された試練は、
お母様だからこそ、乗り越えられたのであり、
「真の母」という称号が与えられたのです。
ただ、名前だけ与えられたのではなく、
勝利されたお母様なのだ、ということを忘れてはいけないでしょう。

さらには、感謝して越えていかれたお母様です。
恨みをもって通過したならば、
勝利したとは言えません。

お母様を批判する人たちは、
自分の基準でお母様を見つめるから、
そのような目でしか見れないのだろうな、と思います。

そして、どんな動機で見るかによって、
見方も変わってくるのだろうし、
感じる世界も変わってくると思うのです。

続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

posted by ten1ko2 at 10:26 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする