2021年11月30日

過去を清算しながら、未来もつくっていく! 《奈田先生*父母と共なる生活》



211130.jpg


奈田壽美子先生の「父母と共なる生活〜信仰生活の真髄をつかむ
今回は、『祝福家庭の使命』の1回目です。

30年前のものですので、
それを考慮してお読みください。


これまで神の心情の体恤ということについて、
創造原理的立場と復帰原理的立場という
二つの立場があると学んできましたが、
人間はそのような二つの使命を持っているのです。

私たちはあくまでも、
原理圏から出発しているのではありません。
過去を引きずっていますから、
それを清算しながら行かなければなりません。

それと同時に、未来をつくっていかなければなりません。

 
@過去の清算の道

過去を清算するとはどういうことかというと、
神の歴史的心情を知ることであり、
神の悲しみや恨みをはらす道を歩むことです。

神の歴史的心情を知るということは
霊界を知ることであり、それが宗教の道です。

歴史において縦的な立場(宗教)で先に条件を立てて、
それが横的(政治・経済)に展開されていくのです。


ですから私たちも最低限、自分の過去を清算してから、
祝福を受けなければなりません。

私たちが過去を清算するためには、
本然のアダムとエバの立場に立ち帰る必要がありますが、
その立場は、私たちが自分で取り戻すことはできないのです。

祝福を受けた立場というのは、
堕落以前のアダム・エバの立場である
とよく説明しますが、その立場は
アダム・エバそのままではないのです。

堕落性という「荷物」が
いっぱいくっついているのです。

ですから、すぐ愛したいといっても
愛せるわけではないし、
愛したくないと思っても愛さなければならない
という矛盾の中にいることになります。


堕落しない完成した立場に立つ人物として、
神の愛の理想圏を世界化させるための責任をもって、
今日統一教会はこの地上に現れるようになったのです。
旧約時代には祭物を通して血を流してきました。

新約時代には人が血を流してきました。
それでは今日、我々の統一教会時代には
どのようなことが起こるのでしょうか。

愛を中心として、犠牲の血を流していくのです。
愛を中心として犠牲の血を流すということは、
どんなことか分かりますか。

統一教会時代になって、皆さんの家庭に
複雑な問題が起こってくるのです。

堕落によって人間は神を失い、
次には天使世界を失い、万物を失い、
人を失い、その次には愛の責任を失ったのです。

……先生が今まで歩んだ道というのは、
愛の十字架の道を代表となって
歩んでいるということを、
皆さんは知らなければなりません。


(一九七八・一〇・二二)


ですから、祝福を受けて家庭を持っても
いろいろなことが起こるのです。

例えば、相対者は自分の好きなタイプどころか、
一番合わないタイプであったりします。

しかし、それでも一生懸命努力していった結果、
一番合うタイプになったということがよくあるのです。

そのような結婚観は一般的ではありません。
常識では考えられないことです。

しかし、私たちの場合は
一つの心情的愛の十字架や犠牲の道を強いられたとしても、
それが最高のカップルになるというのです。

私たちはむしろそういう道を自ら進んでいき、
二人が本当にいつも一緒にいたいという心情圏に立てば、
堕落したアダム・エバの立場を超えることができるのです。


文先生ご自身がそういう複雑な愛の関係を
たくさん通過してきておられます。

先生のお母様*の話がよく出てきますが、
お母様に対する先生の愛は
本当に深かったに違いありません。

そのようにお母様に対する深い思いがあっても、
興南の刑務所へ面会に来られたお母様に対して
統一原理の一端すらも説くことができなかったのです。

親がそこにいても愛することができない、
子がそこにいても愛することができない
という愛の十字架の峠を越えて来られたのが
文先生だったのです。


それに比べたら、私たちの道は
全然難しくない、ごく普通の道なのです。

この社会には、子供を保育所に預けて
共稼ぎしている夫婦がたくさんいます。

しかし、それは必ずしも心情的な
犠牲の道を歩んでいるのではなく、
自分の目的で自分の思いでやっている場合が多いのです。

私たちの場合はそれとは大きく違います。
形は同じでも、神のためにやっているからです。
ですから、子供の言うことであっても
おいそれとは聞けません。

子供たちには、「お父さんは神様のお仕事、
お母さんも神様のお仕事」としか言えません。

このようにして子供自身も、小さい時から
神様の仕事のゆえに父母に会えなくても
我慢するという情的な犠牲の道を歩んでいるのです。


私たちは愛や憎しみを超えて、
神への情的な供え物をしているのです。
そういう供え物がたくさんあれば、
それが、その家庭、その夫婦の宝物になるのです。

「私たちの家庭はこういう愛を犠牲にしてきました」
と言える内容が、永遠に語り継がれて宝物となることでしょう。
私たちの家庭にはそういう宝を遺していきたいものです。

そのためには、それぞれの夫婦、家庭が
確たる目的を持って歩まなければならないのです。

第四章 父母観(その三)
三 復帰過程における神の心情の体恤
(1)祝福家庭の使命

父母と共なる生活 信仰生活の真髄をつかむ」
1991年5月1日 初版発行
奈田壽美子(なだすみこ)
(1940.1.5〜1989.3.7)


「祝福家庭の使命」は、今も昔も変わらないはずですが、
冒頭でもお伝えしたように、30年前のみ言ですので、
今の立場より、ずいぶん厳しい感じがしますね。

奈田先生をはじめ、昔の先輩がたは、
まさしく家庭を犠牲にする道を歩んでこられました。
本当に敬服いたします。

もちろん、そのような道を歩まれたのは、
すでにそれ以上の過酷な道を歩まれた、
真の父母様、真のご家庭がいらっしゃったのだ。。。
そのことを感じます。

その土台があって、今の私たちがあるのだということを
改めて認識しなければならないでしょう。

以前は愛する人を愛することができない時代でしたが、
今の時代は、家族や愛する人を、
愛することができますし、
努力した分、実りやすい時代となりましたので、
感謝して精誠を立てていきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:34 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月19日

再臨主が韓国に誕生した理由  *文氏家門の人柄と美徳とは* 《史吉子先生》



211119.jpg
忠母様(文鮮明師の母)


史吉子(サ キルジャ)先生のみ言
「再臨主の家門(文氏)の
共通した性稟と蕩減の役事」前半です。


主がこの地に来られましたが、
ではなぜ、主が文氏なのでしょうか?

文氏には共通点があるそうです。
どんな共通点かと言うと、犠牲と奉仕の精神に富むのです。

文氏は概して、寛容で
他人を利用しようとする心が無いそうです。
むしろ人に利用されても、
恨まずに心優しいところが多いのです。

お父様が例えて言われたのですが、お父様のお父様は、
大変心優しい方だったそうです。

それでお父様は、私たちに
お父様のお父様を忠父様、
お父様のお母様を忠母様
とお呼びするようにとおっしゃったのです。


昔はおじいさんたちが、タバコの葉を乾燥させた
粉状のタバコをキセルに詰めて吸っていました。
それでタバコ屋で一箱、二箱と売るのではなく、
袋にタバコの葉を入れて袋詰めで売っていました。

ところが、お父様がお生まれになったその村は、
小さくてお店が無かったそうです。
それで専売所として、タバコを数十袋、
毎月売ってくれと忠父様に任せたそうです。

言うなれば、委託販売です。
全部売った後で、手数料を少しもらいます。

ところが、専売所では月末になると集金に来るのですが、
忠父様は「タバコが全部売れずに、
まだ何袋か残っているが、
これはどうしたものかな?」と心配されました。

そのように心配されたところ、一つ方法が浮かんだそうです。
タバコの袋が5袋残っていたら、同じ量を入れてあっても、
人はどれがたくさん入っているかなと言いながら、
あれこれと触ってみるそうです。

そうすると、タバコの粉が段々と下に落ちます。
それで上の方に隙間ができます。

それで、忠父様がハサミで
5つの袋の上の部分を切ったそうです。
そうして、その隙間にタバコの葉を一杯に詰められたそうです。
5袋が3袋になり、2袋は無くなるのです。

ところが、忠母様は
とても経済的な考えを持っておられたそうです。
忠母様は、現実的であったそうです。

それで、忠父様に
「どうして、このように馬鹿なことをなさるんですか?
私たちがタバコの袋の中から
タバコを取り出してもいないのに、
これを詰めかえたら、2袋分は誰が払うんですか?

私たちが弁償しなければならないじゃないですか。
手数料はおろか、無駄金を
弁償しなければならないなんて、
そんな馬鹿なことをしないでください。」
とおっしゃったそうです。

そうすると、忠父様は
「違うよ。私を信じて会社が任せてくれたのに、
私が全部売ってお金をやらなきゃな。
損をするのは、私はかまわない。
その方が気が楽だ。」とおっしゃったそうです。


それから文氏は大抵...。
私たちは誰かにお金を貸してあげた後、
いくら待っても返さない時は、その家を訪ねて行きます。

「お金をくれ」と催促に行くのですが、
「お金をくれ」と訪ねて行った文氏よりも、
その家がひどく貧乏な時は
「お金をくれ」と言うこともできず、
自分が持っているお金を全部叩いてあげてしまい、
そのまま無一文になって帰って来たそうです。

それ程、寛容だったそうです。


そのように善良で、寛容な
文氏の一族にメシヤがお生まれになったのです。

もし韓国に、善良で、犠牲精神と奉仕精神この上ない
文氏がいなかったら、メシヤが来られなかったそうです。

韓国にメシヤが来たのは、私たちの先祖たちが
苦痛の中で耐え抜いた蕩減歴史もありましたが、
特に文氏がいたからだそうです。

文氏がいなかったら、
主が来られることができなかったと言われました。

わが国の5千万人余りの人口で、
文氏が40万人を少し越えるそうです。

史吉子/ 著「原理によるみ言の証」
第1章総序論
再臨主の家門(文氏)の共通した性稟と蕩減の役事


真のお父様(文鮮明師)の故郷は
通称「文村」と呼ばれていました。
家訓は「家を訪ねてくる人を
良く接待してあげること」であったといいます。

忠父様の「タバコの証し」にもあるように、
ために生きないと苦しい、というくらい
情の根底が「ために生きる」だったのですね。

まさに奇特な、”神”のような家門、
その血筋を受けついで生まれたのが
真のお父様でした。

真の父母様による、この貴いみ言を
知ることができた私たち。

考えてみたら、このようなみ言を
受け入れることができた、ということ自体、
私一代の力でできたものではないでしょう。
私たちの背景も、功労があるからに違いありません。

だからこそ、今度は私たちの後孫のためにも、
私の代で、ために生きる家系を築く、
そのような努力をする必要があると感じます。

真のお父様を生み出してくださった韓国と
貴い家門を残してくださった
文家に感謝したいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 09:40 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

周藤先生が、礼拝説教の途中で逃げ出した証し・・・そこから説教のカリスマに?! 



211117.jpg


周藤先生の誌上説教
「天の父母様が働かれる清い器」を紹介します。

説教の途中で逃げ出してしまった…

私が日曜日の礼拝を担当していた頃のことです。
当時、私は「このような話をすれば参加者は感動するだろう」
と思い、十分に準備して説教に臨んでいました。

ところがその礼拝において、
話せば話すほど苦しくなってきたのです。
大きな声を出しても冗談を混ぜても、何の反応もありません。

いたたまれず、私は途中で説教をやめてしまい、
まともに挨拶もせずにそのまま礼拝堂を抜け出したのです。

それから聖地に行きました。
そして、「きょうはどうして食口(シック)たちを
復興させることができなかったのでしょうか?」と、
天の父母様(神様)に尋ね求めました。

必死で祈る私に、一つのみ言が与えられたのです。

「カインがカインだけのときは、自分がカインであることを知らなかった。
自分とは違うアベルが来て初めて、
カインはカインであることを知った」と。

己の醜さに気づいたとき

それは、「自分が汚れているときには
自分が汚れているということが分からず、
アベルという清い者が来たときに初めて
自分が汚れていることに気がつく」ということでした。

参加者を感動させようと思って説教に立った私には、
自分の栄光のことしかなかったのです。

清い神は、汚れた私の“我”意識に相対することができず、
私という汚いパイプを通じてでは、神様の生命が
食口たちに流れることができなかったのです。


私は聖地で祈りながら、自分自身を振り返りました。
そして、私が、自分の栄光だけを求め、
「認められたい。賛美されたい。褒められたい」
という動機で説教していたことが分かったのです。

さらに自分の位置を離れるといった堕落性などの
問題がたくさんあることにも気がつきました。

それから一週間、自分自身の醜さとの
血みどろの闘いが繰り広げられました。

静かに淡々と、ありのままを語る

やがて翌日の朝を迎えました。
絶叫するような気持ちで祈りました。

すると、ふと一つの思いが湧いてきました。
「何も立派なことを語らなくてもいい。
ありのままを語ればいいのではないか」

説教の時間がやってきました。
私は説教壇に立ち、口を切りました。

「先週は本当に失礼しました。
説教を失敗してしまい、私は皆さんの所から逃げました。
皆さんと顔を合わせることができなかったからです」

その後、一週間の自分の心の葛藤を話しました。

「私は今まで、皆さんが感動する立派な話をしようと思って、
一所懸命準備してきました。
しかし、立派な話をしようと思えば思うほど、
うまく語れなくなりました。

結局、それが自分という『我』だったのです。
自分の栄光のため、自分が認められたい、
自分が賛美されたいという我の塊だということにやっと気がつきました」

すると、あちらこちらからすすり泣く声が聞こえ始めました。
ありのままを話しているのに、みんなが涙を流して聞いています。

前は声を張り上げて話したのですが、
今回はむしろ小さな声で、淡々とありのままを話しただけなのです。

清い器となったとき、神が働く

礼拝が終わりました。

ある女性がそばに来て、涙を流しながら
「感動しました。ありがとうございました」
と声を掛けてきました。
その人はいつも私の説教に対して批判的な人でした。

その後、その説教の内容が印刷され全国に配布されました。
この説教に関する多くの(感謝と感動の)手紙が届きました。


自らの醜さに打ちのめされた私は、
「我」に振り回されていた自分の姿をありのまま語るだけでした。

しかし、そこに神様が働いてくださり、
聴く者の耳に、心に、命の息を吹き込んでくださいました。
神様が臨んでくださったのです。

私たちの使命は、いかに私心のない純粋な心で
神様のみ言を伝え、神様の生命が通過できる通過体、
神様の清い器になれるかということだったのです。

どんな活動においても、自分を通して
神様が働かれるかどうかだったのです。
自分が私心のない、清い神様の器になっていれば、
清くなったぶんだけ、神様が働いてくださるのです。

生命は“私”から来るのではなく、
清い神の器を通じて、神ご自身が与えてくださるのです。

周藤健(43双)
『祝福家庭』77号(2015年 夏季号)
誌上説教「天の父母様が働かれる清い器」より
一部割愛しています。


あの周藤先生が礼拝説教で逃げ出されるなんて・・・
とても率直な証しでした。
み旨を歩む動機、心情の重要性を感じさせていただきました。

かつて、済州島での周藤先生の修錬会に
参加したことがありました。

その時に聞いた周藤先生のお祈りは、
心に響く祈りでした。

幼子の祈りのように、
とても純粋で率直なお祈りでした。

証しのような体験を踏まえて、
さまざまな曲折を経て、
清い器になられたのだな、と思います。

私自身も比較的、人前で話すことが多い立場ですが、
本当に口下手で、嫌になることがあります。

しかし、周藤先生の証しに励まされました。
清い器になることを努力していきたい、と思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:02 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする