2021年09月14日

(体験談)アブラハムが私に現れて泣いた証し 「何千年も何を失敗したか分からなかった」 《奈田先生》



210213-Gustave Dore - The trial of Abrahams faith  -.jpg


奈田先生の「父母と共にある生活」
今回は、『祭物精神(1)万物の蕩減時代』。

奈田先生にアブラハムが(霊的に)現れた
という証しを交えたお話です。

祭物精神

次に、祭物精神について、第一章で述べた内容を
もう少し詳しく学んでみようと思います。

歴史を細かく見てみると、苦労、犠牲、十字架
というのは祭物精神になるのです。

旧約時代には万物がささげられてきたのです。
万物自体が人間の復帰のために、喜んで血を流し、
犠牲になってきたことを知らなければなりません。

先生はアダムが堕落によって失ったもの、
それが万物と実体と心情だと、次のように語っておられます。


堕落によって人間はどういう結果に
なってしまったかというと、
まず万物を失ってしまった。

それから実体がサタンに汚されてしまった。
それから心情を奪われてしまった。

これらをみんな蕩減復帰しなければならない。
いわゆる物の問題、実体の問題、心情の問題、
これらを完全に神を中心として結束させて、
完成期間を通り抜けないというと、
完成基準に到達することができない。

これが我々の原理原則である」


(1)万物の蕩減時代

ここで、万物の蕩減時代について学んでみましょう。

アブラハムが、三種の供え物をするように
神から言われた時、アブラハムは
いい加減に供え物をしたでしょうか。

アブラハムは、ノアの時代にしたことを全部踏襲して、
神からの絶対的命令として受け止めて、
とても緊張して供えたのです。

しかも、自分の身体以上の牛を屠て、
み言のとおりに、裂いて血を流して焼いて、
「神が喜ばれたかどうか。これでいいだろうか」
と気にしながら、本当に神を畏れる心で供え物をしました。
しかし、それは成功しませんでした。


そこで、これは私の体験なのですが、
以前アブラハムが私に現れて、
「なぜ自分の子孫が四〇〇年間もさまようことになったのか。
他民族に仕えていかなければならなくなったのか。
それが分からない」と言うのです。

アブラハムは、激しく泣いて、
「何か失敗だったか、分からなかった」と言うのです。
何千年という間、分からなかったのです。

目も鼻も口も、私の体を全部使って泣くので、
その思いが胸に迫ってきました。

それで周藤健先生が、アブラハムにその理由を
一生懸命に説明したのです。
説明を聞いて、「本当にそうだったのか」
とアブラハムは言いました。

私は、「すごいな! アブラハムがそんな悩みを
今までだれにも打ち明けられず、
理由を聞くこともできなかったのに、
四〇〇〇年目に現れたこのみ言で、
初めてその悩みが解決できたのだ。
そのことを思ったら、私の苦しみなんて何でもないことだ」
と思いました。


アブラハムにしてもそうですが、歴史上には、
神から捨てられてきた人々がたくさんいます。
ノアは、息子のハムの失敗のゆえに捨てられたのです。

モーセもそうです。
あれほどの苦労をして、イスラエル民族をエジプトから
導き出したのに、自分はカナンの地に入れませんでした。

モーセが神に、「自分は語る人ではないので
イスラエル民族を率いていくことはできません」と言うと、
「おまえに口を授けたのはだれか?」と神は言われて、
モーセを強引に引っ張っていきました。

モーセはそういう運命圏に生まれついていたのです。
神はそのように運命づけておいて、召命して、
自覚させて、引っ張り上げて、荒野で訓練して、
エジプトヘ行ってまた訓練して、
ようやくイスラエル民族を導き出してこられたのです。

ところが、荒野で人々が裏切り、モーセは
どうしていいか分からなくなってしまうのです。
モーセはいつもそういう窮地に立たされるのです。


「神様、助けてください。もうこれ以上私にはできません」と、
モーセは何度も言いました。

「この民のことなど、私はもう知らない」と言うのですが、
神に慰め、励まされ、「それでもやってほしい」と言われます。
しかし、神が最後には、「いつまでこの民は私を悔るか!」
とイスラエル民族を怒るのです。

すると今度はモーセが「慈しみに富む神だと
言われたあなたではないですか」と、とりなすのです。
モーセ路程には、そのような神とのやりとりが多いのです。

そういう中で、最後には
「カナンの地を、目に見ることはできるけれども、
踏むことはできない」と、モーセに言い渡さなければならなかった
神の心情は本当につらかったに違いありません。


ですから、過去の義人たちが通ってきた路程というのは、
万物を供えさせて、神を畏れることを教える形状的なものから、
原則と愛とを組み分けながら心情的に引っ張ってこられる
実体時代へと移行してくるのです。

実体的蕩減時代とは、そういう意味なのです。

そこで、モーセ路程で中心に立ったモーセ自体が苦しんだように、
新約時代には、イエス様ご自身が祭物になってしまったのです。
それはすべて、人々の不信仰のゆえだったのです。

奈田壽美子
「父母と共なる生活 信仰生活の真髄をつかむ」
第三章 父母観(その二)
三 祭物精神
(1)万物の蕩減時代<


さらっと紹介されていますが
すごい証しですね。
周藤先生から聞いた覚えがありますが、
奈田先生の証しだったのですね。

あらためて復帰歴史の中心人物たちは、
神様の前に真なる信仰を立てて
歩んできたんだなと思いました。

そして、彼等は、真理のみ言を知らず、
その時代の限られた勝利圏、恩恵の中で歩んだのです。

原理講論において、復帰原理を通して、
「中心人物は責任を果たせなかった」
と教訓を学ぶので、どちらかというと、
マイナス的な観点で、見つめてしまいがちですが、
そう思ってはいけないと思わされます。

アブラハムは「信仰の祖」と言われる
素晴らしい義人でしたが、4000年間、自分の失敗を
知ることができませんでした。

私たちは全ての真理を
真の父母様を通じて、知ることができました。
どれだけありがたい立場にいるでしょうか。

そのことに心から感謝しつつ、
昔の聖人義人たちに思いを馳せながら、
歩んでいきたいと思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:28 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月11日

教会にいろんな人がいる理由 難しい道を行く人もいる 乞食もいる 《金元弼先生》



210911.jpg


金元弼先生のみ言
今回は、「歴史を蕩減復帰する私たち」です。


先生は、6000年の縦的な歴史を横的に全部復帰する摂理なので、
同じ統一教会の中でも、楽に行く人もあれば、
ちょっと難しい道を行く人もいるし、
いろいろな人がいるとおっしゃいました。

それで先生は「統一教会のメンバーの中には、
こじきもいるんだよ」と言われたのです。

それは、今までたくさんの歴史的な人たちがいましたが、
それを蕩減復帰する道が必要だからです。
その人たちを解放する使命をもっている人もいるというのです。

つまり、歴史に起こったいろいろなことを蕩減復帰するために、
同じような状況がありえるということです。
私たちによって、そういう人たちの心情の世界が解放されていくのです。

そういう人たちは霊界に行っても恨みがあります。
ですから私たちが同じ立場に立って、真の親と神を中心として、
これを感謝して受けていけば、
そういう人たちが全部解放されていくということです。


ではこの世に生を受けた人たちは、どのように
恨みをもっていたのでしょうか。

例えば、この世でこじきの生活をして
恨みをもって霊界へ行っている人たちがいるとします。
そのために、メシヤと神が私たちを救うために
こじきの生活をして、食べる物も食べず、
おなかが減るという生活をしたというのです。

先生でも、そういうこじきの生活をせざるを得ないのです。
それでこじきの生活をなさっていたわけです。
こじきの生活をしても、神を考えながら
感謝していたならば、恨みが残らないのです。

しかし、先ほどの人たちは、感謝できないで
そのまま霊界へ行ってしまったので恨みが残っているのです。
どんなに惨めな立場に置かれても、
神に感謝して、神をたたえていくならば恨みは残りません。

 
ではどうしたらそういう惨めな時に、
神に感謝する心が出てくるのでしょうか。

自分のことを考えると、恨みを抱かざるを得ないのです。
例えば、他の人はみんな良い生活をしているのに、
なぜ私だけがこのようにならなければいけないのかと考えます。

それで自分の親を恨んだり、神を恨んだりするのです。
しかし、神もこういう生活をしたのだと考えれば、
かえって神を慰めることができるし、
また、そうした神の苦しみを分かるようにしてくださった
神に対して、感謝する心が生ずるのです。

こじきであっても、人のために尽くすならば、
絶対にこじきのままでいるはずがないのです。

ですから、人に奉仕し、私はこのようなこじきには
ならないのだと心を変えていくならば、
絶対に恨みになることはないのです。


こじきはなぜこじきになったのでしょうか。
働かず、奉仕もせず、自分のやりたいことを全部やってしまって、
お金を全部使ってしまったからです。
そして働かないからお金は入りません。

もしその人が神を考え、人のために尽くすならば、
「こじきになりたい」と100年間祈っても、
こじきになることはありません。

ところがそれができなくて、霊界へ行ってから初めて分かるのです。
しかし、悟った時には既に肉体をもっていません。
時既に遅しです。
だから恨みがあるのです。

 
では、その恨みはどのようにしたら払うことができるでしょうか。

それは、地上にいる同じこじきが心を変えて、
人のために尽くすことによって、
神に感謝し人に感謝する心をもつようになれば、
霊界のこじきはその人によって恨みが払われていくのです。

ですから、私たちが周囲の人たちのことを考える時に、
互いに過去の人の恨みを解放してあげなければならない
という道を行っているのだと考えると、
お互いを尊重し合う心も出てくるのです。

私たちが、どういうことであっても、
先生のみ言どおりにやっていくことによって、
いろんなものが全部蕩減されていくのです。

だから一番大事なことは、先生のみ言に従っていくことです。
それによって全部が解かれていくのです。

先生自身がすべてのことに蕩減条件を立てておられるからなのです。
先生はこじきの生活をされましたし、
この世のすべての生活を経験されました。

そういう先生のみ言についていけば、
私も同じ立場で蕩減したという条件が成り立つのです。

I 平壌開拓から興南解放
第二章 いつも弟子に関心をもたれる先生
「歴史を蕩減復帰する私たち」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


教会には、本当にいろんな方が来られます。
具体的なことは差し控えますが、
普通に会話していても通じないような、
やはり、恨みを持っておられるんだな、
そんな方もおられたりします。

すべての人が神様の子女であり、
これまでに生きて死んだ無数の人たちの
恨み、無念な思いを代わって晴らしていく
立場にいると考えるなら、
貴重な一人ひとりです。

お父様のように、真の父母様のように
真の愛をもって対していくしかないな、
そう思わされます。

また、私自身においても、
「こじき」とは言わないにしても、
決して経済的に裕福な生活を送っているわけではありません。

横と比較してみると、
様々な思いになってしまいます。

だからこそ、元弼先生のみ言のごとく、
感謝していく必要があると感じます。

すべてに意味があると思い、
感謝する生活を心がけていきたいです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:07 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

神様は、高座にはおられなかった! 知れば知るほどかわいそうな神 《奈田先生》



181112.jpg

神の悲しい心情、親としての苦しみを
味わい知らされた時には、
木を抱き締めていつまでも
いつまでも泣き続けた。

一言そのときの心情に触れるものがあったら、
先生は涙を禁じえない。

1970.10.13
文鮮明


奈田先生の「父母と共なる生活」から
『神と出会う所』です。


さて、そうやって出会った神は
一体どこにおられたのかが次の問題です。

一体どういう所で神と出会うのでしょうか。

「神は不幸な神か、幸福な神か、悲しんでおられる神か。
もし悲しみ、苦しんでおられる神なら、いつからそうなったのか」と、
文先生は研究されたといわれます。

知れば知るほど、かわいそうな神であったのです。


「神は今地獄を解放するために、
 下の方で寝たり起きたりしているのだろう」

(一九六七・六・三〇)


こういう結論だったというのです。
神は高いところで法座におられるものと思い、
アーメンと言ってみんな十字を切って
神にお祈りをするけれども、そうではないのです。


「それより自分の手先、
 足先に語りかける神に対して、
 同情をもってそれを助けて、懐かしい、
 自分の親にしたいという心で働くならば、
 その人は高い神そのものを
 自然とつかむようになるだろう」

(一九六七・六・三〇)


神のそういう位置に立つこと、相対圏に立つことが、
神に出会う早道だというのです。
ですから、苦労のないところでは神に出会えないのです。


そこで、苦難の頂点や十字架上、生死の境で神と出会う
というのが、今までのクリスチャンや宗教者が
通ってきた必然の道になってしまったのです。

それを見ても分かるように、神は決して幸福な神ではないのです。
自分を生んでくださったけれども、
親としての神は、決して幸せではないのです。
心が満たされ、満足しておられる神ではないのです。

本当に喜んで笑い声をあげたいと思ったけれども、
実際には悲しみの絶頂にある神である
 ということを知ってみたら、
神に自然に出会えるようになるのです。

 
「この罪悪世界において、
 神に至る道はたった一つしかない。

 それは、何ものをもいとわず、
 罪の代価として犠牲になることである。
 自ら進んで、天のために犠牲になろうと
 する者にしか神は現れることができない」


必然的に、このようになってしまったのです。


 
「先生は神に祈りました。

『善なる神の目的に生き、神の心情を
 中心とした善なる神の人格をもった、
 真なる神が求める人、
 その人はいずこにおりますか。
 過去におりましたか?』。

『いない』。
『現在、今おりますか?』。
『いない』。
『これから先、未来におるでしょうか?』。
『私は知らない……』」

(一九六五・一・二八)



「そうして天の心情の深奥に触れた」

(一九六七・七・六)



先生は、神に尋ねて、尋ねていかれて、
神の心情と触れ合った時に、
どういう心情であられたかというと、


「神の悲しい心情、親としての苦しみを
  味わい知らされた時には、
  木を抱き締めていつまでもいつまでも泣き続けた」

(一九七〇・一〇・一三)


「あなたたちは、先生に対して一言
 そのときの心情に触れるものがあったら、
 先生は涙を禁じえない。
 神もそうだ。

 先生と神と抱き合って泣いた悲しさは、
 地上の人々は誰も知らない。
 その深い神への心情は、計り知れない。
 それを思うと体の細胞がしびれるようだよ。

 そういう心情で
 神への孝行の道を進んでいることが、
 あなたたちに分かる?」

(一九七〇・一〇・一三)


このような先生なのです。


「いくら自分が暗い立場に立ったとしても、
 悩めるどん底の立場に陥っても、
 自分における苦労は限られた苦労である。

 一瞬の苦しみは誰でも忍ぶことができる。
 しかし、六〇〇〇年の神の苦労は我々人間に
 どうにもこうにも分かりきれるものではない。

 堕落以後今まで続いてきたその神の苦しみは、
 耐え忍びえる苦しみではない。
 しかし、神はそれを耐え忍んできた」

(一九六七・六・一二)


先生はそういう神の姿に至ったのです。
それで先生はどんなに苦しくても、
それを瞬間に喜びに変えてでも、
神様を慰めるという心情圏に立ちうるのです。

それは先生がご自分で発見された神だからです。
私たちも自分でそのような神を発見しなければなりません。

ですから、先生に対してその時の心情に
相対するものが少しでもあったら、
「それはいつまでも絶対に忘れない。涙を禁じえない」
と、おっしゃるのです。

 
文先生は世界宣教のメンバーからの手紙はとても大事にされ、
宣教国が地球の裏側だと、たとえ夜であっても、
苦労させていることを思うと眠ることができないと言われます。

文先生ご自身が人間的に苦労させてすまない
というのではなく、神ご自身が何千年もの苦労を
経験してこられ、悲しんでおられるので、
神の心情圏に先生がすっぽり入っておられるのです。

その立場から、兄弟姉妹の苦労している心情圏に出合うと、
文先生はそれを離すことができないのです。

ですから、喜びの神と共に、こういう悲しい、つらい、
苦労の神というものを知らなければ、
神の心情を本当につかむことはできないのです。

奈田壽美子
「父母と共なる生活 信仰生活の真髄をつかむ」
第三章 父母観(その二)
二 神と出会う所


「苦労は買ってでもせよ」とよく言われますね。
一般的にもそういう風に言われますけれど、
信仰の道においてもその言葉が当てはまるようです。

神様は、苦労の神様、涙の神様なので、
神様の心情に触れることができるから、
そういう意味では、買ってでもすべきなのでしょう。

ただし、「苦労」は神様の心情に近くなることができますが、
神様に到達しないと、逆に恨みになってしまいます。
ただ苦労したらいいというのではなく、
どこまでも感謝が大切なのかと思います。

真の父母様は、あまりにも多くの苦労をされましたが、
しかし、神様のご苦労を思ったら、慰労してさしあげたい、
その思いで、さらに苦労の道を行かれる真の父母様です。

そんな思いを少しでも相続していきたいです。。。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 07:12 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする