2019年09月12日

「信仰基台」が立てば、「実体基台」は自動的?! 「親心」に入る 《蝶野部長7》



190912-20190906.jpg
サントメ・プリンシペ 孝情真の家庭祝福式(2019.9.6)☆


蝶野部長の夫婦講座、
続編です。


(堕落したのちの復帰原理の信仰基台ではなく)
人間の本来の成長期間の信仰基台だったら、
(それだけで、すでに)愛になっています。

人は苦労すれば愛に転ずるのです。
信仰基台だけで、愛がからっからだとしたら、
(それは、本来の信仰基台ではありません)。

メシヤのための基台としては、
外的な象徴的、数理的な内容なので、
よしとすることもできるでしょう。

失ったものを取り戻すのが、信仰基台です。
しかし失ったものが何だったのか、
よく我々はわからなかったということになるかもしれません。


信仰基台とは親心に達することです。

間接主管圏は、神様を愛する喜びで成長していきます。

親心の中に入っていくと、
目の前にいる人、横にいる人を愛したくなるんです。
つまり信仰基台が立てば、実体基台は自動的なんですね、ほんとは。


ところが原理講論では、
「信仰基台は成功して実体基台は失敗した」と書くので、
私たちは、「信仰基台を立てたから、あとは実体基台ね」
(という言い方をしますが)
それは信仰基台の立て方が間違っているので
展開しないということなんです。

なぜ、「信仰基台」が成功したという風に表現されたかというと、
「メシヤを迎えるための条件」だったからです。


みなさん、本当は自分作りのことなんですよ。
自分を作る話なんですよ、信仰基台、実体基台は。
自分を作る条件なのにお百度参りのような感覚に日本人はなっている。

何かを起こすために立てる条件。
違います。

創造原理は、信仰基台は、「成長して完成」だから、
私を作る条件のことなんですよ。
(そういう意味では、統一原理から)
統一思想に切り替えていかなければなりません。

信仰基台の立て方が間違っている。
メシヤを迎えるための条件だから、
成功、失敗(という言い方が出てきます)。


ですから皆さん、
子供がお母さんをめちゃくちゃ愛して成長していたら
お母さんの情に立つでしょう。
そしたらブーブー言う兄貴を愛することができるわけなんですよね。

なぜかというと親心に入っているからです。
それが信仰基台、実体基台です。
だからめちゃくちゃ親を愛してるんだけど、兄貴は愛せません
というのは、絶対ないです。

ですから復帰原理においては、堕落性を脱ぐための蕩減条件というのが
ここに加わって来るんですね。
男性を立てるために信仰基台を立てるからです。


一連のことを考えてみた時、信仰というものがそれなりにあるならば、
必ず愛という形に展開しているはずです。

もし愛せないという思いがあるならば、信仰基台が弱い、
あるいは間違って立てている、
あるいは、立てることによって自分が強くなっている。
おれは昔このようなことをやってきたんだ
というのが強くなってきている。。。

これは信仰基台とは逆の立て方になっています。
自分がなくなっていくというのが、(本来の)信仰基台です。

親を愛する、親の気持ちに入っていくから、
困った兄弟がいれば親の気持ちで愛します。
(それが)原理です。

信仰基台というのはめちゃくちゃ簡単よ、
皆さん、親心の話です。

親を愛して愛して、親の心に入ったら困っている人を
親の気持ちで愛せる親の愛する兄弟を愛せるでしょう。

本当の親孝行というのは、親を愛する子ではなくて、
親が抱えて困ってる、
「お前はいい子で家にいてくれて教会にも行ってくれる。
だけど長男は家を出ていない」
そういうお兄ちゃんを、親の心がわかって訪ねていく子供が
実体基台を立てようとする子供の位置なんですね。


だから私たちは配偶者に対して、真のものが出てこないというときに、
神様を愛していないということがバレているということなんですね。

こういう話は、ぱっと初めて聞いてもわからないが、
原理を通してみれば、明白にわかるようになるのです。



信仰基台が一番重要である、ということ。

確かに復帰原理では、「信仰基台が成功した」
そのように講論では記述されているし、
私たちもそのように習ってきたし、
そのように教えてきてしまいました。

しかし、よくよく考えたら、
蝶野部長の語られるように、
メシヤを迎えるための基台造成のため、
あくまでも条件的、象徴的勝利であり、
本当に信仰基台が立っていたら、
(ほぼ自動的に)実体基台が立つのです。

そして、「親心に入る」ということ。
天一国時代に入り、
また、二世、三世、と信仰を相続するにおいて、
このことは、本当に重要だと思いますし、
今の日韓問題にしても、
お互いに親心があれば、解決できるのにと思わされます。
やはり、お母様の語られるように、
神様に対する信仰、心情圏を持つことが
重要であると思うのです。

続きます。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:00 | Comment(0) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

2世たちは「本音」を言わない?! そして、夫や妻たちは・・・ 《橘先生》



190905.jpg


橘先生のコラム
「本音を言わない」
この表題に目が留まったので、読んでみました。


「空気を読む」などという言葉は
いつ頃から使われるようになったのでしょうか。

周りの雰囲気に合わせて言葉を選び行動を取る。
一頃はそれができないと「KY」(K=「空気」、Y=「読めない」で、
「空気が読めない」または「空気を読め」という意味)と否定されたものでした。

もちろん、他者への配慮は大切ですが、合わせることばかりに疲れて、
一人でいることを好む若者たちも珍しくありません。

ずっと周りに気を使い続けた結果、
自分の本心がよく分からなくなっている人もいるでしょう。
嫌われることを恐れて本音を出せないのは、つらいことです。


数年前ある二世リーダーが、礼拝の説教でこう言いました。

「二世は皆、本音を言いませんよ」
その断言に驚きましたが、彼はその理由としてこう続けました。
「二世は親が十分苦労しているのを見ているから、
心配をかけまいと本音を親に言わないのです。
皆善い子だから」

その“いい子”たちも、そのまま行けば当然限界が来ます。

幼いうちから神様や真の父母様、霊界、統一原理を
教えられて育ってきた彼らは
「かくあるべき」がしっかり心に刻まれています。

けれど、現実の心は成長途上にあり、その貴い観念についていきません。
怒ったり、悔しかったり、反発したり、うらやんだりします。
それら“いけない思い”をしまっておけば、本人がしんどいだけでなく、
心の成長の妨げにもなるかもしれません。

早いうちに安心して本音が言える環境やタイミングがあれば幸いですが、
ネガティブなことを口にするのは良くないという価値観の中で、
成人し、社会人になる子もいるでしょう。

「何でもいいから言ってごらん」と促されても、
その一言を発するには勇気が要るかもしれません。
“いけない思い”を持っている自分は、本当は“ダメな子”と認識しているからです。

実際は、あの二世リーダーが言ったように、“善い子”なのですが…。


二世に限らず、ネガティブなことも含めた本音が
安心して言える環境があればと思います。

不平不満や悪口を吐き出し合う場ではなく、
「ああ、そんなふうに思うんだね」と
評価無しにそのまま受け止め合える場。
本音を出して受け止めてもらってこそ、前進できるのです。

「妻が幸福の原則を実践すると、
夫がそれまで封印していた本音が飛び出す時がある」と
講座でお話ししていますが、夫は話しても大丈夫と感じたから吐き出します。

そしてそれを妻が全部受け止めると、
夫婦関係はより近しくなり愛が一層育まれます。
 
夫婦以外の人間関係にも、同様のことがあるのではないでしょうか。

夫婦愛を育む 80
本音を言わない
ナビゲーター:橘 幸世



「本音を言わない」、というのは、
二世リーダーの説教の内容だったんですね。。。

2世は本当に、「本音を言わない」のか
だとしたら、いい子だから良いようですが、
もしかしたら、問題も抱えているかもしれません。

いろんな親子があっていいでしょうが、
関係は深めていく必要があると思いました。

うちの子供たちをみていると、
「本音を言わない」という
そのメッセージは、当てはまらないようにも思います。

娘はそれなりに、頑張っていますが、
なんでもしゃべります(笑)。
特に妻には、思っていることを
ほとんど何でも話しているのではないでしょうか。

この前も宿題をしているのか、
自分の話をしているのか、
鉛筆を持つ手よりも、口が動いていましたね。

ただ、それを人前で、学校や教会などで
出しているかというと、
空気を読んで、いい子でいるのが
現状かもしれません。

橘先生は、夫婦との関係、
また、人間関係においても、
本音を言える関係の重要性を話しておられます。

私も妻も思っていることは、(おそらく)
ほとんど話しているのではないか、と思います。
(少なくとも私の方は、そうです。)

夫婦の関係がより深まったのは、
このブログの恩恵であるとも思いますが、
やはり、夫婦が本音で話せることが、
他の人間関係においても、応用展開、というか、
よりよい関係を築けるのではないか、と思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:53 | Comment(1) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

縦軸が大事! ただし、み旨中心ではなく、愛を中心として一つとなる?! 《蝶野部長6》



190828.jpg


世界や人類を愛する以上に、
神様を愛することに気が狂っている




蝶野部長の夫婦講座、続編です。


(祝福家庭の)夫婦の価値というものに我に帰らなければなりません。

ただこの世の幸せを求めてきた、というのは普通の夫婦にすぎません。
一般の結婚より、不倫、離婚がないかなという動機だと、普通の夫婦です。
自分に都合がよい、愛されたいという動機が変わってないまま。。。
配偶者を普通の男女と見ているだけ、ということになります。

だけど(祝福を)受けたから無原罪。
無原罪だけど、普通の夫婦と同じという家庭が量産されていく、
これは滅びの兆候があると思うのです。

祝福の価値にかえっていくのです。
自分の生い立ちのレベルで、配偶者を愛するのではありません。
心理学的レベルでは限界があります。

自分の相手はただの男、女じゃない、神様です。
祝福を受けたということはそうだということになります。
私の神様。

法廷論的には、血統に関してはサタンは讒訴できません。
無原罪だと言われれば無原罪です。
(ただし)本当の子どもなら親の心を通して全てを見る、
自発的な心があるはずなのにそうではない、
しかし戸籍には入ったという立場です。

本当の意味で心情を完成させなければ、
血統転換の最後を締めくくることにならない、
ということになるんだと思います。


神の価値で相手を見る、
ともにみ旨を歩んだ運動体同志ではなく。
お父様は行動や運動体を通して一つとなれと言っていない、
愛で一つとなるというのです。
(これは)レベルが高い。

(私たちの祝福は)蕩減祝福であるが、創造(再創造)も入っているのです。
蕩減は再創造のためであり、蕩減のためだけの祝福はありません。

(「掃除」を例にとると)掃除が目的ではなく、部屋をきれいにするためです。
蕩減、穴埋めが好きというのはおかしいのです。
蕩減は自分が作られていくためのものです。

蕩減、穴埋め、清算が好きというのは異常なのであって、
真人間に成長して、神になるために摂理的には蕩減があるのです。 
自分がつくられていくための蕩減です。


(祝福家庭の)夫婦も、蕩減のためだけに
マッチングを信じてすべてを投げうちました。

2世は、(そのような)1世の信仰は凄いと言います。
しかし、「両親を見ていたら愛は見えない。
歩みはすごいけど、愛がない」(というのです。)

(逆に)2世を見れば、縦があれば鬼に金棒だが、縦が薄い、
縦的なものを入れていかないと、
ただ受けただけでは手放しで喜べません。

しかし1世の祝福は、こんなに夫婦が真反対でも
離婚の率は格段に少ないのです。
ということは縦がある(ということです)。

縦だけだと愛はない、縦を誇っても2世はしらけるだけなので、
あまり過去の歩みを誇るのはやめましょう。
メシヤを迎えるための武勇伝。。。


なぜ私たちが苦労の道を行って、ここまで犠牲をして、最後霊界で
お父様と会おう、という群れになっているんでしょうか。
それは、お父様がブレなかった理由と同じですよ。

お父様の強靭な忍耐力と信仰はなぜあるのか、
「先生は君たちや世界を愛するためにやっているという以上に
神様のことで気が狂っているからだ」とおっしゃいました。

つまり縦軸があるわけですよ。
神様のことで気が狂っているから、どんなに反対されてもあまり動かないのです。
なぜ?横は気にならないのです。

横に関心が行ったとしたら、慰められようとしたら、
一発で世間体を気にするようになります。
お父様の心には、神様を慰めることしかなかったので、
興南に行く時も、真っ先に神様を慰めたというんですね。



自分の家族を置いて、献身してきた私たち。。。
でも、本当は、氏族を伝道しなければならない、
そのようなみ言もありましたし、
親から反対されたとしても、み言を伝えなければなりませんでした。

お父様は、10日に一度、親に手紙を書け、
とおっしゃられました。
親を愛した条件を立て、み言を伝えるためでした。

ですから、一世である私たちも、
本来は氏族復帰をしながらみ旨を歩む、
そのような立場であったと思います。

ただし、お父様は、愛したくても愛せませんでした。
すべてを神様のため、そして私たち人類のために
尽くしくださり、現在の
愛すべきものを愛することができる
時代となったのです。

実際、当時は私たちにおいても、
厳しい現実がありました。。。

いくら親を愛していても、
この道に進むことを反対されたのなら、
神様に背を向けることはできない、というのが
私自身の本心の叫びでした。

このようにお父様が、何よりも神様を愛していかれた、
狂ったように神様を愛された、
その道が何よりも貴いし、
お父様が歩んでくださったので、
私たちも相続することができるのだと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:01 | Comment(3) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする