2020年07月02日

一番近い人を、自分より大切に思う心から、円形運動が始まる 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



200702.jpg


李ヨハネ(イ ヨハン)先生の説教、
「本性の恨(ハン)」の続きです。 


  調和と円形運動の本体になれ

皆さんは神学校に来て時を逃したと自覚し、
それが恨(ハン)になったら、
恨だといえるのです。

これから皆さんは、自分の無知をよく把握して、
克服する生活をしていかなければなりません。

自分の性格や人間関係をよく知って、
環境に支配されやすい自分ならば、
円満な性格に再創造、復帰していかなくてはなりません。

家庭訪問をたくさんしながら、
自分の角のある性格を丸くしなくてはなりません。
すべての人が好む、調和のある人格を身につけなくてはなりません。

怨讐になっているアペル・カイン関係を
調和させることのできる能力を持たなくてはなりません。
それが今日、私たちがなす実践神学ではありませんか。

葛藤と相克をうまく調和させることのできる
実力を持たなければなりません。


ここに来た皆さんの中で、自分のことだけしか
知らない人がいたら、その人はとても角のある人です。
とても無関心な人です。

無知の恨(ハン)を解き、
情的に豊かな円形運動をすることができる
実力の所有者にならなければなりません。

私たちは自分を改善しようとしているのではありませんか。
それならここでもう一段階上がって、
円形運動をすることができる私にならなければなりません。

円形運動をするとは、一番近い人を
私よりも大切に思うことができる心を持つことです。


つまり父が子供に対するような心で、
近くにいる人も貴く思うことができる心を持つということです。

その父が子供に対して持つ心が何かといえば、
子供を自分よりももっと大切に思う心です。
父母は、自分の子供を自分の父母のように思います。
父母が自分の子供をメシヤだと思うことと同じです。

兄弟どうしではそういう心を持ちにくいのです。
しかし真なる兄は、弟を父母のように思う心があり、
弟だと思わずに尊敬します。
とても大切に対します。


このようにしながら目的地に行くのです。
目的地とは何ですか。
家庭です。

家庭とは、神の二性性相が夫婦として出会うところです。
円形運動がよくできる家庭にならなければ、
神が祝福した結果が結実できません。

家庭とは、愛の目的地に到達しようとするところなのです。
ところが、ここでうまく調和できないのです。

『生活の中の心情復活』
(『信仰と生活 第3集・私の神様』を改題)
第三章 復帰人の本性「本性の恨」   
1985年4月23日(火)
統一神学校
(この説教はチャペルの時間に語られたもの)


先日の橘先生のコラムにもありましたように、
自分を愛する人は、
周りの人、身近な人を愛することができます。

イエス様も
「自分を愛するように
あなたの隣り人を愛せよ」
と語られています。

妻や子供たちに対して、
要求する思いや、否定する思いが生じる時、
相手が問題なのだ、と考えるのではなく、
そういうふうに思ってしまう
自分の方にも、問題があるのかもしれません。

自分の考えの通りに、相手が動かないことも
ままあるでしょう。
近くにいる大切な人を愛する、
これはなかなか簡単ではないようです。

私を愛する神様、
私の本性を貴く思う神様、
そして、隣人を愛する神様を
しっかりと見つめる者に
なっていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 06:53 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

真っ先に仲良くなるべきなのは、夫婦、親子、それとも…?! 《橘先生》



180413.jpg


橘先生のエッセイ、
今回は、「仲良くなる順番」です。


本欄で連載中のエッセイが、おかげさまで一冊の本になりました。
アトランダムにつづったものがテーマごとにまとめられています。

編集作業を始めた時点で書いたエッセイは80本を越えていましたが、
その中で私が躊躇(ちゅうちょ)せずタイトルに選び、
その後も迷うことがなかったのが
『いちばん大切な人と仲良くなれました』です。

読まれたかたは意味するところをご存じと思いますが、
タイトルだけ聞けば「一番大切な人」は人によって違う、
自分にとっては誰だろう、などと思われるかもしれません。

親にとっては子供は自分よりも大切ですし、
配偶者もそうだという人もいるでしょう。

でも本書では、「まず仲良くなるべき大切な人」
という視点でお話ししています。
仲良くなる順番があるのです。


先日、友人が電話で「私の周りには
自分が嫌いな人が案外多いかもしれない。
家庭集会で“自分を愛しましょう”と言っても
ピンとこないみたい」と話していました。

信仰熱心な年配の婦人でも
「自分のことが嫌いです」と言っていたそうです。


恵まれた環境に感謝することはあったとしても、
自分が嫌いな人は「私、幸せ!」と
心から言えないのではないでしょうか?

嫌いになった理由はさまざまあると思いますが、
嫌いになったら仲直りしないといけませんね。

天の父母様を知り、自分がその子女であることを知ったなら、
そんな貴い自分を否定的に見るのはNGです。


真のお母様もこう言われています。

「…誰であっても、自分自身を
 取るに足らないものとして扱ってはなりません。

 宇宙の聖なる作用によって生まれた
 貴い存在であることを、
 心の底から悟るべきなのです。」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』64頁)


貴い存在は貴く扱わなければいけません。

前著『夫婦愛を育む魔法の法則』でも触れましたが、
真のお父様も

「自分を愛さない人は
 神を愛することができません」


(『世界経典U』177頁)と言われました。


とはいえ、既に身に付いた思考のクセが、
自分をつい否定してしまうこともあるでしょう。

そのクセを理解し修正し自分をポジティブに見るようにする
地道な作業が大切なのですが、それは一朝一夕ではなりません。
本書がその作業の助けになればと願っています。

創造原理で、人は個性完成して、夫婦となり、
親となっていくとあるように、
自分と仲良くすることが夫婦関係を良くする土台であり、
良い夫婦関係が親子関係の改善にもつながるのです。

順番の最初にあるものを後回しにしないようにしましょう。
大切な、全ての人と仲良くなれますように。

夫婦愛を育む 121
仲良くなる順番
ナビゲーター:橘 幸世


橘先生、書籍の出版、おめでとうございます。
普段、BlessedLifeに紹介されている
エッセイを読んでいます。

日常のちょっとした話題を題材として、
とてもわかりやすく語られているので、
たまにブログでも、こうして
紹介させていただいています。

タイトルの『いちばん大切な人と仲良くなれました』
真の父母様が語られているように、
一番貴く思わなければならないのは、私自身である、
これが究極の答えなのです。

自分自身を本当に愛する人は、
身近な人、周りの人を愛することができる
ということなのかと思います。

逆に言えば、自己中心的で、
ために生きることができない人は、
本当の意味で、自分を愛していない、
ということになるでしょう。

自己牧会プログラムにも通じることですね。
自分の本心に働く神様を見出すべく、
今日も一日歩んでいきたいと思います。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:44 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

「悔い改め」て再決意しただけで、満足していませんか?! 《金元弼先生》



200629.jpg


金元弼(キム ウォンピル)先生のみ言、
「悔い改めは出発の時と同じ」より
「恵みと試練」です。


アブラハムは祭物で失敗しました。
しかし、二番目にイサクを通じて勝利しました。
これは祭物をささげていない立場と同じだというのです。

一敗して一勝した、ヤコブを通じてもう一勝した、
そういうところに立って、初めて
祭物の献祭に勝利した立場に立ったというのです。


私たちが神の前で約束したということは、
一つの祭物をささげるのと同じことなのです。

私たちはこういうことが分からないので、
悔い改めてそれで勝利したと思っていますが、
本当は勝利ではありません。

五年、七年、十年たっても、結局行っているところは
元の点でしかないのです。
ですから常にサタンは、執拗に
私たちを神の前に帰そうとしないというのです。


あるAという人と仲が悪いとします。
そういう人を勝利していかなければならない私であると
教えられているのですが、なかなか和合ができません。

和合ができないから“あっ、それは悪かった、
仲良くしていかねばならない”と悔い改めます。
悔い改めた時は、勝利したような気持ちです。

ところが相手に会うと、
お祈りの中で心に決めたようにはなかなかうまくいきません。
それでまた駄目になってしまいます。

その原因を追求し、分析し、そしてその原因をとらえて、
悔い改め決意します。

そうすると同じことがまた再現されます。
再現された時に勝利して初めて、
その人と必ず和合してみせると決意したことが
成就していくというのです。


何にでも同じことがいえます。

ですから私たちは、普通こういう集会を通じて心霊が上がります。
その状態というのは悔い改めて決意したのですから、
勝負をつける資格を獲得した時点だというのです。


相撲して一敗したとします。

それからすぐには勝負しないでしょう。
まずその人の一番の長所を知って、
これに対して私はどうすればいいかということを考え、
そして練習します。

鍛えてその次に、二番目の勝負をつけるわけです。
そして勝った時になって初めて
最後の勝負をつける資格を獲得したというのです。

例にとって話したのですが、信仰でもそういうことがあります。
その点を十分に考え知っていかねばならないと思います。

 
ですから、恵みがあった後に
サタンの試験があるということはそういうことなのです。

恵みの後に、必ずサタンの試験があるということは、
恵みがある前に私は負けていたということです。
だから恵みが必要な人間であったということなのです。

恵みを受けた立場は、先ほど話したように、
象徴的に勝利しうる条件にしかならないのです。

そしてそのことが必ず再現されます。

そこで勝利して、勝負をつける資格を
得ることができるというのです。


ですから、恵みを受けてから試験を勝利した時に、
その恵みがそのまま自分のものにはなりません。

その恵みが本当に自分のものになるには、
もう一度試験に勝利しなければなりません。

大抵は恵みの後の試練に勝利した時点で、
その恵みが自分のものになったような気分になりますが、
皆さんは、今説明したことをまず頭に入れておいてください。


悔い改めたり、感激したという時は、心が非常に盛り上がります。

そうなれば信仰が一段高くなったように考えやすいのですが、
高くなったのではなく、高くなる象徴的条件となるのです。
それを考え違いをしている人が多いのです。

だから、そういう恵みを得ると、そこで満足しやすいというのです。
そこで満足してはいけないのです。
自分のものにはまだなっていないのですから。

(「悔い改めは出発の時と同じ」 
1975年11月2日 川崎・楚麗邑)


恵みと試練。。。

昨日紹介した徳野会長のみ言、
「小さい山の頂点に到達して、
次の大きな山に登るとき、
一度は山を降りなければならない」
そのみ言と通じるものがあると思いました。

私たちはロープウェイのごとく、
すぐに次の山に到達できると思ってしまいます。
しかし、一度降りなければならないのです。

真のお母様も今回、基元節7周年を中心として、
一つの節目を立てられました。

しかし、新たなる7年路程に向かって、
また一歩一歩踏みしめておられます。

私たちもそんなお母様に倣い、
新しい出発をする立場であると思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:01 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする