2021年08月22日

「平和の母」の78年と、日本との深いつながり 原理 解明のときに誕生 《阿部先生》



210822-2013.0222 (6).jpg


Blessed Lifeの誌上説教より
阿部先生の説教の前半。

「真のお母様の心情を相続して」
6年前のものです。

真のお母様と真のお父様、そして日本とのつながりとは?!


  
真のお父様は、お母様と共に顕現される


私は実体をもった主体の教主であり、
お母様は対象の教主です。
それで、私は第一教主、お母様は第二教主です。

……先生が霊界に行ったとしても、
お母様が地上にいれば、
霊界と地上界の統一圏ができるので、
いつでもお母様がいる地上に来て
一緒に暮らすことができるのです。


(『真の父母の絶対価値と氏族的メシヤの道』)


このように、お母様は「対象の教主」、
「第二教主」という立場に立たれ、
お父様は霊界に行かれても、
お母様のもとに来て一緒に生活しておられます。

「真の父母」とは、お父様お独りでは成り立ちません。
父母として二人が一つになってこそ成立します。

ですから、真のお母様が地上にいらっしゃるということが、
どれだけ感謝であり、重要でしょうか。


  
お母様の御聖誕を巡る霊妙なる天の摂理


真のお父様の誕生は復帰摂理上、
お生まれになった場所も時も全て摂理的な意味がありました。

真のお母様の誕生についても、
同様の重要な天の摂理がありました。

お母様の御聖誕(1943年)から70年後の2013年、
お母様が「古希」を迎えられると同時に「基元節」が出発しました。

「70数」には、七千年(聖書における六千年人類史+千年王国)の歴史を
70年間で総蕩減したという意味があります。

それでは、1943年という年、いったい何があったでしょうか?

 
お母様の誕生直後のようすについて、
洪順愛(ホンスネ)大母様の証しがあります。


お母様は1943年1月6日早朝4時30分に誕生されました。
……最初のわかめスープを飲んで、お母様を抱いて眠ったのですが、
角の生えた真っ黒なサタンが迫って来て、
お母様を殺そうとしました。

私は『サタンよ退きなさい。
この娘は私にとってとても大切な娘なのに、
おまえがなぜ殺そうとするのか』と叫びました。

(約一か月後、夢に主が現れ)
『心配するな。この赤ん坊は主の娘であり、
おまえは乳母のようだ。
乳だけちゃんと飲ませて養育しなさい』とおっしゃいました。


(『真の愛の勝利者』)


お母様の御聖誕を巡って、
神様とサタンが奪い合いをしたというのです。

 
また、お母様が誕生された年、
お父様はどこで何をしておられたでしょうか?

日本に留学し、「原理解明」のために精誠を尽くし、
「メシヤとしての内的基台」を立てておられたのです。

真のお父様が「原理」の根本と
サタンの正体や罪状を解き明かされた時に、
真のお母様が誕生されたということです。


  
お母様の70年、日本の70年

真のお母様は過去、現在、未来の全ての女性を
代表した立場でお生まれになりました。

お母様の誕生によって、女性の歴史は大きく変化しました。 

お母様が誕生された時から
「女性の祝福圏」が始まったというみ言があります。


地上に永遠の基台として相対者を立てることが、
統一教会で言えば聖婚式であり、
1960年のきょうでした。

第一次世界大戦以後の70年間は女性の運勢圏です。
……それは70年間、地上で許しを受けた
女性の祝福圏です。

その祝福圏は、真のお母様がこの地上に生まれ、
その真のお母様を中心として
始まらなければなりません。


(『真の御父母様の生涯路程4』)



1943年10月、お父様は日本留学(早稲田大学附属早稲田高等工学校)を終えて
韓国に戻られるとき、

「この地(日本)から神のみ旨のために立ち上がる
青年を立たせてください」


と、日本のために切実に祈られました。

それは日本宣教の内的基台を立てられた瞬間であり、
そのとき、日本宣教の歴史が出発したとも言えます。

お母様の70年と母の国・日本の70年は、
深いところでつながっているようです。

『祝福家庭』76号(2015年 春季号)
誌上説教
真のお母様の心情を相続して

阿部美樹・教会成長研究院 院長(当時)

(blessed lifeより)


「真のお父様は、お母様と共に顕現される」
このことは、はっきり知らなければならないと思います。
お父様ご自身がみ言で語られているわけですから。。。

また、お母様がお生まれになった1943年は、
お父様の日本留学中でした。
つまり、大母様の胎中にいるときから誕生まで、
お父様が日本を実体で愛され、
原理を解明されているその時と重なります。

お父様は、帰国時に日本のために祈りを捧げられておられますが、
そのように留学中も祈られ投入されたことでしょう。

そのようにお父様が日本で精誠を立てておられた
お母様の誕生から70年後の
2013年、基元節が出発している。。。

「真のお父様は、お母様と共に顕現される」
真のお母様の誕生の時から、
真のお父様と真のお母様は、すでに
つながっていたとも思えます。

だとすれば、基元節から8年を経て、この78年間、
日本の天運は、お母様とともにある、
そのことを改めて自覚したいと思うのです。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:50 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月10日

神は責任をもつ! 私が原理的か、非原理的なのかが問題 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



210810-Dore-MosesStriking-theRock-inHoreb.jpg
モーセが岩を打って水を出す(ホレブ)


李耀翰(リ ヨハネ/イ ヨハン)先生のみ言。
今回は、『蕩減生活を通して本然の人間に』です。


心情の誘発が、原理的か非原理的かが問題です。
それによって、蕩減条件をつくるか、
讒訴条件をつくるかが決まるのです。

蕩減条件を積んでいなければ、何年たっても、
理論的知識はもてても、霊的には成長できません。

なす業が、蕩減条件を結んでいるかどうかが問題です。
自分の生活を、原理的に分析しなければなりません。

環境によって刺激を受けると、簡単に処理してしまって、
歴史的、未来的内容を見つめようとしないことが多いのです。


イスラエルの人々は、モーセが人を殺した時、
その意味を考えずに、人殺しだとしてしまいました。

ある事件を、その時間圏内のものとしてのみ判断してしまい、
深い意味を考えなければ、蕩減条件にはなりません。

それでは神の立場から見る情を誘発できないし、
苦労しながらも、信用されない結果となってしまいます。


自分の原理的基準を、どれほど生活に適用し得るかが問題です。

サタンの血統にある私たちは、ある人がそこにいる時は、
どういうこともなく、いなくなると尊敬し、寂しがるのです。
だから、過ぎ去ったあと、「しまった」と思うことが多いのです。

原理的基準を、どれだけ責任をもって生活に展開し得るかです。
主に対した心情を、兄弟に対しても展開し得るか。

主には忠孝を尽くしても、兄弟に対しては
無責任になってしまうことが多いのです。


内的決心が、どれだけ生活にでき上がっているか。
どれだけ実行されているか。

自分さえ勝利できれば、生活さえ勝利できれば、
付き合っていた相手は復帰されてくるのです。

自分をどう取り扱うか。
神の立場から見た私とするのか、それとも
私の立場から見た私とするのか。

全体の中の自分として、どれだけ仕事に
責任をもっているかを反省しなければなりません。


人を伝道する時、霊的に真心を尽くし、誠意を尽くせば、
神が責任をもつのです。

三度真心を尽くして訪問すれば、神が責任をもつのです。
何も言わずに、涙を流しただけでも復帰できるのです。

神に到達する祈りは、み旨を思い、
真心を尽くし、涙を流す祈りです。
そうすれば必ず聞かれるし、その心情を取って神は摂理できるのです。

1.牧会
「蕩減生活を通して本然の人間に」
信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則「心情開拓」李耀翰
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


私の一挙手一投足も
『神が成す私である』ことを自覚すると
神が主管する私になる、というのです。

今、天寶家庭の登録をしていますが、
この取り組みも教会に責任を持つ者としても
簡単なことではありませんが、
地区、さらには、日本全体を考えても、
お盆返上でやらざるを得ない立場です。

こういうことも、神様・真の父母様の前に行う
貴い聖業である、と自覚していくことが
どれほど重要であるか、と思わされます。

神様が働かれる私になれるように、
今日も一日、精誠を尽くしていきたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:18 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

文総裁の「真実」を証し、数々の勝利を支えた英雄の証し 《朴普熙先生・講演》



190114 19840626.jpg


昨日、お母様の代役で朴先生がスピーチの準備をされていた、
そのような証しをしましたが、
朴先生は、日本の責任者として、
国内で「希望の日講演会」をされていたことがあります。
その時のスピーチを紹介します。


 36家庭の朴普熙(パク・ポーヒ)先生(1930〜2019)による講演
 「青年よ行け、そして世界を救え」。

 朴普熙先生は1957年入教後、1961年に駐米韓国大使館の
 陸軍武官補佐官として米国に赴任。
 1972年以降、38年間にわたり文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の特別補佐官を務め、
 「ワシントン・タイムズ」社の初代社長をはじめ
 統一運動の重職を歴任されました。

 同講演は朴普熙先生を知る世代のかたはもちろん、
 二世・三世の若い世代の皆さんにも
 ぜひ読んでいただきたいメッセージです。


  人は何のために生きるのか?

尊敬する日本の皆様。
特に、青年、学生の皆様。

本日、この希望の日青年大会にこのような満場の
盛況を博してくださいまして、誠にありがとうございます。

私は今日、尊敬する皆様の前に立つことを、
特に未来を担う青年、学生の皆様に語ることを
無上の喜びと思うものでございます。

若い皆様の前に立ちますと、
私も何となく、若くなるような気がいたします。

特に、私は本日、皆様に「真実」という
アメリカ合衆国議会での記録映画をご覧いただきましたが、
私にはこれほど感激的なことはありませんでした。

あの勝利があったがゆえに、私はアメリカで牢屋に行くのを免れました。
正に神の助けでございます。
私は殉教の精神でアメリカの国会に入りました。

17年前に起こったあの事件の記録映画を、17年後の今日、
若い皆様に見ていただくとは、夢にも思いませんでした。
これもみな神の計らいでございます。

アメリカの現代の政治歴史は、フレーザー委員長のあの敗北から、
アメリカのリベラル派は弱り始めました。

統一運動の一環である勝共運動は、新しい運勢を引き起こし、
ついに私があとで語る保守レーガン時代を、
そして共産主義解放時代を迎える雰囲気になったということでございます。

 
青年、学生の皆様。
私たちは、どこから来て、どこへ行くのですか?
人は何のために生きるのですか?

人は必ず人生に何回か、このことを考えるのでございます。
歴史上において哲学者や宗教家たちが、
様々なアプローチで、この問題に取り組んできたのであります。

ところが、統一教会の創始者、レバレンド・サン・ミョン・ムーンの
「統一原理」が現れるまでは、
これに対する、はっきりした解答がありませんでした。

私は今日、その解答の一部を皆様に語りたいのでございます。

皆さん。
考えてみましょう。
 
皆さんは今、どこへ行くのですか?
皆様の人生の目的地はどこですか?
一口に答えられないものがあるのでございます。

私は今日、皆様が人生の航路と目的地を定める前に、
必ず何を知るべきかを一つ、一番初めに語りたいのでございます。

(光言社・刊
『青年よ行け、そして世界を救え』より)
1996.3.1発刊

【新連載】
青年よ行け、そして世界を救え
21世紀の青年運動への提言(1)

(blessed lifeより)
1978.3.22朴普熙氏、米国議会で第1回証言


流暢な日本語でスピーチされていた
朴先生を思い起こします。
内容もとてもわかりやすいものでした。

今回は、本題には入っていませんが、
朴先生を通して、多くの学びを受けました。
再度、振り返っていきたいと思います。
お楽しみに。。。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:45 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする