2016年03月26日

マグロ釣りは、神の解放、人類の解放、万物の解放?! 《金元弼先生の「お父様と海」》



20000830.jpg


真のお父様は海を愛されました。
そして、魚釣りに精誠をこめられました。

金元弼先生が、お父様が
マグロ釣りのチャンピオンであると言う点を
5つにわけて解説してくださっています。


第一に、先生のマグロ釣りの目的ははっきりしています。

魚がたくさんいても、人々がどんどん魚を取り、また人口が増えると、
魚の資源はどんどんなくなり、食糧難が必ず襲ってくるようになります。
それで、先生は魚の養殖に非常に関心を示しておられました。

また今日のアメリカは、造船や水産業が非常に遅れている状態なのです。
それは、水産業に携わる人が一度海に出ると、三カ月以上帰ってこなくて、
奥さんたちがその帰りを待ち切れず、離婚率が高くなっていくからです。

ですから、離婚を恐れて若い人たちはなかなか水産業をやろうとしないのです。
それが水産業が振るわない、大きな理由の一つなのです。

そういう中で、アメリカを救い、世界人類の食糧問題を解決するという
遠大なる目的から、先生は水産業、造船業に早くから手を出されたのです。


先生は、生き物を殺すことに対して、
こういう理解を私たちにさせてくださいました。


「マグロは、いつかは年を取って死んでいく。
病気にかかって死んだり、事故で死ぬこともある。
また、他の魚に襲われて死ぬこともある。
いろいろな形でいつかは死んでいく。

しかし、万物には創造された目的があり、存在目的がある。
万物は、真の人によって愛の主管を受けなければならないのに、
人間が堕落したことによって、それを果たせずして死んでいくので、
万物には恨みがある。

真の人に主管され、その真の人に喜びを与え、
真の人の喜びを通して神に喜びを返すことができ、
それによって万物も神の喜びのためにあったということで、
その存在目的を達成していく」


ですからツナは、真の人のために犠牲になったという場合に、
その恨みは晴らされ、初めて存在目的を達成することができるのです。

こういう原理的な観点から見るときに、マグロを釣ることのできる人は、
メシヤと、メシヤによる真の子女しかいないということになるのです。

先生が取らなくても、いつかは全部死んでいき、
そうすると万物の恨みは全部残っていくのです。
それで先生において、その恨みを晴らしていくということが、
マグロを釣る目的の一つでした。


そして先生はそれを取るばかりでなく、どんどん養殖して、
人類の食糧難を解決するということにもかかわっていかれたのです。

オーシャン・チャーチの設立も、そういうきっかけからだったのです。
ですから先生がマグロを釣る目的は、神の解放、
人類の解放、万物の解放と、はっきりしているのです。


チャンピオンになった二番目の要因は、先生のマグロについての知識です。
先生はそれまでの知識に、常に新しい知識を加えていかれました。

まず先生は、ツナの生態から研究し始められました。
何が好きで、どういう所に好んで行くのか、
いつよくエサをかむのかということから始められたのです。

それは、多くの本を読まれたということではありません。
先生は、人の話を聞きながら考えられたのです。

次に先生は、釣るのに道具が必要ですから、まず釣り針を研究されました。
いろいろな釣り針を集め、どれが一番良いのかを常に考えられました。

そして先生が直接使ってみて、いろいろと構造を変えたり、
そればかりでなく、それにつなぐロープについても、
太さなどをいろいろ検討していかれました。
そのように、すべての道具を一つ一つ検討されたのです。

次に、エサを垂らすにも、いくつ垂らせばいいのか、
それもどのくらいの深さで垂らせばいいのかということも研究されました。
このようにして、すべての知識を得て、マグロ釣りにそれらを投入されたのです。


三番目に、先生は、マグロを釣るのに本当に心を投入していかれました。

というのは、先生はマグロを「魚の女王」だと言っておられ、
女王を迎えるためには、それ相応の道具を準備して
迎えなければならないと考えておられるのです。

魚を取ることを正業としている人は、
三週間かけて一匹取るのでは費用がたくさんかかって大変です。
それで彼らは、浮きの代わりに空きビンを使うのです。

しかし、先生は、そうしてはいけないということで、
当時四ドルほどの浮きをきちんと買って、
きれいにテープを巻いて使われました。

そればかりでなく、ロープを入れるかごにしても、
本当にお金をかけた良いものを使われました。
ロープも先生が買われ、直接深さを決めて使われました。

そして、エサをどんどんまかれるのですが、それは腐ったものではなく、
お金をかけて良いものを使われました。

世の中の人たちは、ただ切って投げるのですが、
先生はそれを喜ばれず、私たちがエサを切る時でも、
きれいに切って、真心をこめてまくことを願われました。

私たちがリンゴを切ってもらうとき、きれいに切ってあるのと、
でたらめにただ切ってあるのとでは、美しいほうを食べるでしょう。
万物も人間と同じで、魚もそうなのです。


また、船の上で動くときも、音を出して動くことを禁じられました。
その音が、マグロがエサに近寄るのを妨げるからです。
そして、エサなどを切っていると船の中が汚れるのですが、
先生は常にきれいにすることを願われました。

また、マグロがエサをかむ時間があり、
その時間帯が過ぎると、数時間は静かなのです。
そういう時間は疲れるので、ある時本を読んでいると、
「本を読むのではない」と言われました。
それは、釣りにすべての真心を尽くしなさいということです。

(月刊『ファミリー』一九八八年四月号掲載)



お父様は万物を心から愛しておられるのだと感じます。
それは、神様がどのようにマグロを創造していかれたのか、
その御心情を何よりもご存じだからではないでしょうか。

また、釣りをするときの精誠も本当に素晴らしいと感じます。
マグロは船の様子はわからないのですが、
マグロのためにもエサにも心をかけ、
船の中も整理整頓される真のお父様なのです。

釣りは伝道にも通じると言われます。
お父様の精神を相続していきたいと思わされます。

明日に続きます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

2016年03月15日

全否定のリベンジなるか?! メシヤの反応は…?! 《松崎先生の証し 2》



19900000.jpg


お父様から、「ニシンの料理をせよ」
と言われて作った1日目は、全然食べてもらえませんでした。
全否定を越えて、悔い改めましたが。。。
松崎先生の証し、続編です。


聖書にあるごとく、
「主は再び臨まれました」(笑)

前日と同じくらいの時刻に
お父様は「松崎、ニシンの料理せよ」
全く同じように命ぜられました。

いやぁ、びっくりしましたね。
お父様の思いやりというのは、素晴らしいな、と。

その時の私は決意していました。
何が間違っていたのか、はっきりわかっていましたから。

ですから、ただ文字通り、一心不乱に、
ニシン料理を作りました。
そのとき、イカが千匹、万匹釣れようとも
全く眼中にありません(笑)

結果は面白いですよ。。。
「アボニム、用意できました」
「あ、そう」

お父様が食べること、食べること。。。
前の日は見向きもしませんでしたけど、
この日は、全部召し上がってくださいました。

このとき、お父様は日本語で
「たくさん食べたよ」

本当にうれしかったですね〜。
まさに、地獄と天国でした。


このことを通して、いろんなことを悟りました。

私は、前の日の夜に、聖書の一節を通して、
悔い改めることができましたけれど、
もし、そのことがわからなかったら、
また、うまくいかなかったかもしれません。

そうしたら、お父様は、
「こいつはダメだ」とレベルの低い弟子として、
扱われたかもしれません。

でも、お父様は説明されないんです。
それで、悟れなかったら、回路が切れたままです。

「メシヤという人は、勝手な人だな。
命令しておいて、こんなに一生懸命尽くして作ったのに、
本当に自分勝手な人だ」
このように思ってしまったかもしれないです。


でも、実は、こういう声を聴きますね。
「私はこんなに一生懸命やったのに、
メシヤは受け取ってくださらない・・・」

こういう風に思う人は結構いるんじゃないでしょうか。
これは問題ですね。

真のご家庭や、真のお母様のことを本当に
わからないにも関わらず、表面的なうわさで批判する、
こういった人たちがいます。。。
本当に悲しいことです。


イエス様の十字架のときもそうでした。
左側の強盗は、
「お前は、メシヤなんだってね。
だったら、俺を救ってみろ」
そんな風に言いましたね。

ですから、左の強盗になるのか、
右の強盗になるのか、
そういう分岐点に私がいるということだと思います。


お父様は、「原理とは何か」
アメリカの希望の日講演会で一言話されました。
「コーデットメッセージ」いわゆる暗号文なんだと。

聖書にはたくさんの暗号文がちりばめられています。
その暗号文を解けるのは、この世にたった一人、
メシヤしかいないんです。

どんな人でも信仰生活の中で
必ず試練が来ると思います。
そういう時には、
私のような経験がプラスになるんじゃないかと思います。


E59BB31-0176b-thumbnail2.jpg




松崎先生は、今年で、信仰生活50年を迎えるそうです。
いろんな試練があったけれど、
自分を中心としてみることなく、
天を中心として、自分を見つめながら、
また、真の父母様と縦的90度、
一つになることをいつも思いながら
乗り越えていかれたといいます。

今回も、料理は、「供え物」だと語られています。
純粋な供え物をささげなければ、
お父様が食することができない、
すなわち天が願う祭物にならないというのです。

私たちも日々の生活において、
神様がとってくださるように
善なる供え物を捧げられるように、
歩んでいきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


以前、松崎先生の証しを取り上げた時の記事です↓
  ただの釣りではない?! お父様がマグロ釣りに込めた熱き思い?! 《お父様と海 1》 
  海は、世界を救うため、神様が先生に残したもの! 《お父様と海 2》



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



2016年03月14日

メシヤから全否定?! そんな時、どうする?! 《松崎先生の証し 1》



10922611_413046858845718_5278117855548283296_n.jpg


今日は松崎先生の証しです。
松崎先生は、1972年6月23日、アメリカ宣教師
最初の12人の一人として、選ばれました。

真のお父様との出会い、
そして、大失敗の証しです。


1975年7月 真のお父様は
アメリカ、ボストンの北、グロースターの海で
40日間、マグロ釣りをされました。

40日期間中のある日、お父様から
ニシン料理を命じられました。
(少し加工して書いています)


ニシンは、マグロを釣るときの、餌なんです。
たくさんクーラーボックスに入っているニシンを見ながら、
「松崎、これはニシンだね。
韓国では、いい魚だよ。
これを料理しなさい」

「はい、わかりました。
お父様、どう料理するんでしょうか」
「煮るんだよ」

それで、料理をしたんですが、
釣りをしながら、料理をするので、
イカとか、サバとかが取れるんです。
ですから、ニシン料理とともに
イカの刺身、イカの天ぷら、
サバ料理をお出ししました。

「お父様、準備ができました」
「わかった」
そして、お昼を食べ始められました。

ところがお父様は私の作った料理には、
全く手をつけられませんでした。
お父様はご飯と、キムチか何かを食べられただけで、
私の作った料理には、見向きもされなかったのです。


私は、メシヤとお会いして、そして、メシヤに侍るため
このアメリカにやって来たのに、
そのメシヤに否定されてしまった。。。

このときは、本当に厳しい状態になりましたね。。。
言葉を失い、凍り付くような思いでした。
心の中は真っ暗闇。
まさに霊的地獄です。

悩みました。
苦しみました。
その状態で、真夜中になったでしょうか。
ハッと気づきました。
そして、ある聖句が浮かんできました。


旧約聖書のサムエル記の場面です。

サウル王は、神様から、アマレク人を絶やすように言われ、
アマレク人と家畜を殺しました。
しかし、自分にとって都合のいい肥えた牛
また、子羊とか、そういったものは、殺しませんでした。

サウル王は、その家畜に目がくらんだのです。
そして、神様に燔祭をささげたのですが、
神様は怒られたのです。
そして、サムエルを通して、サウル王に言いました。

サムエルは言った、
「主はそのみ言葉に聞き従う事を喜ばれるように、
燔祭や犠牲を喜ばれるであろうか。
見よ、従うことは犠牲にまさり、
聞くことは雄羊の脂肪にまさる」

サムエル記15章22節


そのことを前の日の出来事と結びつけたのです。
お父様は、「ニシンを料理せよ」と言われたわけです。
ニシンは料理しましたが、ほかの料理もしたのです。

不純ですよね。
ですから、手を出せないですよね。
私の作った料理は、
お父様の命令に反した自分なりの祭物なわけです。


そして、次の日になりました。
お父様は無言のまま、
再び釣りを始められました。

そして、お父様は昨日と同じくらいの時刻に
「ニシンを料理しなさい」と
再び全く同じ命令をされたのです。

いやぁ、主の愛というものは、
素晴らしいなぁ、そう思いました。



ここまで書けば、あとのことはわかると思います。
そうです。
松崎先生は、ニシン料理を作られ、
そして、お父様が食されるのでした。

そこで、松崎先生はいろいろなことを悟られました。。。
少し長くなるので、後半は明日に続きます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)