2021年02月11日

'泣く教会'の礼拝が熱かった理由 み言の共鳴体になる人 《平壌開拓 金元弼先生》



210211.jpg


平壌時代の熱い礼拝。
お父様が「3倍準備しなさい」と言われましたが、
受ける側の準備も必要でした。

金元弼先生の証し
「礼拝参加者の心得」です。


食口がほとんど準備していない、
そういう中で先生がみ言を語ろうとするとなかなか大変なのです。

そういう時には、たくさんの中で誰か一人でも、
よく準備していて基準のある人を見付けますと、
その人を中心としてみ言を語り始められます。

その人と授受作用がなされると
必ずその授受作用は繁殖の現象を起こしますので、
それによってもう一人が繁殖されます。
そして一人また一人と繁殖されて
全体が燃え上がるというものでした。

礼拝をされる時、全然心が通じない、
そういう環境の中ではのどが渇いて
なかなか言葉がうまく出てこないというのです。

これは非常に原理的で、対象を求めて授受作用すると
それによって繁殖していくという原理が適用されるのです。


皆さんが競技を見ている時、自分は感動しているけれども
声を出せなかったとします。

しかし、一人が非常に感動して声を出すと、
その声に合わせて授受して、その人が拍手すればこっちも拍手します。
こうなりますと全体が拍手するようになるのと同じことがいえます。

私たちも心情が通じないのにみ言を語ろうとする時、
全体を見ていては授受できる相対者を
なかなか見付けることができません。

その先生の様子から、授受できる人を見つけて
語り始めることが大事であるということを学びました。

皆さんも、水を飲みたい人がいるとすると、
その中でも水を本当に飲みたい人に先にあげるのと同じように、
恵みを求める心がほかの人よりももっと強いとするならば、
神はそういう人を通じて行われるのだということを覚えてほしいのです。

朝早くから誰よりも先に来て、
先生のみ言の恵みを求めて受け入れる準備をしている者がいるとすれば、
その人はみ言の恵みを先に受けるようになるでしょう。


私がニューヨークにいた時に、
先生は朝早く聖日礼拝のみ言を語ってくださいました。

そのみ言の中で、一番前の座席を取ろうと思って
前日から来て待っていた
十代の若者たちがいるということをおっしゃいました。

先に来ないとほかの人に前の席を譲らざるを得ないわけです。
ですからその席を譲るまいと思って、いつも誰よりも先に来るのです。
寒い時でも、とにかく朝早くから祈る人がいる
ということを非常に喜んで話してくださいました。


(平壌開拓時代)探し求めていた真理を聞くことによって、
生涯にない感激を受けたメンバーたちは、
自分の家に帰ることを忘れていつもいつも
教会から離れようとしませんでした。

最初のメンバーたちは、真理を大変求めていた人たちであり、
また神の啓示を受けて、
約束されたメシヤを待っていた人たちでした。

それだけに先生のみ言を受けるとすぐ変わりました。
ちょうどのどが渇いていた羊のような立場であったからです。


前にもお話ししたように、非常に感動した人は
教会を離れ難くなりました。
そうしますと、家庭からも教会からも
たくさんの迫害を受けるようになりました。

心の喜びを知った人は、自分の家や今まで通っていた
教会にいることがなかなかできませんでした。
そういう心情は皆さんもよく体験していると思います。

心から真理を求めていた人が真理を知るようになり、
神のお告げを受けていても分からなかったのに、
そこに神の啓示を知ったメシヤを迎えることができたのです。

その喜びは、何ものにも替えることのできない、
そういう貴いものであったがゆえに、
一方でたくさんの迫害を受けたのです。


先生はある期間を経過して、そういう食口たちに
これからは家に帰り、そして教会に帰って、
その中でこのみ言を伝えるようにと指導されました。

ところが食口の心はそうではありませんでした。
それはちょうど墓地に行くようにつらいことでした。

昔の教会に行ったら、前は非常に良かったのですけれど、
今はそこにいることができないのです。
それで先生の言うことを聞かずに、
再び先生のところへどんどん来てみ言を聞こうとしました。

そのように真理を慕って恵みを慕ってきた人に
「お前帰れ」ということができませんから、
先生はまたみ言をたくさん語ってあげました。

ある人は、「帰れ」と言われても帰らないのです。
そういう体験をしたことがある人は、
そういう心情によく共鳴するものがあると思います。

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題

I 平壌開拓から興南解放
第一章 平壌開拓の日々
礼拝参加者の心得


授受作用の原理原則ですね。

最も精誠を尽くされる人を中心に
繁殖、発展していき、
礼拝の復興がなされていく。。。

草創期、特に教会創立以前の平壌では、
復興の度合いが半端なく
「いつまでもみ言を聞いていたい」
離れがたい心情をもっていたのでしょう。

実際に、お父様がみ言を語られる空間以外では、
み言を得ることができなかった時代です。

そのような状況で『帰れ』と言われるのは、
言われた食口たちも辛かっただろうし、
言わざるを得ないお父様ご自身も、
何より辛かっただろうと思います。

今、真のお父様に直接会えなかったとしても
ふんだんにみ言を学ぶことができることに、
心から感謝しつつ、その貴さをかみしめて、
もっともっと復興する者になっていきたいし、
また多くの人たちに広めていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:03 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

寝ずに礼拝を準備された再臨の主 受ける側の備えも 《平壌開拓 金元弼先生》



210201.jpg


金元弼(キム ウォンピル)先生の「伝統の源流」
今回は、『礼拝とその準備』です。


先生が礼拝をどのようになさったか、
その(平壌開拓の)時の様子をお話ししたら、
もっとよく分かるだろうと思いますので、
そのことをお話ししましょう。

まず、先生は牧会を通じて新しい生命を
求めてきた人たちを、どのように復活、修正、
よみがえらせるかということです。

今死にかかっている患者をこれからどのように生かすか
という深刻な立場に立って、
取り組んでおられるということが分かりました。

それはちょうど死にかかっている人をいかに生かすか
という立場のお医者さんのような深刻な立場だと思えば、
皆様は理解しやすいと思います。

そういうことですので、先生は礼拝の前日は、
一晩中休むことができないで、
礼拝に参加する人々のためにお祈りをされました

み言を受ける人も自己を分別して、
先生のみ言がすぐ受け入れられるように準備をしました。
先生が私たちにお話ししてくださったように、
一時間のみ言を語るためには
その三倍のお祈りをしなければいけません。

先生は日曜日のみ言を語るのに、神様のために
ずーっとその夜をお祈りで過ごされたのです。


亡くなった劉孝元協会長は、先生とは違って
常に準備して全部原稿に書いてお話をする方でした。

しかし先生はいつも劉協会長に、
「語る言葉の準備に三倍のお祈りをしなさい」と語って、
先生御自身のことをお話ししてくださいました。
「食口のためにお祈りしなさい」と。

 
その(平壌開拓)当時、先生は一つの小さな部屋を持っていました。
冬は非常に寒い部屋でした。

そういう所で先生はお祈りをされるのですけれども、
そのころは朝の十時に礼拝を始めました。

先生は十時になると、先生の部屋、
そこはお祈りの部屋を兼ねていますけれども、
そこからおいでになられて直接礼拝の司会をなさいました。

先生の部屋といっても、礼拝をする部屋の
ただ一つのふすまを開ければそこが先生の部屋になっていました。


先生は死んだ人を生かすという
手術をするドクターのような立場ですので、
礼拝は非常に熱烈極まるものでした。

先生は自ら賛美歌を歌いましたけれど、
賛美歌を歌いながら多くの涙を流されました。
賛美歌を歌う時から、祈る時、そして説教する時にも
相当の涙を流されました。

先生は最初から最後まで礼拝を主管され、
そこに集まっていた食口たちも全員涙でいっぱいでした。

そういう礼拝の雰囲気に入ってくると、
賛美歌を歌ううちに、あるいはお祈りしているうちに、
たくさんの霊的現象が起こりました。

もちろん霊能者が多いということもありますけれども、
そうでない人もそういう雰囲気に入ると、
新しい霊的体験をしました。


ある人が準備しないで参加したり、
あるいは疑う心を持っていると
霊能者が様々なかたちで働きかけました。

それゆえにその当時礼拝に参加する人たちは、
お祈りの準備をして来たのです。

先生は霊的な現象があっても全然止めませんでした。
けれども今はそれを全部止めておられます。

ですから、私たちがベルベディアの礼拝に参加する時には、
そういう準備をしなくても済むかもしれませんが、
もし最初の時にそうであったならば
大変うるさいことがたくさん起こったと思います。


礼拝に参加する時に、神が喜ばない心をもっていると、
非常に怖いといった感じも受けました。

教会のことを好奇心から調べたい、知りたい、
尋ねたいということで、いろいろな人が
礼拝の時に訪ねてきました。

そういう時には、心霊がいい状態ではないのです。
そういう人はほとんど礼拝のために準備をしていない人たちです。

そうすると、今まで祈っていた霊能者の一人が、
目も開けずに立ち上がって、その人の肩を強く打ちました。
そういうことが起こってきます。

そうすると反対するよりもかえって、
すぐに涙を流しながら自分の誤った心を
悔い改めるという現象が起こりました。


そして、ある日曜日の朝のことです。

いつも聖日礼拝の前日には、いく人かが来て
お祈りをして泊まりました。

ちょうど朝四時ごろに、その時は眠っていたのですけれども、
ある霊能者が霊に導かれて教会へ入ってきました。

寝ている所、真っ暗な所へ入ってきて、
「今このような時なのに、こんなに遅くまで眠っているのか」
ということで全員が起こされて、
お祈りをしたこともありました。


礼拝が十時からだとしますと、礼拝に参加するために
前日から、あるいはいくら遅くとも二時間前には
教会に来てお祈りして準備をするのが常識のようになっていました。

幾人かではなく、全部の食口たちが前日に来るか、
あるいは朝二時間前には来て、礼拝に臨みました。

なぜならば、み言、天の恵みを受け入れる心の準備をしていないと、
霊能者に言われるし打たれるので、
誰が何と言おうとも早く来るようになりました。

食口たちがお祈りをして十時になると、
先生がその部屋から礼拝室に入って礼拝をされます。

ですから礼拝の時には、心の状態は非常に授受しやすい、
そういう立場に立ちますので、
その礼拝はスムーズに進み、大変熱気にあふれました。

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題

I 平壌開拓から興南解放
第一章 平壌開拓の日々
礼拝とその準備


この頃の、映像、写真など、
残っていたらよかったのに。。。
そう思わせられるような、
とても貴重な証しです。

霊的共鳴現象とでも言うのでしょうか。
お父さまと食口たちが、本当にひとつになり、
涙と霊的恩恵、また、役事の起きる、
素晴らしい礼拝だったのだな、
そのように感じました。

『1時間み言を語るのに、3時間祈る』
これは、お父様が語られたみ言として、
ご存じの方も多いと思いますが、
お父様は、実際には、『3時間』でなく、
『徹夜祈祷』だったのですね。

さらに言うならば、
説教を語るお父様だけでなく、
食口自体も2時間前に祈って
備えていた、というのです。

『神霊と真理に満ちた教会』
これを本当に実現させていくならば、
誰がどうのこうの、ではなく、
私たち一人一人の心構えにある、
そのことを願われていると感じます。




にほんブロ本当にグ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:32 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

なぜみ言が長いのか、なぜ大声で語られるのか 《平壌開拓 金元弼先生》



181112.jpg


金元弼先生の教会創立前の証しの続き。
今日は、『なぜ大きな声で語られるのか』です。

平壌時代のお話ですが、
お父様のみ言についてですので、
教会創立後の話も交えながら語って下さっています。


皆さん、み言を語られる時に
大きな声で語る理由を理解してほしいのです。

先生はなぜそんなにするのだろうかと考えるかもしれません。

み言を知らず真理が分からずに死にかかっている、
そういう人に真理を教えますと、
生き返って喜ぶ姿を見ることがあると思います。

それと同じく先生は人々が死の中にいるのを見ると、
それを生かそうとする深刻な心をもたれるのです。
先生はそのように考えてするのではなく、直接それが見えるのです。

そればかりではなく霊的に見れば、
サタンが傍らにいて連れていこうとする状態が見えるので、
話をする時に静かに語ることは難しかったと思います。

 
そして(平壌開拓の頃も)先生がひとたび語りますと
非常に細かく語られ、
時間にも注意していなかったのです。
ですから十二時になるのも分からなかったわけです。

それらの人の中には家庭を守らなければならない人もいます。
あるいは職業に就いていて、出社時間までに
行かなければならない人もいます。
学校に行かなければならない人もいます。

しかし、み言は非常に恵みとなりますから、
明日の時間や、これからの約束の時間を守らないで
み言を聞くようになったのです。

 
(後年)ある時、韓鶴子夫人が先生に、
「お父様、食口たちはみ言が非常に長いということを
言っていますけれども、なるべく短くすることは
できませんでしょうか」と勧めたことがありました。

その時に先生が夫人に答えたことは次のとおりでした。

「短くすることは私もよく知っています。
今この話をしてあげたらこの人たちが生き返る、
そういう人が見える」と言われるのです。

もしそれを止めたとするならば
そのまま生き返ることはできないというのです。

み言は人に生命力を与えるものです。
短くしたら別の人には良いのですけれども、
こちらの人はよみがえらないのです。

ですからその人の問題を解決するばかりでなく、
すべての人に解決を与えるために
仕方なく長く語らざるを得ないのです。

この世の講義とは違うのです。
知識を伝達するのと違い、生命をよみがえらせるために
長くなる、ということをお話ししてくださったのです。

先生と私たちと違うのは、死にかかっている姿や
生き返る姿が、先生には目に見えるということです。


話をする時、重要な点は大抵強調します。

先生が大きな声でお話しするのは、
その人にとって非常に重要なことですから、
真心を込めてあげようとすると大きな声に
ならざるを得ないと理解するのです。

愛する子供が泳げないのに、海の深い所へ
どんどんどんどん行ってしまうならば、
皆さんは子供が遠くにいるのに静かに
「帰ってきなさい。帰ってきなさい」と言いますか。
大きな声で叫ぶでしょうか。
それと同じことです。

 
私たちの背後には多くの善霊界と悪霊界があるということを
忘れてはいけないと思います。
私たちはそれがはっきり分からないのですが、
先生にはそれが全部見えるのです。

そういうことで、その時は何も分からなかったけれども、
今考えてみるとそういう事情であったのかと分かるのです。
それは時間がたつのを忘れて熱中して
み言を語ってくださったことから理解するようになりました。


(平壌開拓の頃)先生は本当にいつもいつも
汗を流し、さっきも言ったごとく
み言を与える時に涙で訴えてくださいました。

お祈りの時、あまりにも先生が涙を流し、
食口たちが全員涙を流すのを見たときに、
私は非常に苦しかったのでした。

なぜかといえば、そのように全員が涙でいっぱいなのに、
私は涙がでなかったからです。

お祈りの間は分からないのですけれども、
お祈りが終わった時には全員が涙をふくのです。

私には涙がないからそれが大変恥ずかしかったのです。
私だけが涙を流していないので、
その人たちが私を見てどう考えるか
ということを思うと非常につらかったのです。

そのくらいに先生と食口たちが、
たくさん涙を流したということを皆様に話したかったのです。

 
先生はたとえ年を取った食口であっても、
帰ろうとすると、それを決して喜びませんでした。

「もっとここにいるように」と
いつもいつも言われるのです。

また、先生は食口が見えないと、
来ないのだろうかと非常に待ち遠しくしておられました。

編集・文責:ten1ko2

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題
I 平壌開拓から興南解放
第一章 平壌開拓の日々


真のお父様は、まさに、霊的なお医者さんですね。

医者はある人が病気にかかった場合、
その人の命を助けるために、手術をします。

お父様のみ言を通して、
人は復活して生き返る、というのです。

また、み言を長く語ることを通して、
蘇る人がいるとするなら、
長く話さざるを得ないのは、
まさに「真の親」であるからにほかなりません。

私たちは誰がどのような状態なのか、
霊的に鈍くて全く分かりませんけれど、
私も講義する機会がありますので、
貴いみ言を語ることができることが感謝であり、
霊的生命を復活させるために、み言を語れるんだ。。。
そういう心情で臨んでいきたいと思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:01 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする