2021年04月09日

為に生き、伝道しているうちに、自分の悩みは解決されていく?! 《李ヨハネ先生》



210409.jpg


李ヨハネ先生のみ言。
今回は、「自分の悩み」「神の直接干渉」です。


自分の悩み

教会長が自分の主体とならないことを不平に思う人が多いのです。

教会長に言いたいけれども、言えないから帰ってきたといって、
自分たち同士で話す人が多いのですが、
悩みを自分たち同士で話したら、サタンが奪っていくのです。

その内容を胸にたたみ込んで、
天に結んでくれる位置にいない人には、絶対言ってはいけないのです。

人間はだれでも、自分より悲しい人を知っています。
かわいそうな人の立場を知っているのです。

小学校を卒業した場合、その知識をもって、
どこかに使い道があるのです。
僕も使い道があるのだろうと思ってみれば、重要な位置があるのです。


それと同じく信仰者というものは、自分の解決ができなかったなら、
これはもう、しようがない。
「自分のことが解決できないで何をするんだ」
というふうに悲観しないのです。

自分より悩んでいる人を見た時に、自分の経験を話しながら、
「あなたもこれを聞いてみなさい。
私は、あなたが今悩んでいるくらいのことは解決した」と言って伝道するのです。

その人が自分の思い、罪悪の問題を解決して喜ぶのを見て、
自分が今までもったものを、本当に神に感謝するようになるのです。

なぜなら、二人か三人、その新生する人を、
とにかく信仰するように導いてあげると、
自分が今までもっていた問題は、天から自然に解決されるのです。


    
神の直接干渉

人間同士でもそうですが、自分のことを
人に尋ねるのはなかなか難しいでしょう。
「私の未来はどうなりますか、こうしていいですか、ああですか」
こういうことは、ちょっと聞きにくく、相談しにくいのです。

直接その人に言わずに、その人に一番近い人に、
その人の未来など、神の秘密を言ってあげるのです。

あの人は、このごろこうだが、どうもそれではいけないのだが、
という心配を第三者に言ったとすると、それを聞いた人は、
相談した人に直接そのことを忠告するのです。

そこには五パーセントというものはないのです。
だから三位基台の上にいる人は、神様が直接干渉する立場になっています。
したがって、信仰の道は一人では行かれない、ということなのです。


一人で行く時には、秘密が多いのです。
だから霊通した人でも、一人で祈って、一人で通じた人に対して、
天は直接言わずに、象徴的に現したり、啓示するのです。

それを聞いて、そのまま解釈しようと思うから、
霊通者は結局、終わりが良くないのです。
霊通者は特に、独善的な気があるのです。

霊通した理由は、霊通していない人のためのスピーカーです。
だからこそ、その証が使命なのです。
それなのに、自分が通じたといって喜んでおりながら、
人を差別するようなことをすべきではないのです。

自分の悩み
神の直接干渉

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則
「心情開拓」
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


私たちは深く考えずに横的に話してしまったりするのですが、
私たちが守られていくためにも、
しっかり報連相していくことは
大切だと思います。

そうしていけば、私たちは天の者ということで、
私たちの抱えている問題も、
神様が知ってくださることとなり、
采配してくださることができます。

私の「悩み」は、自分自身の悩みかもしれませんが、
捉えようによっては、公的な悩みである、
ということもいえるでしょう。

家庭の事情においても、
教会全体の事情においても、
それが、世界全体の問題を克服し、
解決するための事情である、
そのようにも捉えることができるのではないかと思います。

何よりも真の父母様が、
すべての問題を自分の問題として受け止め、
乗り越えてくださっています。

くよくよ悩むのではなく、
しっかり報告し、祈って、
為に生き、実践していけば、いつの間にか
自分の問題も克服することができる。。。

これは、大きな福音です。
伝道することがさらに楽しみになりました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:49 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

神様、父母様はすべて分かってくれている!  名を覚えられる者に2 《教会長説教》



210405.jpg


渡邊教会長の説教、
「神に名を覚えられる者に」続編です。


私が高校生の時に清平21修に出たんですね。
日本の二世たち(小学5年生から高校3年生くらいまで)が
参加した初めての修錬会でした。

今みたいな立派な建物じゃない、
お風呂も何度入ったでしょうか。
そんな修練会でしたが、私はその時、
進路に迷っていました。

そのころは、公職者の道に行きなさいと
お父様がめちゃくちゃ言っておられた時期でした。
でも、反発もあったんです。

その修錬会で、大母様が語られたのが
「日本の方々は本当に苦労して来られている。
あなたたちを見ると、あなたたちの父母がどれだけ苦労して
また、どれだけ精誠を尽くしてあなたたちを
育てたかということがよくわかります」と、
ゆっくり話されたんですね。

そして、お母様のエピソードをひとつお話しされたのが
とても心に残っています。

どういう話だったかというと、
南米のある国に父母様が行かれました。
そこには日本の宣教師たちがいました。
その際に、ちょうど日本の家族から
日本のお菓子が送られてきていたんです。

だから父母様に食べていただこうと思って、
見繕ってお出ししました。
そしたらお母様がそのお菓子を見て
「このお菓子はこの辺で売っているのか」と聞かれました。

「私の家族が送ってくれたものです。
おいしいので召し上がってください」
と宣教師の姉妹は、お答えしました。

するとお母様がそのお皿を下げられて、
「これはあなたの家族があなたに対して贈ったものだから
私は食べられません」という風に言われたのです。


私は、すごくそのみ言を聞きながら、
涙が止まらなかったんです。

そのころ私は、教会に対しても複雑な思いを持っていて、
半分は、二世としての誇りを持ちつつ、
半分はなんで二世として生まれたのかという
憤りのようなものを抱えていたような時期でした。

親たちが心を尽くして人生を捧げてやってきたことはわかる。
でも、子供である私達にはあまりに過酷であり、
それが周りの生活と比べても、お金がないのは
まぁ仕方ないですけど、やっちゃいけない事とか、
部活とか、みんな頑張っていることを
時間が取れなかったりとか・・・
いろいろと文句言いたいことたくさんあったんですね。

だけれども私の中には、やっぱり神様、父母様って思いは
ずっとあったので、一概に悪いとか嫌だとかも言わず
モヤモヤしながら生きてきたわけですよ。

自分の悩みとか痛みとか苦しみとか、
こんなのは親たちも分かってないし、
誰もわかってないんだろうという思いがあったのです。
二世同士で慰めあったり文句言ったりして
いるのが一番楽しかったんですよ。


でもその際に(み言を聞いて)、父母様がわかってくれているなら
それでいいなっていう思いになったんです。
それで祈っている中で、『じゃあ鮮文に行かなきゃな』
という思いになりました。

全部わかりながらも、
それでも親たちを、南米の、日本からすると
地球の反対に送らなければならなかった
天の思いがあって、そしてそれに応えた父母たちがいて・・・

家族の苦しみとか痛みも分かりながら
そのお菓子のひとつを通して、これはあなたの家族が
あなたの事を思って贈ったものなんだから私は食べない。

痛みを分かってるよ、悲しみをわかってるよと、
ある意味では、父母様がその方々に対して
申し訳ないという思いを持ちながら接せられている
という事が、すごく感じられたのです。


ここで何が言いたいのかというと、
別に私の悩んでたエピソードの話ということでなく、
父母様は私たちのことを覚えておられる、
もちろん一つ一つ名前の端々まで覚えていないかもしれませんが、
天に対して尽くしたものとか、その精誠というのは
私たちがたとえそれに対してネガティブな感情を
抱いてしまっているとしても、尽くしたもの
一つ一つは、神様は、父母様は、覚えておられるのです。

そうして、今私たちに望まれている天の父母様である
ということを私は感じております。

その上で、いま天寶ということを願われながら
切実に歩まれている父母様がいらっしゃることを
私たちは忘れてはいけないなと思っております。


先日、ある二世が聖和したという話が
二世牧会者のラインで流れてきました。

その時、自分自身の牧会者としての姿勢を
反省させられました。
何のためにこれをやっているんだろうかっていう
根本を本当に考えさせられたんですね。

お父様が15歳の頃に、同じ年齢の少年が
人生の苦悩の故に自殺をしたという
新聞の記事を見た話がありますよね。

まだメシアとしてのお告げを受けてない時に
三日三晩床を濡らしたと言うエピソードを私たちは聞いています。

すごくを反省させられたのは、そういうことをやっぱり忘れている。
外的なことに追われていたりとか
全く関係のないところで一喜一憂しているような
自分自身がいることにすごく自分に失望する思いになりました。

自分と同じ二世の立場でも、人生にこれだけ
苦しみながら生きている兄弟がいる、
弟や妹たちがいるんだなということに対しての、
責任感ですかね、そういうものをもう1回思わされましたし、
神様であれば父母様であれば
そういう一人の命に対してどれほどに
心を尽くされているだろうか。
反省をすごくさせられました


今日は「神に名を覚えられるものに」
というタイトルで、説教をさせていただきました。

(しん)の意味で神様が私たちを忘れられない
その一人として覚えられるということは
神様が悲しんでいる時に父母様が悲しんでいるときに
自分は笑っているなんていうことは
本当はあってはいけないはずですし、
父母様が喜ばれているその時には私も一緒に喜びたい
それが本当の家族であるというふうに思うんですね。

今の私たちの歩み自体が神様は忘れることがないと、
私たちが天のために尽くしているその歩みというものを
神様は絶対に覚えておられる。

でもさらに私たちが神様の記憶に残る自分自身になるために、
私たちが本当の意味で自分の人生を肯定し、
自分たちの生き方というものに正しさと正義を覚えるためには、
神様と同じ心情を持ってこの世界を見つめ、隣人を見つめ
自分自身を見つめられる自分自身になっていくことが
大切であるということを皆様と分かち合っていきたい
と思ってこの説教を共有いたしました。

聖句の中にあった、神様がその名を神と呼ばれても、
恥とはしなかったという義人たちの姿、
その生き方をまた私たちはより教訓として学んでいく必要がありますし、
ましてや神様の記憶に一番刻まれる存在としておられるのは
父母様でいらっしゃいます。

父母様をより憧れ、
父母様が持っておられる愛を自分自身の愛とすること
その父母様の真の喜怒哀楽を自分自身に
少しでも重ね合わせられる自分になるように、
歩み出していって欲しいと思います。
(文責:ten1ko2)

「神に名を覚えられる者に」
松戸家庭教会
渡辺一喜教会長
日曜礼拝説教より


南米の宣教師に対されたお母様の証し、
礼拝に参加していた婦人たちは、
みんな涙を流していました。

この道は、簡単な道ではありません。
時には、「この苦労は、誰もわかってくれないのではないか」
それは、二世たちもそうかもしれませんが、
一世である私たちも同じような気持ちを
持つことがあるのではないでしょうか。

すべてを捧げて、み旨を歩んできた、
周りの人たちは理解してくれない、
世間からの目も厳しいものがあった。。。

しかし、そのことを
神様、父母様はご存じである、というのです。

ある面、周りがどう思ったとしても、
そのことさえ、事実であるとすれば、
それ以上の誇りと嬉しさはないのだと思います。

神様、父母様を常に見つめること、
そのことにぶれることのない、
私自身でありたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)





posted by ten1ko2 at 07:28 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神、そして某の神と、呼ばれる私に! 《教会長説教1》



210404-2021.0404.jpg
☆本日行われた
天の父母様聖会平和祝祭☆


先月教会長が語られた
日曜礼拝を書き起こしました。

題目は「神に名を覚えられる者に」
今日は核心部分を要約して掲載します。


これらの人はみな、信仰をいだいて死んだ。まだ約束のものは受けていなかったが、はるかにそれを望み見て喜び、そして、地上では旅人であり寄留者であることを、自ら言いあらわした。
そう言いあらわすことによって、彼らがふるさとを求めていることを示している。
もしその出てきた所のことを考えていたなら、帰る機会はあったであろう。
しかし実際、彼らが望んでいたのは、もっと良い、天にあるふるさとであった。だから神は、彼らの神と呼ばれても、それを恥とはされなかった。事実、神は彼らのために、都を用意されていたのである。

へブル人への手紙11章13節~16節



へブル人への手紙というのは、パウロが書いたであろう
と言われている手紙です。

その中で一番有名なのは
「信仰とは望んでいる事柄を確信し、
まだ見ぬ事実を確認することである」

今までの歴史的な中心人物たちは何をもって
神から偉人とされたか義人とされたかというと
信仰だということを言っているんですね。

今読んだところ(上の聖句)は、これらの中心人物たちは、
自分たちが望んでいることを
「生きている時には見なかった」と言うのです。

けれども自分自身の本当に心が目指していく
その根拠を求めて進んで行った。
それゆえに神様はその人物を良しとされたという話です。
もし自分自身が出発をしてきたところを省みていたのであれば
そのように神は覚えられなかったでしょう。

私たちはモーセ路程を学ぶときに、エジプトに
憧れを持ってはいけないということを教訓として学びますよね。

我々が信仰の道に歩んできた昔の方が
もっと自由だったしお金もあったでしょう、時間もあったでしょう
でもそれを顧みても、何にもならないということを
我々は教訓で学んでいます。

「もし出てきたところを省みていたのであったら」
何もならなかった。

「だから神は彼らの神と呼ばれてもそれを恥とはされなかった」
わかりますか。聖書の中では
神様は自分のことを名前では言わないですよ。
ヤハウェって言い方をしません。

どういう言い方するかというと
「私はアブラハムの神でありイサクの神でありヤコブの神」
だという言い方をされるのです。

それは神様がアブラハムを愛して、そしてイサクを愛して、
ヤコブを愛しているからです。
それはただ一方的に神様が愛しているのではなくて、
その愛に応える歩みを彼らがしたからです。

だから神様は、彼らの神だと言われても恥ずかしくなかった。
普通は堕落して離れた人間だから、
失敗をしたアダムとエバの神だと言われたら
神様は苦しいでしょう。
本当に息子、娘になれなかったわけだから。

もちろんアブラハムは完成したわけではないですよ。
イサク、ヤコブもそうです。
だけども彼らは、その時代において神が願っている
ひとつの事を成し遂げた。

だからアブラハムの神だと言われたときに神様は、
そうだ私はアブラハムの神である
ご自分でこう宣言されながら出てこられます。

ヤコブもまだ家から出て行って出発したばかりのときに
ベテルで神と出会います。

その時に夢の中で神様が現れてきて
私はあなたの父祖である「アブラハムの神である
イサクの神である」といいますが、
ヤコブの神と言わないんですね。
それはヤコブがまだ神様のことを
自分の神だと認めてないからなんですよ。

それでヤコブはその後21年の苦役をして
そしてエサウお兄さんと邂逅(かいこう)して一つとなっていくときに
神様はご自分のことを
「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」
という形で現れるんですよ。

「そういう者たちの神だと言われることを恥だと思わなかった」
この箇所が私はすごく心に残っています。

わたしたちが神様のことを神様だと慕うことはできるでしょう。
でも逆に神様が私たちのことを
これが私の息子である、娘であるというところまで
私たちが入れているのかどうかということですよね。

だからただ自分の納得するような人生を
生ききったということだけではなくて、
神様が本当の意味でこの息子は正しい息子だった
娘だったと言われるその基準に言えているかどうか
ということが、私たちが本心の中で願う人生の基準なのです。
それが、私たちが信仰を歩んでいるということなのです。

私たちはただ言われることを、はいわかりましたと
純朴に受け入れる、でこの純粋な姿勢というの
私はすごく大切だと思っています。

過去のその信仰者たちもみんな純粋でした。
純粋であって愚かではなかった人たちですよ。

だけども私たちのその歩みというのが、本当の意味で
我々の心の中で神様を慰めるような、
父母様を慰める思いを持って歩んでいるかどうかです。

神様は世界の復帰を目指され、人類の幸福を願われているわけです。
だから私たちは神様に何をすべきでしょうかと聞いた時に
神様が言われることは何かというと、
まだ私のことを知らない者たちに私のことを伝えてほしい
私の愛を伝えてほしいということを言われるのです。

だから私たちは横的な関係が大切です。
その関係を切ってはいけません。
神様が愛するように私たちは、隣人を愛さなければいけない。
そうしてこそ、私たちの本当の幸福になっていくのです。

我々の生活の中で隣人を愛し、またもちろん家族を愛し、
そして地域を愛し、社会を愛し、世界を愛して
国を愛せるものになっているかどうか。
それもまた神様が私たちを覚える一つであります。

ただ教会で指示があったことを黙々とやるということだけではない
もちろんそのことをしながら、私たちが
心豊かになっていくということが、非常に大切なことなのです。

それが神様が私たちの名前を覚える
そういう証拠であるというふうに思っております。

「神に名を覚えられる者に」

松戸家庭教会
渡辺一喜教会長
日曜礼拝説教より


私がみ旨を歩む上での動機に対し、
とても原点に返らされる、
自分自身を正されるみ言でした。

説教を聞きながら、
真のお父様のみ言を思い出しました。

「自分の生涯は、誰にも
覚えられなくていいけれど、
しかし、神の名によって死んだ、
墓に神の名が刻まれれば、
私はそれで十分だ」
正確ではありませんが、
そのようなみ言だったと思います。

「私は、アブラハム、イサク、ヤコブの神である」
このように言われ、彼らはどれほどうれしいことでしょう。
また、神様ご自身も誇りに思っていらっしゃるのです。

周りや外的なことを見つめ、誇りに思うのではなく、
神様、父母様を見つめ、喜んでいただくこと、
そこに意識をしていきたいと思います。

続きます。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 12:54 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする