2020年02月20日

草創期の教会がなぜ反対され、またなぜ発展したのか (お弁当のみ言)



200220-1950nendai-tongdemun.jpg


先日の日曜礼拝で、
教会長が選んでくださった
真の父母経のみ言に、
とても胸を打たれました。

み言を紹介させていただくとともに、
教会長が語られた内容を参考にして、
み言の感想を書かせていただきます。


韓国で開拓地に行って伝道した当時は、
一日働いた稼ぎで一日暮らすのが大変でした。
一日働いた稼ぎで、一食食べて暮らすのが
大変な時だったのです。
若い人たちが道を歩きながら、
足がもつれることがいくらでもありました。

伝道師たちがある町に開拓に行ったのですが、
食べる物がないとき、その町で働こうとすれば、
町にうわさが立って迫害がひどくなりかねないので
仕方なく十里以上離れた所に行って
働いた人たちがたくさんいます。

伝道師たちが本部からお金を持っていって
伝道したのではなく、そのような事情の中で
開拓伝道をしたのです。

それでも、絶対に食口たちに
自分の事情を話しませんでした。
ですから、食口たちは分かりません。
六ケ月たち、一年たってからそれを知っては、
痛哭するのです。

そうして、指導者に弁当を持ってきて
食べさせてあげる運動が起きました。
ですから、その御飯を食べなければならない
指導者の心はどれほど悲惨でしょうか。
また、弁当をくれたその学生が、学校に行って
昼食を抜くことを考えざるを得ないのです。

このような中で、互いにそれを克服しながら、
「私たちは死んでもみ旨を成し遂げよう」と言って、
心情的な連帯感に浸っていたのです。


統一教会に入る前までは、誰よりも良い弁当を持って
通っていた学生が、統一教会に入ってからは、
弁当を持たずに来て、昼食の時間は一人で校庭に
こっそり隠れていて、また教室に戻ってくるのです。
それが友達に見つかりもしました。
自分の親に知られたら大変なことになるのです。

一度や二度ではなく、ずっとそのようなことを
しているので、友達が彼の母親のところに行って、
「息子さんは、
以前は弁当をきちんと持ってきていたのに、
最近、統一教会に入ってからは持ってきません。
なぜ、お母さんなのに、
昼食も用意してあげないのですか」
と話す出来事が起きたのです。

それで、その母親が息子に、
「お前、学校で弁当を食べていないそうじゃないか。
どうなっているんだい」と問い詰めれば、
事実を話さざるを得ません。

親たちがこの事実を知るようになると、
ますます強く反対します。
そのようなことが全国的に頻発しました。

その上、全国のキリスト教徒たちは、
「神様の羊を奪っていくおおかみの群れが入ってくる」
と言いながら反対しました。
そのような環境で、彼らを指導していたお父様の心は、
いかばかりだったでしょうか。



改めて訓読しても胸が詰まります。。。
お弁当をもらって食べた宣教師の心は、
どれだけ感謝でならなかったでしょうか。。。

また、申し訳ない思いをもちながらも、
食べなければ、み旨を歩むことができないので、
勝利することを決意したでしょう。

そして、学生たちは、喜んでお弁当を捧げたに違いありません。
しかし、傍から見れば、弁当を取り上げる統一教会は、
異様な集団だ、と思われたわけです。

真の父母様を中心とした摂理は、
本来は国家的な立場でするような内容です。
今でさえ、ワールドサミットなど、
本当に大きな大会をすることができるようになりましたが、
草創期には、このような状態で
活動するしかなかったのです。

お父様はどれほど無念だったか・・・
しかし、それを忍耐してこられたからこそ、
今の勝利圏につながっているのだと思います。
そして、背後で見ておられる神様がおられ
その神様が、統一教会を守ってくださったということを
忘れてはならないと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:08 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

人に会うことは、神様に会うこと! お父様作詞「統一勇士の歌」、誕生秘話



securedownloada.jpg


♪心情のゆかりで 世界は生き
一つに結ばる 本然(もと)の縁



先日、礼拝で讃美した、
聖歌7番、「統一勇士の歌」
歌いながら、過去のことを思い出しました。

この曲は、私の好きな聖歌の一つですので、
天野照枝先生著「聖歌のゆかり」を参考にして、
歌のエピソードを記したいと思います。


「統一勇士の歌」は、一九六二年、文鮮明先生が作詞されました。

曲は韓国の大邱(テグ)という町の市民歌曲からとったそうです。
この歌のいきさつを、朴正敏(パクチョンミン)さんという
婦人伝道師は次のように語っています。

「伝道報告会で集まったとき、文先生が
『釜山(プサン)のうぐいす!』とお呼びになり、
何かうたうように言われました。
私は、昔開拓した大邱の市民歌曲が大好きだったので、
それをうたいました。

大邱は教育が盛んで、熱心なクリスチャンが多い町です。
その歌は市街を囲む自然の美しさと、
心の誇りをうたった愛郷歌で、苦しいとき、
いつもそれをうたっては勇気を出して開拓伝道をしたものです。

先生は大層気に入られ、幾度も私にうたわせられました。

数か月後、そのメロディーに、
先生は希望と激励に満ちた詩をつけられ、
皆に教えてくださったのです」


朴正敏さんを訪ねた時
「おお、何と大切な人でしょう!」
とまるで母が幼子に会ったように、
温かい力で私を抱きしめてくださいました。

「日本の兄弟姉妹は天の宝です。
神様がどんなにか、胸あふれるほど
愛していらっしゃることでしょう。
そのことを思うといつも泣かずにはいられません」
と、それは心の深いところから
溢れてくるような声でした。

たった一人に会ったときでも、
日本の兄弟すべてに会ったような、
神様の親の心情を持って迎えてくださる・・・
その姿に私は神様に会ったような
感覚を覚えました。

同行してくださった李ヨハネ先生が、
「人に会うのは神に会うのですね」
としみじみおっしゃった言葉も忘れられません。

信仰が実らせる見事な情感。
人と人との間に常に神様がおられる。
その霊的雰囲気がさりげなく、
呼吸する大気のように満ちていた清冽(せいれつ)な印象を、
この歌を歌うたびに思い起こします。



真のお父様は1962年、42歳(数え)のときに
聖歌7番「統一勇士の歌」を作られました。

私が学生部に入教していた頃、
当時の学生隊長がこの歌が大好きで
伝道出発式のとき、歌詞の意味を解説されながら、
何度も何度も歌ったことが思い起こされます。

真のお父様が1965年ご来日のときに、
本部教会で、解説されたみ言がありました。



『統一勇士の歌』の一節は心情と、二節は人格と、
三節は真理と、四節はその理想となっておりますね。
心情、それから人格、それから真理、
それから我々の理想。

だからその理想世界に入るには
心情を持たなければならない。
そして人格を完成しなきゃならない。
そうして真理ですよ。
そういうことになる。

この統一勇士の歌は
先生が三年前(1962年)に作った歌ですね。


1965年1月30日 本部教会(東京都渋谷区南平台)でのみ言より



真のお父様が作詞された歌詞の、日本語訳を紹介して終わります。
(日本語の聖歌の歌詞とは違います)

一、心情の因縁で世界は生き
  一つに結んでくださった本性の因縁
  永遠に与え受ける私たちの本郷
  幸福の礎の上にとこしえに生きよう
  私たちは誇らしい統一の勇士
  力強く情を合わせて勇進しよう

二、無限の人格で光を放つ
  造られた万物の栄光の燈台
  生命がほとばしる本然の姿
  所望の価値として花咲かそう
  私たちは誇らしい統一の勇士
  力強くみ旨を立てて勇進しよう

三、秩序の基の上に真を立て
  永遠を約束する不変の価値
  高らかに立てられる真理の標柱
  希望に満ちた善なる日を飾ろう
  私たちは誇らしい統一の勇士
  力強く叫びながら勇進しよう

四、東方に明けて来る輝かしい文化
  全世界がその光の中で兄弟となり
  願われた善の父母をとこしえに慕い求め
  必ずや成し遂げよう一つの世界
  私たちは誇らしい統一の勇士
  力強くその世界に勇進しよう






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:01 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

「お父様は日本を信じる!」 ──それはなぜか?! 1973年のみ言より《小山田先生》



190302 19730711.jpg
1973.7.11 埼玉・狭山公園☆


小山田秀生先生の自叙伝6
「日本の行くべき道とは」

1973年、お父様の来日のみ言を中心に
エキスを語っておられます。


1973年も真の父母様は3回、日本を訪ねてくださり、たくさんのみ言を語られました。

私の印象に残っているのは、7月8日に
「復帰路程における日本の使命と理想世界」との題目で語られたみ言です。


「日本の使命は、エバ国の使命です。

 自分が飢えても、アジア民族に経済援助、
 心情的援助をすることのできる国にならなければ、
 日本の将来はありません。
 それは当然の話です。

 『統一思想』を受け入れれば、
 日本民族は世界的な民族になることができます。

 日本は世界の先頭に立つ民族になるでしょう。
 新婦がお嫁に行ってよく尽くす場合、
 家の全ての支持が集中する主人になるのと同じです」


 
このようにお父様は、「日本の行くべき道」として、
「日本の使命はエバ国の使命である」と強調されました。

日本には、善なる実績をもって世界に奉仕していく使命があるというのです。

第二次世界大戦をはさんで、日本を取り巻く周辺国家、
特にソ連や中国、北朝鮮といった共産主義の国々は、
何とか日本を乗っ取ろうと狙ってきました。
それは今も変わりません。

かつて日本がアジアに対して侵略行為をしたことは事実です。
その不名誉な立場を脱しなければなりません。

内外に援助して貢献し、アジアの発展のために尽くさなければ、
日本の将来はないのです。

そのためにも、国民を「統一思想」で啓蒙し、
世界的な民族となることが求められています。

お父様は、日本を「20世紀のイギリス」と見ておられます。

1973年から「国際指導者セミナー」が開催され、
日本とイギリス、アメリカの
優秀な大学生や大学院生たちがたくさん参加しました。


 
「先生はアメリカに行って韓国と日本、アメリカの
3か国を一体化させるのです。

日本は過去を悔い改めて、
アジアと世界のために生きなさい。

そのためには統一教会を中心とするしか
道がありません」



というのです。
1972年から74年まで世界的な3年路程です。
そのためにお父様は、アメリカで天の作戦を組む≠ニいうのです。

 
「日本の使命と理想世界は何でしょうか。
 神の愛によって超民族的な国家編成をし、
 母の慈愛で進めていくことが、
 何よりも日本にとって重要なことです。
 
 だから歴史にない苦労をしましょう。
 アメリカ人に尊敬されるように奉仕しなさい」



「お父様は日本を信じます。
 なぜでしょうか。
 日本人は去っていきません。
 任せたら責任を果たすのが日本です。
 だから感謝、感謝、感謝でいきましょう」



これらが、日本に対するメッセージのポイントです。

『祝福家庭』91号(2019年冬季号)読みどころ紹介より
小山田秀生先生の自叙伝6
「日本の行くべき道とは」

U-ONE TVの内容を元に
一部修正しました。文責:ten1ko2



お父様は、日本を愛し、
信じてくださっていることを感じます。
さらに言うならば、私たち、
「私自身」に対しても、です。

しかし、過去の清算、という内容もあります。
蕩減的な意味でも、本来的に見ても、
世界の為に生きる、そのような立場なのが、日本です。
ですから、母の国の使命、責任を果たすということが、
どれほど重要なのか、ということを改めて感じるのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:48 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする