2021年01月23日

原理講論の一節一節に込められた精誠・・! 《劉孝元先生の執筆日誌》



210123.jpg


先日、2日修錬会の講義を担当した際
史吉子(サ キルジャ)先生の証しを読みました。

原理講論を執筆された劉孝元(ユ ヒョウウォン)先生が、
真のお父様に一つひとつ確認しながら
書かれていったやりとりが掲載されていました。

当時の劉先生の日記の部分を
紹介します。


1966年1月31日(月)

陰陽の調和で性相と形状が、
形成されるのかを質問した。
先生の答えは、反対だった。
性相と形状の調和で、
陰陽が生じるといわれた。

青天の霹靂だ。
すべての存在が陰陽の調和で成されるという、
従来の説が覆された。

これは結果の世界ではそのように見えるが、
神様においては不然(そうではないの意)であり、
神様に陰陽がすでに成されているなら、
創造がないのであるとおっしゃった。

神様には本性相と本形状があり、
それが男性と女性の関係をもっているので、
二性性相の調和で被造物が創られる時、
陽性と陰性、性相と形状が生まれたと
表現しても良いかという質問に同意され、
本意がわかるようになった。


1966年2月3日(木)

創造原理第1節を、
もう一度書かなければならない。
性相と形状がすべての存在の
根本になるという論証だ。

先生は真理の本体であることを、
もう一度悟らされた。

史吉子
『原理に関するみ言の証』より


劉孝元先生がこのように
真のお父様と一問一答しながら、
原理の探求をされ
原理講論を執筆された様子を
うかがい知ることが出来ます。

一つ一つの言葉の背後に
血のにじむような精誠と
涙が綴られていることを
改めて感じました。

劉孝元先生は、お父様の原理原本を
1ページ読まれる時、数百回涙を流されたそうです。
また、1ページ書き上げるのに、
1週間かかったこともあったそうです。

「原理の復権」が叫ばれる今日。
み言の貴さを改めて感じつつ、
精誠を込めて、語っていきたいし、
多くの人たちに伝えていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 08:24 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

お父様が北韓訪問に携帯した聖書?! ダンベリーで通読、33日3時間33分…の奇跡



201119-1991.1206.jpg


真の父母様による電撃的な北朝鮮訪問から
もうすぐ29年がたちます。

金日成主席との会談を終え、
中国経由で帰国されたご父母様の御一行。
そのあとのエピソードを紹介します。


  元香港、ソウル世界日報特派員だった竹谷文夫さんから、
  ダンベリーで聖書を読まれた文先生のレポートが届き、
  その内容に驚きと刺激を受けています。

  以下、文先生が金日成に会うため
  北朝鮮を中国経由で行かれたその時の内容です。



北京の後、私以外の日本人食口は
全員帰国したのですが、
私は御父母様とともに中国に残り、
広東省恵州のPanda自動車社に移動し、
香港に抜けました。

途中、恵州で置き忘れられていた
アボニムのアタッシュケースを、
一行とは別に3時間遅れで私一人で運ぶことになりました。

そのアボニムのアタッシュケースの中には、
アボニムがダンベリー刑務所の中で読まれた
韓国語の聖書が入っていました。

その聖書には創世記から黙示録まで
全ての行が赤鉛筆で線が引かれていました。

裏表紙には韓国語で
「開始1984年12月11日午前0時、
 読了1985年1月13日3時33分34秒」

「読むのに要した期間、33日3時間33分34秒」
さらに「神の御旨をすべて明らかにした」
と書き込まれていました。

アボニムがこの聖書を読み通された期間は、
アボニムが御一人でダンベリーに残っていられた期間でした。

そして、私がこのアボニムの聖書を
恵州から香港に一人で運んだ日、
即ちアボニムがダンベリーで
聖書を読了された事実を知った日は、
アボニムがダンベリーでこの聖書を読み始められた時点から
丁度7年が満了するまさにその日、
1991年12月10日のことでした。

ポーランド国家メシヤ
吉田宏先生が
LINEグループに
紹介したものです
ホームページはこちら ↓  
「令和リバイバル」
(素晴らしい記事がたくさんありますので、
皆様も良かったら、読んでみてください。)


聖書の通読をダンベリーでしておられたお父様。。。
真理を解明され、原理を発表されたにも関わらず、
なお、聖書を読まれていたのです。

読了を3数で終わられたわけですが、
最後、1秒くらいずらして、33秒にしてもいいのに、
あえて、34秒にされています。

3数を越えるとか、何か意味があったのか、
あるいは、時間を意識せずに読まれて、
たまたま34秒になったのか。。。
ちょっと興味深いですね。

ちなみに、聖書の通読は、
休みなしで約100時間だそうです。

お父様は33日で通読されたので、
「一日3時間」と決められて、読まれていたのでしょうね。

お父様の精誠に対して、
改めて感服しました。

さらに、そのダンベリーでの精誠がつまった
聖書をもって、北朝鮮に命懸けで行かれました。

もしも荷物を置き忘れることがなければ
わからなかったことですね。

それからちょうど7年目の日だったというのも、
感慨深いものですし、
数理性の神様を味方につけておられる
お父様の生活、生涯であったと
改めて知ることができました。

素晴らしい証し、
ありがとうございました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:24 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

「蕩減よ、ありがとう」?! 新幹線で山頂へ行ける特権を得るには 



200725-19720915.jpg


秋の行楽シーズンを迎え、
山登りを楽しむ機会もあることでしょう。

人生は登山に例えられますが、
真の父母様は、人類歴史を背負っていかれました。

史吉子先生の「原理に関するみ言の証」と、
真の父母様のみ言を紹介します。


ある日、私たち食口がお父様にお供して、
白雲台に登りました。

その時、お父様が杖を持って、
お父様が立っておられた所を中心に、
一回りぐるっと回りながら
円を描かれました。
そうしながら、

「先生もこの蕩減という枠の中から、
一歩も抜け出すことができない」


と言われました。

史吉子先生「原理に関するみ言の証」より

真のお父様のみ言

「きょうあなた方は、
『蕩減』という言葉に対して、
お詫びをしなくてはなりません。

『蕩減さん、私はいつもあなたを軽蔑してきました。
私はあなたを嫌ってきました。
しかし、あなたは私の最良の友です』

と、あなた方は蕩減と仲直りしなくてはなりません」


(1980年7月1日)

真のお母様のみ言

神様の摂理歴史は、蕩減を経ずしては
発展がありません。
それは皆様が『原理』のみ言を
きいた人ならよく分かるでしょう。

蕩減は悪いことばかりではありません。
未来を約束してくれるものでもあります。

蕩減復帰摂理は、簡単に来るものではありません。
大きく段階的に蕩減を払っていかなければ、
発展していくことができないのです。


「蕩減」と題して語られたみ言
2012年11月24日

*み言を紹介したブログ記事 ↓ 
蕩減とは未来を約束するもの 〜真のお母様のみ言〜


今日から教区のスタッフ研修があり、
明日には、登山も予定されています。
歩いて登る人、そしてケーブルカーで行く人もいます。

以前、みた夢を思い出しました。

修行している人たちが、白装束を着て、
勤行(ごんぎょう)を唱えながら、山を登っています。

そこをなぜだか、私は、新幹線に乗って、
山を登っているのです。
このような、ちょっと、不思議な夢です。

今、私たちは、真の父母様が、
荒れ地を開拓し、整理してくださったので、
困難な道も簡単に通ることができる。。。
また、かつては登っても登っても、見えなかった
山頂を見ることができる。。。

そのような時代に入っているということを
改めて、真の父母様に感謝していきたいと思うのです。 





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:15 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする