2019年09月07日

人を救うのは、自分を救うこと 力が出ないときは、為に生きよう! 《浅川先生》



190907-20190817.jpg


浅川先生の自叙伝書写講話。
感動的な実話を通して、真の父母様と
私たちの関係をわかりやすく紹介しておられます。

実話は少し長いのですが、どうぞ。



ある中学教師の忘れられない思い出

神様と人類と文鮮明先生の立場を想起させる感慨深い実話があるので紹介します。

市販の雑誌に掲載された、ある中学教師の忘れられない思い出です。
女性教師は、中学生の文集に、一つの俳句を見つけて衝撃を受けます。

 「母恋し夏の夜空となりにけり」

これを作ったのは中学二年生のA子でした。
病気のために母親が亡くなったのです。
残されたのは、中一の妹と四歳の弟、父親と七十を超えた祖母でした。
家事の一切はA子の肩にかかってきました。

最初は、弟の母親代わりとして努力をしましたが、
やがて耐えられなくなりました。
中三になり受験の重荷がかかると、心も生活も乱れ始めました。
マニキュアをつけ、パーマをかけて、
理由のない欠席をするようになりました。

女性教師は、A子の担任となりました。
ある日、欠席した彼女から電話がきたのです。

あまりにも苦しそうな声だったので、
昼食のおかずを買って家に飛んでいきました。
布団を被ってA子は涙をぽろぽろ流しながら訴えました。

「こんな家、おもしろくない。みんな幸せそうなのに、
なんで私だけこんな苦労せんといかんの。
成績も下がる一方、高校は行きたいのに──
でも、この家に居おったんではあかん。
先生、わたし、家出したい……」。

教師は泣きじゃくるA子を励ましながらも、
どうすることもできない空しさに襲われました。
クラスの子たちは、自分のことで精いっぱいで、
派手な振る舞いをするA子に近づく者はほとんどいませんでした。

教師はA子のことを考えるたびに落ち込むばかりでした。
教師の顔から明るさと笑顔が消えていきました。


そんな日々が続いているときのことです。
教師が廊下を歩いていると、同じクラスの香織という子が、声をかけてきました。

「先生、私にA子さんを誘わせてください。
明日から毎日A子さんを誘って歩いてきます。
私の家より向こうだけど誘いに行きます。
先生がA子さんのこと、とても心配している気持ちよくわかるんです。
今、私にできることは、A子さんを毎朝誘いに行って、
せめて欠席のないようにすることだけです」。

教師は驚きながらも、喜んで頼みました。

それからの出来事は教師が一生忘れられない感動を
呼び起こすことになったのです。
教師は語っています。


 A子は最初の日びっくりしたという。
 しかし感激の方が大きかった。
 私のことなんか誰も……と思っていた時に香織の朝の誘い、
 そしてそれは三月の卒業までずっと続いたのだから。

 歩く仲間は増えた。
 一人増え、二人増え、三月には五人の友に囲まれて、
 嘘(うそ)のように元気な明るいA子の姿が見られるようになったのである。

(香織さんありがとう)私は何度心の中で叫んだかしれない。

 無事高校入試も終わり、A子も見事希望高校に合格。
 喜びの中で中学の卒業式を迎えた。
 この日、式場へ移る前に、私は教室へ足を運んだ。
 教室の中は喜びに沸き、ひとりひとりの満足しきった表情を見て、
 私は思わず涙をこぼしてしまった。

 そんな私の前へ、つかつかと香織が歩み出て来たのである。
 (香織さん、本当にありがとう)手を差し伸べながら私が言おうとした時、
 それよりも早く、彼女の口から、
 「先生、ありがとうございました。
 A子さんと歩かせてくれてありがとうございました」という言葉が飛び出たのである。

 私はとまどった。
 そんな私におかまいなしに香織は続けた。

 「A子さんと同じクラスになれて、A子さんと歩けたことは、
 今の私にとってこの上なく大きな幸福であったと思っています。
 歩きながら、私は本当にたくさんのことを考えさせられました。
 A子さんと歩いて、自分の心が素直に開いていくのを感じたのです。

 自分勝手でわがままだった私を変えてくれたのは、
 A子さんとの出会いなんです。
 先生、ありがとうございました。
 そして、A子さん、ありがとう」。

 教師として子供たちに接して十余年、これほど私の心を揺さぶった言葉はない。
 A子を見事に立ち直らせ、しかもそのことですばらしい心を育てた香織。

 苦しみを背負う人たちに係(かか)わって、共に歩むということは、
 自己中心的な考え方を多く持つ子供たちの中では、
 全く意味のないことと思われているに違いない。
 しかし、この香織の一言で私は大きく変えられた。

(PHPアーカイブス、私を支えた一言「PHP」ベストセレクション、
PHPスペシャル2月増刊号Vo1. 1、PHP研究所、22─25 ページ)

苦しみ喘(あえ)ぐA子が人類の立場。
A子を見つめて悲しむ教師が神様の立場。
教師の悲しみを思ってA子を救い、
教師を喜ばせた香織さんは文鮮明先生の立場。
そう考えてみたらどうでしょうか。

神様の喜びとは、苦しんでいる人を救うこと、なのです。
時として、私たちは自分が苦しみから解放されるために神様を求めます。
神様に寄りすがり、願います。

しかし、神様は目の前で苦しんでいる人を救うことを願われているのです。
もし、私たちが、自分の苦しみよりも、もっと苦しんでいる人に関心をもち、
心を向けてみたら、手を差し伸べてみたら、
きっと、神様はお喜びになるに違いありません。

だから、人類という言葉を、
夫や妻に、親や子に、嫁や姑に、そして、知人友人に置き換えてみましょう。

「苦しんでいる夫を救って、神様を喜ばせてさしあげなさい」

「苦しんでいる妻を救って、神様を喜ばせてさしあげなさい」

浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第一章 苦しんでいる人類を救い、神様を喜ばせてさしあげなさい


このみ言を読んで、昔お世話になった、
巡回師のお姉さんがよく話していた言葉を思い出しました。

「心霊基準が下がっている時ほど、
ために生きなさい。
そうすれば、自然と基準があがっていきます」

私も若い時、青年部のスタッフをしていて、
「自分なんて、必要ないな」と思った時がありました。

当時のアベルがそういう私の思いを察知して、
「毎日、トイレ掃除をするように」
そう言われて、実践していく中で、
自然とみ旨に投入するようになりました。

その時に、「おそらく、先輩も、
同じようなことをしたんだな」と思いました。


もちろん、為に生きることは、
どんな時にもするのですが、
基準が下がると何もしたくなくなるし、
「自分なんて、必要とされていないのでは」
そう思ってしまいがちです。

ために生きることは、
人のためにするのですが、
相手も周りも幸せになり、
さらに自分自身が一番恩恵を受けます。

また、そういう経験があれば、
基準が下がったA子さんのような人の
気持ちも分かると思うのです。
そして、思いつきで一回だけ為に生きるのではなく、
毎日続けていく。。。

元気な時はもちろんですが、
基準が下がり、力が出ないときほど、
よいことをする、具体的に実行し、それを
毎日のご飯を食べるように
継続するのがいいようです。

創造原理には、霊人体の成長(復活)は、
生霊要素と生力要素とありますが、
これは事実ですね。

私たちの生きる源は、
み言(真理)と愛の実践だなぁと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:44 | Comment(1) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

私を幸せにしてくれる人に出会いましたか? 素直に受け入れ、実行 《浅川先生》



190806-2012.07.19.jpg


浅川先生の自叙伝書写講話。
今回は、「幸福になるための三つの取り組み」です。


幸福になるためには、三つの取り組みが必要です。

三つとはどんな取り組みなのでしょうか?
知ってみれば、あまりにも単純明快です。
そして、当たり前のことです。


第一は、私を幸福にしてくれる人に出会うことです。

人生の幸不幸は出会いで決まります。
私を幸福にしてくれる確かな生き方を教えてくれる人と出会えばいいのです。

車の運転が上達したければ、上手な運転指導員と出会えばいい、
子供の成績をアップしたければ、優秀な家庭教師と出会えばいいのです。

「もう出会ったけど不幸になりました」と言わないでください。
多分、夫のことだと思いますが、大丈夫です。
これから出会う人だけでなく、既に出会っている
夫や妻、親子、嫁姑、職場の人たちとの向き合い方を
教えてくれる方との出会いです。

今、不幸でも、それを幸福に転換してくれる人との出会いなのです。
人生の真の教師との出会いです。


第二は、素直に耳を傾けるということです。

どんなに、ためになる話でも反発しながら聞けば心に入りません。
私を幸せにする人は必ず何かを諭してくれます。

古来、聖人といわれる人は必ず良い話をしました。
イエス・キリストやお釈迦(しゃか)様もそうです。
一生、無言だった聖人などいません。

語った教えが世界に拡大して今日でも大きな影響を与えているのです。
それを素直に聞き入れた人だけが、救われたのです。


三番目は、実践するということです。

花の種は蒔(ま)かない限り
絶対に芽が出ず、花も咲きません。蒔かない種は実らないのです。
どんなに、「素晴らしい花が咲くよ。実が実るよ」と言われても、
聞いただけでは、実りません。

素晴らしい話も、素直に聞いただけでは結果は出ません。
聞いたとおりに実践しなければ結果は出ないのです。
幸福の種は蒔かない限り芽を出さず、花も咲かないのです。


 第一に、私を幸福にしてくれる人と出会うこと。

 第二に、素直に話を聞くこと。

 第三に、実践すること。

この三つが幸福になる取り組みなのです。


浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第一章 苦しんでいる人類を救い、神様を喜ばせてさしあげなさい
幸福になるための三つの取り組み


三つの中で、一番重要なのは、やはり、
一番目「私を幸福にしてくれる人と出会うこと」
ではないか、と思います。

私たちは、すでにこの一番目を実現しています。
すなわち、真の父母様に出会いました。

また、人によっては、
「真の父母様」と呼ぶことができない、
そのような人がいると思います。

さらには、お父様とは正しく出会っても、
お母様とは、正しく出会えなかった。。。
そういう人もいると思います。

私たちは、正しく出会った者として、
残りの二つ、
素直に話を聞くこと。
実践すること。
しっかりと成していきたいと思います。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:01 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

幸せになれない人類の現状、浅川節で語ると。。。 《自叙伝講話+自叙伝のみ言》



190713.jpg


浅川先生の自叙伝書写講話。
今回から、後半部分(10話)がスタートします。
第一章として、
「苦しんでいる人類を救い、
神様を喜ばせてさしあげなさい」
を紹介します。


今、あなたは幸福ですか?

人は誰でも幸福を求めて生きています。
結婚するのは幸福になるためです。

この伴侶と結ばれたら
誰よりも幸福になれると確信して結婚するのです。
あえて不幸になるために、親族を集めて
披露宴をするカップルがいるでしょうか。
誰も参加したがりません。

女性は陣痛の痛みを乗り越えて子女を出産します。
しかも、母親は子供が夜泣きをすれば起き、
大小便の世話までしてあげます。
そんな苦労をしてまで子供を育てるのも幸福になるためです。

そして、子供が青年になったら、親の願いはただ一つ、
子供が幸せな結婚をすることです。

男の子が結婚すれば、嫁を迎えます。
そして、かわいい孫を育てます。
多くの孫に囲まれて最高の晩年を過ごすのです。
老後こそ人生で至福の時なのです。

では、死後はどこに行くのでしょうか?
決まっています。
天国、極楽浄土です。

このように、人はこの世でも、あの世でも、幸福を願っています。


でも、その願いは果たされていますか?
あなたは、今、至福を家族で味わっていますか?

あなたのお父さん、お母さんは、とっても幸せそうでしたか?
ご先祖様たちは、この世で幸福を味わい、
あの世でも、喜びを満喫しているのでしょうか?

答えは「……」です。

大半の奥さんたちの悩みは夫婦関係です。
幸せになるはずだった夫との関係が
一番の苦しみになっています。

お客様からは評判の良いというご主人でも、
妻からは忌み嫌われている方もいます。
仕事が終わって、帰途では、体を温めて正気を失わなければ、
家に帰れないご主人さんもいます。


血を分けた親子関係はどうでしょう。

親の大半の悩みは子供から生じています。
かわいかったのは物心つくまでで、
言葉をしゃべられるようになってから、
親は子供の言葉や態度で傷つくことが多くなります。

思いどおりに育たず、親の苦しみの種となる子供もいます。
子供もまた親の愛情不足で悩んでいます。

「世界で一番怨(うら)んでいるのは母親です」
と言った娘さんもいるそうです。
親子が怨讐(おんしゅう)関係になっているのです。

 
嫁姑(しゅうとめ)の関係はどうでしょう。

嫁は実の娘より大切だといわれますが、ある姑は言いました。
「気が利かない嫁は腹が立つ。
気が利きすぎる嫁はもっと腹が立つ」。

ある嫁は、姑が挨拶に来ても家に上げないで、
お土産の品物だけはしっかり頂くそうです。
「お土産は靴棚の上に置いて帰ってください」。

姑は嫁の心をつかむためには金しかない、と悟って言ったそうです。
「地獄の嫁も金しだい」。

東京から名古屋までは新幹線で一時間半で着きますが、
幸福という名の駅には、
始発から何十年走り続けても到着しないようです。
では、どうしたら、幸福になれるのでしょうか?


自叙伝「平和を愛する世界人」より

祈りでずっと夜を過ごした後、明け方になって、
イエス様が私の前に現れました。
風のように忽然(こつぜん)と現れたイエス様は、
「苦しんでいる人類のゆえに、
神様はあまりにも悲しんでおられます。
地上で天の御旨(みむね)に対する特別な使命を
果たしなさい」と語られたのです。

その日、私は悲しい顔のイエス様をはっきりと見、
その声をはっきりと聞きました。
イエス様が現れた時、私の体は
ヤマナラシの木が震えるように激しく震えました。
その場で今すぐ死んでしまうのでないかと
思われるほどの恐れ、そして
胸が張り裂けるような感激が一度に襲いました。

イエス様は、私がやるべきことを
はっきりとお話しになりました。
苦しんでいる人類を救い、神様を喜ばしてさしあげなさい
という驚くべきみ言(ことば)でした。
(自叙伝62〜63ページ)


神様が十五歳の私に現れたのは、
人類始祖の犯した罪の根が何であるかを伝え、
罪と堕落のない平和世界を築こうとされたためでした。
人類が犯した罪を贖罪(しょくざい)し、
太古の平和世界を復元するように、というのが、
私が神様から授かった厳重なみ言でした。

神が願う平和世界は死んでから行く天国ではありません。
神の願いは、私たちが生きるこの世の中が、
太古に創造されたその場所のように、
完全に平和で幸福な世界になることです。


(自叙伝89ページ)

浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第一章 苦しんでいる人類を救い、
神様を喜ばせてさしあげなさい



今回は、導入部分を紹介しました。
原理講論の総序にある、
「人間は何人といえども、不幸を退けて幸福を追い求め、
それを得ようともがいている」
その件(くだり)を浅川節で語られていますね。

家庭における、理想と現実の違いを
わかりやすく説明してくださいました。

私たちはみ言を知っていますけれど、
人にわかりやすく伝える、というのは、
なかなか簡単なことではないですね。

そういう意味においては、
み言を知らない人に対しても平易に語られる、
浅川先生の講話を参考にしていきたい、
そのように思わされます。

ともに学んでいきたいと思います。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 07:48 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする