2021年09月02日

主に贈り物をしたのに、それをほかの人が使っていたら… 《金元弼先生》



19500000c.jpg


金元弼先生のみ言。
「誰のための贈り物か」です。


いろいろな人たちが先生を訪ねてきて、
彼らは自分の過去の話、今まであったことを
全部先生にお話ししました。

その話は長くなりました。
生まれた家のことから、神に会って
恵みのある生活をするようになったことなど
長く話しても、先生はよく聞かれました。

また、幼い食口でも年取ったメンバーでも、
先生は丁重に迎えてくださいました。

皆さんの教会には、新しく教会員となった人で
孤独な人がたびたび教会長を訪ねることがあると思います。

先生を訪ねた人の中にも、
そういう人がいたことを考えてみてください。

その人自体を見れば、みすぼらしい人で
あるかもしれないけれども、その人が教会へ来て、
神のために尽くしたこと、神のために尽くした全部の功績を、
先生はそのまま受け取ってくださったのです。

先生は外的なことよりも、内的な、
神に対してどのくらい善の功績をなしたかという
その功績を見て迎えたのです。


反対される中にあっても、神から
「開拓伝道に出るように」と啓示を受けた
という人が先生の所に来ました。

「神はこのように啓示なさいますけれど、
私はどうしたらいいのでしょうか」と聞いてくるのです。

先生は「神のために、善の道のために
家庭を振り返りもしないで尽くしていくならば、
絶対にその家庭は滅びないでしょう。
かえって神が助けるでしょう」と教えられました。


私たちが開拓に出ても、家のことに思いが残り、
手紙を書いたり、心配事があれば帰ったり、
心配して祈ってあげるというふうに、
振り返ってみるとしましょう。

すると神がその家庭を見てあげようとしても、
その本人が全部見ているので、
神が見る必要はないということになります。

神のために家庭を顧みないとしても、
神は「おお、この者が私のことで
このように家庭を顧みていないならば、
私が代わって見ていないといけないなあ」と言って、
神が守り、導いてくださるということになるのです。

私が守るときには限界を感ずるけれども、
神が守ってくだされば、絶対安全だということになるのです。

 
食口たちは、先生のことがより深く分かってくると、
自分の大事なものを全部先生に差し上げたい思いになりました。

着物を買って贈る人もいれば、
食べ物を心を尽くして作り、丁重に持参する人もいました。

しかし、先生は献品された万物を
教会に訪ねてくる貧しい人や
夜目に分けて与えられました。

皆さんもよく知っていることでしょうけれども、
本当に心を尽くして先生のために作ったものを
贈ったときに、先生はそれを他の人に与えられます。

先生が持っておられると思っていたのに、
他の食口が持っているのを見るのです。
それで心に寂しさを感じるのです。
それは気持ちのいいことですか、悪いことですか。


これと同様に、その食口も寂しく感じました。
だからといって、寂しい感情を
先生の前では見せないのですが、
先生はよく知っていてその人にお話ししました。

「あなたが私にこれを持ってきてくれたので、
私は受け取ったのです。
私が受け取ったからには、私のものとなったのです。

だから、私のものを私が自由に人に与えるのに、
どうして干渉するのですか」と言われました。

また、「あなたが寂しいと思うのは、
あなたはまだ自分のものと考えているからです。
私にくれたのなら、私が人にあげたとしても、
私の代わりに彼が着ても着なかったとしても、
私が着ているものとして対処しなさい」
と教えてくださいました。

このようにして一年八か月が過ぎていきました。

I 平壌開拓から興南解放
第二章 いつも弟子に関心をもたれる先生
「誰のための贈り物か」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


贈り物の話、なるほどな、と思いました。
お父様に贈られた、その物自体も貴重なものかもしれませんが、
お父様は、それ以上に心情を貴く思われたのです。

私たちも心情を中心とした生活を
しなければならない、と感じます。

また、神様のために家を出て、
開拓伝道をすることにより、
神様がその家を守る、という話ですが、
先日、紹介した北谷先生のお姉さんをはじめ、
多くの先輩たちがその道を行きました。

人間的に考えたら、理解できないかもしれません。
しかし、先輩たちの苦労の歩みにより、
今、多くの実が結びつつあります。

今は、家庭を愛することができるように
なりましたし、逆に、
家庭を愛さないといけない時代となりました。

神様のために尽くした功績は、
神様は必ず覚えて、祝福を与えてくださるのだ、
そのことを胸に刻んでいきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

   
posted by ten1ko2 at 08:49 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

本日9時スタート、9周年聖和祝祭* 「勝敗を決する十字架の峠、世界の栄光となれ」 《日本を愛した文先生の足跡・大阪篇》



210824-1965.0202.jpg
聖歌指導をされる文先生(1965年2月2日)


聖和9周年の今日は、
文鮮明(ムン ソンミョン)、真のお父様が
初めて大阪を訪れた時の証し。

「日本を愛した文先生の足跡」
大阪特集です。

大阪は勝敗を決する十字架の峠


1965年2月2日、午後7時になって、ようやく文鮮明(ムン・ソンミョン)先生
ご一行が大阪教会に到着されました。

当日、寺田町の教会には80人ほどの老若男女が集まり、
午後1時ごろから聖歌を歌って、お迎えする準備をしていたのです。

「お父様(文先生)、お帰りなさい」の言葉に迎えられ、
車から降りられた文先生は2階に上がられ、
しばらく祈祷された後、歓迎会に臨まれました。

 
文先生は大阪について次のように語られました。


「東京は東のエデンの園を表し、
 名古屋は名高い古い屋敷を表し、
 ここ大阪は大きな峠を思わせます。

 ゆえに大阪の地は勝敗を決する十字架の峠であり、
 この地の復帰が、日本あるいは世界の
 栄光の峠になることを願います」

「大阪は皆が一つの家族という感じが強い所です。
 神を中心として心情がつながれていれば、
 国境も何も問題ではありません。

 先生は(ある意味では)日本人です。
 日本を真に愛する者が真の日本人であり、
 世界を、天宙を愛する者は、世界人であり、
 天地に公認される者となることができるのです」




その後、文先生は「次(いばら)なる道の復帰路程」と題して、
3時間余りにわたってみ言を語られました。


伝道するのは自己の完成のため


午後11時半、ようやく食卓に着かれた文先生は、
松本道子地区長(当時)の手料理をおいしそうに召し上がられました。

翌3日、文先生は出発前にもみ言を語られました。


「なぜ伝道するのでしょうか。
 誰のために伝道するのでしょうか。
 天宙復帰には己が完成勝利しなければならず、
 伝道は(最終的には)己のためにするのです。

 我々の勝利のためには最低12人の(信仰の)子女を
 産まなければなりません。
 それが蕩減であり、神の宴に招かれる礼服です」




文先生は「天地復帰之願」「勝越大阪之峠」
「統一の勇士群世界を制圧す」と揮毫(きごう)されました。

また大阪城内に聖地を決定され、高松へと向かわれました。


210824-1965.0203.jpg

210824-1965.0203 (2).jpg

210824-1965.0203 (3).jpg
▲揮毫される文先生(1965年2月3日)
▲聖地決定(大阪城内、1965年2月3日)
▲聖地決定の後、大阪市立博物館の前を歩かれる文鮮明先生ご一行(1965年2月3日)


(光言社『グラフ新天地』389号[2000年12月号]「日本を愛される文先生の足跡」より)

【文鮮明総裁聖和節記念】
日本を愛した文先生の足跡 7
大阪は勝敗を決する十字架の峠

(blessed lifeより)


昨日は、お母様の書信を訓読させていただき、
映像を見させていただきながら、
お父様を慕わしい思い、
恋しい心情が湧き上がってきました。

大阪に対しても、お父様は特別な思いで、
見つめていらっしゃることを感じます。

今回、7か所の地を振り返りつつ、
お父様が日本を愛し、一つ一つの地に対して、
心から愛する心情をもっておられることを
感じることができました。

わずかな時間かも知れませんが、
お父様に対して、思いを馳せる時間が
与えられたことを感謝いたします。


今日の式典は、朝9時から始まります。
お父様を慕う心情をもって、
迎えていきたいと思います。

生中継だけかもしれませんが、
こちらから視聴できます。
 https://www.youtube.com/watch?v=HVtpPunRNBo




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:35 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月20日

26歳の再臨主が、幼い子どもをよく泣かせたのには、理由があった?! 《金元弼先生》



210820.jpg


金元弼先生の平壌開拓時代の証し。
今回は、「神の祝福と責任分担」と
「自分で完成する」の2コマを続けてどうぞ。

神の祝福と責任分担

涙とお祈り、汗や血を流すといった激しい生活の中にあっても、
先生は主婦の教会員の子供ともよく友達になっておられました。

三歳ぐらいの幼い子供がおりましたが、
先生はしっかり抱いてあげたり、
二歳ぐらいの子供にキスをさせることもありました。

背が低いものですから、なかなかキスができないので、
その子供はとうとう先生のひざの上に上がりました。
しかし先生の口までは届かないのです。

それで考えた挙げ句、今度は先生の胸に向かって
はい上がり始めました。そうしたら届くようになりました。
ところが、今度は先生が頭をぐっと後の方に、
あお向けにして届かないようにしました。

子供は一生懸命にはい上がろうとしてもなかなか届かないので、
結局、先生の耳を引っ張ってキスをしました。


先生は、子供とたわむれながら、
たまには子供を泣かせることもありました。

子供は泣き出すとなかなか泣きやまないときがあります。
先生はそういうときに、かえって泣かせることがあります。
そしたら子供は、気にさわってもっと泣くのです。
次にはもっと泣くように押してやるのです。

子供が、いくら泣いても泣いても、
泣きやむまでは連れていってやらないのです。

先生と子供だけがいるのならば問題はないのですが、
子供の母親もいれば、食口たちが周りに座っているのです。
子供はしきりに自分の母の方に向かって助けを請うて帰ろうとします。

ところが先生は子供が行こうとすれば引っ張るのでした。
いくら泣いても泣いても、お母さんには助けてくれる気はないし、
先生は離してくれないので、子供は仕方ないと思って泣きやむのです。

子供のお母さんは、先生がどういうお方であるか知っていますから、
先生のされるようにして見守っているのでした。

先生は泣きやんだ子供を抱き上げていたわってあげました。
そしてその子供に、泣く前に気持ちが良かった
その状態以上の喜びを感じさせて、母親のところに返してあげたのです。

 
皆さんは、これが何を意味するか分かりますか。

子供との関係を通じて、二つのことを教えているのです。
先生が最初はキスをするようにさせたということは、
神が人間に祝福を与えようとするときに、
祝福を受けるということは、人間の責任分担である
ということを強調されたのです。

それには、蘇生、長成、完成という三階段がある
ということを見せてくださったのです。

ふつう、先生は、子供にただキスしてもいいのに、
なぜ子供をしてこういう三階段を通して、
キスができるようにしたのでしょうか。

それは神が人間を創造して、人間に祝福を与えるときに、
人間は責任分担を通して
祝福を自分のものとすることができるということと同じです。

自分で完成する

その次に、子供とたわむれ、
泣いているのにもっと泣かせて、
泣きやんだ時には、泣く前以上の喜びを与えて
母親のところに返したということから
何を学ぶべきでしょうか。

先生は、子供が泣きやまないでいるので、
泣きたいように泣かせてみるのです。

子供が泣くのは自分の考えであり、それは子供の道といえます。
ですから、自分の道を行きたいだけ行かせるということです。
未練がなくなるまで、全部やらせるのです。

最後には、先生の言われることに子供は従ってきたのでした。
泣いていた時以上のよい状態のところまでにして、
母親のところに返したのです。

先生と子供は、先生と私たちを象徹している
と考えてみたらよいと思います。

教会に入る前、私たちには私たちの道がありました。
そして先生に出会いました。
しかしながら先生のみ言とは異なって、
自分の道を行こうとするときがあります。

先生は、私たちの道を断って、
先生の道と一体化するように導くのです。
ところが、私たちは先生の言われることを受け入れたならば、
死んでしまうような気がして、自分の道を行こうとするのです。

しかし、世の中は既に私たちを受け入れる所ではありません。
そこで、「ああ、どっちへ行くべきか、
こっちへ行くべきか」と考えます。

結局は先生の道と一つになって行くようになるのです。
そうしたときに、自分たちの道を行ったとき以上の
恵みを受けるようになるのです。


また、私たちはメンバーが受け持ったことを
首尾よくできなかったとき、「ああしてはいけない、
こうしてはいけない」と言って忠告したり、
しかったりすることがあります。

しかってこうしてはいけないと言って
終わるのではいけないのです。
しかっても愛を感じて、“本当に私が悪かったのだ。
私を導いてくれて本当にありがたい”と思うような
ところまで導いてあげなければいけないということです。

私たちは、「あなた、それは間違っています。
こういうふうにしてはいけません」
というかたちで話を終わってしまうというのです。

しかし、メンバーにとっては、
自分が正しいと思った期間があったはずです。
そこで、忠告されても、心の中では寂しい感情が残っているのです。

だから、時間を少しおいてからでもいいですから、
自分がこう言ったのは、こういう理由で言ったのだ
と言って、いたわってあげるのです。

しかられても、気持ちが悪いのではなく、気持ちが良かった
というところまで心を高めてあげなければいけないのです。

 
分かりやすくいえば、たたいてばかりいるのではなく、
もんであげることが必要だというのです。

これをしてはいけないと言うのは、たたくのと同じです。
しかられたり、忠告されると、
「やあ、気持ちがいいなあ、私は感謝する」
という心がすぐ起こるものではありません。

皆さん、どうですか?
言われたことが正しくても、
最初は気持ちがいいものではありません。
しかし後になって、感謝の心をもつようになるのです。

感謝するまでの時間は、短い人もいれば、
長くかかる人もいて、差はあるのです。


それはなぜでしょうか?
もちろん、自分で正しくないと思っているときに
言われれば、反対して文句を言う理由はありません。
気持ちが悪いと感じても仕方がないのです。

しかし、自分が良いと思ってやっている時に指摘されて
「感謝である」というのは無理な話です。

でも、結果的によくできなかったことに対して
言われたとするならば、「ああ、ありがたいことだ」
と受け入れるべきなのに、なぜ寂しい心が生ずるのですか。

自分が悪くないときに言われれば、
気持ちが悪いというのは当然です。
気持ちが良いと感じる人がいますか。

 
それは、人間は完成に向かって、誰の干渉も受けないで
直接自分の責任で完成するようになっていたからです。

誰かを通じて神様のみもとに行くのではなく、
自分で直接行くように造られていたのです。

そうであるのに、これでは他の人に言われながら
完成していくのと同じですから、
それが寂しさとなって現れるのです。

自分で試験を受けて、100点を取らなければいけないのに、
人から教えてもらって100点を取ったということと同じです。
これでは100点を取っても気持ちが良くありません。

I 平壌開拓から興南解放
第二章 いつも弟子に関心をもたれる先生
「神の祝福と責任分担」
「自分で完成する」


信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


お父様と子供のやり取り、面白いですね。
意味をもって、愛を動機として、
子供と戯れていかれるお父様。

み旨の道、というのは、
すべてを捧げつくすことによって、
恩恵を受けることができる、
そのことを教えていただきました。

途中、困難を感じることはあったとしても、
それでも、歩み続けることを通して、
神様は祝福を与えてくださるのだと思います。

また、元弼先生が言われるように、
真の父母様は、私たちが100点を取れるように
答えを教えてくださるのではなく、
私たちが自らの責任で、
勝ち取っていくことができるように
導いてくださっていると思うのです。

すべてを越えてくださり、
つたない私たちをあきらめず
配剤してくださっている
天の父母様、そして真の父母様、
心から感謝します。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:06 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする