2023年01月31日

「その人は、原理がよくわからなかったんだね」 《史吉子先生》




230131.jpg


史吉子(サ キルジャ)先生の
「原理によるみ言の証」より
『自己否定の意義と秘訣 』続編です。


ある日、 お父様(文鮮明先生)に
「ある食口が熱心に活動していましたが、
教会を離れてしまいました」と報告すると
「そうか、その人は原理が
よくわからなかったんだね」とおっしゃいました。

なぜなら、原理が願うことは、
まさしく自己否定であるからです。

私たちが原理をよく知らなければならない理由が
何であるかというと、難しくてもやるべきことは
必ずやらなければならないためであるし、
それが神様に帰る道であるためです。

それで、私たちは原理を学んでいます。

それで原理を知れば、私たちは
不平不満を言うことができません。
私たちがやるべきことは、必ずやらなければなりません。

ひたすら全力を尽くして、やらなければなりません。


お父様は

「神様は私ができないことをしきりにさせたが、
 私はそのたびに、本当に死を覚悟して
 耐えながらここまで来た。

 私がどんなにたくさん泣いて、
 どんなにたくさん身悶えしたかわからない。

 楽に歩んで来たら、統一教会が
 こんなにも発展することはできなかった。
 神様がムチ打って押し出しながら、
 やれと言われるのでここまで来た」


と語られたこともありました。


お父様は監獄に行かれる時も、
運がいいとおっしゃるそうです。

普通の囚人たちは、監獄に行くと監房に入りたがらないので、
看守が背中を押してやっと入るのですが、
お父様は走るようにして行かれるそうです。

どこに行かれても、神様はいつも12名の弟子たちを
準備してくださるので、そこに行けば、
間違いなく誰かが待っているだろうと期待をして、
喜んで入られるのです。

「今回、神様が準備している人は誰だろうか」と言って、
懐かしい人に会いに行くようなワクワクする心情で、
飛び込むように行かれるそうです。

それは、お父様が蕩減法を知っているからです。
しかし、お父様も肉身を持った人間なのに、
どうして喜んでばかりいられたでしょうか。


お父様はエバが12才になる時から、 天使長が
エバを誘惑しようと狙っていたとおっしゃいました。

それで、二世、三世たちを
12才の時から原理教育をさせなさいとおっしゃり、
定期的に原理教育を行って います。


それゆえ、神様の救いの摂理は、
天の側とサタン側の愛の闘いなのです。

天使長は、不義の愛によってエバを誘惑しましたが、
私たちが 真の愛を実践するなら、
どうしてサタン世界にいる人たちにサタンを切り捨てさせて、
天の側に移ってくるようにすることができないでしょうか。

そのためには多くの精誠を尽くしてこそ、
彼らが天の側に来るのではありませんか。

草創期にお父様は、神様の真の愛、
すなわち犠牲奉仕をしながら、
為に生きる愛を実践してこられたので、
みんなが霊的に引かれたのです。

お父様に対しては女性たちだけではなく、
多くの男性たちも霊的に引かれて来ました。


私はみ旨の道を歩みながら、だんだんと
自分という概念を忘れてしまうようになりました。

ある日お父様は、「あなたは誰か」
と尋ねられた時、自分の名前までも
忘れてしまう人にならなければならないと語られました。

天の側に近い人はどんな人であり、
サタンの側に近い人はどんな人か。

サタン側に近いほど、自分がとても強く、
(ことごと)く自分を中心とする人です。

自分を捨てて生きるということは、何なのか。
神様と真の父母様の対象の立場に立つということを意味します。


お父様は、自分を忘れて生きる秘訣を教えてくださいました。

お父様は常に神様と真の父母様に待って、
一時も離れてはならないとおっしゃいました。

そして、いつも祈祷しなさいとおっしゃいました。
お父様は祈祷されるたびに、
常に三つの条件を立てて祈祷しなさいと語られました。


第一は、祈祷する時はまず、
神様に挨拶をすることです。

子女である私たちが神様に祈祷する時、
当然、最初に挨拶をしなければなりません。
すなわち、祈祷する前に「私は誰々です」
と具体的に挨拶しなさいというのです。

そして、父母様の家庭に侍る私たちは
カイン的子女であるために、父母様の家庭のために
切実に祈祷することが、まさしく挨拶であるそうです。

父母様のご家庭のために祈祷をすることは、
父母様のご家庭が勝利された天運に
私たちが便乗してついて行くことになるので、
父母様のご家庭のために、
切実に祈祷を捧げなければなりません。


第二は、報告をすることです。

「私はこのようにしています」と言って、
日課の中であったいいこと、 悪いことを
いつも報告しなければならないのです。


第三は、神様に尋ねることです。

「神様、この問題はどうしましょうか」
と常にお伺いするのです。

私もこのような方法で暮しています。
いつも報告し、お伺いします。

また、お父様は神様に尋ねた後、
神様の答えを待ちなさいと語られました。

史吉子/ 著
「原理によるみ言の証」


この道は、自己否定の道である。。。
まさにそうだな、と思います。

今も、日々自分の足りなさを感じますが、
私の器を見ると、
「この道に来なければ、絶対にこのようなことはしなかった」
という訓練を受けてきたように思います。

お父様ご自身も
神様に訓練されてこられたのだということですから、
自己否定される、ということは、
神様に愛されていることなんだと思います。

真の父母様が犠牲の道をいくことが
できたのは、常に祈られながら
神様と一つになっておられるから。

神様と通じるがゆえに
力を得ながら越えてこられたのでしょう。

私たちも、もっと原理を知り、
神様を知っていきたいですね。

真のお父様が教えてくださった祈祷、
神様に挨拶し、報告し、尋ね、
さらに神様の答えを聞きながら
感謝して過ごしていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2023年01月25日

統一原理を、文鮮明先生のみ言で学び直そう! *「原理講論」はすごい本 《み言に学ぶ統一原理》




230125.jpg
原理講論を書かれた劉孝元・初代協会長


今日は、blessed lifeの新企画、
統一原理について語られた
お父様(文鮮明 ムン・ソンミョン先生)のみ言を
まとめた書籍の紹介です。

 文鮮明先生の『み言に学ぶ統一原理【前編】』

  本書は文鮮明(ムン・ソンミョン)先生が統一原理について
  語られた内容を『原理講論』と同じ章構成でまとめたみ言集です。


  ※本文中、各文章の末尾にある( )内の数字は、
  原典『文鮮明先生み言選集』の巻数とそのページ、
  またはみ言を語られた日付を示しています。
(光言社blessed lifeより)

序にかえて−「原理講義」について

『原理講論』に対する姿勢@

今までは、講義をしながら、自分勝手にやってきました。
それではいけません。
原理のみ言(ことば)をすべて、
本を読みながら講義するのです。

『原理講論』は、劉孝元(ユ・ヒョウォン)協会長が
書いたのではありません。
1ページ、1ページ、すべて鑑定を受けたのです。
私が許諾しなければ、それに手を出すことはできません。

本以上の先生はいません。
本を無視してしまって、
宝の持ち腐れにしてはいけないのです。
本で原理講義をやりなさい。

その教えは、お父様のオリジナルの教えです。
お父様の真(まこと)の道です。
勝利の覇権が原理のみ言に記録されているのです。
(266−268、1995.1.1)


劉協会長は先生よりも6歳年上でした。
洗礼ヨハネはイエス様よりも6カ月年上でした。

ですから、劉協会長は洗礼ヨハネの立場にいました。
彼は洗礼ヨハネの立場で原理を解説しなければなりませんでした。

劉協会長が書いた本は、劉協会長の本ではありません。
劉協会長がその本を書く時、先生は、彼に
「このように、またあのように書きなさい」
と指示しました。

今後、皆さんは、その本を詳細に
勉強しなければなりません。
(52−156、1971.12.27)


原理の本は恐ろしい本です。
原理の本を劉協会長が書いたといって
軽視する人がたくさんいます。

もし、この本を私が書いたとしたらどうなりますか。
みな引っ掛かります。
言うまでもなく一遍に引っ掛かってしまうのです。

霊界に行ってみなさい。
もし間違って書かれていたとしても、
軽視すれば引っ掛かります。

何のためにそのように書いたのかを
知らなければなりません。

経典は絶対視しなければならないのです。
「確かに間違っているようだが、
なぜそのように書いたのか」と言う人がいます。

それは全体を通して見るとき、
そのように書くようになっているためです。

そのように書くべきほかの事情があり、
飛躍せざるを得ない内容があったことを
知らなければなりません。
そのように考えなければならないのです。

それを理解できずに、自分が分からないことは
間違っていると考えています。

しかし、原理は千年たっても変わりません。
(266−268、1995.1.1)


皆さんは、原理のみ言を読んだとき、
夜眠れずに涙を流してみたことがありますか。

劉協会長の素晴らしいところは、
原理をすべてノートしながら、
1ページごとに数百回も涙を流したということです。

自分は知識人として、大学に通った頭の良い人間として、
真理を探究して疲れ果てていたのに、
どうしてかこんなにも深い世界を知るようになったので、
涙を1滴2滴ではなく滝のように流したのです。

それに接するとき、その真理の前に恍惚(こうこつ)を感じ、
涙なしに記録できなかったというのです。

1ページを記録するのに一週間かかった
ということを、私は聞きました。
ですから涙をどれほど流したか分かりません。

本然の心情と通じることができる真理のみ言は、
愛を爆発させても再爆発させる力をもち、
その作用は歴史を通して成就されたのです。
(141−70、1986.2.16)


ユダヤ教の『旧約聖書』とキリスト教の『新約聖書』をもって、
統一教会の『原理講論』に勝ることはできないのです。

統一教会は何時代だというのですか。
成約時代です。
成約時代というのは完成時代であり、
蘇生(そせい)時代の旧約時代、
長成時代の新約時代に未完成の内容を含めて、
すべてのことを完成させる時代なのです。

ユダヤ教の若者たちが、彼らのシナゴーグ(ユダヤ教の教会)
門をぱっと開けて、原理講義を一週間だけ聞けば、
彼らは完全に溶けて180度ひっくり返るのです。

このような現象は、キリスト教の若い青年たちにも
同じように現れます。
また、他の宗教でも同じです。

それでは、問題は何ですか。
問題は原理講義を聞かない人たちにあるのです。

全世界の人たちが原理講義を一度だけ聞けば、
彼らの思想は崩れてしまいます。
それほど強力な力を『原理講論』はもっているのです。
(1998.9.21)

光言社・文鮮明先生の『み言に学ぶ統一原理【前編】』より
(blessed life)


今、「原点回帰」ということが願われています。
そのうちの一つが「み言に帰る」ということです。

昨年末も40日の原理講義を
各教会の牧会者がされました。

私たち一人一人が原理に立ち返っていく、
もう一度、み言から出発していく、
そのような時を迎えています。

何よりもこのみ言を解かれたお父様が
どれほどの地と汗と涙を流されたでしょうか。

さらには、劉孝元先生が
原理を語られるために
どれほどの精誠を捧げられたでしょうか。

原理の貴さを再確認して、
再出発していきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2022年12月24日

力が出ないのは、「授受作用」不足 愛してみましょう 旧統一教会の教理のぞき見 《入山部長・統一原理10》




221224.jpg


入山部長の『幸福な人生には原則があった』
より、「授受作用」です。

統一原理の中でも、核心的な真理の一つ。
力と愛は、こうして生まれます。


人間が元気に生きるためには
力(エネルギー)が必要です。

体に力が満ちてこそ健康体を維持でき、
心に力が満ちていてこそ
人生をいきいきと過ごすことができます。

また、宇宙・自然界を見れば、すべての存在は、
力の作用によって動いていることがわかります。

では、その力はどこから来るのでしょうか?

私たちは熱や電気や原子力など、
さまざまなエネルギーを使って生活していますが、
どれ一つとして人間が存在せしめたものではありません。
自然界の中にあるエネルギーを利用しているだけです。


それは創造主である神の力から出ているのです。
そのようなすべての力の根本にある力を
「万有原力」といいます。

現代の自然科学では、自然界には
四つの力があるといいます。
重力、電磁気力、弱い力、強い力の四つの力です。

それらの力も、もとは一つの力から生まれていることを
科学が証明する日も近いと言われています。

そうなれば、「神の力」の存在を
科学が証明することになるでしょう。

 
では、神の力である「万有原力」は、
どのようにして自然界の力になっているのでしょうか?

それが「授受作用」の原理です。

神が創られたすべての存在(被造物)は、
「性相と形状」と「陽性と陰性」の
二性性相の相対的関係によって存在しています。

それらが相対基準を造成すると、
主体と対象の立場で関係性をつくろうと、
互いに「良く授け、良く受ける」
という作用を起こすようになります。

これを「授受作用」と言います。

 
授受作用が起こると、そこから力が発生します。

すべての被造物が「存在している」ということは、
何らかの力が発生しているのです。

生存(生きること)、繁殖(殖えること)、
作用(影響を与えること)などのすべての力は
こうした授受作用から生まれているのです。

 
物質の根本世界では、陽子と電子が
授受作用して原子を形成しており、
陽イオンと陰イオンが授受作用して
物質をつくっています。

電気にはプラス・マイナスがあり、
これらが授受作用して電気エネルギーが発生します。

自然界を見ると、動物の雄と雌や
植物のおしべとめしべが授受作用して繁殖しています。

家庭においては、夫と妻が
「良く授け、良く受ける」と夫婦円満になります。

それは夫婦の心が通じ合って一つになっている、
和しているということです。

「授受作用」は和をつくり出す力であり、
「一つになる」力です。

  
ところで、人間が幸福に生きるには、
物質的な力や要素だけでなく、
精神的な力や要素も必要です。

それは「愛の力」です。
それも授受作用から生まれてきます。

ですから、授受作用は、
愛の力をつくり出す原理でもあります。

国家において、政府と国民が「良く授け、良く受ける」と、
国力を得て国家が繁栄します。

世界では、国と国とが「良く授け、良く受ける」と、
世界が平和になります。

一つになって生きていこうという平和の力も、
「授受作用」から生まれてきます。

  
ところで、「授受作用」は主体が対象に与えるところから始まります。
ですから、お互いが「受けよう」
という要求する思いでいては、力が出ません。

ですから、まず「よく与えよう」
という意識を持って生きていくことが大切です。
これを「ために生きる」精神と言います。
互いに「ために生きて」一つになるとき、愛が生まれ、幸福になるのです。

 
驚くべきことに、自然界のすべての存在は
「ために生きる」精神を持って「授受作用」をして存在しています。

それは宇宙を貫く精神であり、法則と言えます。
そこから調和が生まれ、秩序がつくられているのです。

そうした姿を見ると、「美しい」と感じるのです。
ですから自然を見ると限りない美しさを感じるのです。
それが愛と美の調和の世界です。


地球を取り巻く宇宙を見てみましょう。
太陽を中心に地球が回り、地球の周りを月が回っています。

互いに「授受作用」することによって、
自転しながら一定の軌道で公転しています。


地球と月は同じ頃、約45億年前に生まれましたが、
まるで夫婦のように、
お互いになくてはならない関係になっています。

地球の地軸は公転軌道に対して23.4度傾いています。
地軸が傾いているのは、
月と関係があるといわれています。

もし地軸が傾いていなければ、
太陽の光が当たる位置が固定されるため、
暑いところはずっと暑いままで、
寒いところは寒いままで、四季は生まれません。

そうなれば、作物を育てることも
簡単ではないでしょう。

もし月がなかったら、
地球は今の3倍の速度で自転するといわれています。

また、常に暴風が吹き荒れ、
生命が生きられる環境ではなくなるというのです。
月が地球を生命の星にしているといえるのです。

  
動物と植物も酸素と二酸化炭素を互いに交換しあうなど
「授受作用」の関係で生存しています。

例えば、ミツバチは花から花へと
飛び回りながら蜜や花粉を集めます。

そのミツバチによって花は受粉し、
繁殖できるようになります。
ミツバチと花は「ために生きる」関係で
共存しているのです。


このように、自然界は一つの法則で貫かれています。
互いにために生きて共存しているのです。

それゆえ、単独で存在しているものは何一つありません。
互いに「ために生きる」という
関係性でつながっているのです。

自分の存在が他のためになっている──。
それは「愛の法則」でもあります。
このように、すべては“愛の関係”で存在しているのです。

入山 聖基・著
(光言社・『幸福な人生には原則があった』より)
第2講座 創造原理と人生の目的
授受作用
(blessed lifeより)


相対基準を造成し、
良く授け良く受ける──。

つまり、共通の目的をもって、
一つとなる。

自然界ではこれが当然のごとくなされるので、
生存・繁殖・作用が起きるのです。

ただ、存在しているものの中で、
このことが自然になされない生き物が一つだけあります。
そうです、「人間」です。

いまの社会は決して、無条件に与え合う
そのような世の中ではないと思います。

逆に悪い目的で一つとなる
悪い授受作用は、人が集まれば
どこでも起こりやすいものではないでしょうか。

良い授受作用というのは、
共通の目的が神様だったり、
真の愛であれば、間違いないでしょう。

「ために生きる」実践を心掛けている私たち。
神様や、真の愛を中心として、
善なる授受作用を活性化していく
私たちになっていきたい、と思うのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)