2019年06月09日

「人のために祈り、尽くしなさい」 神様からのメッセージ 《80修証し 文信月様》



190609 20190510.jpg


文興進(ムン フンジン)様・薫淑(フンスク)様家庭のご長女であられる、
文信月(シンウォル)様が、
HJ天宙天寶修錬苑 80日修錬会に参加されました。
閉講式での証しを紹介します。


私にとって、今回の80日修錬会は本当に貴い期間でした。

修錬会の日程を地道に従っていくのは辛い時もあったけれど、
全人類を生かされるために、身悶えされた
真の父母様の事情と苦労に比べれば、
私の苦労などは何でもないという思いで一生懸命参加しました。

特に2度目の40日修錬会では、天が私に特命をくださるのを感じました。

「お前は自分の祈祷をするのではなく、他の人のための祈祷をしなさい!」
「お前は無に帰り、自分を完全になくした基盤の上で他人のために尽くしなさい!」
「それがお前の生きる道だ。そうすればお前は福を受ける」
と天が語られているのを感じました。

そして、大役事の時に、真のお母様が語られたみ言を通して、
「真のお母様はどれだけ必死で、切迫しておられるか!」
真のお母様の実体聖霊の役事をとても実感しました。

「天の役事は本当に忙しい!」私たちが真のお母様に侍るためには、
自分を捨てて、真のお母様の心情を体じゅつし、学び、
今の心情よりもっと広げなければならないということを痛切に感じました。

真のお母様が個人的に私に、
「私がこの摂理のすべての基盤を築いたので、
これからはあなた方がそれを受けるだけではなく、
それを受けて広げていかなければならない」
というみ言を語られたことがあります。

私はこのみ言のように、私たちが皆、よりいっそう奮起して、
2020年まで国家の復帰を成して差し上げる
子女の姿にならなければならないと思い、再び決意しました。

また私たち各自の個人の事情と困難を解決し、
整理する時間を持つために修錬会に来ましたが、
このように個人の次元でとどまることなく、祝福家庭として、
真のお母様と天が摂理することのできる基台と基盤を立てて、
作っていかなければならないという思いになり、
真のお母様の前に孝行して差し上げる、
孝情の子女となっていかなければならないと思いました。

修錬会を終えた後にも、受けた悟りと恩恵に感謝しながら、
勝利する文信月となっていきます。

最後に今の成長した文信月となるように助けてくださり、
愛してくださる天の父母様、真の父母様!
そして霊界におられる私のお父さん、
愛してくださる私のお母さんに感謝いたします。

皆さん!これからファイトです。
ありがとうございます。
愛しています。



190609 20190513.jpg

文信月様 HJ天宙天寶修錬苑 80日修錬会証
天一国7年 天暦4月9日(陽5.13)


真のお母様は、真の家庭の三世教育を徹底的に意識し、
取り組んでおられます。

今もアフリカの地で大きな大会をされたり、
また、来週にはアメリカ、ラスベガスの地で、
キリスト教牧師たちと大会をされる真のお母様。

1分1秒を争われる中でも、毎週聖日の朝、
三世のご子女様の教育の時間を共に過ごされ、
孝情の伝統を相続してくださっているそうです。

信月様の証しの中心は、
やはり、『孝情』ではないでしょうか。

神様、真の父母様に侍る心情、
その思いを中心に、
具体的な決意をしておられます。

日本人は、『孝』よりも
『忠』を立ててきた民族です。
ですから、お母様に対しても、
家庭連合のリーダーだから従っていく、
そのような思いでは、
今の時代には、ついていけない、
というか、摂理に乗ることができないでしょう。

信月様のごとく、
『孝』の心情を先立てて、
その思いから、具体的な行動、実践に向かう、
私たちになっていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

霊的センスを磨く?! 自然がくれた治癒と慰労の力 《善進様の特別講話 in 清平》



190221 2019.2.17.jpg
2019.2.17 HJ天宙天寶(宝)修錬苑☆


文善進世界会長の特別講話、後半です。


お父様は、霊的センスを磨きなさいとおっしゃられます。

自然を見た時に、すべての答えがあります。
自然に目を向け、耳を傾ける時に、
すべての答えがそこにあったということを、
私はお父様の聖和の後に分かりました。

大きな洪水の後、虹が現れました。
虹は希望の象徴ですね。
未来に希望があるという意味です。


朴総裁が聖和された日の朝、虹を見ました。

そしてお父様が、「泣くな、希望がある。彼は私といる。
霊界で私の助けをする」と言っているように思えました。
素晴らしい治癒の力でした。


1週間後、私の主人の従妹が聖和したという知らせを受けました。
とても悲しかったのですが、朝の空は、とても素晴らしい色でした。
その時、感動しかありませんでした。

朝焼けの空が海に反射してひとつになっていました。
神様が私に次のように言っているように思えました。

「私たちは聖和の時、悲しむな。
私たちの先祖や家族が霊界に行ったとしても、本当に反射されている。
この海のように。
本当に天と地は一つなんだ。
先祖を解放するだけでなく、先祖を思いだしたり、語り掛けたりしなさい」と。

私の主人は、いろんな人の聖和で悲しかったのですが、この朝焼けを見て、
自然の奇跡を見て、主人はたくさん写真をとっていました。
治癒の時間でした。

闇の中に真っ赤な色が現れ、やがて金色の帯が現れてきました。

「あなたの心を、感謝と愛のい思いで満たしなさい。悲しんではならない」。
神様がそう言っているように思え、愛を感じました。

私たちは、自然をとおして天の父母様の心を感じることができます。
この朝日を通して、感謝しなければと感じました。


190221 20190119.jpg



私たちは今、私の生命のために新しい基盤を作り、
天の方向、神様の方向に行けるように清平で先祖を解恨し、
私たち自体を解恨しています。

ここ清平は、本郷の地であり、天と地が一つになる場所です。
私たちはひとつです。

私は今、先祖と一つだ、聖和された人たちと一つになった。
彼らは私たちの傍にいて、ここ清平で役事をし、
賛美をしてきれいになり、お父様、お母様と一つになる。

これを共有するために、清平にきたのです。

神様があなたと一緒にいる事を感じてください。
先祖があなたと一緒にいることを感じてください。

あなたにはその力があります。
天の父母様と真理と愛を感じてください。

私たちが生きている瞬間、瞬間に、神様の栄光があふれています。


時間がある時に家族を愛してください。

子供がいたら抱いてやってください。
ハグしてあげてください。
抱擁してあげてください。
愛してあげてください。

なぜかというと、人生は本当に短いのです。

私たちの先祖が、私たちを助けています。
私たちが地上にいる間、家族を愛してあげてください。
彼らを愛して、抱擁して成長させて、愛の教育をしてください。

これが私たちの究極的な解放です。
この世界にお返しできる最高の伝道、宣教です。
そうですよね。

ありがとうございます。
カムサハムニダ、感謝です。
愛しています。



「自然を見た時に、すべての答えがあります」
この言葉は、何というか、強烈なメッセージですね。
仁渉様の証しを通しても、
おそらく、ご夫婦で、ヨガや瞑想の世界を
追求しておられると思うので、
霊的にとても鋭いのだと思います。

与えられた現象は自分にとって、
辛かったり苦しかったり、マイナス的なことでも、
自然を通して教えられることもあり、
瞑想を通して、悟っていかれるのだと思います。

一日一日、日々の生活において、
善進様の語られる如くに
感謝して、家族を愛し、
人を愛することを心がけていきたいです。

善進様、ありがとうございました。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:16 | Comment(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

復活した孝行娘、善進様! 《愛と癒しの特別講話 in 清平》



190220 20190210.jpg


基元節6周年記念大役事で文善進(ムン ソンジン)世界会長が
特別講話をしてくださいました。
2回に分けて、紹介します。


ハワイでの二世三世教育にあたって。

お母様は二世三世の教育で、大事な事は
二つのことだけを教えればいいと語られました。

お父様は、何を教えましたか?
人のために生きるという真の愛です。

誰かから愛を受けた時、愛の手紙を受け取り、贈り物をもらったり、
電話をもらったりした時、何を感じますか?
幸福ですよね。

幸福を感じた時、喜びを感じた時に、誠意を感じた時にどうなりますか?

お母様は「愛しています。感謝します」という
二つのことを教えればいいと語られました。

私たちは祝福を受けて神様の息子、娘となり、
たくさんの愛を受けるようになりました。
愛をもらい、愛を与えています。

その祝福を多くの人と共有したいのです。
それが氏族メシヤ活動です。


教会もなく、基盤の無いところで、
どのように二世三世を教育したらいいのかという質問がありました。

お父様は何を語られましたか?
家族ですね。
家族がとても素晴らしい愛の教育場となっています。
なぜかというと、私たちは天の父母様を愛しているからです。

天の父母様は、私たちのすばらしい親、
私たちは天の父母様の真の家庭として、
私たちは天の父母様の息子、娘ですよね。

そして、誰がこの愛を皆さんに教育してくれましたか?
私たちの親です。
でもその前は、どうやって祝福を受けましたか?
誰から祝福を受けましたか?
真の父母様です。

真の父母様は誰のために働いていますか?
天の父母様のためです。
皆さんの中には、天の父母様の愛が存在しています。

お父様は、愛は個人から始まると言われました。
家族ですよね。夫がいて妻がいて子供がいて、
民がいて国がいて、世界があります。

あなたがその核です。
あなたが愛の中心です。

私たちの中にいる天の父母様を愛する時、一つになる時、
あなたが夫、妻を愛する時に、あなたが愛の模範となります。
私たちは天の父母様を証明する人たちです。
それが特に大事です。



文善進世界会長は、アフリカに行くために
高熱病のワクチン接種を受けて体調を崩され、
その後インフルエンザにかかって、
アフリカ、ネパールの大会に参加できなかったそうです。
今回、ようやく回復され、
お元気なお姿で講話してくださったということで、
本当に良かったですね。。。

一番重要なことであり、かつシンプルな言葉、
「愛しています。感謝します」

二つの言葉にすべての内容が、
凝縮されていることを思うと、
本当に肝に銘じていきたいと思います。

明日に続きます。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:52 | Comment(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする