2021年07月25日

若き再臨主が、現代の十字架に向かっていった経緯 1947-48平壌 《金元弼先生》



200820-Christ.jpg


金元弼先生の平壌時代のみ言。

いよいよ再臨主、最大の十字架・興南が
近づいてくる予兆が見えてきました。

今日は、「牧師の反対を利用する共産党」です。


韓半島では、キリスト教が伝来される時、北の方に先に伝わりました。
ですからキリスト教は北の方が盛んでした。
中でも、平壌にはすべてのキリスト教の中心がありました。

神学校も有名な復興師も、全部平壌に集まっていました。
平壌は霊能者が第二のエルサレム
と啓示を受けていたほどに、たくさんの教会がありました。
日曜日には鐘の音でうるさいくらいでした。

そういうところに先生が一人でやって来られたのです。

平壌の牧師たちは、その教会の中心幹部であり
統一教会につながっているメンバーに対して、
「私が今日、あなたの先生に会い、目の前で聖書の討論をして、
その教会がどれくらい異端であるか、お前に見せてあげよう」
と言って、先生を訪ねました。

「それを見たらお前は必ずこの教会に
帰ってくるようになるだろう」と念を押して。

訪ねてきた牧師を先生は丁重に迎えられました。
そして先生はその牧師が何を聞いてくるか御存じでしたから、
牧師が話す前に、彼が話そうとする
すべての問題についてお話ししてあげました。

聖書を通して、ずーっと説明されますので、
牧師は何も言うことができなくなりました。
彼はただ、「本当に苦労していますね」
という一言を残して去っていきました。

そしてこの牧師によって、聖書で討論しては
先生を負かすことはできないといううわさが
徐々に流れていったのでした。


そしてついに彼らは共産党の官憲に投書をしたのです。

教会の重要な幹部たちが統一教会へ行っていることに対して、
異端だということだけでは説得することが
なかなか難しいと分かり始めました。

しかし、教会ではその重要な幹部たちが全部出てしまうと
教会を運営することが難しいと気が付いて、
どんなことをしても彼らを取り戻さなくては、
と考えざるを得ませんでした。

彼らが取り上げた問題は何かといいますと、
「淫乱に違いない。淫乱な集団である」ということです。

統一教会は淫乱な集団であると問題にし始めました。
「この教会は家庭を破壊する教会だ」というふうに言い始めたのです。

その次に、「教会を破壊する」と考えたのです。
つまり、「社会の秩序を乱している」というのです。

これを利用したのが共産党でした。
彼らは、「この団体は家庭を破壊し、教会を破壊する」
として、さらに「共産主義社会の秩序を破壊するものだ」
といって問題にしたのです。


家庭や教会から反対されればされるほど、
メンバーたちの信仰はより強くなり、
霊界の協助は一層強くなったのでした。
霊人たちは細かいところまで教えてくれたのです。

教会の長老たちは、組を成して先生の所へやってきました。
そして先生の髪の毛を引っ張って迫害しました。
そういう中にあっても、先生は抵抗せず、
やさしい羊のごとくなすがままにしておいたのでした。

その場を見ていたメンバーたちは憤慨して、
その人たちを引き離すようにして帰したのでした。


先生は、こうした教会の中心幹部で、み言が分かり、
神のみ旨がよく分かった人たちには、
「教会に再び帰って、み言を伝えるように」
とお話ししてくださいました。

けれども、そういう人たちは、一度恵みに出会いますと、
なかなか自分の教会には帰りたいとは思わなかったのでした。
先生の言うことを聞かずに、
先生の所にいつもいつも来ていたので、
迫害が非常に激しくなりました。

食口になるのに二つの場合があるといいます。
まず非常に難しい問題を抱えているとき、
もう一つは非常に喜びにあふれているときです。

この人たちは、恵みの中にあったので、
先生の言われることをなかなか聞けなかったのです。

I 平壌開拓から興南解放
第二章 いつも弟子に関心をもたれる先生
「牧師の反対を利用する共産党」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


迫害の発端は、自分の信徒が奪われていくことに対して
お父様と教会に対しての嫉妬心・・・
つまりは、批判する人自身の堕落性にありました。

真のお父様は、そのようなことは
何もしていなかったのに、
ただ、純粋にみ言を伝えただけなのに、
本当に残念なことです。

さらには、当の食口たちも
恵みの中にいると、お父様の指示を聞くこともなく、
勝手に喜んでしまう・・・
これも堕落性ですね。

イエス様を思い浮かべてしまうのは、
洗礼ヨハネが立てなかった後のイエス様と
許孝彬が受け入れなかったことで
お父様は同じような立場に立たされていたからでしょう。

イエス様の苦難の路程と重なるように、
十字架の道ともいえる興南監獄を
避けることができませんでした。

真のお母様と歩むこの天一国時代、
もう堕落性と戯(たわむ)れてばかりではなく、
私たちは、本当に良心に忠実な歩みをしなければならない、
改めて思わされるのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:49 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

和やかに過ぎた7月のあの日 54年前、高知で・・・ 《文先生の足跡 高知篇》



210716-19670711kohchi.jpg


「日本を愛した文先生の足跡」と題し、
写真と証しを紹介するシリーズ
今回は、高知特集、54年前
お父様の2回目の来日の際のエピソードです。


1967年7月、文鮮明(ムン・ソンミョン)先生が
初めて高知に来られることになりました。

高知教会においては、お迎えするための
具体的な準備が進められました。
大藤(おおとう/旧姓津野)弘子さんは当時を振り返って話します。

「みんなで手分けして教会の掃除をしました。
私はおふろの担当でした。
『メシヤという方に対してどれくらい丁寧に洗ったらいいのだろう。
とにかく全部ピカピカに新品のように』と思って、
一生懸命にタイルを磨きました」


7月10日、ついに文先生が乗られた飛行機が高知空港に姿を現しました。

文先生は教会に着くと
1階の礼拝堂に集まった教会員にみ言を語られ、
翌11日には「本郷之都地上天國」と揮毫されました。

また高知城内でひととき、バナナやスイカを食べながら、
文先生と楽しい交流の場を持つこともできました。

ベートーベンの「喜びの歌」、「禁じられた遊び」のギター演奏、
その他、琴、フルートなどそれぞれに練習した成果を披露しました。

なごやかな雰囲気の中で、時は過ぎていきます。

ところがそこに一人の浮浪者のような人が来て、
果物をじっと見るのです。
そこにいたメンバーは
「早くどこかに行ってくれないか」と思っていました。

その人はしばらくすると、去っていきました。
すると文先生が「果物を上げてきなさい」
と言われたのです。

文先生は語られました。

「人間が一生を…短い眼目でもって見ると…
 不公平のように思うんだけど、
 2000年とか何千年単位として
 この一つの周期を見てみると、
 宇宙は絶対公平というんですね。

 だから一度栄えた国は必ず滅びる。
  …滅びないための方法としては、
 どうしたらよいのか。

 …栄えたすべての財物を、その谷の下の方に
 下ろしておけというんですね。
 そうすればまた上がる。

 …だから高くなればなるほど、
 下の方に心をつめて、
 そこに忠誠を尽くせというんです」

(『日本統一運動史』より)



210716-19670710kochi (2).jpg 210716-19670710kochi.jpg
高知空港に着かれた文先生。   板書しながらみ言を語られる文先生
上から2人目(1967年7月10日)      (1967年7月10日)

  210716-19670711kohchi (2).jpg   210716-19670711kohchi(3).jpg
文先生が高知のために書かれた揮毫 教会の2階で食事される文先生(1967年7月)

(光言社『グラフ新天地』383号[2000年6月号]に掲載)
【文鮮明総裁聖和節記念】
日本を愛した文先生の足跡 2〜 高知 〜

(blessed lifeより)


浮浪者に関してのお父様のみ言。
とても重みのあるみ言ですね。

一人の人を見つめながらも、
お父様は歴史を見つめ、
全体を見つめられるのだな、と思います。

栄光在天、地に忠誠を尽くされる、
真のお父様が偲ばれるのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:36 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月09日

「日本を愛した文先生の足跡」 写真と証しで綴る新シリーズ 《仙台篇》


210709-1965.0210.png  210709-1975..png
文先生が書かれた揮毫(1965年2月10日) 仙台市内を走る「希望の日」フェスティバルの宣伝カー(1975年)


8月24日はお父様が聖和されて
9周年になります。

そのことを記念して、Blessed Lifeでは、
「日本を愛した文先生の足跡」と題して、
15回にわたるシリーズを企画してくださいました。

今日は、仙台特集です。

 
  1965年2月10日午前0時56分

1965年2月10日午前0時56分、仙台の地に歴史的な
1ページが記されることになりました。

9日早朝札幌を出発された文鮮明(ムン・ソンミョン)先生ご一行が、
仙台に到着されたのです。

文先生は午前1時40分から
「神と逢う所」と題してみ言を語られました。

午前4時からは西川勝(韓国名・崔奉春〈チェ・ボンチュン〉)先生を中心に
交流の場が持たれ、気がついた時には朝日が部屋を照らしていました。

午前10時45分、マイクロバスとハイヤーに分乗して、
青葉城に向かいました。
聖地を決定するためです。

文先生が決められた聖地からは、
仙台の街を一望のもとに見下ろすことができます。

また文先生は仙台のために「天國花仙台」という
揮毫を下さり、午後1時発の飛行機で羽田に向かわれました。 

 
  深々と頭を下げて祈られる後ろ姿

次に文先生が仙台を訪問されたのは、
1967年7月18〜19日のことでした。

当時、仙台教会にいた中村武子さんは語ります。

「お話しの後、先生がお休みになったのは
午前2時ごろではないかと思います。

寝室に入られた後、着替えをお持ちでなかったことが分かり、
急いで汗で濡れたワイシャツを洗濯し、
朝早くアイロンをおかけして
先生のお部屋の前までお持ちしました。
まだ5時前でした。

何気なく洗濯物を戸の前に置こうとして、びっくりしました。
ふすまの隙間から先生のお姿が見えたのです。
布団の上に正座され、両手をついて
深々と頭を下げて祈っておられる先生の後ろ姿でした。

先生はいつもわずかな時間しか眠られないと
伺っておりましたが、そのお姿を目のあたりにし、
私は一瞬そこに立ちすくんでしまいました。

先生は多分1時間か2時間くらいしか
眠られなかったのではないかと思います」

(「ファミリー」1983年5月号より)
 
「イエス様のことをお聞かせ下さい」。
これが仙台教会の一室で
文先生に最初にお会いしたときの私の質問でした。

先生は「かわいそうな男だよ」と、
たった一言、振り向かれて答えられました。
その時の先生の悲しそうな、その言葉と表情は
今も忘れることができません。

(山岡建雄氏、「ファミリー」1981年8月号より)
 
◎聖地を決定された意義

韓国で勝利した基準を、
世界まで因縁づけてあげなければならない。
すなわち、韓国の子女によって、
全人類をアダム、エバの堕落直前の立場にまで
昇格させてあげたいので、
ここに土地が必要なのである。
これが、世界に聖地を定めた理由である。


(「御旨の道」より)


1965.0210 (2).png 
聖地決定に際して、聖塩で聖別される文先生。  
後方は久保木修己初代会長(1965年2月10日、青葉城内)


1967.07.jpg 1967.07 (2).jpg                   
  み言を語られる文先生   (1967年7月、仙台教会所蔵)   仙台駅にて  


日本を愛した文先生の足跡(1)
仙台
(光言社『グラフ新天地』382号[2000年5月号]
「日本を愛される文先生の足跡」より)


お父様は早稲田の学生時代、日本の地で
多くの精誠を尽くされましたが、
公式的な立場で最初に日本に来られた1965年、
この時に8大聖地を決定されたのでした。

それ以降、草創期には何度も日本を訪ねて
愛してくださいました。

今回は、仙台の地に残された足跡を振り返りました。
誰よりも日本を愛された真の父母様。
その心情の一端を感じることができました。。。
ありがとうございました。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:44 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする