2021年10月02日

私たちは未来にいる! 現実に埋もれず死んでも神のものに 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



190605 iyohan.jpg


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生のみ言。
「死んでも神のもの」です。


そのように教会長たちの信仰基台が発展していけば、
自然に貴重な人物として組み立てられ、組織されるのです。

私たちは、現在というもの歴史性と永遠性を知らず、
打撃を受けるものだから、この時間を超越できないのです。
私たちは、この時間圏内にいる者ではないのです。

実際、考えてみてください。
私たちは、現在にいる者ではないのです。
未来にいる者です。
未来の者であって、現在の者ではないのです。

だから復帰というものは、歴史的に済んだものを
解決しながら、永遠に生きていくのです。
そこさえよく解決すれば、蕩減条件が立つのです。


アダムの家庭において、
カインがアベルのことで減少感を受けたのです。
未来を見ずにおぼれてしまったのです。
現在に、もぐってしまったのです。
沈められてしまったのです。

自分はそういう問題に触れる立場ではないのです。
未来において、偉大になるからです。
今アベルが祝福を受けたところで、それに関係する必要はなく、
現在に主管される必要はありません。

減少感を受けたそのものも、もはやその時間圏内に主管されています。
時間圏内におぼれてしまっているのです。
そこが一番問題です。


私たちもどんな事件にぶつかっても、
それが起きた理由を早く知って、
これが来る以前の自分の方向を移動してはいけないのです。

こういう事件、危機、危険がやって来る前の自分の態度が、
未来性、希望をもった安全な態度だとしたら、
それがぶつかってきても、自分はその姿勢に責任をもたなくてはいけません。

こういう事件が、環境が変更になっても、
自分がその態度を守らなくてはならない責任があるのです。
そこが自分のもつべき責任であって、その関係をどういうふうにするか、
これをどういうふうにすればいいかという責任は、
自分はもっていないのです。

だけれども、すぐ私たちはもう、
「この環境を、これを通して」というようになってしまうのです。
だから、それに主管されてしまうのです。


「これをどうしようか」と言わずに、
その時、自分を捨てなくてはなりません。
危険な時には、自分というものは捨てるのです。

なぜかというと、神の立場だからです。
神が、自分たちをそういう場面に指導してきたからです。


イスラエル民族は、紅海の前に神が導いてきたのだから、
これは困ったと思う必要はなかったのです。
自分が歩いてきたのではないのだから。

モーセとか、雲の柱、火の柱が導いてきたのだから、
自分が心配する必要はなく、
導いてきた神が心配すべきだったのです。


「やあ、困った」、私たちの考えは、いつもそうです。
いつもそれで失敗します。
その時には黙っていればいいのです。

「行くんだ」と、行くというその目的観だけもっていればいいのです。
それだけで、黙っていればいいのです。
そういう時に、忍耐が必要であって、どうしたら逃れられるか、
どこへ逃げようか、どこへ避難するかという考えは必要ないのです。

そこに、「生きんとする者は死に、死なんとする者は生きん」
ということがあるのです。
そういう時には、死のうとしていればいいのですが、
生きようとするから間違えるのです。

 
神の立場では、そういう神の祭物をみな結果主管しようと思って、
危険な立場に立たせてきたのです。
殺そうとするのは、結局神が主管しなければならないからです。
殺そうとしても、じーっとしていれば主管するつもりなのです。

神はイサクを殺そうとしました。
でもイサクが黙っているから、神は主管しなくてはなりませんでした。
それなのに、殺そうとしたら生きようとするので、
神は主管できないのです。


そういう場面場面が、私たちの生活に、
波のごとくぶつかってくるのです。

だからそういう時に、私たちは心情的に、
自分というものにとらわれないで、
全体を心配することができるかが問題なのです。

私たちにぶつかってきたものは、
自分だけのことではないのです。
全体のことなのです。
全体のことと思って、貴重に取り扱うのです。

だれの立場かというと、神の摂理の立場で、
いつも考えなくてはならないのです。
神を忘れて考えてはいけません。

自分というものもそうです。
信仰とは、出発当時に、自分が神と共にあり、
神のものだとした、それを継続することです。
終わりまで神のものだと、死んでも私は神のものだとするのです。


イエス様は、自分は神の息子だという信仰で一生涯を貫いたのです。
どんな迫害があっても、自分は神の息子だという
その信仰一点ばりで、立派な生涯になったのです。

私たちはそうではないのです。
そういうところで失敗が反復してきたので、
そこからどういうふうに私たちは発展するかということです。

1.牧会
「死んでも神のもの」

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則「心情開拓」李耀翰
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


み言を訓読させていただいて、
「環境に主管される葉となるな」
という、み旨の道のお父様のみ言を思い出しました。

荒れ地を開拓し、未来に向かっていく、
それは、外的な天一国もそうですが、
私の心においても、希望をもって
天寶修行をして、天の願われる者になっていけるのです。

「死んでも神のものだ」
日々自覚して歩んでいきたいです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 07:18 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

自分が死にかけているという危機感のない患者を治す方法 《金元弼先生》



210930.jpg


金元弼先生のみ言。
今回は、「リーダーの心得」です。


病気になった時に、お医者さんを訪ねます。
そういう時に、お医者さんが親切に慰めながら
真剣に本当によくやってくれますと、皆さんは安心して、
お医者さんを信ずるようになります。

そして自分のすべてを任せたいという心が起こってきます。
指導者はそのようなお医者さんになるために、
患者が助けを求めている心、私は助けられたいという心に
相応する以上の心で、その人を心配して接してあげなければなりません。

そうでない限り、その人たちは自分の生命の
すべてを任せて「助けてください」という心になれないのです。

ですから助けられたい、私は生きたいという心、
そして生かしてあげようという心が授受作用することによって、
初めて生きるという結果をもたらすことができるのです。

自分は今もう死にかかっているという
危機感を感じない患者を治すには
どうしたらいいでしょうか。

そういう人は危機感を感じないから、
治してもらいたいという心が強くないのです。
そういう者を生かすためにはどうしたらいいのでしょうか。

お医者さんはどういう心をもたなければいけないでしょうか。

こうした患者に対しては、
「今はこういう小さな病気だとしても、
これがもし続いて致命的な病気になったら、
あなたは生きることができないですよ」と教えて
その人をして“私は本当に注意しなければならない。
治してもらわなければならない”という心をつくってあげるのです。

そのようにして治してあげなければいけないのです。


最初、先生が礼拝で恵みを与えようとされた時に、
その恵みを求めて来る人たちがそういう状態ではありませんでした。

先生は、そういう人にその心をつくらせて、
恵みの必要性を理解させ、その基台をつくらせてから
み言を与えようとしたので、二倍、三倍以上の苦労をされたのです。

そこで霊界は、先生が苦労されるのを見るにしのびなく、
この人たちに啓示をして“お前たちはそのようにしてはいけない。
悔い改めなけれいけない”というように働きかけました。

そして、先生が礼拝する前から準備をなさっているのに、
私たちが恵みを受ける基台をつくらない限りは、
この恵みを受けることができないというように
霊界が助けて、礼拝をする前に準備をするようになったのです。

先生は御自身が無理をなさっているといって、
私たちに“お前たちは早く来て礼拝に参加しなさい”
とは一言も言われませんでした。

そのように、私たちがやらなければならない分まで
先生がやっておられたので、霊界が助けたのです。


それゆえ、相対の者が問題ではなく、
それをリードするリーダーに
本当にその人のために尽くすという犠牲的な心があれば、
たとえその人に言わなくても、
霊界がその指導者の心、真心を見て助けてくれるのです。

そして、よくリーダーについていくように
導いてくれるという経験をします。

金元弼(キム ウォンピル)先生
I 平壌開拓から興南解放
第二章 いつも弟子に関心をもたれる先生
「リーダーの心得」

信仰生活シリーズ 6
「伝統の源流 主と歩んだ教会創立以前の道」 
金元弼(1998年7月1日発行)
*『信仰と生活第二集伝統の生活化』を改題


医者がどんな心情で接するか、
患者はすぐにわかります。
もちろん技術がなければならないことですが、
動機と心情も重要だと思います。

また、私たちにおいては、
最終的には、神様が真の医者であるので、
神様が導いてくださるように、
仲保者としての役割を果たせるように、
取り組んでいかなければ、と思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:27 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月23日

苦労してもいじめられても、元手を取る生き方 神のポジション 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



210923-John-the-Baptist.jpg


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生
「神の立場から誠意を尽くす」です。

 
蕩減復帰は、今は苦労しても、マイナスになっても、
いつかは利益が戻ってくるんだという自信をもって、
苦労するとか、迫害を受けるとか、損するとか、いじめられるとかするのです。

何かもうけがあるという原則的な立場に立ってしなくては、
結局、結果的には人に笑われたり、人に対して恥ずかしくなってしまうのです。
そういう面を、信仰人物たちから学ばなくてはならないのです。

 
洗礼ヨハネは、相当蕩減生活をして
民族的な立場の人物になっていたのですが、
イエス様と付き合った時には、人間的に付き合ったのです。

どうして心情的に付き合わないで、人間的に比較したのでしょうか。
イエス様の立場、イエス様の家庭、イエス様のものを、
結果的に見て、付き合ったのです。

歴史的なこの人間の過去を知らないのです。
神から見た未来に、どういう使い道のある人か知らないのです。

表れた瞬間の者を、結果的に見て、付き合ったものだから、
洗礼ヨハネの立場からは、授受ができなかったのです。
自分の考えで、イエス様を見たのです。

イエス様を見た時の内的態度が間違っていたのです。
人間的批判をしたのです。

私たちも、そういう洗礼ヨハネの考え方、洗礼ヨハネの見方があって、
それを行うと、結局霊的に乏しくなってしまうのです。

 
大先生(文鮮明師)も、何をやっても、それをやるんだという、
その結果を目標に誠意を尽くすのです。

家を造る時も、私たちに相当説教されたのです。

「家を建てるというので、私はただこの仕事をやるんだ」と、
「二十八日間でやった」とこう思うけれど、
大先生はこれをやるときには、歴史的に何か因縁があるし、
この期間内に完成しなくてはならない歴史的な内容に、
誠意を尽くされるのです。

この建物はみすぼらしいけれども、
先生が必要と思うこの期間に誠意を尽くすのですが、
それは何のためにやるかというと、歴史的な因縁があって、
そしてまた、これによる民族的な目的があって誠意を尽くすのです。

これは一つの祭物です。

それのために愛するのではなく、この物に対しての愛ではなく、
この物を通じて、その先の目的のために誠意を尽くすのです。
先生のやり方はいつもそうなのです。

私たちは今、「こういうふうにしないで、ああしましょう、
こうしましょう」と、いろいろな意見があって、先生と合わないのです。

先生はそうする目的が今にあるのではなく、未来にあるのです。
だから今は私たちに合わないけれど、誠意を尽くす内容が違うのだから、
これはもう燃えてしまってもいいというのです。

これに誠意を尽くすのではなく、これを祭物として、
目的をまだ見ているのです。そういうやり方を、いつもやっているのです。

 
人を愛する時も、この人間を愛するのではないのです。

三十六家庭を見て、「君のために祝福したのではない」と言われるのです。
「君たちが今やめても、離れても、どうでも、
私は君たちに尽くす責任は済んだ」と言われるのです。

「今君たちが離れても、神に対しての私のやる責任には
誠意を尽くしたのだから、君たち以上の人を引っ張ってくるようになっている。
君たちのために、祝福したのではない。
祝福は、君たちの、その結果のものではない」と。

血統的な背後もあるし、それから神は、こういう人間を
神の前に祭物として使うのです。
先生自身の情の内容が、永遠にどういうものであったかという、
そこにあるのです。

 
私たちはただ、「あの人間はああだ」と、現れたそのものだけを見て、
それに比較して誠意を尽くそうとするのです。
だから私たちは、その人によって打撃も受けるのです。

環境によって打撃を受けるのは、その環境だけに
自分が関心をもったからです。
そういう見方は、復帰摂理から見て、蕩減精神が違うのです。

それで私たちが、マイナスになるのは、ただそのもの、
現在というそのものに、主管されやすい考え方でやっているからです。
そこに相当な損があるのです。

原理的に解釈すれば、ここにいる一人は、その一人だけではないのです。
歴史的な内容を連続しているし、未来的な願いをもっている者だから、
神から見た時のこの存在物は、私たちの見たものと全然違うのです。

神の立場で私たちが、この「循環」というものを取り扱わないものだから、
結局、霊的には乏しくなってしまうのです。
それはピントが合わないからです。

 
そういう面で、私たちは一生涯の生活を、過ぎ去ったのちには、
悔い改めなくてはならないことが多くなってくるのです。

だから、神の立場からの思いでいつも誠意を尽くせば、
霊的に相当敏感になります。

そのもの自体に主管されないで、現在というものに主管されないで、
現在というものを歴史的に、あるいは永遠的に、
観察の仕方をよく知ったなら、霊的に敏感になるのです。

なぜかというと、霊的に実体的相対関係が結ばれるから、
自分という立場が神の立場になってしまうので、自分も主管されるのです。
考え方によって、そうなるのです。

そういう面が信仰生活で、一番貴重なのです。
それを連続していけば、とても成長します。

1.牧会
「神の立場から誠意を尽くす」

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則「心情開拓」李耀翰
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


目に見える結果的現象世界だけを見つめるのではなく、
結果が現れる過程が重要であり、
そういう観点から、物事を見つめていく必要がある
ということなのではないか、と思います。

苦労のない人生はないでしょうし、
とりわけ信仰生活は、自分の思いでそれを見つめていたら
心が枯れてきてしまいます。

今見える現実はその通りなのですが、
その過程とか、歴史的なものとか、
立体的に物事をとらえることが大切だとは思っても、
なかなかその深い意味はわからないものです。

それでも、何ごとにつけても、神の観点に立ち、
父母なる神の立場で見るならば、
人に対しても愛をもって対せるし、
感謝で乗り越えられるのではないでしょうか。

蕩減復帰というのは、
天のみ意にかなったものならば
必ず元手を取れるとのこと。

神様に対しての精誠、
意識して、歩んでいきたいです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:46 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする