2022年01月15日

40日開拓 マイクとのぼり、伝説の伝道ルックの始まり 《松本ママ奮戦記》



220115.jpg


松本ママの「信仰は火と燃えて」より
「父よ、彼らを赦したまえ」前半です。

40日の開拓伝道、寝るところもなく
サバイバルの5日が過ぎようとしています。


伝道を始めて5日目、この日も一日中
話を聞いてくれる人を探して、足を棒にして歩き続けました。

4日間の睡眠不足もあって、夜の10時ごろには
もう疲れ果ててしまいましたが、12時までは活動することにしていたので
まだ休むわけにはいきません。

もう一軒行ってみよう、そう思って気を取り直し、
疲れた足を引きずりながら再び歩き始めたのです。

ふと顔を上げると、目の前に教会が見えました。

夜の11時ごろでしたが、その教会は、いつ誰が来ても
入れるように、表のドアが開かれていました。

「こんばんは」と声をかけて入ってみると、
電気はついているのですが、何の返事もありません。

私は靴を脱ぎ、黒板とショルダーバッグを持って、
静かに2階に上がってみました。

2階は広々とした礼拝堂で、誰かいたら、
そこに泊めてもらって話をしたいと思っていたのですが、
シーンと静まりかえっています。

重い荷物を下ろし、礼拝堂の窓から外を見ると、
町のネオンが薄ぼんやりとくたびれたように見えました。

ああ、もう12時ごろだなあ。
そう思うともうどうにも眠たくて、立っていることができません。

そこで「天のお父様、私は今晩この礼拝堂で
泊めさせていただきます。
明日の朝、この教会の牧師に会いましたら、
どうかこの天のみ言(ことば)を語ることができますように、
そして牧師がみ言を受け入れることができますように」と、
切実な気持ちで泣きながら祈ると、
礼拝堂の椅子の上に横になりました。

そして、久し振りに屋根の下で、
気持ちよく眠ることができました。


ところが、ぐっすりと一眠りしたころ、
すすり泣きながら祈っている声で目が覚めたのです。
もう夜明けかと思ったのですが、外はまだ暗く、午前2時ごろでした。

その声は、韓国の言葉で
「主よ来たりませ。あなたの約束の日は近づいてまいりました。
どうか一日も早く来て、この世を救ってください」
と泣きながら祈っているではありませんか。

それは韓国人のおばあさんの声でした。
私は起き上がっておばあさんのそばに近寄り、
声をかけてみました。

「おばあちゃん、今の祈りは聞かれますよ。
神様は主をすぐ遣わしてくださいます。
今、私は天から啓示を受けました。
あなたが求めている主は、もうあなたのすぐ近くにいます」。

「本当ですか。あなたはどこから来たんですか」。
おばあさんは、驚いて聞き返しました。

「私は、もうすぐ主が来られることを知らせるために、
東京からやって来たのです」

そう言いながら、私はピアノの後ろに置いてあった
黒板を持ってきて、講義を始めました。

おばあさんは真剣に聞いていました。
そして、私を、神様から遣わされた偉い伝道師として
迎え入れてくれたのです。

 
その日から、私はそのおばあさんの家に泊めてもらうことにしました。

家といっても、焼け跡にトタンで造った小さな小屋で、
しかも畳を二枚敷いて小さな台所をつけただけのものでしたが、
私にとっては、畳の上で寝られるというだけで、
感謝の気持ちでいっぱいでした。

おばあさんは、金さんといって8年間も信仰をもっているクリスチャンで、
たった一人で日雇い人夫をしながら、
再臨の主を待ち望んでいたのです。

まさに5日間の苦労の土台の上に、神様が会わせてくれた人でした。


その翌日伝道費がなくなったのでくず屋をやろうと思い、
金ばあさんにくず屋を紹介してもらいました。

リヤカーとはかりを借り、もんぺをはいて
麦わら帽子をかぶり、元気な声で
「おばあちゃん、行ってきます」と言って出掛けたのです。

すると金ばあさんが、「オーッ」と泣き出して私を呼び止め、
「あなたをそのままくず屋に行かせたら、私は天罰を受けるよ」
と言って貯金通帳を出し、それを全部献金するから、
くず屋に行かないで伝道してくれと頼むのです。

通帳の中を見ると、おばあさんが毎日働いて、
100円、200円と貯めたもので、15,000円ほどたまっていました。

私は感謝の祈りを捧げて、そのうち13,000円を受け取ると、
YMCAの青年会館に行きました。

聖書研究会をするからということで、
午後3時から5時まで、40日間
この場所を貸してもらうことにしたのです。
一日の借り賃が300円で、1カ月分を払い込みました。

そして、早速西川先生に手紙を書いて、5日間の歩みを報告し、
パンフレットを送ってほしいとお願いしたのでした。
数日後、聖書研究会をやる場所を印刷したパンフレットが、
速達で送られてきました。

残りのお金でマイクを買い、パンフレットを
両方のポケットに入れて、それから本格的な伝道が始まったのです。

毎朝8時から10時までと夕方5時から6時までは、
駅で路傍伝道をしました。

左手に真っ白なのぼりを持ち、右手にマイクを持って、
道行く人に呼びかけるのです。



210515-1961.07matsumoto.jpg

松本 道子・著(光言社・刊
『信仰は火と燃えて―松本ママ奮戦記―』より)

https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=13157
信仰は火と燃えて 6
父よ、彼らを赦(ゆる)したまえ
(blessed lifeより)


松本ママの開拓伝道の証し。。。
本当に壮絶な歩みです。

限界の限界の中で、
金おばあさんとの出会いがありました。

神様は、松本ママの精誠を覚えられ、
ちゃんと準備しておられたのでした。

野宿をされながら、
夜12時まで伝道活動をされた松本ママ。

開拓草創期、このような基準で歩まれた
大先輩がおられたからこそ、
今の家庭連合の発展がありました。

そのことを肝に銘じながら、
私たちも、それぞれの与えられた環境圏での愛する歩み
また、神氏族メシヤ最前線の歩みを
なしていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:57 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月30日

日本初、伝説の開拓伝道、「一粒の麦として」出発〜否定の5日間 《松本ママ奮戦記》



210515-1961.07matsumoto.jpg


松本ママの『信仰は火と燃えて』より
「一粒の麦として」

いよいよ、最初の40日開拓伝道に出発。
ちょっと長いですが、熱い思いが伝わる証しです。


横浜、大阪、京都、広島、仙台と、みんなそれぞれの任地が決められ、
私は名古屋へ行くことになりました。

たった一人で伝道費を稼ぎ、講義をし、
40日間で最低3人の人を伝道して、教会の基盤をつくるのです。
そんなことが果たして私にできるだろうか。

私はとても心配で、西川先生に
「本当にできるでしょうか。万一できない場合は
どうしましょう」と聞いてみたのです。

すると先生は、「信仰と努力さえあれば絶対できます。
あなたの運命を決する開拓ですから、
真剣にやってください」と励ましてくださいました。

聖書に「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、
それはただ一粒のままである。
しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる」

とありますが、まさに私は、名古屋のためにすべてをささげよう
と決意して、この開拓伝道に出発したのでした。


イエス様は、弟子を開拓伝道に出す時に、上着も下着も持たないで、
着の身着のままで行けと言われましたが、
私は西川先生に許していただいて、ブラウス2枚、スカート2枚、
下着2枚を持って行くことにしました。

そしてスカートにパンフレットを入れるための
大きなしっかりしたポケットをつけ、
名古屋に向かって出発する準備をしたのです。

この出発に際し、下の娘が
「お母ちゃん、病気になって倒れないでしっかりやってね」
と言って5000円をくれました。

私はその娘の心がうれしくて、その喜びを
より大きなものとするために、5000円のうち3000円を、
やはり一人で開拓伝道に行く姉妹にあげたのです。
その姉妹は「まあ、これ全部くれるの」と言って喜んでくれました。

 
1961年7月20日夜11時ごろ、名古屋に出発する私のために、
西川先生は朝から晩までくず屋をしたお金をまとめて
片道切符を買い、小遣いとして1000円をもたせてくださいました。

そして真心込めてお祈をしてくださり、
見送りの兄弟姉妹と一緒に聖歌を歌い、
万歳、万歳と言って送ってくださったのです。
私は、うれしいやら恥ずかしいやら不思議な気持ちでした。

汽車がホームをすべり出し、西川先生との距離が遠くなると、
先生に愛され、指導されてきた日々が思い出され、
感謝の思いが込み上げてくるのでした。

けれども、列車が東京をすっかり離れてしまうと、
先生のことも東京のことも一切忘れて、
それ以上にこれから行く名古屋のことを考えていました。

名古屋はどんな所だろう。
40日私はできるだろうか。
様々な心配と不安が心をよぎり、
まんじりともしないで夜汽車に揺られていたのです。


少しうとうとしたかと思うと、翌日の早朝名古屋に着きました。

汽車を降り、トランクを荷物預り所に預けると、
まず名古屋で一番高いと思われる名古屋城に上りました。

そこから名古屋市内を見下ろすと、
焼け跡にぽつりぽつりと家が建ち、
名古屋駅は工事中で雑然として、
町全体にどんよりと深い霧がかかっていました。

その名古屋の町を見下ろしながら、
私は天の前に決意のお祈りをしたのです。

「天のお父様、私は必ずこの名古屋の地で、
 あなたのために働く人を探します。
 どんなにサタンが大いなる力をもって迫ってきても、
 必ず勝ってみせます。
 どうか天のお父様、名古屋の市民を祝福し、
 私に力を与えてください。
 あなたが予定した人に会わせてください」

祈り終わると、もうその瞬間から心があせるのです。
名古屋では自分一人しかいない。
自分一人で独立独歩、ただ無形なる神を信じて行かなければならない。

だから、もう一刻の猶予(ゆうよ)もならない。
そう思うと、寝ることや食べることなどとても
考えるどころではなく、早く誰かに会って
み言(ことば)を伝えたいと思うのでした。

 
そこで、急いで城を下りてバスに乗ると、バスガールに聞いて、
名古屋で一番にぎやかな町に降ろしてもらったのです。

そこは栄町という所で、デパートらしいみすぼらしい建物の前を、
たくさんの人々が往来していました。

バスから降りて四方八方を見回すと、十字架の掛かった教会が見えましたので、
私は迷わずその教会に向かって歩いていきました。

私は、新しい真理である「統一原理」を、
まず私の兄弟姉妹であるクリスチャンに伝えなければならない
という心情から、クリスチャンを最初に伝道することに決めていたのです。

教会のドアをたたくと牧師夫人が出てきたので、
「私は東京から来た伝道師ですが、
今晩一晩ここに泊めていただけないでしょうか」と聞いてみました。
夜、牧師が帰ってきたら、いろいろ話をしようと思ったのです。

ところが日本キリスト教団でない人は泊めるわけにはいかない
と言うではありませんか。

そこで私は「日本キリスト教団でなくても、
同じ神を信じキリストを信じている兄弟じゃありませんか。
庭の隅でも結構ですから、今晩だけでも泊めてください。
もう一度夕方に参りますからお願いします」と言って、
この教会に、栄えと祝福を与えてください、とお祈りして出てきました。


その教会を出ると、すぐ次の教会を探して電車に乗りました。
するとちょうど仏教の尼さんが乗っていたのです。

人に話しかけることは大変勇気がいるものですが、
早くみ言を伝えなければというはやる心に押し出されて、
旅の恥はかき捨てと、思い切ってその尼さんのそばに歩いていきました。

そして、私は神様の娘として、
神様の大任務を負ってきたんだという気持ちで、
「もしもし尼さん」とやさしく声をかけてみたのです。

「私はキリスト教の伝道師ですが、仏教もキリストも、
宗教のあり方は違っても目的は同じだと思います。
あなたがなぜ尼さんになったのか、
そういう証(あかし)を聞かせていただけませんか」

私がせっぱ詰まって熱心に話したので、
それに圧倒されたのかどうか分かりませんが、
2人で電車を降り、喫茶店に行くことになりました。
私はお茶やケーキをすすめながら、彼女の話を聞きました。

私は特に西川先生から、
「相手の話を最後までよく聞いてからあなたの話をしなさい。
相手の話を途中で折っちゃいけませんよ」
とよくよく注意されていましたので、
分からない話でも忍耐強く聞いたのです。

そして今度私が語る番になると、持ち前の早口で、
立て板に水を流すように話しました。

「人間は何もないところで話し合うことはできません。
神様の話をするためにも、食べ物が仲保の役割をしてくれます」

これも西川先生のよく用いられた例えの一つで、
私はその言葉のごとく実行したわけですが、
ここで早くも800円というお金を遣ってしまいました。

名古屋に着いた時、私の手もとには3000円があるだけでした。
ですから私は、これがなくなる前に何とか誰かを伝道しなければと思い、
朝と昼は水を飲んで
夜だけ次の日の活力をつくるために食事をすることにしました。

駅の近くにある大衆食堂で、みそ汁付で50円のどんぶり御飯を
夜だけ食べて40日間やってみようと決意したのです。


そうして一日中歩いて、夜の8時ごろ、
その食堂でどんぶり御飯を一杯食べてから、
最初に行った栄町の教会に行ってみました。

もし追い出されたら駅の中で寝ようと思っていたのですが、
私の寝る部屋を準備して、蚊帳(かや)をつくって待っていてくれました。

けれども牧師は会ってくれず、
「今晩だけです。もう来ないでください。
統一教会はよく知っています。
これ以上話す必要はありません」
とピシャッと言われてしまったのです。

私は「はい、分かりました」と言って、
泊めてくれた温情に感謝して、
「どうぞこの教会が栄え、神様のみ旨にかなった
教会であることができますように。

そして早くこの教会が『統一原理』を受け入れてくれますように。
どうぞ天の父よ祝福してください」
と、祈ってやすみました。

翌朝早く、感謝の祈りをしてその教会を出ました。


この日はまず黒板とチョークを買いました。
きのうの尼さんと、朝の九時に公園で会う約束でしたから、
それを持って急いで公園に行くと、彼女もちゃんと来ていました。
そこでさっそく、芝生の上に座り、創造原理の講義を始めたのです。

ところが、私にはまだ、赤ちゃんにおっぱいをやるような
やさしい話し方は分かりません。
彼女は理解しようと努めながらも、居眠りを始めるのです。
それでも私は、汗をだくだく流しながら真剣に語りました。

あす再会することを約束して彼女と別れたのが午後3時、
まだ2日目なのに何日も過ぎたような気がして、心はあせるばかりです。


それからまたバスに乗り、お寺でも、天理教の教会でも
どこへでも行って、質問したり話をしたりしました。

けれども、どこへ行っても、私の話を
真剣に聴こうとする人には会えませんでした。

どんなに立派な話をしても、感心はしてくれても、
それ以上聞こうとしないのです。

まっ黒な顔に変なブラウス、変なスカートをはいた
すごいおばさんのスタイルを見ただけで、
「あなたの話を聞きましょう」とは言わないのです。

そうして2日目の夜は、駅のガードの下で、
ボール箱を敷き、壁に背中を寄せて眠りました。
3日目は、蚊にさされながら公園のベンチで寝ました。

公園にはあちこちに人が寝ていましたので、私も、
黒板を持って、ショルダーバッグを背負って、
公園で寝ることにしたのです。


3、4日目は、キリスト教会を探して歩きましたが、
どこへ行っても「聞きたくありません。
出ていってください」と追い出されました。

ある教会では、「あなたは立派なことを言っていますが、
それはサタンです」と言って私を押し出し、
ドアをピシャリと閉めてしまいました。

一日中あちこち歩き回り、
夜は公園のベンチで寝る生活が4日間続きました。
もう体はくたくたに疲れ、5日目の夜には
全く疲労困憊(こんぱい)していました。

けれども心はあせるのです。
あと35日しかない、どうしようと。


私は毎夜、公園の中で、
「天のお父様、どうか明日は、名古屋で立つべく
予定した人に会わせてください」と必死で祈りました。

今の私にとって話し相手、訴える相手は神様しかありません。
ですから、人から見たら気違いではないかと思うほどに祈るのです。

歩きながら祈る、起きても祈る、座っても祈る、
祈りはもう欠かすことができないのです。

どんな時にも「天のお父様」と呼びながら祈りつつ歩み、
きょうも何の実績もないまま、5日目が終わろうとしていました。

松本 道子・著
(光言社・刊『信仰は火と燃えて―松本ママ奮戦記―』より)
信仰は火と燃えて 5
一粒の麦として


伝道師松本ママの開拓の任地は、名古屋からでした。
最初から勝利の道を行かれたのではなく、
否定の道を歩んでいかれました。

夏とはいえ、ガード下や公園で寝たとは
信じられないことですね。
その当時のお金の価値は、簡単には換算できないようですが、
ある見かたでは10倍くらいのようです。

松本ママは、様々な否定、迫害を受けながらも、
決して諦めない心情があったので、
そのあと、天が準備してくださったのだな、と思います。

開拓の時代と現在は、環境が違いますけれど、
天の前に誓ったものは、必ず成す、という
貴い心情は、絶やさないようにしていきたいと感じます。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:23 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月18日

西川先生と、幼い使徒たち 昼はくず屋、夕は伝道師、深夜まで語り合ったあの日・・ 《松本ママ奮戦記》



211218.jpg
▲西川先生を囲んでの食事(左が筆者)


松本ママの『信仰は火と燃えて』より
今回は、「聖別された群れ」の後半になります。


とはいっても、いつまでも一文なしの生活では
何もできないので、みんなで相談して
アルバイトをしようということになったのです。

その時、「くず屋をやったらどうでしょうか」
と提案がありました。
私には娘が二人いますが、下の娘が
鉄くず屋のところにお嫁に行っていました。

それがふと頭に浮かんで、ちょっとみっともないけれど、
自由な時間に働いて自由に伝道するには、
くず屋さんがいいなと思ったのです。

西川先生はそれを聞いて、
「神様の摂理は再創造の摂理だから、
我々人間も新しく造りかえられる。
万物もくずから新しく再生される。
それはいい考えだ、やりましょう」と言われ、
みんなでくず屋を始めることに決まりました。


211218-1961.07.jpg
▲廃品回収をして伝道資金に(左から2人目が筆者)

朝は6時に起きて7時まで礼拝し、
さっと御飯を食べて廃品回収に出掛けます。

みんな仕事着であるもんぺにはきかえ、リヤカーを借りて、
あちらの角、こちらの角と別れていきます。

そして1時か3時ごろになると、みんな
汗をだくだく流して仕切り屋に集まってくるのです。

西川先生は、いつも一番多くて2000円くらいもうけました。
私たちは、どんなに頑張ってもせいぜい800円でした。


もらったお金は全部、会計をやっていた
春日千鶴子さん(現、ロニオン夫人)に預け、
みんなで連れだってそば屋に行きました。
そこで35円のおそばを食べるのです。

いつも麦御飯とみそ汁だけですから、
それがとてもおいしくて楽しみなのです。
舌にとろける甘い味。
もっと食べたくても、一杯で終わりです。

甘いものが好きな人は、
「35円分だけ大福もちが食べたい」と言って、
大福もちを食べました。


それから、二人ずつ組んで路傍伝道に出掛けます。
私は、岩井裕子さんと有楽町に行きました。
裕子さんは高い声で、とても分かりやすい言葉で道行く人に訴えます。

「御通行中の皆様、天来の声に耳を傾けてください。
私は日本を救うジャンヌ・ダルクです。
この滅びゆかんとする日本を救うために、
心を痛め、涙する良心家はいないのですか」。

たくさんの人が集まっている有楽町の駅前で、
18歳の乙女が訴えるのです。

笑って通り過ぎるアベックもあれば、
「ああ、日本に若い乙女の神様がやって来た」
と拝んで行く人もありました。

 
夕方は、他のキリスト教会の集会へ行ったり、
訪問伝道をしたりして、帰ってくるのは夜の10時ごろです。

それから御飯を食べて、12時まで原理講義の演習をしました。

それで一日のスケジュールは終わりですが、
まだまだみんな寝ようとしません。
それから、西川先生を囲んで天国の話を聞くのです。

私は「先生、霊界が満員になったら
どうするんですか」と聞きました。

ある人は「天国ができたら、おしるこの風呂に
入りたいです」と言うし、
小河原さんは「私はお菓子の家が欲しいの。
柱をとって食べてもまたすぐできるような、
そんなのできますか」と聞くのです。

まるで小さな子供のようです。
先生はあきれて「できますよ」と答えるのです。

私は、理想世界ができたら、羽をはやして
空を飛んでみたいなどと、思っていました。

そうやって話していると、すぐ2時、3時になってしまいます。
翌日はまた同じように仕事に行くのですが、
3時間ぐらいの睡眠でも、毎日が楽しいから疲れないのです。


朝出掛ける時などは、イエス様を中心として、
弟子がぞろぞろまとわりついて歩いたように、
私たちも西川先生を中心として、日焼けした顔に
目をきらきら輝かせて、天国の話や信仰の話をしながら歩きました。

私たちは、この世から全く聖別された小さい群れでした。

先生は、過去の堕落性をみ言(ことば)によって直し、
神の子の権威と品性と実力をもって
人の倍働くようにと、愛と真理で教えてくださるのです。

 
生活指導も細かく、「髪をとかす櫛(くし)は、
みんなが一つを使うのですから、
あとの人のことを考えて必ず紙でふいておきなさい。

食事をする時は、あとの人のことを考えて食べなさい」
と一つ一つていねいに教えてくださいました。

そして、「神を愛する者は兄弟を愛する。
だから悪いところを見たら、まごころから忠告しなさい」
と兄弟を愛することを教えるのです。

また、先生は、男性や女性を異性として見るのは
心の中に蛇が入っているからだと言って、
みんな兄弟として育てました。

ですから私たちは、お互いに異性としての意識は全くなく、
懐かしい時は抱き合ったり握手したりして、
心の純粋さはまるで子供のようでした。

時には先生は、掃除、洗濯、炊事を
みんな一人でやってくださり、
めんどりがひなを抱くように、温かく、やさしく、
細かく、また厳しく私たちを育ててくださったのです。

そうして生活の訓練、信仰の訓練、祈りの訓練をした上で、
私たちは地方に開拓伝道に行くことになるのですが、
この時は、西川先生と別れるなどとは夢にも思わず、
先生の愛のみ手の中で、幸せな毎日を送っていたのでした。

松本 道子・著(光言社・刊
『信仰は火と燃えて―松本ママ奮戦記―』より)

信仰は火と燃えて 4
聖別された群れ


「ホーム生活の草創期版」と表現したらいいのでしょうか。。。
喜々として、歩んでいる姿が思い浮かびますね。

昔、教会に献身していた方たちは、
松本ママの証しを聞いて、
懐かしい気持ちになったと思います。

24時間、一緒の生活。
まさに、「兄弟姉妹」という関係でした。

イエス様を中心とした弟子たちも、
同じような「ホーム生活」をしていたのだと思うし、
今現在の青年たちにも、受け継がれていることは、
本当に素晴らしいことだな、と思います。。。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:04 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする