2021年08月13日

訓読会の伝統は、どこから始まったか?! 《鄭元周秘書室長の証し》



180611 20180529.jpg


鄭元周(チョンウォンジュ)総裁秘書室長が、
お母様の前で、訓読をされている夢を見ました。

私たちも行っているみ言の訓読会。
真の父母様は、いつから出発されたのでしょうか。

以前紹介した証しです。


お母様はどのみち一度経なければならない更年期の憂鬱症も
お一人でかみしめて苦痛を忍ばれました。

ご自身の苦痛を考えられる前に
お父様のことを考えなければならず、
ご子女様たちの困難を解決されなければなりませんでした。

大変でお一人で苦痛を受けられても、
何事もなかったかのように美しい微笑でお父様に対され、
耐えきれず涙を流されても慈愛に満ちた愛の眼差しで
ご子女様たちとお孫様たちに対されました。

24時間終始、お父様の傍らでお父様の健康のために
最善を尽くされるお母様、
ご子女様たちの困難を見られながらも、
ご一緒にいることができず、
神様とお父様のみ旨だけのために
すべてのことを後回しにされたまま、
お父様と共に歩まれなけれはならない
お母様の困難な路程を見守りながら、
私はそのお母様がどれほど感謝であるか分かりません。

そのかたがおられたからこそ、今日の私たちがあり、
また天一国を迎え、天一国の主人として
登場することができるのではないでしょうか! 


21年のイーストガーデンでの生活の中で、
ご父母様に侍って訓読会を通して、
私は本当に霊肉合わせて成長したと自負しています。

訓読会の伝統は、すでにかなり前から
ご父母様が立てられてきました。

私がイーストガーデンに入る前からももちろんありましたが、
私が入った1983年から、明け方4時や5時になると決まって
お父様の前でみ言集を2、3時間ずつ読んでさしあげました。

1986年からは、み言を録音して聞かせてさしあげました。
一日も欠かさずにそのような生活をしてきた中で、
1997年から公式的な訓読会の伝統を立てられることになったのです。

ご父母様はそのように
み言に酔って生きてこられたかたです。

「真の愛の勝利者」より


訓読会の伝統は、すでに真の父母様ご自身が
立てて来てくださったのでした。。。

しかも、鄭元周秘書室長が、父母様に侍るようになった時、
1983年から出発された、ということですから、
秘書室長は、訓読するために、責任を与えられたことになりますね。

真の父母様の前で訓読されて、
もう40年近くなるのですね。

毎日、2時間、3時間と訓読を受けられる真の父母様。
真の父母様は、み言に酔っておられるのです。

真の父母様が立てられた、み言訓読の伝統、
真の父母様の心情圏を相続できるよう、
私たちも守っていきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:32 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

幼い頃は、「一日泣き」と呼ばれた半端ない’きかん坊’だった 《アボジ10歳までの証し》


210705.jpeg
小学生向け「ムーンワールド」での人気コーナー、
真の父母様の歩まれた道「汗と涙の歴史」。

今日は、誕生から幼少期のエピソード、
「幼い頃のあだ名は『一日泣き』」です。


真のお父様は、とてもかわいく、
お母さんがおんぶして汽車に乗ると、
人がのぞきに来て、抱きたがりました。

真のお父様の家があった定州から宣川という所にある
キリスト教系の病院に汽車で行ったときのことです。

具合の悪い真のお父様をお母さんが抱っこしていると、
横に座った人が、
「このようなりっぱな赤ん坊を一度、抱っこしてみたい。
そうすれば、私も恵みを受けて、
我が家の運勢も良くなるだろう」と言いました。


真のお父様の幼い頃のあだ名は、
「一日泣き」でした。
泣き始めると、一日中、泣いていたのです。

静かに泣くのではなく、大声で泣き叫んだので、
寝ている人は起きてしまい、
村のおじいさん、おばあさんたちが見物に来るほどでした。

のどが腫れ、やがて声が出なくなりました。
部屋の中で、ひっくり返って跳ね回るので、
体中が傷だらけになるほどだったといいます。

真のお父様は、それほど気性が激しかったのです。


真のお父様は、一度決心すると、どんなことがあっても
絶対に自分の意見を曲げませんでした。
10代にもならない、幼い頃の話です。

真のお父様は、自分が間違っていても、
お母さんに何か指摘されると、
「違う。絶対に違う!」と主張しました。

お母さんに、「間違っていました」と
一言言えば済むのに、決して言わなかったのです。

お母さんも気性が激しかったので、
「親が答えなさいというのに答えないのか!」と言いながら、
真のお父様を何回も叩きました。

あるときなど、何回叩かれたか分からないほど叩かれ、
最後は気絶してしまいました。
それでも、真のお父様は耐えたのでした。

真の父母様の歩まれた道 3
幼少期の真のお父様@
幼い頃のあだ名は「一日泣き」
(Blessed Lifeより)


「一日泣き」という言葉は、
聞いたことがある人も多いと思います。


幼いころから泣き虫だったということは、
生まれつき情的な素質をもっておられたわけです。

ご両親、または血統的なものを
受け継いでいるのだな、と思いました。

「間違っている」ということに関しての
お母さんとのやり取りは凄いですね。

正しいことに対して、絶対に曲げないという信念、
サタンを屈服させる要素を
備えられていたのだ、と感じます。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 08:13 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

メシヤ誕生、その時韓半島は・・・?! 見えないくらい目が小さかった理由



210617.jpg


『ムーンワールド』(小学生向け月刊誌)で連載中の、
「真の父母様の歩まれた道」
今回は、『五山の家の小さい目』です。

三・一運動は、1919年3月1日から数か月にわたり
朝鮮全土を覆い、満州(中国東北地区)、
シベリアなどにまで及びました。延べ参加者数は
200万人余りと記録されています。

神様のみ旨により、アダム国家となる韓国に
再臨主が来ることになっていたので、
韓国はアダム国家として立つために
苦労しなければならない期間がありました。

そのため、韓国は40年間、日本の支配を受けたのです。
真のお父様が生まれた1920年は、その真っただ中でした。

真のお父様が生まれる一年前の1919年、
韓国では三・一運動が起こりました。

韓国の人々が日本からの独立を求めて
独立宣言文を読み上げ、万歳運動を起こしたのです。

韓国全土に広がった運動を日本の警察や
軍隊が出て鎮めたため、多くの韓国人が犠牲になりました。

このとき、16歳で国のために命を捨てた柳寛順(ユ ガンスン)烈士は、
アダム国家における、堕落しないエバと同じ立場にいました。
柳寛順烈士は、国家に忠誠を尽くすため、
自分の身を犠牲にしながら独立運動をしたのです。

210617_2.jpg
 


真のお父様は、とてもかわいい、
りっぱな赤ん坊として誕生しました。

真のお父様は、生まれたとき、とても目が小さかったそうです。
真のお父様のお母さんは、生んだあと、
顔をじっと見つめ、
「うちの赤ちゃんには目があるのか、ないのか」
と思って、わざわざ目を広げてみました。

すると、生まれたばかりの真のお父様が、
目をぱちくりさせたので、お母さんは安心しました。

それで、真のお父様は、
「五山の家の小さい目」と言われていたのです。

真のお父様は、目が小さいことについて、
このように語られています。

「目がこのように小さいために、
 宗教指導者の素質があるのです。

 カメラの絞りも穴を狭めるほど
 遠くを見ることができるように、
 小さな目は遠くが見えます。

 人より物事を正確に遠くまで
 見通すのが、宗教指導者です」




真の父母様の歩まれた道 1
真のお父様の誕生A
五山の家の小さい目
(blessed lifeより)


3.1独立運動のことは、
真のお母様の自叙伝にも書かれています。

真のお父様が誕生されるための条件でもありますが、
そこに洪順愛大母様と
趙元模ハルモニが同参されていた・・・
とても歴史的因縁というか、神秘的なものを感じます。

また、真のお父様も当然のことながら、
赤ちゃんとして、誕生されました。
立派な青年になるまで、
ご家族に守られて育てられたのです。

また、忠母様をはじめ、
ご家族から本当に愛されました。
寂しい境遇であったイエス様とは正反対の
家庭環境だったといえるでしょう。

愛されて育った分、み旨を先立てるために
家族を捨てざるを得なかったこと、
また、ご家族にみ言を伝えられなかったことに
お父様の恨の心情があったに違いありません。

そのような歴史的な背景があったことを
改めて認識しなければならないと思いました。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:39 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする