2020年11月21日

平和を愛する世界人、釣りの世界でもNo1 になれた理由 《金元弼先生》





1976年に、日本で語られた
金元弼(キム・ウォンピル)先生のみ言
「神を慰める者となりましょう」より、
『誰が主人となるか』です。


昨年のことです。
海に出て、魚釣りをしたことがありました。

この魚釣りに関しては摂理的意義があったことは
御存じのことですので話しませんが、
ニューヨークの幹部の人たちを連れて出掛けられました。

もう本当に元気な人でもそれが十日、二十日と
何日も続きますと、先生が今釣っているのに
部屋の中に入ったり出たり、休んだりするのです。

この船の中で誰が最後まで残るのだろうか、
と心の中で思いながら、熱心に釣っていました。

ところが、その連れ立った者は全員くたびれて、
「海に行こう」と誘うと「何か用事がある」
と言って行かなかったり、行っても
疲れて休んだりしているというのです。

ずっと見つめてみたら、船長がいました。
その一人の人がいつも同じ顔ぶれなのです。
その人だけが残ったのです。

そこで先生は岸に着きました。
そうしたら彼は、まあこれで休むことになった、
と気を楽にしたらしいのです。

ところが先生は、陸に着いたらすぐにお食事を終わらせて、
すぐまた船に帰っていきました。
するとさすがのその人も、本当に疲れたということで、
もうよしましょう、ということになったというのです。


先生は、そういった人々に比べますと、
年を取っておられますが、
若者がいくら力を尽くしても耐えきれないという
その限界を超えるまでは、
御自分からはやめなかったというのです。

そのように、私たちから考えてみたら
くだらないことのように思うかもしれませんが、
先生は釣りをするにしても何をするにしても、
すべてのことに対して心を尽くし、
あるいは力を尽くされます。

誰にも耐えることのできない心をもって
尽くさなければならないと思われて対しておられるのです。


先生は、すべての国にたくさんの宣教師を送って、
命令だけをして黙っておられるのではありません。
先生は、世界の人々が心を尽くす以上の高い次元で、
休まず心を尽くしておられるのです。

家庭では誰が主人になるかといいますと、
主人は中心であり、親ですから、普通は親がなっています。

しかし、もし子供の中で、他の兄弟よりも親よりも
家庭を大切にし、家庭のために尽くす子供がいるとすれば、
その家庭の主人、その中心は、その子供になるわけです。
親があっても、親の責任を子供が果たしうるというのはそのことをいうのです。
幼い子供であっても、親がその家の中心になれずして、
あるいは兄さんがなれずして、末っ子の弟がなることがいくらでもあるのです。

同じように、み旨を知っている私たちは、
教会長だから教会の主人であると言います。
もちろん形状的にも性相的にも主人でしょう。
しかしもしその教会長が、中心でありながら、
その教会を大事にすることができなかったとします。
教会の人々も全部がそうであるとするならば、
その教会の主人は誰がなるでしょうか。
誰もなれません。
その主人は、サタンがなるというのです。

世の中でも、親兄弟がみんな家を大事にしないとしたら、
他の人がその家を大事にします。
下僕が大事にしたら、その家の主人は誰がなるのですか。
下僕がその家の主人になるというのです。
世の中には、そういうことがいくらでもあります。

教会長であるからこそ、誰よりもその教会を愛さなければいけません。
ところが、それをせずに、その教会を支えるために
教会長以上にその教会を愛し大事にする兄弟がいるとするならば、
その人によってその教会は支えられていくのです。

『伝統の源流−主と歩んだ教会創立以前の道』
金元弼
(「神を慰める者となりましょう」 
一九七六年四月四日東京教会)
※本書は、『信仰と生活第二集伝統の生活化』
を改題したもの


お父様の精誠の基準というものは、
本当に頭を下げざるを得ないものだと思います。

かつてアブラハムが象徴献祭に失敗したのは、
鳩を裂くのは、僕に任せたからだということでした。
牛や羊は裂いたのに、鳩は裂かなかった・・・
本当に小さなことをおろそかにした、というのです。

真の父母様は、大きな摂理を動かされる方ですが、
半面、コツコツと小さな精誠を積み重ねていかれました。

私たちも主人意識をもって、
精誠の積み重ねをなしながら
教会を愛するものになっていきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:14 | Comment(0) | お父様と海・釣り 自然・万物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

嵐の中の航海「お父様と一緒に死ぬなら本望」?! 《真のお母様は幸運の女神》3



fishingTM2.jpg


真の父母様と釣りの証し。
今日が最終回です。


1989年春、真のお父様が考案された
新型漁船「ファイバーグラスボート」が出来上がり、
聖別式が行われました。

式が終わると、お父様が、
「さあ、マグロを取りに行こう」
とおっしゃいました。

新型漁船の責任者は
港周辺を試運転するつもりでいましたが、
いきなり本番です。


急遽、ロングライン(はえなわ漁の漁具)を積み込んでいると、
港の緊急警報が鳴り響き、
「ハリケーン接近」と聞こえてきました。
港口を見ると、漁船が次々に帰港していました。

その光景を見た責任者は、
慌てて真のお母様のもとへ駆け寄り、
真のお父様の出港を止めていただこうとしました。

ところが、おふたりはほほえみながら
休憩所から出てこられて新型漁船の前に着くと、
お母様がお父様に
「行ってらっしゃい」とおっしゃっているのです。

韓国の先生に確認すると、
「大丈夫だ。
真の父母様が手をつないで祈祷してくださった」
と言っていました。

港を出るとき、他の漁船は必死に
帰港しているのに、こちらは出港です。
複雑な心境ではありました。


外海に出ると、急に波風が強くなり、
ついに大波が漁船にぶつかって、
波の上に乗せられたり、
波間に落とされたりしました。

何しろ初航海の船ですから、
万が一どこかに不具合が起きれば、
粉々になって嵐の海に沈むのです。
そう思った瞬間、死の恐怖に襲われました。

誰もが真っ青になって沈黙した瞬間がありましたが、
真のお父様だけは穏やかな表情で
瞑想しておられたのです。

そのお姿を見て、ふと、
「お父様と一緒に死ぬんだったら本望じゃないか」
という思いが湧きました。
すると、死に対する恐怖心がすーっと消えたのです。

数分後、韓国の先生が
「お父様と一緒だ!すごーい」
と叫びだし、みんなで元気に
「イエース、ワンダフル」
と答えていると力が湧いてきました。

こうして嵐の海を乗り越えることができたのです。


嵐が去った後、はえなわ漁の仕掛けを
二時間だけして引き上げると、
メバチマグロやさまざまな魚が
掛かっていて大漁となりました。

港に戻ると、真のお母様が
満面の笑みで迎えてくださいました。

私は後になって気づきました。
あの死の恐怖心を乗り越えられたのは、
真の父母様が手をつないで
祈祷してくださった賜物だったということをです。



真の父母様は、荒天であっても、
絶対に大丈夫であると確信していたのでしょう。
というよりも、もしかしたら嵐が来ることも
わかっていたのかもしれませんが、
何があったとしても行かなければならないという
覚悟をもって海に出られたのでしょう。

ご父母様が心を一つにし
祈って出発したことは、必ずなされていくのだと思います。

そして、この先輩の通過した心情というのは、
み旨の道に通じるのではないかと思います。

どんな困難な状況であったとしても、
真の父母様と絶対的に一つになれば、
必ず道が開かれるし、勝利できるのだと。

真の父母様は先がお分かりになるけれど、
私たちはあまりにも無知なので、
これからの摂理がどのようになるか、
目の前のことだけを見ていると
不安にさえなったりします。。。

しかし、「摂理の春が来た」と語られるお母様。
今は黄金期であると。
勝利を確信しておられるお母様と一つになって、
み旨の道を突き進んでいきたいと思うのです。







にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 16:30 | Comment(0) | お父様と海・釣り 自然・万物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

(証し)港一の奇跡の理由は?! 《真のお母様は幸運の女神》2



19881203colonbia river.jpg

「神様は
天地を創造された以上に
美しい内容を所有している
アダムとエバの心情世界を旅行したい」



先日、釣りの証しを紹介しました。
2匹のグリーンスタージョンが釣れたという、
奇跡のような証しです。
今日は続編を紹介します。



教会に戻ると、祝勝会の最中でした。
しかし私は、とても心が痛くて会場に入れません。
その朝、お迎えすべき私が遅れて、
真のお母様は寒い桟橋の上で待っておられたからです。

私が別の部屋で泣いていると、偶然
韓国の先生が入ってきて、私を見つけると、
昨夜の出来事を話してくれました。

「真のお父様が勝利して帰られたとき、
誰よりも真のお母様が喜ばれて、
『アッパ、明日は私も釣りに行きます』
とおっしゃった。
すると、お父様は今まで見たことがないほど喜ばれて、
ほとんど休まれずに出発したのだ」

その話を聞いて、その日の
奇跡の謎が解けた気がしました。

真のお母様はご自身の体調を顧みず、
真のお父様を喜ばせてさしあげようと
一緒に釣りに行かれたのです。

このような真の父母様の愛の世界に
神様が酔いしれて、
まずお母様、次にお父様にと
グリーンスタージョンを
準備されたのではないでしょうか。

み言に

「神様は天地を創造された以上に
美しい内容を所有しているアダムとエバの
心情世界を旅行したい」


(天国を開く門 真の家庭より)
とありますが、そのごとくです。


私は、韓国の先生に促されて
祝勝会の部屋に入りました。
すると、その先生から、
「報告するように」と言われたのです。

私は、漁師が大変感動して
謝礼金を辞退したことを証ししました。
すると、真の父母様をはじめ、
参加者全員が歓喜に沸きました。

報告を終えて、退出しようとしたとき、
真のお父様が、「歌を歌いなさい」
とおっしゃるのです。
とっさのことでしたが、韓国語で
「愛の迷路」を歌いました。

そのとき驚いたことに、
真の父母様が手拍子を取ってくださったのです。

私はそのお姿を拝見し、
「真のお父様は、私が苦しんでいるのを
よく御存知で、愛ですべてを
包んでくださるのだ・・・」
と思ったら、胸がじーんとしてきて、
涙で歌になりませんでした。

「おふたりの中に、神様は住んでおられる」
世界家庭5月号


夫婦が一つになる、ということは
本当に重要なことなんですね。。。

神様が真の父母様を見つめられながら、
多くの恩恵を与えられるように、
私たちも祝福家庭として、
夫婦一体を目指しながら、
努力しなければならないと思います。

もちろん、神様を中心として、
真の父母様の願いと事情と心情を求めつつ、
一つとなることが重要ですよね。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:23 | Comment(0) | お父様と海・釣り 自然・万物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする