2020年07月11日

恨(ハン)は人間関係でしか解けない?! まずは怨讐、カインから愛する 《李ヨハネ先生》



200711.jpg
天正宮の庭園


李ヨハネ(イ ヨハン)先生の説教、
「本性の恨(ハン)」の続きです。 


 恨は人間関係で解くべきもの

(ハン)の原動力を持たない人が悩むと、
損害を受けて信仰路程で時間を浪費します。

葛藤は、人をどれほど惨めにするでしょうか。
心情的に相当損害を受けます。

ですから人を高める心を持たなくてはなりません。
哀れみを持たなければなりません。
人と合わなくても哀れみの心、
耐える心を持たなくてはなりません。

価値がなくても価値があるごとくに思うことが哀れみの心です。
小さい者でも主のごとくに思うようにならなければなりません。


聖書には、小さい者に冷たい水一杯でも与えよという言葉があります。
小さい者に水を与える心を持たない人は、
主に水を与えないのと同じです。

マタイによる福音書十章40〜42節を見ると、
小さい者にしたことが主にしたことであり、
そのようにしないことが主にしないことと同じであるとあります。

聖書はここに重点を置きました。


人間関係で心情的によく調和できる人が、主の恨を解く者だというのです。
人間関係で解かなければ、解けるはずがありません。

兄弟間で解き、友人間で解き、すべて自分の生活圏内で
解いていかなければならないのです。

理論ではできません。
み言だけでもだめです。
信仰だけでもだめであり、
無形世界を通じたとしてもだめです。

これは、必ず人と人との関係の中で解かなくては
解けるはずがありません。

ですから父と子の関係で結ばれたことは父と子の関係で解き、
夫婦間で結ばれたことは夫婦間で解き、
兄弟間で結ばれたことは兄弟間で解かなけれかりません。
これはほかのところで解けるはずがありません。

 
今日、宗教は贖罪観が本当にあいまいです。

すべてのことが縦的関係において解決されると思ったのに、
ろくに解決されていないのです。

下から解いていかなければなりません。下から……。
カインとの関係から解いていかなくてはなりません。

だから、まず怨讐を愛せというのです。
怨讐というのは、ほかにあるのですか。
一人の兄弟間でも調和できていないことが怨讐です。
心と体が一つになれないのが怨讐ではありませんか。

ほかの人の体が病気になったのに、
私の体に不調和が起こるはずがないでしょう。

私の体の中の不調和が怨讐だ。
そうなのです。
調和がなされなくてはならない環境圏内にあるのに調和できない。

兄弟間、夫婦間、親子間、これが
調和しなければならないのに、できていないのです。
どうにもなりません。

怨讐はほかのところにあるのではなく、
私の家の中の家族だというのです。
これは、調和すべき関係が調和できていないということなのです。

『生活の中の心情復活』
(『信仰と生活 第3集・私の神様』を改題)
第三章 復帰人の本性「本性の恨」   
1985年4月23日(火)
統一神学校
(この説教はチャペルの時間に語られたもの)


現在、世界の人口は、約78億人。
私の人生において、その中で出会う人たちは、
ほんの一握りです。

世界、と考えるのが大袈裟だとしても、
日本の人口、1億2650万人のうち、
出会える人たちも、ほんのわずかなのです。

当たり前のように出会う人たちも
私の人生に必要だから、
意味があって出会っている。。。

ヨハネ先生の言われるように、
貴い一人一人であり、
主に出会う心情で出会っているのか、
ただ単に出会っているのか、
もう一度見つめ直さないとな、
改めて思いました。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:27 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

2001年から始まった「報告祈祷」って、つまり・・・?! 《生活信仰のすすめ》 



200709-2020.7.05.jpg


祝福中心家庭は、
祈祷の代わりに報告を捧げるのです。




「生活信仰のすすめ」より 
「孝情をはぐくむ報告祈祷」
つまり、祈りについてです。


 ■「祈り」の始まり

エデンの園において人間始祖アダムとエバが堕落することで、
神様との心霊的な関係が切れてしまい、
彼らは親である神様の心情が分からなくなってしまいました。

「親が分からない」というのです。
すなわち人間は霊的無知≠ノ陥ったのです。

孤児≠フようになった人間が、神様との関係を修復するためには、
まず「神様を信じる」ことから出発しなければなりません。
つまり、「神の子」となれるように出発するということです。
それが「祈り」の始まりです。

私たちを召命してくださった神様に対して、
神様の子供となっていく私たちは、
「はい、あなたが私の親です」と答えて
信仰の道をスタートするのです。

子女である人類を救うために神様は、
今日までの長い復帰歴史を苦労しながら歩んでこられました。
そのような神様の心情を偲びつつ、涙ながらの祈りを捧げることで、
神様の深い心情を体恤することができるようになります。
 
神様は、あなた(人間)からの祈り(呼びかけ)を
切に待っていらっしゃるのです。

祈りは神様との会話であり、時には真剣な相談の場となるでしょう。
祈りは神様が私たち子女との対話方法として下さった賜なのです。

私たちには日々、常に神様と通じたいという願いがあり、
そのために努力していますが、その努力は、
それを妨げようとするサタン(悪魔、悪霊)との闘いでもあるのです。

サタンが、神様との親子の心情関係を結ぶことを妨害するからです。
サタンは私たちの心に、神様や真の父母様に対する
不信感を起こさせ、不安をもたらします。

そして、血気、怒気に走るような邪心があると、
心が不義な感情に支配されるように仕向けるのです。

ですから私たちは、常に祈りを通して神様との間に強い絆を保ち、
平安な心で過ごせるように努力しなければなりません。
朝に夕に祈りが大切であり、習慣化することが望ましいのです。

日々の生活の中で私たちは、どんなに頑張っても
限界を感じる時もあれば、足りない自分を自覚する時もあります。

そのような時こそ、祈りによって神様との絆が、
より強くなっていくことを確信します。

生活の中で、祈りを絶やさず、神様との間で親子の固い絆ができると思います。
祈りは、生活信仰の基礎となる重要な土台なのです。


 ■神様の願いは「家庭で一緒に住みたい」

全知全能であられる神様ですが、お一人で喜びを感じることはできません。
それゆえ、対象から来る刺激によって
喜びを感じることができるように人間を創造されたのです。

神様の創造理想である「三大祝福」を、
人間が自らの責任において実現しなければ、
神様は喜びを感じることができません。

神様は、愛を感じるために相対を必要とされました。
神様は、アダムとエバを通して結婚なさり、
彼らの家庭で一緒に住みたかったのです。

本来、アダムとエバの結婚が「神様の結婚」であったように、
私たちも祝福を受け、祝福家庭として出発することで、
生活の中で共にいらっしゃる神様を感じることができるようになります。

祝福を受けた夫婦が家庭に神様をお迎えするようになれば、
「神様を信じる」という教育は必要なくなります。
神様が家庭に共に住んでくださるからです。


真の父母様のみ言です。
 
「神様が6000年の間復帰摂理をされたのは、
 何を探し出すためだったのでしょうか。

 一つの国を探し出す前に、あるいは、
 民族と教会を探し出す前に、
 何を探し出さなければならないのでしょうか。
 家庭です。

 つまり、自分の相対を探し出し、
 家庭を探し出すことでした。
 一つの国が形成されるためには、
 家庭がなくてはならないのです」


(『祝福家庭と理想天国(T)』
第2章第4節2「復帰摂理の最終目標」、653頁)



 ■「神様と共に暮らす家庭」としての祈り

私たちは、神様を家庭にお迎えして
共に暮らす時代を迎えました。
祝福家庭の祈りについても、次のように変わりました。

1999年9月9日、「天地父母天宙統一解放圏」が宣布され、
翌9月10日に「三・十節」が宣布されて、
天一国の新しい伝統がスタートしました。

その基台の上で、 
「真の父母様の勝利圏を祝福により受け継いだ
祝福家庭〇〇〇〇の名によってお祈りいたします」と、
各自の名前で祈ることが許されました。

そして子女が祈祷する時は、
「真の父母様の勝利圏を祝福により受け継いだ
祝福家庭〇〇〇〇の息子・娘〇〇の名によってお祈りいたします」。

この勝利圏の上で2001年、
「祝福中心家庭〇〇〇〇の名で報告します」となりました。

さらに2006年9月14日、報告祈祷の最後の締めくくりの言葉が
「アーヂュ」に代わりました。

それは「天国に住む」という意味で、
「神様と共に暮らす家庭」との内容でもあります。

 
真の父母様のみ言です。


「祝福中心家庭は、堕落世界と何の関係もありません。
 アダムとエバが堕落する前、
 神様の心情世界とつながっていた、
 そのような立場だというのです。
 それが祝福中心家庭です。…

 そのような立場では、
 祈祷の代わりに報告を捧げるのです。
 完成したアダムの家庭では、祈祷をする必要がなく、
 報告を捧げればよいというのです。

 毎日報告を捧げながら、理想世界を築いていくのが、
 完成したアダム家庭の行く道です」


(『文鮮明先生御言選集』
第343巻106頁、2001・1/16、米国)


生活信仰のすすめ 第3回
家庭教育局相談員 内田由喜
孝情をはぐくむ報告祈祷
(『祝福家庭』での連載を整理したもの
中和新聞より)


自分の名前で祈る(報告する)ようになって、
もう20年近く経つんですね。。。

教会に導かれた時には、考えもしませんでしたが、
これは、どれほどの恵みであるでしょうか。

天一国主人である、という自覚を持ちつつ、
日々の生活を送ることに意識を強く持って、
感謝して歩むものになっていきたいと思うのです。

アーヂュ。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:28 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

一番近い人を、自分より大切に思う心から、円形運動が始まる 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



200702.jpg


李ヨハネ(イ ヨハン)先生の説教、
「本性の恨(ハン)」の続きです。 


  調和と円形運動の本体になれ

皆さんは神学校に来て時を逃したと自覚し、
それが恨(ハン)になったら、
恨だといえるのです。

これから皆さんは、自分の無知をよく把握して、
克服する生活をしていかなければなりません。

自分の性格や人間関係をよく知って、
環境に支配されやすい自分ならば、
円満な性格に再創造、復帰していかなくてはなりません。

家庭訪問をたくさんしながら、
自分の角のある性格を丸くしなくてはなりません。
すべての人が好む、調和のある人格を身につけなくてはなりません。

怨讐になっているアペル・カイン関係を
調和させることのできる能力を持たなくてはなりません。
それが今日、私たちがなす実践神学ではありませんか。

葛藤と相克をうまく調和させることのできる
実力を持たなければなりません。


ここに来た皆さんの中で、自分のことだけしか
知らない人がいたら、その人はとても角のある人です。
とても無関心な人です。

無知の恨(ハン)を解き、
情的に豊かな円形運動をすることができる
実力の所有者にならなければなりません。

私たちは自分を改善しようとしているのではありませんか。
それならここでもう一段階上がって、
円形運動をすることができる私にならなければなりません。

円形運動をするとは、一番近い人を
私よりも大切に思うことができる心を持つことです。


つまり父が子供に対するような心で、
近くにいる人も貴く思うことができる心を持つということです。

その父が子供に対して持つ心が何かといえば、
子供を自分よりももっと大切に思う心です。
父母は、自分の子供を自分の父母のように思います。
父母が自分の子供をメシヤだと思うことと同じです。

兄弟どうしではそういう心を持ちにくいのです。
しかし真なる兄は、弟を父母のように思う心があり、
弟だと思わずに尊敬します。
とても大切に対します。


このようにしながら目的地に行くのです。
目的地とは何ですか。
家庭です。

家庭とは、神の二性性相が夫婦として出会うところです。
円形運動がよくできる家庭にならなければ、
神が祝福した結果が結実できません。

家庭とは、愛の目的地に到達しようとするところなのです。
ところが、ここでうまく調和できないのです。

『生活の中の心情復活』
(『信仰と生活 第3集・私の神様』を改題)
第三章 復帰人の本性「本性の恨」   
1985年4月23日(火)
統一神学校
(この説教はチャペルの時間に語られたもの)


先日の橘先生のコラムにもありましたように、
自分を愛する人は、
周りの人、身近な人を愛することができます。

イエス様も
「自分を愛するように
あなたの隣り人を愛せよ」
と語られています。

妻や子供たちに対して、
要求する思いや、否定する思いが生じる時、
相手が問題なのだ、と考えるのではなく、
そういうふうに思ってしまう
自分の方にも、問題があるのかもしれません。

自分の考えの通りに、相手が動かないことも
ままあるでしょう。
近くにいる大切な人を愛する、
これはなかなか簡単ではないようです。

私を愛する神様、
私の本性を貴く思う神様、
そして、隣人を愛する神様を
しっかりと見つめる者に
なっていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 06:53 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする