2019年08月14日

神様にも不安や怒りはあったのか?! 聖書とみ言の観点から 《大知先生のカウンセリングルーム》



190814-Moses_Comes_Down_from_Mount_Sinai.jpg


大知(おおとも)先生 「氏族伝道の心理学」より
続編になります。


(これまでに)孤独は不安と怒りにつながると述べました。
では、神様はどうだったのでしょうか。

神様と人間は親子なので、同じ情の構造をもっているはずです。
ということは、神様も、孤独の中にあって、
孤独は不安と怒りに変わったのではないでしょうか。


それを一番読み取れるのは、モーセ路程でしょう。

出エジプトからカナンの地にたどり着くまでの荒野四十年路程の間に、
イスラエルの民の不信仰ゆえに、モーセに対して、
神様は「イスラエル民族を滅ぼす」、とおっしゃったことが何回かありました。

以下に、そのうちの一箇所(出エジプト記第三十二章九節〜十四節)を挙げておきます。

 主はまたモーセに言われた、「わたしはこの民を見た。これはかたくなな民である。それで、わたしをとめるな。わたしの怒りは彼らにむかって燃え、彼らを滅ぼしつくすであろう。しかし、わたしはあなたを大いなる国民とするであろう」。

 モーセはその神、主をなだめて言った、「主よ、大いなる力と強き手をもって、エジプトの国から導き出されたあなたの民にむかって、なぜあなたの怒りが燃えるのでしょうか。どうしてエジプトびとに『彼は悪意をもって彼らを導き出し、彼らを山地で殺し、地の面から断ち滅ぼすのだ』と言わせてよいでしょうか。どうかあなたの激しい怒りをやめ、あなたの民に下そうとされるこの災を思い直し、あなたのしもべアブラハム、イサク、イスラエルに、あなたが御自身をさして誓い、『わたしは天の星のように、あなたがたの子孫を増し、わたしが約束したこの地を皆あなたがたの子孫に与えて、長くこれを所有させるであろう』と彼らに仰せられたことを覚えてください」。

 それで、主はその民に下すと言われた災について思い直された。

ここでは、神様ははっきりと、ご自身の怒りを表明され、
イスラエルの民を滅ぼすと宣言されています。
しかし、モーセのとりなしにより、その怒りを収められたのです。


さらに、お父様のみ言を見ていくと、神様にとって
アダムとエバは初めての子供だったので、
アダムとエバの堕落のとき、

「神様が人間には想像もできない大きな衝撃を受けられた」
(御言選集18-一九五、一九六七・六・八)というものもあります。

また、『聖書』歴史は六千年、
さらにアダムからノアまでは千六百年になっていますが、
実際にはかなりの期間がたっているとも言われています。
この期間、神様は何をなされていたのでしょうか。

神様自身も、アダムとエバの堕落がショックで、人類救済に対して、途方に暮れる思いであった、
というようなみ言も聞いたことがあります。

実際に、堕落があまりにもショックで、しかも、その結果が
あまりにも悲惨であったために、救援摂理を進める気力もなく、
「もし、アダムとエバが堕落していなかったなら、
どんな世界ができていただろうか……」という思いに
ふけられたことがあったとしても、不思議ではないように思います。

そして、神様にとって、メシヤを地上に送ることは、
世界中の海の中で、たった一匹しかいない魚を釣り上げるよりも
難しかったとも、お父様は語られています。

復帰の路程においては、人間の責任分担があるがゆえに、
神様にとっては、本当に先の見えない歩みであったに違いありません。


ところで、神の怒りということを考えていくとき、
次のようなみ言についての質問を受けることがあります。

「旧約の主なる神の属性を見ると、嫉妬心の強い神として、
『私』以外の他の神に仕えるならば恐ろしく嫉妬される神様であり、
イスラエル民族にカナン七族を残らず滅ぼせと命じた残忍な神であり、
律法と法度に反したイスラエルの民を目の前で倒した無慈悲な神様です。

宇宙を創造された愛の神様であるのに、
このような嫉妬と、復讐と、恐怖心と、カナン七族を
無慈悲に滅ぼすという、こんな性稟(せいひん)があっていいのでしょうか。

旧約時代は、天使が仲保となって神様に代わった時代だからです」
(『天聖経』130ページ)


このみ言によれば、神様は愛の方なので怒りはなく、
旧約時代は、天使が仲保者であったので、(天使の怒りが)神様の怒りのように
見える部分があるのではないか、だから、
私がこれまで書いてきた神の怒りというものは存在しないのではないか、という質問です。

このみ言をどのように解釈したらいいでしょうか。
それが、この質問の答えになると思います。

確かにこのみ言によれば、旧約時代の神の怒りは、神様自身のものではなく、
天使長のものであり、神様はそのようなお方ではない、と理解することができます。
だとすると、私がこれまで展開してきた論理は崩れることになります。

ただ、このみ言をそのまま受け取るには、いくつか不自然な点があります。

まず、天使は神様の許可なく、
勝手にカナンの民を滅ぼせと言ったのかどうか、ということです。
天使が勝手にそのようなことをするとは思えませんし、
天使にはそうした権限はないはずです。

次に、先に述べたように神様と人間が親子であるならば、
同じような情をもたれるはずです。
なので、先に述べたような愛の神様も
怒りをもたれることがあるという理論的な結論が出てきます。

人間と同じような情をもたれないとすれば、
どのようにして親子の心情的な出会いができるのか、この点が問題になります。

(重複等を削除するなど、多少の編集を加えています
分責:ten1ko2)


「人間と神は親子」であり、
「神は心情の神である」ということ、
これは、真のお父様が出会われた神様の根幹であり、
確信部分であります。

そして、「心情」とは、統一思想によれば、
「愛することにより、喜びを得ようとする情的衝動」となります。

しかし、愛する対象が、神様ご自身の
願いの通りにならなかったなら、
「喜び」ではなく、「悲しみ」の存在になってしまいます。

昔、キリスト教神学を少しかじったことがありますが、
その講義の中で、キリスト教の教えの一つに、
「神は至福の神である」とありました。

だから、対象がどのようになっていたとしても、
神様ご自身は、「至福」なのだ、ということです。

そのようなキリスト神学的観点からすれば、
「神様が心情の神である」というのは、違和感があるかもしれません。

神様の情の世界をもう少し踏み込んで紹介しているものであり、
生身の神様をより深く表しているものであるでしょう。

「神様と人間が親子」であり、共通点があるとしたら、
さらによく理解できるのではないかと思うのです。

続きます。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:06 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

3人いれば、私たちに神の運勢が降りてくる?! 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



190811.png


久々に李ヨハネ先生のみ言を紹介します。
今回は、『天が臨在される教会』です。


私たちという共同の集まりに、
神の運勢が降りてくることができなければなりません。

イエス様のときもそうです。
イエス様個人を見ると、それこそ驚くようなかたですが、
ユダヤ民族が、自分たちと共同の運命にある主を
個人的な十字架の運命に押し出してしまったので、
神が働くことができませんでした。

同じように先生のみ旨を見るとき、
皆さんも私も共同責任を負っています。
あなたが間違えば私も間違え、私が間違えばあなたも間違える
という共同運命圏内にいるということです。

共同運命圏内つまり共同摂理圏内にいるのですから、
中心がなければなりません。
神が臨まれる基台を立てることのできる中心がなければなりません。

今日、教会にそのような人が何人いますか。
せめて三家庭だけでもいなければなりません。

お互いの心配が同じで、無言で通じ、
お互いに心を合わせることのできる三人がいれば、
神は「私があなたたちの願いをかなえよう」と言うことができます。

もう一度いうと、この地上に二、三人でも、基準が高かろうと低かろうと、
情的にさえ心を一つにするようになれば、
神が共にいることができ、責任を持つことができるというのです。

例を挙げれば、病気を治そうと祈祷するとき、三人が心を合わせれば、
病気が治るようにしてくださるということです。
その病気がお酒を飲んだためのものであったとしても、
何をしたから病気になったのかと問いただす必要もなく、
二、三人が心を合わせた祈りに神はこたえてくださるというのです。

これが原理です。
このように神のみ旨のために二、三人でも心を合わせれば、
神が共にいることができるということです。
それは原理的な数字です。

ゆえに家庭時代に入ってきた統一教会に、
お互いを貴重に思い、切なく思い、
夫婦の間に無言のうちに情が行き来しうる家庭が
最小限三家庭だけでもあれば、どれほど貴重なことでしょうか。
そのようになれば、その家庭は宝の中の宝です。

1977年7月24日(日)中央修練所
聖日の礼拝
苦痛の価値性


「三人」というと、三位基台を思い出しますね。
私たち3万双は、印刷された名簿を渡されて、
「この人たちが三位基台です」と言われまして。。。
しばらくは、電話や年賀状をやり取りしていましたが、
向こうも事情があったのでしょうか。
返事がなくなり、住所が変わったのか送り返されたり、
どうされているのか、音信不通です。

三位基台もヨハネ先生が語られるような内容が、
本来の願いだったのではないか、と思います。

形は違いますが、
お互いのために本音で授受し、祈りあう、
そんな教会が発展しています。
天の願いが実っているというのは、
神様も喜んでおられるのではないか、
そのように思わされてなりません。

縁あって出会った私たちですので、
本当に深い関係を築いていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:06 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

ハンパない親心! 真の父母様とリーダーたちのあるある集 《金元弼先生》



190807.jpg


金元弼先生の講話。
今回は、『親の心で尽くされる先生』です。


皆さんは真の親に出会って一緒に生活したことがないので、
私は真の親と一緒に生活した体験者として、
真の親の愛がどういうものか、きょうは一つのポイントをお話ししたいと思います。

先輩のリーダーたちが名節のお祝いで先生にお会いし、
それが終わった後には、先生に
「これから任地の国に帰ってやらなければならないことがたくさんあるので、
もう帰ってもよろしいでしょうか?」
と尋ねるのが共通の話題になってきます。


なぜリーダーたちはそのように聞かなければならないのでしょうか。
会議が終わったら帰るのが当然ですが、先生は会議が終わっても、
「まだ残っていなさい」といつも言われるからです。

それで待っていると食事に招待され、いろいろな話をされます。
そうしていると夕方になってしまい、また夕食に招待されます。

そこでリーダーたちはやるべきことがたくさんあるので、
「このようにただ食事をし、話をするよりは早く任地に帰りたい」
と思うようになります。

それで先生に「忙しいのでもう帰ってもいいでしょうか?」
と聞きますと、先生は「まだ帰らなくてもいいですよ」と答えられます。

ところが先生と一緒にいたら、リーダーたちは
夜の十二時、一時になっても休むことができません。
先生は帰られないで、リーダーたちの報告を聞いたりアドバイスをされるのです。

そして朝食が七時ですから、六時半には来なければなりません。
二、三日はいいですけれども、それが一週間続いたら、
そこにいたくないという思いになります。

そうした中でリーダーたちは
「自分が疲れているので帰ります」とは言えないので、
「先生、お疲れでしょうからお休みになったらいかがでしょうか」と尋ねます。

私たちも、日常生活の中でそれと似たようなことがたくさんあるでしょう。
例えば自分が疲れていて眠りたいので
「あなた、もうお休みなさい」と自己中心的な動機で言います。


ところで先生は、なぜそのように帰ろうとする
リーダーを引き止めようとされるのでしょうか。

皆さん、もし気に入らない人がいるとするならば、
早く帰ってほしいと考えるでしょう。
あるいは理屈を言ってまでもその人から離れようとします。
その口実は、何であっても、私たちはその人の心を読み取ることができます。

もし口実をつくって他の所に行ったとするならば、
その口実どおりにしなければなりません。
それをしないとするならば、だれが問題となるでしょうか。
あなた自身が問題になります。

先生が「まだここにいなさい」と言われるのは、愛の心があればこそです。
それはいつも共にいたいという心です。
それが親心ではないでしょうか。


例えばあなたの子供が、勉強のために親元を離れていたけれども、
休暇に入って帰ってきたとします。
そうしたら親の心はどうでしょうか。

子供がまた行く日が近づけば近づくほど、
もっと子供と共にいたいという思いでいっぱいになります。
そして子供が行こうとすると、寂しくなって涙を流します。
それが親の心です。


リーダーたちに先生が「まだ帰らなくてもいい」とおっしゃるのは、
「任地を心配する必要がない」という意味ではありません。
先生はその事情をだれよりもよく分かっていらっしゃいます。

それを知りながらも「もっといなさい」ということは、
「私と一緒にいることによって、
その責任分担がうまくいくように助けたい」という心があるからです。
一年でできることを、一カ月でできるようにしてあげたいからです。

それで先生はいつも「もっといなさい、もっといなさい」とおっしゃるので、
リーダーたちの間では、
「先生に会うために入国ビザを取るのも難しいけれども、
先生から帰ってもよいというビザをもらうのはもっと難しい」
という流行語が出てきました。

このように、いつも子供たちと共にいたいというのが先生の心です。


その真の父母の愛がどういうものであるかということを、
具体的な例を挙げてお話ししましょう。

それはイーストガーデンが新しく改築された時のことです。
私は家内と共に先生ご夫妻を訪ねました。
そして先生は、私たちに部屋を全部見せてくださいました。

最初に見せてくださったのは先生ご夫妻の寝室で、
バスルームもすべて見せてくださいました。

皆さん、自分の一番大切な部屋を他人に見せますか?
西洋世界はとてもオープンですが、
たとえ皆さんがいかにオープンであったとしても、
最も重要なものは見せないでしょう。

貯金通帳を見せますか?
皆さんは部屋を見せても、そういうものは見せないのです。
そのように韓国では、一番重要な部屋は、特に身近な人以外には見せません。

しかし、先生ご夫妻はすべての部屋を見せてくださり、
食事も同じテーブルで、全く同じものを食べられます。

ただ一つ違うことは、兄弟姉妹が先生に最初の物をささげることです。
しかし、その後は同じ物をみなで食べます。

先生ご夫妻は特別の物を食べられて、
その他の人々には違う物をあげられるというようなことはありません。
いつも同じです。
外食をするときも、運転手も警備員も同じ物を、
時には同じテーブルで食べられます。


私がこのようなお話をするのは、
これを通して皆さんが真の父母の愛というものがどういうものかということを、
もっとよく理解できると思うからです。

私たちも、そのような真の愛をもって、
互いに尽くさなければなりません。

ですからだれかが訪ねてきたら、「早く帰ってほしい」と思わず、
「もっと彼と共にいたい」と思わなければなりません。



昨日は、心が乱れることがありました。
実は、妻が怪我をしているので、
代わりに子供の面談に学校に行き、
彼の成績の酷さに愕然としたのです。

どうしようもない思いが続いたので、
元弼先生に救いを求めた時に、
なぜかこのみ言に目を奪われて、
いつの間にか、心情が回復していました。

自分の思いに対する、答えではないのに、
心が整理されてしまいました(笑)
み言の力を感じさせていただきました。

真の父母様の、真の愛の世界に、
触れさせていただいたからなのかな、と思います。
金元弼先生、ありがとうございました。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:58 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする