2021年07月12日

「夫が銃で殺すと言っています!」信徒の報告に、26歳の再臨主は・・ 《金元弼先生》



210712.jpg


金元弼(キン ウォンピル)先生の貴重な平壌時代証し
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」より、
『迫害の中での牧会』です。


迫害の中での牧会

教会の建物があったところのすぐ隣には
門のある家がありました。

その家には、有名な牧師の娘で統一教会に入教した婦人がおりました。
その主人は、大変熱心な幹部共産党員でした。
彼は猟銃が好きな人でした。

それで、奥さんが夜遅く帰ってくる状態だったので、彼女に対し、
「お前、教会に行き続けるならば、
私はこれであなたの教会の中心者を殺す」と脅しました。

彼女が入教したのは、大きな恵みを受けたからです。
彼女は長い間病気でした。
いろいろな所を訪ねても、誰ひとりとして
その病気を治してくれませんでした。

ところが先生に出会った瞬間に、
この理由の分からない病気はきれいに治ったのでした。
彼女はみ言に感動していたのですが、
もっと彼女を引き付けたのは、病気が治ったということです。

彼女もやはり主人をなかなか相手にしませんでした。
主人が強いて関係を結んだ時には、
不思議にも彼女に異常なことが起こりました。
血液がどんどん出るのでした。

そして心配になって先生を訪ねました。
しかし、関係をもたなければ、そういうことがいつあったのか
と思うほどに治ってしまうのでした。


一例を挙げましたが、先生のところには常々、
「夫が先生を銃で殺すと言っている」とか、
「先生を殴ろうとしている」と言ってくるのでした。

あるいは「牧師が先生を何とかして追い出そうとしていますが、
どうしたらいいですか」とアドバイスを求める人が来るようになりました。
それで先生は、そのような話を聞かれるようになったのでした。

子供をもっている人が、神の啓示で
「これからお前は伝道に行きなさい」と言われることがあります。

「伝道に行ったら家族は全員反対します。
こういう神の啓示がありましたけれども、
私はどうしたら良いでしょうか」と先生に尋ねるのです。

毎日そういうことの連続でしたが、先生は決まって、
常に朝から夜遅くまでみ言を語られました。
その時、先生は二十六歳でした。

I 平壌開拓から興南解放
第二章 いつも弟子に関心をもたれる先生
「迫害の中での牧会」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


草創期のころの迫害は、
本当に凄まじいものでした。
一歩踏み間違えれば、
お父さまの命も危なかったかもしれません。

しかし、そういう時ほど、
お父さまは『精誠』を捧げてこられたのでしょう。

朝から晩までみ言を語られた、
当時、26歳のお父様。。
その精誠によって、お父様ご自身、
また食口たちが守られていったのでした。

まさに、生きた教訓ですね。。。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 08:15 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月09日

「日本を愛した文先生の足跡」 写真と証しで綴る新シリーズ 《仙台篇》


210709-1965.0210.png  210709-1975..png
文先生が書かれた揮毫(1965年2月10日) 仙台市内を走る「希望の日」フェスティバルの宣伝カー(1975年)


8月24日はお父様が聖和されて
9周年になります。

そのことを記念して、Blessed Lifeでは、
「日本を愛した文先生の足跡」と題して、
15回にわたるシリーズを企画してくださいました。

今日は、仙台特集です。

 
  1965年2月10日午前0時56分

1965年2月10日午前0時56分、仙台の地に歴史的な
1ページが記されることになりました。

9日早朝札幌を出発された文鮮明(ムン・ソンミョン)先生ご一行が、
仙台に到着されたのです。

文先生は午前1時40分から
「神と逢う所」と題してみ言を語られました。

午前4時からは西川勝(韓国名・崔奉春〈チェ・ボンチュン〉)先生を中心に
交流の場が持たれ、気がついた時には朝日が部屋を照らしていました。

午前10時45分、マイクロバスとハイヤーに分乗して、
青葉城に向かいました。
聖地を決定するためです。

文先生が決められた聖地からは、
仙台の街を一望のもとに見下ろすことができます。

また文先生は仙台のために「天國花仙台」という
揮毫を下さり、午後1時発の飛行機で羽田に向かわれました。 

 
  深々と頭を下げて祈られる後ろ姿

次に文先生が仙台を訪問されたのは、
1967年7月18〜19日のことでした。

当時、仙台教会にいた中村武子さんは語ります。

「お話しの後、先生がお休みになったのは
午前2時ごろではないかと思います。

寝室に入られた後、着替えをお持ちでなかったことが分かり、
急いで汗で濡れたワイシャツを洗濯し、
朝早くアイロンをおかけして
先生のお部屋の前までお持ちしました。
まだ5時前でした。

何気なく洗濯物を戸の前に置こうとして、びっくりしました。
ふすまの隙間から先生のお姿が見えたのです。
布団の上に正座され、両手をついて
深々と頭を下げて祈っておられる先生の後ろ姿でした。

先生はいつもわずかな時間しか眠られないと
伺っておりましたが、そのお姿を目のあたりにし、
私は一瞬そこに立ちすくんでしまいました。

先生は多分1時間か2時間くらいしか
眠られなかったのではないかと思います」

(「ファミリー」1983年5月号より)
 
「イエス様のことをお聞かせ下さい」。
これが仙台教会の一室で
文先生に最初にお会いしたときの私の質問でした。

先生は「かわいそうな男だよ」と、
たった一言、振り向かれて答えられました。
その時の先生の悲しそうな、その言葉と表情は
今も忘れることができません。

(山岡建雄氏、「ファミリー」1981年8月号より)
 
◎聖地を決定された意義

韓国で勝利した基準を、
世界まで因縁づけてあげなければならない。
すなわち、韓国の子女によって、
全人類をアダム、エバの堕落直前の立場にまで
昇格させてあげたいので、
ここに土地が必要なのである。
これが、世界に聖地を定めた理由である。


(「御旨の道」より)


1965.0210 (2).png 
聖地決定に際して、聖塩で聖別される文先生。  
後方は久保木修己初代会長(1965年2月10日、青葉城内)


1967.07.jpg 1967.07 (2).jpg                   
  み言を語られる文先生   (1967年7月、仙台教会所蔵)   仙台駅にて  


日本を愛した文先生の足跡(1)
仙台
(光言社『グラフ新天地』382号[2000年5月号]
「日本を愛される文先生の足跡」より)


お父様は早稲田の学生時代、日本の地で
多くの精誠を尽くされましたが、
公式的な立場で最初に日本に来られた1965年、
この時に8大聖地を決定されたのでした。

それ以降、草創期には何度も日本を訪ねて
愛してくださいました。

今回は、仙台の地に残された足跡を振り返りました。
誰よりも日本を愛された真の父母様。
その心情の一端を感じることができました。。。
ありがとうございました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:44 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月03日

「泣く教会」の礼拝模様 神の愛とみ言に酔った人々、歌い、踊り… 《金元弼先生》



210703.jpg


金元弼(キン ウォンピル)先生の貴重な平壌時代証し
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」

一章を終わり第二章に入ります。
「いつも弟子に関心をもたれる先生」より
2コマを紹介します。


祈りと神と人への愛

礼拝のお祈りの時、あるいは準備をしている時には、
常にほかの人のことを考えてほしいと思います。

お祈りしているということは、神との対話の時間になるわけです。
お祈りしている時に、“バン”と音がしますと、
皆さんのお祈りはパッと切れ、分散されてしまいます。

ですからお祈りをしている人がいる時には、
神を愛する、人を愛するという礼儀作法として、
その人の邪魔にならないようにするということは
非常に大事なことだと思います。

私がたまたま部屋でお祈りしていると、非常に大きな音を立てて、
そのまま気にかけずに歩いていく人がいますけれども、
皆さんはそういう人に教えてあげなければいけません。

祈祷は神との対話の時間だということを皆さんはよく心得て、
人の邪魔にならないような生活をするということ自体が、
その人を愛し神を愛することになるわけです。


み言に酔った信徒

日曜日には、サンデー・サービス(礼拝)があります。

説教者に予定されたとき、どのように説教したらよいか
分からないので、日曜日が来るのが非常に不安な時があります。

聖書を中心としてどのように説教したらいいのか。
統一原理の内容と聖書をどのようにかみ合わせていったらいいのかと。


先生はいつも朝早くみ言を語られました。
今は聖書をそんなに見られませんけれども、
先生が韓国におられた時に、サンデー・サービスの前には
必ず聖書を読んで、聖書の内容を中心として、
ずっとみ言を語ってくださいました。

先生が説教していらっしゃると、
霊能者たちは高い心霊の状態になりました。

ある人にお祈りをさせると、代表して
立ってお祈りするのですが、霊界に入ってしまうのです。
その祈りが終わらないと、次の式順に進めません。

非常に不思議なことですが、先生が「もうやめなさい」と言われると、
霊界に入っていたその人は、自分の意識に帰るのです。
そういう場面を見ますと、先生の世界がちょっと分かりました。

 
礼拝が進行しているうちに、先生のみ言を聞いて、
自分はどれくらい神に心配をかけていたことかと
悔い改めの悟りをしました。

ですから説教の時にも、お祈りの時にも、
涙を流して泣かない人はいないのです。

中には恵みを受けて喜んで涙を流す人もあれば、
悔い改めの涙を流す人もあり様々でした。
神の愛に感謝して涙を流す人もいました。
涙を流す動機はそれぞれ違いました。

涙を流すにも、ただ涙を流すのではなく、
胸をたたきながら泣く人もいました。
ある人は体が震え、ある人は大きな声を出しました。


その人はおばあさんですが、立って踊るのです。
しかし皆様が思うようなそういう踊りではありません。

韓国の女の人は、人の前では踊ることも
歌うこともありませんでした。
ですからこれは自分の意志ではなくて、
霊の助けによって踊っていたのです。

踊る人自身も目を開けているのではなく、目をつぶって踊りました。
ある人は喜びがあふれて、歌を歌うにしても
手をたたきながら歌うのでした。


酒に酔っぱらった人のことを考えてみれば、
大変理解がしやすいだろうと思います。
酒に酔ったら黙っていません。

歌を歌い、踊って喜びを発散させます。
笑ったり泣いたり、話をどんどんする人もいますし、
いろいろな人がいるのです。

もともと人間が神の愛に酔っぱらう世界が
神の理想世界だというのです。
神の理想世界は神の愛で酔っぱらう世界。

そのような酔うという本性がありますから、
神の愛に酔うことができないと、
トランプでも良いし何かで酔っぱらおうとするのです。

お酒に酔っぱらっている様子と神の愛に酔っている様子は、
全く異なるものではないということをお話ししたかったのです。
しかし、方向性が違います。


初期の先生による礼拝の雰囲気は、
本当に神の愛に酔っぱらったようなものでした。

ですから騒がしくて、それを理解できない
周りの住宅街の人たちは、教会の隙間からこれを見ていたのです。

こういう状態で、夜になると夫や妻を近づけないということと
連結して考えてみると、これは本当に
淫乱なことがあるからそうなのではないかと考えたのでした。

I 平壌開拓から興南解放
第二章 いつも弟子に関心をもたれる先生
「祈りと神と人への愛」
「み言に酔った信徒」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


「神様の愛に酔う」・・・
お酒に酔うのと同じような状態だと考えると
神様の愛をまだまだ知っていない、
まだまだ到達していないな、と思わされます。

信仰生活とは何か、
「神様と善霊がともにある生活である」
昔、先輩から講座を受けたことがあります。

本然の世界というのは、
本当に素晴らしい世界であるに違いありません。
ただ待っていても到達するわけではないですから、
日々、神様と絶対善霊を意識しつつ
感謝して過ごしていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:20 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする