2017年05月04日

(証し) 噓のような和解! 清平の恩恵で絶縁家族と。



18198712_1429658623761948_7765590309830711042_n.jpg


清平では、ゴールデンウイーク期間中、
大役事が行われています。
つつじが綺麗な季節です。

今日は、伝道の証し
『先祖解怨・祝福の恩恵で親兄弟と和解』
を紹介します。


私には兄弟が6人いますが、
私の信仰の故に両親や他の兄弟と決裂し、
絶縁状態となっていました。

昨年6月、弟が病気のため入院し、
一時は生死を彷徨う様な事態になりました。

私はこれまでの歩みを悔い改め、
「絶対に先祖解怨をしよう」と決意。
その翌月に何とか父方の先祖解怨をすることができました。

ほどなくして、母が車を運転中、車が横転する事故に遭いました。
車は衝撃を受けて傷付いたものの、母は全くの無傷だったのです。
まさしく奇跡でした。

その後11月には先祖祝福をし、12月にいとこの食口が清平に行き、
祝福を受けて絶対善霊となった私の母方のご先祖様をお迎えしました。

すると今まで絶縁状態だった兄弟と次々に連絡が取れ、
今年のお正月には、母の傘寿のお祝いを兼ねて、
兄弟たちが16年振りに集まることになったのです。

兄弟たちが顔を揃えて母の傘寿をお祝いし、
その後それぞれ確執のあった兄弟と、
今までの事を打ち明けながら、朝まで語り合いました。

そのなかで私は、姉から20年来、無視され続けてきた理由を聞かされ、
姉妹間のわだかまりが修復されていきました。

そして今まで教会に対し批判的だった兄弟たちは、
私たちの活動を受け入れてくれるまでになりました。

入院生活を送っていた弟は、私が足繁くお見舞いに行く中で、
徐々に心を開いてくれるようになり、
危ぶまれていた体の具合も医者が驚くほどの回復をしていきました。

更に夫婦仲が悪かった両親も、
最近では一緒に買い物に行くほどに関係が改善。
ある日、照れ屋の父が「新婚みたいだな」と母に言い、
母が驚くというエピソードがあるほどです。

先祖解怨と先祖祝福の恩恵が、氏族圏の和解からはじまり、
両親や兄弟姉妹の一体化に至るまで急激に広がっていることに、
自分自身が大変驚いています。

天の父母様、真の父母様の偉大なる恩恵と勝利圏に心から感謝し、
これから具体的に神氏族メシヤの勝利に向かっていきたいと思います。
ありがとうございました。


やはり、霊肉合同作戦ですね。
先祖解怨も先祖の方々が、
どれほど喜ばれているかしれません。。。

地上の氏族伝道が進むのも、
霊界の恩恵が大きいのでしょう。

また、出発はこの方の悔い改めと決意だったことを思うと
私たちの祝福家庭として、氏族メシヤとしての自覚と
覚悟、愛の動機が大切だと思わされます。

私の氏族も、この方の証しのように
様々なことがあって、
恩讐状態になっていますが、
勇気をもって、氏族伝道に
向かっていかなければ、と思うのです。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神氏族メシヤ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

(証し) 私たち夫婦の「神氏族メシヤ活動」、こうやって霊界が動き始めた!! 



securedownloadc.jpg


伝道の証し。
今回は、『夫婦一体・霊肉合同で伝道推進』です。


私は、2015年3月にブライダルを通して祝福を受け、
16年6月、夫の地元に嫁いできました。

夫の氏族圏には、家庭連合で祝福結婚をしたことをまだ明かしておらず、
今は前線を通して、カイン圏を愛する取り組みを重ね、
昨年8月からは自叙伝書写と祝福伝道を中心に歩んでおります。


真の父母様が神氏族メシヤの勝利を願われる中、
私達夫婦は「神氏族メシヤ誓約書」が、
まだ未提出だったことに気付きました。

教会長からも「名簿を提出して下さい」と指導されたのを受け、
夫の協力を得て、夫の氏族や近所の方々の名前を入れて
43家庭の伝道対象者名簿を完成し提出しました。

今思うと、伝道対象者名簿を提出したところから
霊界が動き始めたのだと思います。


その後、伝道対象者名簿を清平に持参して、
夫婦共に情心苑や愛の樹、祝福の樹で祈祷を捧げました。

また夫婦一緒に、先祖還元祈願礼式を重ねながら、
清平での先祖解怨と祝福を進めていきました。

特に、夫が一番気にしていた13年前に
病気で他界した義姉も無事に特別解怨をすることができました。

昨年12月には、善霊を迎えるための祭壇を安着させ、
更に今年3月には2基目も伝授。
こうして両家の絶対善霊を迎えてから、
さらに大きく霊界が動きだしたのです。


そのようななかで、ブライダル伝道で3人の方から連絡があり、
そのうち一人が先月からみ言受講を開始。
毎週来場して学ばれ、ブライダル相談会にも参加が決まっています。

また、書写前線で出会った70代の老婦人は、
4月に行われた「書写ファミリーフェスティバル」に、
ご本人がご近所にお住まいの友人3人を誘って参加してくださいました。

実はその日、地域集会の予定があったようですが、
老婦人は「書写フェスティバルに行ってみたい!」と言われ、
予め約束されていた集会をキャンセルしてまで参加してくださったのです。

私は絶対善霊が協助していることを感じ、
その背後で夫の祈りが何よりも大きかったと本当に感謝しています。


家庭出発した当初は、夫は祈祷や訓読を殆どしていなかったのですが、
今では夫は伝道対象者名簿や前線の任地を意識しており、
いつも祈ってくれています。

還元祈願礼式や先祖解怨、先祖祝福を通して、
夫婦の心情が近くなったことを感じております。
毎日、家庭祭壇で夫婦共に訓読と祈祷を捧げながら、
祈った内容が成就することも多くなってきました。

最近では、特別解怨した義姉の法事を通して、
夫の氏族に家庭連合を明かしたところ、
導かれてすんなりと受け入れられ、特に反対もありませんでした。

これからも夫婦が一つとなり、精誠を尽くして霊肉合同作戦で、
神氏族メシヤを勝利していきます。
ありがとうございました。



具体的に伝道したい方のリストアップをして、
霊界に意識していただくことで、
導かれていくのであり、
さらには、ご主人の協助、
夫婦での取り組みが功を奏していると思います。

やはり、霊肉合同作戦ですね。
とても重要なことだと思います。
私たちも相続して、頑張っていきます!




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神氏族メシヤ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

(証し) 夫の言葉が神様のGOサイン?! 夫婦一体で、娘夫婦が受講決定!! 



19810120.jpg


今日は、夫婦が一つとなって精誠を尽くし、
娘さん夫婦の受講が決まったという証しを紹介します。


私たちは、36万双既成家庭です。
今回は、先日行われた「新規講演会」に、
長女夫婦が奇跡的に参加することができた証しをさせていただきます。

長女夫婦は、結婚して6年になります。
結婚3年目に子供を授かり、幸せになると期待していたのですが、
仕事や経済面などから夫婦喧嘩が度々起きていました。
そして昨年、長女の夫(W君)の転職話で、事態が再び悪化。

夫婦喧嘩が止め処なく繰り返され、
事態が収拾できないまま時が過ぎていくなかで、
2歳半になる子供が情緒不安定になり、
さらに娘に2人目の妊娠がわかると、
益々夫婦喧嘩が激化していきました。

そして先日、長女が「もうだめだ、お母さん助けて」と
私に涙ながらに訴えてきたのです。


私はそれまで、娘にアドバイスはしてきましたが、
私からはW君に直接何かを言える立場でもなく、
娘夫婦を見守るしかありませんでした。

しかし「この事態を何とか収拾しないといけない」と思い、
主人に相談すると「もう教会に連れて行くしか道はないね」とポツリと呟きました。
私は夫の発した言葉に何故か「神様からのゴーサインだ」と直感。

その後、娘夫婦をわが家に呼び、私が話すことにしていたのですが、
なかなか家にやって来ません。
ちょうど娘夫婦が来る前に、主人が仕事から帰ってきました。

私は、「夫婦で毎日、天の父母様に
『これからは夫婦二人揃って伝道します』とお祈りを捧げてきたので、
天の父母様は、私一人では無理だってことをご存じなんだな」と思いました。


主人は、W君に「今から話すことは宗教の事だけど、
宗教ではなく生きるために大切な話だと思って話を聞いてほしい」と、
真剣な表情で話を切り出しました。

娘夫婦と私たちで、1時間ほどゆっくり話をすること出来ました。

私たちは原理的な家系の話をしようと思い、
「祖父母の名前を書いてみて」とW君に尋ねると、
彼は、父方と母方の祖父母の名前がわからなかったのです。

私たち夫婦は、これは大変なことだと思い、
「ご先祖様を今まで無視してきたから、
F家の先祖が夫婦喧嘩させてまで、必死に訴えて来たんだよ。
実は今度講演会があって、先祖と私との関係の話もあるんだけど、
聞きに行かない?」と誘うと、
W君は目を光らせて背筋までピンと伸ばして
「是非行きたいです」と即答したのです。

思いがけない反応に、逆に私たちが驚きを隠しきれませんでした。
そして娘夫婦は新規講演会に参加することができました。


W君はとても真剣な表情で頷きながら聞き入っていました。
そして皆様のお陰で、夫婦で一緒に
教育センターに学びに通うことが決まったのです。

娘は、今まで一人では何度も講義に通っていたのですが、
結局、祝福の話を聴くところまではいきませんでした。
これからは夫婦で既成祝福に向かって
取り組んでいくという希望の光が見えてきました。

これに気を抜くことなく、私たち夫婦の協助も大切ですので、
祈り続けて精誠を尽くしたいと思います。

皆さんの精誠の上にいろいろな条件が重なり奇跡が起きたのだ、
と感謝の気持ちいっぱいです。


最後に、清平から帰ってきた晩に見た不思議な夢の話です。
4月に亡くなった父と、娘が死ぬ夢を見たのです。

夢の中では、既に亡くなっていた父は
空気が入るようにポンと生き返るのですが、娘は死んだままでした。
目が覚ると「変な夢だ」と思ったのですが、
今は死んだ父は解怨により霊界で生き返ったのだと理解しています。

また夢判断によれば、生きてる人が死ぬ夢は
「人生これから生まれ変わる」という吉夢で
縁起が良いと言われているので、
正夢だったのかもしれないと思いました。

これからも夫婦でしっかり手をつないで頑張ります。
私の所属する教会に、これから次々と
感激と感動が巻き起こることを祈願致します。
皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。
(文責:ten1ko2)



2017年を迎えて、新氏族メシヤ活動も本格化させたいものですが、
何より夫婦一体が鍵であるという明確な証しでした。

また、家庭の問題、様々な問題も
私たちの教会を通して、み言と祝福を通して
必ず解決の道があるということを、改めて認識させて頂きました。

逆に、教会につながるしか道はない
天と真の父母につながるしか道はないのです。
私たちはあまりに貴重なものを
すでに頂いている立場ではないでしょうか。

ちなみに、このブログも
妻と二人三脚で始めて、
6年半を過ぎました。

おそらく妻がいなければ
ここまで続かなかったし、
また、このブログのおかげで、
夫婦が一つになる、
そのようなきっかけにもなったと思うし、
み旨にも前向きに向かうことが
できるようになったと思っています。

夫婦で一つの精誠条件を継続して行うことが
み旨成就の秘訣だと思わされます。。。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神氏族メシヤ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする