2019年11月10日

お父様からの直伝、人を「耳」で愛する?!  《浅川先生の自叙伝講話》





浅川先生の自叙伝書写講話。
今回は、「耳で人を愛する」です。
まず、自叙伝のみ言からどうぞ。

私は本当に人の話を聞くのが好きです。
誰であろうと自分の話をし始めると、
時の経(た)つのも忘れて聞くようになります。
十時間、二十時間と拒まずに聞きます。

話そうとする人の心は緊迫していて、
自分を救ってくれる太い綱を探し求めるのです。
そうであるならば、
私たちは真心を込めて聞かなければなりません。

それがその人の生命を愛する道であるし、
私が負った生命の負債を返す道でもあります。
生命を尊く思って、敬い仰ぐことが一番大切です。

(うそ)偽りなく心を尽くして人の話を聞いてあげるように、
私自身の真実の心の内も真摯(しんし)に話してあげました。
そして、涙を流してお祈りしました。


(自叙伝150〜151ページ)


幸福はどうしたら得られるのでしょうか。
愛することによって得られます。

夫婦は互いに愛し合えば幸福になれます。
親子は愛し合えば幸福になれます。
嫁姑(しゅうとめ)も愛し合えば円満になれるのです。

ところで、愛するというと、
一般的には相手に尽くすことを意味しています。

例えば、誕生日などにプレゼントするとか、
マッサージをしてあげるとか、
品物や手足を使って尽くすことです。

手足ばかりではなく、言葉でも人を愛せます。
愛のある言葉、優しい言葉、励ましの言葉をかけるのも愛することです。

笑顔でも人を愛せます。
母親のほほえみは、一瞬にして子供を元気づけます。
眉毛、目、口、頬が、丸くなって愛を表現します。
顔は人を愛するためにあるのです。

ところで、顔にはもう一つ、
人を愛するための大切な器官があります。
耳です。
正に、耳よりな話です。


文鮮明(ムン ソンミョン)先生は、
「心を尽くして人の話を聞いてあげる」ことが、
愛の実践であると言われます。

「私たちは真心を込めて聞かなければなりません。

それがその人の生命を愛する道であるし、
私が負った生命の負債を返す道でもあります。

生命を尊く思って、敬い仰ぐことが一番です」
(自叙伝150〜151ページ)



ところで、話の聞き方には二つあるようです。

一つは、自分のために人の話を聞く場合です。
自分のために人の話を聞く、というのはちょっと奇妙な感じですが、
実は多くの人がそうしているのです。

商品を販売したり団体に勧誘したり、
自分のために人の話を聞く場合です。
この場合は相手の話を聞くのが目的ではなく、手段となっています。
自分の利益のために話を聞くのですから、
無益と判断すれば話を打ち切ります。
時間がもったいないからです。

また、自分が愛されるために人の話を聞くこともあります。
この場合は、自分にとって耳触りの良い話は聞きますが、
気分を害する話なら耳を閉ざします。
自分のために聞いているからです。


文鮮明先生は真(まこと)の愛で多くを語り、多くを聞かれる方です。
人の話を、心を尽くして聞いてあげる方なのです。
聞いてあげることが愛の実践と思われているようです。

私たちの不幸は、それができないことによって生じています。
自分のために人の話を聞くので、
話によっては、不快な気持ちになってしまうのです。

また、相手の話を途中で折って、自分の主張を聞かせようとします。
人の話を最後まで聞かずに、
自分の思い込みや決めつけで相手を裁いてしまうこともあります。
これらは自分のために話を聞いている結果なのです。

もう一つの聞き方は、相手のために話を聞く、聞き方です。
では、相手のために話を聞くとは、どのような聞き方なのでしょうか。

文鮮明先生の言われる
「心を尽くして人の話を聞いてあげる」とは、
どのような聞き方なのでしょうか。
それには、三つの聞き方があるのです。

 
浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第五章 心を尽くして人の話を聞いてあげる


お父様はみ言を語られるチャンピオンであるとともに、
人の話を聞く、チャンピオンでもありますね。

人によっては、毎回同じ話をする人がいます。
こちらとしてはうんざりしてしまうのに、
それでも話し続けます。
そういう時は耳が受け付けなくなりますが、
それ以前に心が受け付けない、ということなのでしょう。

お父様は、
「十時間、二十時間と拒まずに聞きます」
と語られています。
この基準は凄まじいですね。

愛のかたまりであるお父様。
私たちも目指していかなければと思います。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 09:12 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

姑が死んでも消えない思いとは?! 幸せをはばむ3つの「れる」 《浅川先生》



191016-20190921.jpg


浅川先生の自叙伝書写講話です。



自分と人を苦しめる“横綱級の心”があります。
番付表ではいつでも上位を保っています。
「怨(うら)み」です。

怨んで幸福になった人はいません。
怨みとは誰かを怨むわけですが、実は怨む心が自分を苦しめているのです。

怨みの恐ろしさは、
相手がこの世から消えることを望む思いに進化することです。


お姑(しゅうとめ)さんの命日になると
必ずお墓参りするお嫁さんがいたそうです。
それはそれは、熱心に供養しています。

住職さんは、いまどきのお嫁さんにしては見上げたものだと、感心していました。

ところが、ある命日のことです。
供養が終わってから、お嫁さんが住職に悩み相談にきたそうです。
その話を聞いて、住職さんは仰天しました。

「実は、私は姑の命日がくるたびに苦しんでいるのです。
供養の最中、姑が私に浴びせた暴言を思い出して、
怨みが湧いてきてしまうのです。
どうしたらいいのでしょうか、もう耐えられません」。

姑が亡くなっても嫁の怨みの心は無くならなかったのです。
怨みとは相手が死んでも残存する恐ろしい不治の病なのです。


人は病気になれば、必ず病院に行き、重症であれば入院して手術を受けます。
悪い菌を取り除いたり、腫瘍を切り取ったりします。

ところが、人は不思議なことに、心に付着した腫瘍は取り除けないのです。
悪なる心をしっかり身につけて離しません。
愛蔵品のように大事にしまっておく人もいます。

悪なる心は、あまりにも大切にされるので、
すっかり居心地が良くなって、心に居座っているのです。

日頃は、おとなしくしていますが、
いざとなると激しく活動して“残業”もいといません。
心の持ち主を不幸のどん底に落とすためなら何でもします。

人を傷つける暴言を送信し、
他人の叫びは受信せず、自動消去します。
たちの悪いスマートホンのようです。

このように、苦しみは自分自身の悪なる心が発動して生じているのです。


しかも、悪なる心は、持ち主を
三つの「れる」に拘束して、死に至る病にかからせます。

三つの「れる」とは、まず、
過去の怨みに、「とらわれる」です。

次に、今の苦しみに、「さいなまれる」です。

そして、未来を「恐れる」です。

過去の出来事のために、現在を失い、
まだ来てもいない未来も失うのです。

「あすも、きのうと同じようにひどい目に遭うに違いない」
と、恐れを抱き、希望を捨てるのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第二章 愛の刀で苦悩を断ち切る
自分と人を不幸にする心








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 11:00 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

「私の不幸の元凶は、この人と結婚したから」・・・ではなかった?! 《浅川先生》



190913-20190906.jpg
サントメ・プリンシペ 孝情真の家庭祝福式 2019.9.6☆


浅川先生の自叙伝書写講話。
本日は、「幸せをもたらす心、不幸をもたらす心」です。


私たちは誰でも幸福を求めて生きています。
幸福は愛することによって得られます。
それは当然のようですが、愛して本当に幸福になれましたか?

妻として献身的に夫に仕えたのに、
感謝されず黙殺されたことはありませんか。
そのとき、憎しみをもちませんでしたか。
夫のせいで不幸にさせられた、と思い込んでいませんか。

もし夫が不幸の原因であれば、あまり希望はありません。
なぜなら、夫がこの先、十年、二十年、
妻が願う性格に変わらなければ、幸福になれないからです。
しかも、夫の変化を期待しているうちに、お迎えが来るかもしれません。

しかし、ご安心ください。
不幸の原因は、夫のせいではありません。

原因はあなた自身の心にあるのです。
ちょっときつい言葉で言えば、あなたの幸福を求める心が意志薄弱なのです。
「愛の心で苦悩を断ち切る」ことができなかった結果なのです。


人間には二つの心があります。

一つは、自分と相手を幸福に導く心。

一つは、自分と相手を不幸に陥れる心。

自分と相手を不幸に陥れる心とは、
憎しみ、過度な怒り、怨み、嫉妬、不平不満、
自己卑下、落ち込み、そして、他のせいにする心です。

これらの心は悪性腫瘍(しゅよう)のようなものです。
私たちの苦悩は、悪性腫瘍のような心からくるのです。
人のせいではなく、自分自身の悪性の心から生じているのです。

夫が妻に暴言を吐いた場合、妻は夫のせいで傷ついた、と思い込みます。
そうではありません。
夫の言葉に対する妻の怒りの心が自分を苦しめているのです。
許せないと思う心が自分を苦しめているのです。

その証拠に、窓ガラスに向かって
「ばかやろう」と何度怒鳴っても傷つきません。
窓ガラスには怒りの心がないからです。
夫婦の口論で窓ガラスが割れたら大変なことになります。
毎日夫婦喧嘩する家は地震が来なくても倒壊します。

人は相手の言葉を自分の心で受け止めてから反応しているのです。
その心の反応が、憎しみや怒りになったとき、その心が自分を苦しめているのです。

プライドの高い人は、「ばか」と言われると怒ります。
自分は賢いと思い込んでいるからです。
しかし、自分は「ばか」だと思っている謙遜な人は、
腹がそれほど立ちません。
事実を言われただけだからです。


*自叙伝「平和を愛する世界人」より

私に取り柄があったとすれば、神を切に求める心、
神に向かう切ない愛がそれだったと言えます。

いつ、いかなる場所でも最も大切なものは愛です。
神は、愛の心を持って生き、苦難にぶつかっても
愛の刀で苦悩を断ち切れる人を求めて、
私を呼ばれたのです。

私は何も自慢できるものがない田舎の少年でした。
この年になっても、私はただひたすら
神の愛だけに命を捧げて生きる愚直な男です。

(自叙伝67ページ)


(まこと)の愛とは、
自分の命までも捨てることができるものです。
そこにはいかなる計算もありません。

母鳥が命を捨ててまで雛(ひな)を守ろうとする
その心は、真の愛そのものです。

父母はいくらつらくても愛の道を行きます。
愛の前に自分の命を投げ出していくのが
父母の心であり、真の愛です。

(自叙伝219ページ)

浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第二章 愛の刀で苦悩を断ち切る
幸せをもたらす心、不幸をもたらす心



「原因は私自身の心にある」
なかなか厳しいみ言ですが、
これが事実であり、真実だと思います。

お父様の「栄光の王冠」の詩にもあるように、
お父様ご自身もそのように徹してこられました。

相手のせい、人のせいにしたらキリがありません。
全てが自分の責任である、そう受け止める人こそ、
また、神様の心情を本当に実感している人だと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:03 | Comment(3) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする